にゃんこ大戦争 やることない。 にゃんこ大戦争

にゃんこ大戦争の沼にハマる

にゃんこ大戦争 やることない

深みにはまれるかどうか 20• ちょっと難しいかなと思える難所も、キャラクターの育成と出撃選択で大抵は難しく考えなくとも何とか乗り越えられますし、無料ですので本当に気軽に遊べます。 …途中までは。 日本を西から東まで制覇する辺りと、その後に続くレジェンドステージの半ばくらいまではシンプルで良いんです。 それが後半になればなるほど難易度が凄まじく跳ね上がり、特定キャラをベストタイミングで出撃させないと勝利不可能なステージが増えますし、いよいよ酷くなると運の要素が絡み、運が悪いと何百回やっても勝てません。 攻略サイトですら「…後は運任せですね」なんて書くほど。 キャラクターをある程度まで揃えるのは難しくありません。 ガチャを回してキャラクターを引き当てるよくあるシステムですが、基本キャラは毎日引けるガチャからそこそこ出てきますし、レアキャラの出るレアガチャも毎日貰えるネコ缶を貯めていけば数ヶ月に一回は「10連」で引けますので、時間は掛かりますが無料でもそこそこ揃います。 恐ろしいのは、そのレアキャラが後半では役に立たなくなってくる事です。 難易度が上がりすぎるせいで、そのステージに特化するようなキャラを持ち合わせなければ苦しくなっていき、更に進むと特化キャラを複数所持しないと厳しくなり、そこから更に進むと出撃タイミングまで超シビアとなり、一瞬の判断ミスと運の無さで全てが終わります。 攻略にもやたら時間が掛かるようになっていき、昨今追加されるステージは時間が掛かり過ぎて休憩時間に気軽に遊べなくなりました。 課金するなら数十万は覚悟しないと、中途半端な課金は大した意味を持ちません。 無課金でいくなら、いよいよの後半は1ステージ1000回挑戦する気持ちで、決して折れぬ強い心を持って戦って下さい。 その強い心さえあれば、基本は無課金で遊べるゲーム内容になっていますから。 プレイ時間 200時間以上 絶妙なゲームバランス 85• 構成が似ている上キャラの種類も少なく、ボリュームはあまりない。 チャレンジはパズドラなどと同様、スタミナ消費型。 他のゲームと 異なり1分で1溜まるため、コスパはいい。 1ステージにかかる時間はピンキリだが、一般的には3〜5分前後。 最高難度だと30分以上かかるものもある。 ゲームはほぼセミオート。 ゲーム中プレイヤーが出来るのは、下記3種のタイミングくらいしか ない。 ・お金を使用しネコを生産。 (敵キャラ攻撃や敵拠点攻撃に使用) ・お金を使用しレベルアップ。 (お金の入手速度up、および最大所持金額up) ・にゃんこ砲使用。 戦闘は敵と接触したら自動で行われる。 奥行きなどがない1ライン編成、かつ敵と交差しない作り。 (目の前の敵を無視して敵拠点を攻撃などはできない) 事実上、戦闘ラインを上げられれば勝ち、ラインを下げられたら 負けとなる。 特にキャラの強さと生産速度、生産に必要なお金のバランス感覚が 絶妙。 またたいていのステージは、その場に応じた生産をすればクリア 可能。 基本的な攻略は、壁役兼やられ役を3〜4種量産しつつ、遠距離から 攻撃すること。 ただしこんな攻略でなんとかなる事が多く、飽きやすいのも事実。 この手の戦略で攻略不可能なステージも一部ある。 このへんはパーティー編成なども含め、考えないと攻略不可。 またログインボーナス 基本キャラ強化ガチャ用のチケット。 毎日 貰える や、にゃんチケチャンス 特定日時に行われるチケット配布 イベ でも強化可能。 ベツモノになるため、しっかり育成したい。 有料ガチャで強いものも当然ある。 ネコエステなど必要不可欠なキャラの排出も十分あり、財布に やさしい。 アプリ自体も軽い。 キャラデザインはアイコンやタイトル通り。 8割がたこんなキャラ なので人を選ぶ。 能力は各キャラ得意な分野があるなど、楽しめるものになっている。 コラボは月2回くらい行っており、そのたびに面白いキャラが追加 されている。 またライトユーザ・ミドルユーザ・ヘビーユーザ問わず楽しめる点 が高評価。 ゲームは上に記載したようにシンプルで、圧し負けなければいい。 ある程度パターン化できるため、ヌルいといえばヌルい。 適当な時間に遊ぶには最適で、遊んでみて損はない。 ログインだけ毎日行い、空いた時間に遊ぶのが良いと思う。 プレイ時間 100〜200時間 今からでも楽しめるゲーム 75• 他の人と争うことが無いので、今からインストしても一人で暇な時間に遊べます。 普通っぽい猫から筋肉ムキムキな猫まで色んな猫がいるので見てて飽きないです。 育て方が分からない人でも適当にプレイしていれば「そういうことか」という感じにだんだん分かってきます。 課金必須ではなく時間をかけて育てれば難易度が高いクエストもクリアできます。 悪い点 最初のほうはいいが、クエストのレベルが上がってくると1つのクエストに時間がかなりかかります。 沢山の猫を召喚することが出来ますが、出しすぎると何をやっているのか分からない上にボスのような強キャラが来ると普通に蹴散らされます。 それで10分くらいかけたのにクエスト失敗するとかなり萎えます。 1つのクエストにかかる時間がもう少し短ければよかったと思います。 総評 特にラグもなく快適にプレイできるでしょう。 課金もしたければすればいいという感じなので、今からプレイしてハマった人はしてもいいと思います。 クエストで詰まったときは前のクエストをプレイすればいいのでこの辺はRPGと変わらないです。 結構昔のアプリなのでクエスト量が少ないという事はないでしょう。 タワーディフェンスってどんなのだろうと思った方、少しかじるのもありです。 (最近のTDゲーはこのタイプが多いので比較されやすいです) プレイ時間 100〜200時間.

