鬼滅の刃 目が点。 【朗報】鬼滅の刃のドンジャラが発売決定! 兄弟の絆、水の呼吸、柱合会議が役に 無惨からの脱出、全集中習得の鍛練も

【朗報】鬼滅の刃のドンジャラが発売決定! 兄弟の絆、水の呼吸、柱合会議が役に 無惨からの脱出、全集中習得の鍛練も

鬼滅の刃 目が点

2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプ24号にて、大人気漫画『 鬼滅の刃』が4年3カ月に及ぶ連載に終止符を打った。 近年、これほどの人気を博す漫画タイトルがあっさりと最終回を迎えた記憶は無く、ある意味で快挙、またある意味で伝説的な幕切れと言えるだろう。 この終わり方が正解だったかどうかは歴史が評価を下すことになるが、現段階で「鬼滅ロス」に陥っている人も多いに違いない。 そこで今回は、日本全国の鬼滅ロスにお悩みの方たちにとっておきの「 鬼滅ロス解消漫画」を3作品ご紹介しよう。 ズバリ、必見である! ・鬼滅の刃と共通する魅力 鬼滅の刃にどっぷりハマったワケではないものの、私(P. サンジュン)もコミック19巻までは一通り目を通している(最新刊20巻は未読)。 展開の早さや個性豊かなキャラクターなど、私なりに 鬼滅の刃の魅力を理解しているつもりだ。 とはいえ、鬼滅の刃も大なり小なり他作品にインスパイアを受けていることは明らかで、特に過去作も含めた「少年ジャンプ作品」の影響は色濃い。 中でも特に共通点が多い漫画、つまり「 鬼滅ロスしている人たちが違和感なく読める作品」が以下の3タイトルであろう。 男塾(全34巻): 宮下あきら 1985年から6年以上に渡り週刊少年ジャンプに連載された、宮下あきら先生の代表作。 ジャンプ黄金期の一角を担った伝説的なタイトルで、現在40~50代の男性ならば誰もが知る超有名作だ。 男塾」には、鬼滅の刃と同等の……いや、それ以上に個性豊かなキャラクターが登場する。 細かい類似点を挙げたらキリがないが、中でも鬼殺隊当主の「 産屋敷 耀哉 うぶやしき かがや 」は男塾塾長「 江田島平八」に相当するキャラクターであろう。 江田島平八のような圧倒的武力こそないものの、誰をも魅了するカリスマ性を持つ耀哉は、まさに 令和の江田島平八。 それぞれ曲者揃いの鬼殺隊と男塾を率いる超人的なカリスマ性は、一見の価値アリだ。 なお、鬼滅の刃のキャラは1度死ぬと生き返らないが、男塾では後々生き返る(実は死んでなかった)「復活システム」が採用されている。 また、「民明書房」は鬼滅の刃には無い要素だが、逆に「 鬼滅の刃でさえ盛り込めなかった神システム」と捉える向きが支配的だ。 ・瑪羅門の家族(全4巻): 宮下あきら 1992年から約1年間「週刊少年ジャンプ」に連載された、男塾の後継作。 瑪羅門は「 バラモン」と読む。 男塾があまりにも有名なためそこまでの知名度はないが、瑪羅門の家族もまた「鬼滅の刃」と共通点の多い漫画作品である。 では「瑪羅門の家族」と「鬼滅の刃」はどこが似ているのか? 真っ先に挙げられるのが、鬼滅の刃の「呼吸」に相当する「チャクラ(聖なる力)」の存在だろう。 さらに「鬼殺隊」の存在そのものも、「瑪羅門の家族」の影響が見て取れる。 鬼殺隊は政府の非公認組織であるが、バラモン一族もまた 法では裁けない悪を裁く組織であり、当然政府からは公認されていない。 呼吸とチャクラ、鬼殺隊と瑪羅門一族……これ以上語る方が野暮というものだろう。 ちなみに、「だったらジョジョの呼吸の方がモロ被りじゃね?」という意見については、大人げなく ガン無視を決め込ませていただく次第だ。 ・BAKUDAN: 宮下あきら 1994年から約半年間「週刊少年ジャンプ」に連載された、瑪羅門の家族の後継作。 瑪羅門の家族よりもさらに知る人が少ない 幻の作品であるが、もしかしたら「鬼滅の刃」ともっとも共通点が多いのは「BAKUDAN」かもしれない。 というのも、鬼滅の刃の最大の魅力はテンポの良さ、つまり「展開の早さ」だと私は考える。 その点、BAKUDANはわずか2巻で完結しているから、 鬼滅の刃を遥かに凌ぐスピード感であろう。 中でも、世界一のボクサーを目指す主人公「瀑僚介(ばく りょうすけ)」のプロデビューから日本王者、世界戦までは 最終話の1話のみで描かれており、これは鬼滅の「無限城での決戦」どころではない展開の早さである。 今から25年以上前に、ここまでのスピード感を持つ漫画作品があったという事実だけで胸がアツくならざるを得ない。 余談ではあるが「それって単なる打ち切りじゃね?」という冷静な意見については、 見て見ぬフリを、 聞いて聞かぬフリを貫かせていただく所存だ。 というわけで、奇しくも全て宮下あきら先生の作品であったが、鬼滅ロスをブチ破る圧倒的なスケール感で描かれていることだけは間違いない。 参考リンク: 執筆: Photo:RocketNews24.

