ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 漫画。 【MAD】ある日、お姫様になってしまった件について // SHINE

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」の登場キャラクターまとめ

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 漫画

漫画アプリ・ピッコマ、LINEマンガで連載中の「ある日、お姫様になってしまった件について」作家Spoon、Plutus、原題・어느 날 공주가 되어버렸다 ある日突然、姫に生まれ変わってしまった主人公。 しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、クロードは、アタナシアの全てを自分が管理すると言いだした。 彼と数回会ううちに、馴れ馴れしい方が好みだとわかったアタナシアは、愛嬌たっぷりに振る舞う。 ある日、クロードとボートに乗ることになる。 彼の髪をキラキラでキレイ、キラキラ大好きと喜ぶ彼女に、彼女の宝石袋は自分が預かっていると話すクロード。 生きた心地がしない彼女を乗せたボートは、ただゆったりと進むのだった。 詳しくはにてまとめてあります 目次• 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」10話のネタバレ 周囲の景色に蓮のような葉っぱや青い花が増え始めたので、アタナシアはボートの端に寄り覗き込む。 青い蓮の花かと思ったが、青いのは湖の色が映っているだけで、透明な花だった。 あれ欲しい、と彼女の心に突然湧いた感情。 ボートから身を乗り出し、その花に手を伸ばした。 クロードは、黙ってその姿を眺めている。 あともう少しで手がとどきそうだと、まるで何かに取り憑かれたように虚ろな瞳のアタナシアは、身を乗り出し過ぎたせいでバランスを崩し、ボートから落ちてしまった。 慌てて、水面に顔をだす彼女。 しかしうまく泳げない。 ジタバタ暴れ、助けてと口にするが、目に入ったのは、興味なさそうに彼女を見つめる、頬杖ついたクロードの姿だった。 一瞬彼女の時が止まる。 この男は助けてくれない。 そう絶望した彼女の足を、うねうねとした触手のようなものが絡め取る。 湖の底へ引きずり込まれるアタナシア。 こうやって私が死ぬのも、じっとして見ているだけなんだろう、この最低野郎。 だが彼女は陸に上がることができた。 激しく咳き込み、水を吐き出す彼女。 リリーはアタナシアに駆け寄り心配する。 その傍らには、片腕を濡らしたクロードが、平然と立っていた。 クロードはフィリックスを呼ぶと、俺の娘が湖で溺死でもしたら恥ずかしいから、明日から水泳を教えろと指示する。 そしてそのまま、アタナシアをその場に残し、去るクロード。 荒く息をし、涙ぐむ彼女は、震えながらクロードの姿を見つめるのだった。 その後、アタナシアは湖に落ちたせいで熱を出し、寝込んでいた。 5歳の子供が湖に落ちたのに、あんな目で見ているだけなんて、なんて最低な男なのかと、彼を軽蔑しつつ怯えるアタナシア。 あんな極悪人のハートをゲットするなどありえないので、早く逃走資金を集めて脱出しなければならない。 そして、ストレスが限界まできた彼女は、無性にチョコが食べたくなった。 前世では、チョコなど贅沢品で、消費期限切れのコンビニおにぎりを食べているような生活だったため、お菓子は夢のような存在なのだ。 その執着心から、こっそり厨房に忍び込む彼女。 すると後ろで、ガサっと音が鳴り、彼女は慌てて後ろを振り向くのだった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」10話の感想 透明な蓮の植物なのか、あの湖には対象を魅了して、湖に引きずり込む何かがいるようですね。 それに引っかかった娘を、頬杖ついたまま眺めるクロード。 アタナシアは、彼を軽蔑します。 ですが、子供と今まで一緒に過ごしていないので、どこまで子供が自力で動けるか把握できてないだけだと思います。 なんかボートから落ちたけど、自力で泳いで上がってくるだろうとか、ふざけているのかなとか、あまり深く考えていなそう。 まさかアタナシアが泳げないとは思ってなかったのでしょう。 あの服装で泳ぐことがどれだけ大変かも理解してなさそう。 だからあの表情なのでしょうね。 一応彼は、片腕でアタナシアを助けますが、彼女は理解してないようです。 それより、自分がすがったときの彼の目つきがショックで、それどころじゃないようですね。 そしてアタナシアがストレス軽減に求めたのが、チョコレートですが、厨房で一体何があったのでしょうか。 この漫画は既にコミックが2巻まで出ています。 先が気になる方はこちらも検討してみてください。 絵がとてもキレイです。 フルカラーで、アタナシアもかわいいし、クロードもカッコいい、見応えがあります。 1巻 ~10話 、2巻 11~19話 の収録内容です。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