次の

【にゃんこ大戦争】初心者必見!序盤の効率的な進め方!|ゲームエイト

にゃんこ大戦争 やることない

キモカワ系のにゃんこ軍団がくせになる にゃんこ軍団が日本を絶賛征服中だ。 京都のゲームデベロッパーPONOSがiOSとAndroid向けに配信している横スクロールタイプのタワーディフェンスゲーム「にゃんこ大戦争」が密かな人気を博している。 昨年11月15日にApp Storeから配信を開始したiOS版は20万ダウンロードを超えており、12月27日にGoogle Playから配信がスタートしたAndroid版も早くも10万ダウンロードを達成した。 「謎のにゃんこ軍団が日本列島を血に染める!」というストーリーなので一見にゃんこ軍団と戦うのかと思いきや、プレーヤーが操作するのはにゃんこ軍団側で日本列島を次々に征服していく。 ゆるくてかわいいにゃんこ軍団のキャラクターが大好評だが、もともとフィーチャーフォン用のゲームとして作られたものを、スマートフォン用にグレードアップしているので、ボタンを押すだけの簡単操作で遊べる気軽さも人気の秘密だろう。 そんなゆるいゲームだが、ストラテジーゲームとしての基本はきちんと押さえてあり、かつやり込み要素も豊富だ。 基本無料のアイテム課金ゲームだが、課金をしなくても遊べる要素が多く、かつ思わず課金せずにはいられない魅力的なアイテムもそろっている。 いったい「にゃんこ大戦争」はどのようなゲームなのか。 この特別企画ではその魅力をじっくりとお届けしたい。 にゃんこ軍団の進軍を告げるオープニング。 最後まで読んでも攻略の手助けにはまったくならないが、たぶん読んでも損はないはずだ タワーディフェンス(TD)ゲームは、フィールド上にキャラクターを設置して、次々に襲ってくる敵を撃退するストラテジーゲーム。 もともとPCが発祥のジャンルだが、タッチ操作と相性がよく、スマートフォンやタブレットの進化に合わせて次々に名作が生み出されている。 「にゃんこ大戦争」はゆるい見た目と、ゆるい難易度で気軽に楽しめる初心者向けTDだ。 ゲームは長崎県から始まり、東に向かって進軍していく。 それぞれのマップには拠点となる城があるが、城の上には都道府県にまつわる特産物や観光名所が乗っている。 例えば香川県では基地の上にうどん、岐阜県だとステージに雪が降って基地の上に合掌造りの家。 岡山県なら桃太郎の像、宮城県はもちろん伊達政宗の像と、その県の名前を聞いたときに誰もが想像するものが的確にチョイスされていて、思わずにんまりしてしまう。 新しいステージが始まる時には、まずは城のモチーフが何かを見に行かずにいられない。 画面左下にいる、がんばっている感じのネコが「働きネコ」。 レベルが上がるにつれて、レベルアップに必要な金額も高騰していく 戦闘の手順を簡単に説明しよう。 まずは全国マップから攻め込む都道府県を選択する。 攻め込むためには「統率力」が必要で、取得経験値の多い県は消費する統率力もたくさん必要だ。 統率力は時間で回復していく。 戦闘画面では左に県の城、右ににゃんこ軍団の城があり、キャラクターはお互いの基地に向かって進んでいき、敵キャラクターや城が攻撃範囲に入ると自動的に攻撃を開始する。 城のHPが0になれば陥落して勝利となり、報酬として経験値やお宝が手に入る。 軍団のキャラクターは日本円で生産するが、このお金を稼いでくれるのが画面左下にいる「働きネコ」だ。 ゲームスタートと同時にお金が貯まり始める。 この円は働きネコのレベル上げにも使う。 働きネコのレベルが低いと、お金が貯まる速度が遅く、上限も低いのでなかなか強いキャラクターを生産できない。 