次の

セガコラボカフェスタンド 「鬼滅の刃」

鬼滅の刃 目が点

2020年5月18日発売の週刊少年ジャンプ24号にて、大人気漫画『 鬼滅の刃』が4年3カ月に及ぶ連載に終止符を打った。 近年、これほどの人気を博す漫画タイトルがあっさりと最終回を迎えた記憶は無く、ある意味で快挙、またある意味で伝説的な幕切れと言えるだろう。 この終わり方が正解だったかどうかは歴史が評価を下すことになるが、現段階で「鬼滅ロス」に陥っている人も多いに違いない。 そこで今回は、日本全国の鬼滅ロスにお悩みの方たちにとっておきの「 鬼滅ロス解消漫画」を3作品ご紹介しよう。 ズバリ、必見である! ・鬼滅の刃と共通する魅力 鬼滅の刃にどっぷりハマったワケではないものの、私(P. サンジュン)もコミック19巻までは一通り目を通している(最新刊20巻は未読)。 展開の早さや個性豊かなキャラクターなど、私なりに 鬼滅の刃の魅力を理解しているつもりだ。 とはいえ、鬼滅の刃も大なり小なり他作品にインスパイアを受けていることは明らかで、特に過去作も含めた「少年ジャンプ作品」の影響は色濃い。 中でも特に共通点が多い漫画、つまり「 鬼滅ロスしている人たちが違和感なく読める作品」が以下の3タイトルであろう。 男塾(全34巻): 宮下あきら 1985年から6年以上に渡り週刊少年ジャンプに連載された、宮下あきら先生の代表作。 ジャンプ黄金期の一角を担った伝説的なタイトルで、現在40~50代の男性ならば誰もが知る超有名作だ。 男塾」には、鬼滅の刃と同等の……いや、それ以上に個性豊かなキャラクターが登場する。 細かい類似点を挙げたらキリがないが、中でも鬼殺隊当主の「 産屋敷 耀哉 うぶやしき かがや 」は男塾塾長「 江田島平八」に相当するキャラクターであろう。 江田島平八のような圧倒的武力こそないものの、誰をも魅了するカリスマ性を持つ耀哉は、まさに 令和の江田島平八。 それぞれ曲者揃いの鬼殺隊と男塾を率いる超人的なカリスマ性は、一見の価値アリだ。 なお、鬼滅の刃のキャラは1度死ぬと生き返らないが、男塾では後々生き返る(実は死んでなかった)「復活システム」が採用されている。 また、「民明書房」は鬼滅の刃には無い要素だが、逆に「 鬼滅の刃でさえ盛り込めなかった神システム」と捉える向きが支配的だ。 ・瑪羅門の家族(全4巻): 宮下あきら 1992年から約1年間「週刊少年ジャンプ」に連載された、男塾の後継作。 瑪羅門は「 バラモン」と読む。 男塾があまりにも有名なためそこまでの知名度はないが、瑪羅門の家族もまた「鬼滅の刃」と共通点の多い漫画作品である。 では「瑪羅門の家族」と「鬼滅の刃」はどこが似ているのか? 真っ先に挙げられるのが、鬼滅の刃の「呼吸」に相当する「チャクラ(聖なる力)」の存在だろう。 さらに「鬼殺隊」の存在そのものも、「瑪羅門の家族」の影響が見て取れる。 鬼殺隊は政府の非公認組織であるが、バラモン一族もまた 法では裁けない悪を裁く組織であり、当然政府からは公認されていない。 呼吸とチャクラ、鬼殺隊と瑪羅門一族……これ以上語る方が野暮というものだろう。 ちなみに、「だったらジョジョの呼吸の方がモロ被りじゃね?」という意見については、大人げなく ガン無視を決め込ませていただく次第だ。 ・BAKUDAN: 宮下あきら 1994年から約半年間「週刊少年ジャンプ」に連載された、瑪羅門の家族の後継作。 瑪羅門の家族よりもさらに知る人が少ない 幻の作品であるが、もしかしたら「鬼滅の刃」ともっとも共通点が多いのは「BAKUDAN」かもしれない。 というのも、鬼滅の刃の最大の魅力はテンポの良さ、つまり「展開の早さ」だと私は考える。 その点、BAKUDANはわずか2巻で完結しているから、 鬼滅の刃を遥かに凌ぐスピード感であろう。 中でも、世界一のボクサーを目指す主人公「瀑僚介(ばく りょうすけ)」のプロデビューから日本王者、世界戦までは 最終話の1話のみで描かれており、これは鬼滅の「無限城での決戦」どころではない展開の早さである。 今から25年以上前に、ここまでのスピード感を持つ漫画作品があったという事実だけで胸がアツくならざるを得ない。 余談ではあるが「それって単なる打ち切りじゃね?」という冷静な意見については、 見て見ぬフリを、 聞いて聞かぬフリを貫かせていただく所存だ。 というわけで、奇しくも全て宮下あきら先生の作品であったが、鬼滅ロスをブチ破る圧倒的なスケール感で描かれていることだけは間違いない。 参考リンク: 執筆: Photo:RocketNews24.