転生先は、悲運のサブキャラプリンセス!? 韓国の人気作がついに発売!『ある日、お姫様になってしまった件について』第①巻・第②巻 7月5日 2冊同時発売!|株式会社KADOKAWAのプレスリリース

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 漫画

* 縦書き? 横書き? LINEマンガでは縦読み形式だが、単行本では普通の漫画のコマ割になっている。 そして、LINEマンガのテキストは縦書きだが、単行本では横書きだ。 多分、元の漫画の原稿は通常のコマ割で作成してるんだろうな。 で、LINEマンガなどの媒体で配信する時はコマ単位・フキダシ単位で分割して、縦読みしやすいよう組み立ててるんだと思う。 だからテキストも日本の出版事情に合わせて縦書きにできるんじゃないかな。 でも、単行本化する時は本来の原稿の形に戻るから、韓国で出版されてるものと同様、横書きになるのだろう。 Amazonのカスタマーレビューには「読みづらいから原稿を反転させて縦書きにしてほしい」なんて意見もあるけど、やめてくれ。 私は横書きのほうが読みやすかったです。 * 父親に媚びて生き残りを図るお姫様 それはさておき、フルカラーを活かした絵が美しい漫画なのだ。 登場人物は美男美女だし、主人公はお姫様らしく多種多様なドレスやワンピースを着ていて、とてもかわいい。 庭にいる場面が多いんだけど、登場人物に重なる緑色の木々の影やこもれびの描写も美しい。 フルカラー万歳。 ストーリーは、いわゆるなろう系なので、ありがちといえばありがちだ。 睡眠薬を飲んだはずの主人公は、とある小説に出てくるお姫様アタナシア(アーティ)に生まれ変わってしまう。 しかし、小説内の彼女は父親である皇帝クロードに疎まれて育ち、小説の主人公ジェニットの犠牲になる形で無実の罪をきせられ、父親に処刑されて死ぬ運命だった。 処刑エンドを避けたい主人公アーティは、冷酷なクロードに「パパ大好き!」と全力で媚を売って生き残ろうとする……(1巻、3巻の表紙にいる仏頂面の男が父親のクロードで、女の子がアーティ) 同じ韓国の漫画『皇帝の一人娘』と酷似してるらしいけど、なろう系などのWeb小説は似たようなネタの話が多いからそのせいかも。 『皇帝の〜』はKindle版が出ていないため、読み比べることができなかった。 (登場人物の名前は、聞き慣れた名前と微妙に異なるので書きまちがえそうになる。 