次の

「鬼滅の刃」のドンジャラをバンダイが発表 花江夏樹「鬼滅のドンジャラ…?」(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

鬼滅の刃 目が点

2020年4月13日発売の週刊少年ジャンプ2020年20号で、『鬼滅の刃』202話が掲載されました。 鬼滅の刃202話は、鬼と化してしまった炭治郎が人々に襲いかかるところから始まります。 無惨は死の間際に、「鬼狩りを滅ぼす」という夢を炭治郎に託すため、自身の血と力を炭次郎に注ぎ込みます。 無惨が滅びたその後、鬼と化した炭治郎が目覚めました。 かつての優しい笑顔の炭治郎の面影はなく、戸惑う鬼殺隊。 本記事では、鬼滅の刃202話「帰ろう」のあらすじと感想を紹介していきます。 鬼滅の刃202話のあらすじネタバレ 伊之助に襲いかかる炭治郎。 その瞬間、黒くて長い髪が風に舞います。 人に戻る事のできた禰豆子が現れ、炭治郎を止めに入りました。 正面から抱きつくように、炭治郎にしがみつく禰豆子。 炭治郎は抱きつく禰豆子の背中を握り潰し、羽織には血が滲みます。 禰豆子は肩に噛みつかれても、炭治郎を離すことはありません。 涙を流しながら、鬼になっていた間のことを炭治郎に謝り、炭治郎や優しい人たちが苦しい目に合うことに悔しさを表します。 そして炭治郎に向け、「鬼にならずに家に帰ろう」と伝えます。 しかし、それに答えることなく雄叫びをあげ、禰豆子の体を爪で削り取る炭治郎。 そのまま禰豆子を投げ飛ばそうとしますが、そこに善逸が飛びかかります。 炭治郎を背後から押さえ込み、禰豆子が人に戻ってることを泣き叫びながら伝える善逸。 それでも、炭治郎の衝動は止まりません。 さらに伊之助も泣き叫びながら、元の炭治郎に戻れと騒ぎます。 そんな二人に対し、雄叫びをあげ一撃で吹き飛ばしてしまう炭治郎。 禰豆子だけはそれでも炭治郎から離れません。 炭治郎の背中からは無惨と同じように、鋼と骨の鎖のようなものが飛び出ています。 そんな炭治郎にしがみつき続け、炭治郎に「負けないで」と訴える禰豆子。 しかし禰豆子の想いは届かず、炭治郎は息を荒げながら善逸に攻撃を向けます。 透かさず助けに入る冨岡ですが、陽光灼けもせず赤い日輪刀も効かない炭治郎相手に、殺す算段がつきません。 あらゆる血気術で冨岡を攻撃する炭治郎を、禰豆子は身を挺して止めようとします。 そんな中、冨岡は炭治郎が目の前の禰豆子を食べようとしない事、自分への攻撃が逸れた事を不思議に思いました。 そんな姿に、炭治郎も己の姿に抗っているのでは、と考えた冨岡。 炭治郎の自我を取り戻す方法があれば、と一筋の希望がよぎります。 その様子を建物の影から見ていた兪史郎。 鬼のため陽の元に出られない兪史郎は、自分には何もできないと悔やんでいると、その前をフラフラのカナヲが通り過ぎます。 カナヲは懐からある物を取り出しました。 胡蝶は珠世とは別に、藤の花から鬼を人間に戻す薬を作っていたのです。 カナヲは上弦の弐・童磨との戦闘の末に残った片目は「このためだったんだね」と涙を流します。 そして彼岸珠眼で炭治郎の攻撃を掻い潜り、後ろに回り込むカナヲ。 とっさに反応した炭治郎の爪がカナヲの目の前を通り、体を切り裂きます。 カナヲは傷を負いながらも、胡蝶の薬を炭治郎の背中に刺すことに成功。 地面に倒れ込みながらも炭治郎に「禰豆子ちゃんを泣かせたらだめだよ、、」と伝えるカナヲ。 その瞬間、無惨の力に取り込まれ奥底に眠っていた炭治郎が、一瞬意識を取り戻します。 そして、動きの止まった炭治郎の心臓が大きく跳ね動きます。 鬼滅の刃202話の感想と考察 ついに、炭治郎の元に禰豆子が現れました。 人に戻った禰豆子が再開できたのは鬼になった炭治郎。 悲しすぎる再会をした二人ですが、鬼になった炭治郎に禰豆子が「鬼になっちゃだめ」と言うシーンに、1話目を思い出しました。 1話目で鬼になってしまった禰豆子に一生懸命語りかける炭治郎と、今の禰豆子の姿が重なります。 200話を越えて、立場が逆転してしまった二人。 炭治郎と禰豆子にどれだけの試練を与えるのでしょうか。 炭治郎の事を必死に止めようとする、禰豆子、善逸、伊之助、冨岡、カナヲ。 善逸を支える形ですが、鬼殺隊員も涙しながら戦っています。 炭治郎がこれまでに頑張ってきたその分、今度は炭治郎を守ろうと皆が頑張ってくれているんですね。 その様子に炭治郎がどれだけ、人に愛されているのかが伝わってきます。 炭治郎向かってギャアギャア言う善逸と伊之助に、いつもの三人っぽさを感じましたが、一瞬で現実に引き戻されました。 陽の光も赤い日輪刀も効かない上に、攻撃力も最強な炭治郎。 悔しいですが、無惨の思った通りになってしまいました。 死んでなおも無惨の脅威を感じているようで、悔しいです。 最後は、カナヲの渾身の投薬が成功。 炭治郎の意識が一瞬戻り、このまま意識を取り戻してくれることを願います。 しかし、目覚めた炭次郎は目の前の有様を見て、どう思うのでしょうか。 優しい炭治郎のことだから、自分を責めてしまうのでは…。 それでも、やっぱりもう一度、笑顔の炭治郎に会いたいと思ってしまいます。

次の