アナスタシアではなくアタナシア、フェリックスではなくフィリックス、エゼキエルではなくイゼキエルが正しい表記) * クロードのつっこみどころ、あるいは面白さ ここから先は、読みながら面白くてじわじわきてしまった部分を、つれづれなるままに書いていこう。 1番ツッコミどころが多くて謎めいていて面白いのが、アーティの父親であり、冷酷で人々にも恐れられている皇帝クロードだ。 まず服装。 なぜか作中のクロードは、ほとんどの場面で古代ギリシャ人のようなひらひらの布をまとっており、正装した表紙との落差が激しい。 布をゆるく肩にかけて腰紐で結び、腕も胸もお腹もほぼ露出した格好なのだ。 他の男性陣はかっちり長袖ジャケットなのに。 寒くないですか?? この世界の季節感がわからない……(暑さ寒さの描写がほとんど出てこないため、常春の天候なのかも) また、クロードは皇帝として多忙なため、睡眠時間も短いと記されているのだが、アーティの前ではいつも暇そうだ。 ぼーっと座ってたり、急に昼寝を始めたり、書類ひとつ載ってないテーブルの前でお茶を飲んでたり。 恐らく、仕事がひと段落ついてからアーティを呼んでいるか、あるいはアーティが来ると聞いた時点でそのへんを片づけているんだろうけど、それにしてもめっちゃ片づきすぎてるんですよ。 周りに人が多いのを嫌って、メイドもほとんど身の回りに置いてないのに。 7歳のアーティが「父親の宮殿に行けばケーキ食べ放題」と学習して、ケーキほしさに突然訪れた時も、クロードは何もないテーブルの前でソファに座り、悠然とティーカップを傾けながら「来たか」とか言うわけですよ。 きっと「姫様がこっちに向かってます」と先触れを聞いた瞬間、急いで仕事道具を片づけたのでは? そしてお茶を飲みながら余裕そうな顔で待ち構えていたのだろう。 そう思うと、めっちゃじわじわくる。 * 余談:学問の描写 アーティは小説の世界に生まれ変わる前の大人だった記憶があるし、勉強もめちゃくちゃがんばるんですよね。 小学校に入るくらいの年齢で、すでに哲学書を読んでいる。 周りが「天才だ!」と褒めてくれるとうれしいし、自分とあまり年齢の変わらないイゼキエルに負けたくないし。 作中で、アーティやイゼキエルの勉学に対する早熟さ・優秀さを描写するため、架空の哲学者・思想家の名前がいくつか出てくる。 それを読んで思ったんだけど、この世界では社会学や哲学といった分野も、ピアノのバイエルみたいに「どの本をどの順番で学ぶか」って決まってるっぽいな。 「この年齢で、この理論を何冊目まで終わってるなんてすごい!」みたいな描写もあるし、四書五経に似てるね。 「男子たるもの、科挙に備えて何歳までにこれくらいやっておかなくては」ってのと似てる気がする。

次の

【ある日、お姫様になってしまった件について】いち早く読めるサイトは?│知識忘備録 ナレッジタワー

ある 日 お姫様 に なっ て しまっ た 件 について 漫画

* 縦書き? 横書き? LINEマンガでは縦読み形式だが、単行本では普通の漫画のコマ割になっている。 そして、LINEマンガのテキストは縦書きだが、単行本では横書きだ。 多分、元の漫画の原稿は通常のコマ割で作成してるんだろうな。 で、LINEマンガなどの媒体で配信する時はコマ単位・フキダシ単位で分割して、縦読みしやすいよう組み立ててるんだと思う。 だからテキストも日本の出版事情に合わせて縦書きにできるんじゃないかな。 でも、単行本化する時は本来の原稿の形に戻るから、韓国で出版されてるものと同様、横書きになるのだろう。 Amazonのカスタマーレビューには「読みづらいから原稿を反転させて縦書きにしてほしい」なんて意見もあるけど、やめてくれ。 私は横書きのほうが読みやすかったです。 * 父親に媚びて生き残りを図るお姫様 それはさておき、フルカラーを活かした絵が美しい漫画なのだ。 登場人物は美男美女だし、主人公はお姫様らしく多種多様なドレスやワンピースを着ていて、とてもかわいい。 庭にいる場面が多いんだけど、登場人物に重なる緑色の木々の影やこもれびの描写も美しい。 フルカラー万歳。 ストーリーは、いわゆるなろう系なので、ありがちといえばありがちだ。 睡眠薬を飲んだはずの主人公は、とある小説に出てくるお姫様アタナシア(アーティ)に生まれ変わってしまう。 しかし、小説内の彼女は父親である皇帝クロードに疎まれて育ち、小説の主人公ジェニットの犠牲になる形で無実の罪をきせられ、父親に処刑されて死ぬ運命だった。 処刑エンドを避けたい主人公アーティは、冷酷なクロードに「パパ大好き!」と全力で媚を売って生き残ろうとする……(1巻、3巻の表紙にいる仏頂面の男が父親のクロードで、女の子がアーティ) 同じ韓国の漫画『皇帝の一人娘』と酷似してるらしいけど、なろう系などのWeb小説は似たようなネタの話が多いからそのせいかも。 『皇帝の〜』はKindle版が出ていないため、読み比べることができなかった。 (登場人物の名前は、聞き慣れた名前と微妙に異なるので書きまちがえそうになる。 アナスタシアではなくアタナシア、フェリックスではなくフィリックス、エゼキエルではなくイゼキエルが正しい表記) * クロードのつっこみどころ、あるいは面白さ ここから先は、読みながら面白くてじわじわきてしまった部分を、つれづれなるままに書いていこう。 1番ツッコミどころが多くて謎めいていて面白いのが、アーティの父親であり、冷酷で人々にも恐れられている皇帝クロードだ。 まず服装。 なぜか作中のクロードは、ほとんどの場面で古代ギリシャ人のようなひらひらの布をまとっており、正装した表紙との落差が激しい。 布をゆるく肩にかけて腰紐で結び、腕も胸もお腹もほぼ露出した格好なのだ。 他の男性陣はかっちり長袖ジャケットなのに。 寒くないですか?? この世界の季節感がわからない……(暑さ寒さの描写がほとんど出てこないため、常春の天候なのかも) また、クロードは皇帝として多忙なため、睡眠時間も短いと記されているのだが、アーティの前ではいつも暇そうだ。 ぼーっと座ってたり、急に昼寝を始めたり、書類ひとつ載ってないテーブルの前でお茶を飲んでたり。 恐らく、仕事がひと段落ついてからアーティを呼んでいるか、あるいはアーティが来ると聞いた時点でそのへんを片づけているんだろうけど、それにしてもめっちゃ片づきすぎてるんですよ。 周りに人が多いのを嫌って、メイドもほとんど身の回りに置いてないのに。 7歳のアーティが「父親の宮殿に行けばケーキ食べ放題」と学習して、ケーキほしさに突然訪れた時も、クロードは何もないテーブルの前でソファに座り、悠然とティーカップを傾けながら「来たか」とか言うわけですよ。 きっと「姫様がこっちに向かってます」と先触れを聞いた瞬間、急いで仕事道具を片づけたのでは? そしてお茶を飲みながら余裕そうな顔で待ち構えていたのだろう。 そう思うと、めっちゃじわじわくる。 * 余談:学問の描写 アーティは小説の世界に生まれ変わる前の大人だった記憶があるし、勉強もめちゃくちゃがんばるんですよね。 小学校に入るくらいの年齢で、すでに哲学書を読んでいる。 周りが「天才だ!」と褒めてくれるとうれしいし、自分とあまり年齢の変わらないイゼキエルに負けたくないし。 作中で、アーティやイゼキエルの勉学に対する早熟さ・優秀さを描写するため、架空の哲学者・思想家の名前がいくつか出てくる。 それを読んで思ったんだけど、この世界では社会学や哲学といった分野も、ピアノのバイエルみたいに「どの本をどの順番で学ぶか」って決まってるっぽいな。 「この年齢で、この理論を何冊目まで終わってるなんてすごい!」みたいな描写もあるし、四書五経に似てるね。 「男子たるもの、科挙に備えて何歳までにこれくらいやっておかなくては」ってのと似てる気がする。

次の