働きネコのレベルアップをケチっていると、後半資金ショートを起こして押し込まれてしまうので、雑魚が多い前半にレベル上げにいそしんでおく。 たまに、前半から強い敵が現れることがあり、こういうステージでは働きネコのレベルを上げつつ、キャラクターも増産するスリリングな戦いが楽しめる。 お金は、敵を倒したときにも入ってくる。 強敵を倒すと一度に何千円も増えるので、逆転のチャンスが生まれる。 働きネコの作業効率や、金額の上限はパワーアップ画面から強化することができる。 体の大きな敵は、その巨大さに見合った攻撃力やHPを持っているので現れると非常に厄介だ 敵のキャラクターはおおむね体のサイズに強さが比例している。 巨大なゾウタイプ「パオン」などは、ずっと居座り続けながら鼻を振り下ろす範囲攻撃で味方にダメージを与えてくる嫌な敵だ。 中盤以降頻出してくる「ゴリさん」や、顔は可愛いのに攻撃は凶悪な「クマ先生」も要注意だ。 また、敵には色が赤い、通称「赤い敵」と呼ばれるものがいる。 赤い敵は、「赤い敵にめっぽう強い」と説明書きにある専用の攻撃キャラクターで迎撃する。 序盤はお金のたまり方が遅いので、キャラクターの生産が追いつかずに城付近まで押し込まれてしまうこともよくある。 そんなとき、敵を一掃して逆転のチャンスを作ってくれるのが、城に備えられた高性能なレーザー兵器「にゃんこ砲」だ。 にゃんこ砲はゲームスタートと同時にチャージに入り、チャージ完了後はいつでも任意のタイミングで発射できる。 強力なレーザーが射程内にいるすべての敵にダメージを与え、雑魚なら一撃で倒してしまい、強敵を後退させる。 ただし、一度使うと再チャージまでに何分間か必要になる。 にゃんこ砲でもしのぎきれない敵のラッシュが来たら、最後は神頼みだ。 パワーアップ画面のEXキャラクターから「神さま」を購入しておけば、いざというとき神のチカラを使うことができる。 使えるチカラは4種類。 「神の怒り」はにゃんこ砲の3倍の威力を持った全体攻撃、「神のくしゃみ」は敵キャラを敵の城まで吹き飛ばしてしまう。 「いやしの楽園」は、城とキャラクターのHPを全回復させる。 「ベビーラッシュ」は、1分間キャラクターを作りまくれる。 神のチカラは、課金アイテムの「ネコカン」で購入する。 チュートリアルも兼ねた九州地方は、適当にキャラクターを生産していてもなんとかなるが、ステージを進めていくと、最初から強敵が現れたり、雑魚がこれでもかと押し寄せてきたりと、それなりに戦略が必要になってくる。 とはいえ、本作の魅力はあくまでもお手軽さだ。 通勤時間に、ちょっとした休憩時間に気軽に侵略できるカジュアルさが魅力だ。 キャラクターをマップ上に配置するのではなく、出撃させたいキャラクターのアイコンを押すだけという簡単操作も本作の敷居を下げている。 そのためじっくり腰を据えてストラテジーゲームで遊びたいというタイプには物足りなく感じるかもしれない。 どうしてもクリアできない高難易度のマップに何度も何度も挑むというよりは、無敵のにゃんこ軍団の無双ぶりと病み付きになるへんなビジュアルを楽しみつつ、小さな達成感を積み重ねていくことが楽しいゲームだ。 ぞろぞろと進軍していくにゃんこ軍団の威容は限りなくシュール にゃんこ軍団という名前なので、キャラクターはすべてネコの顔をしている。 しかし、中にはゆるすぎてかなりアイデンティティが揺らぎ気味のものもいる。 キャラクターのゆるさは本作最大の魅力だ。 キモくてゆるいキャラクターは動きを見ているだけでも楽しく、表情だけみんな同じキャラクターが集団で進軍していく様はシュールの一言。 勇ましい進軍マーチのBGMがさらに拍車をかける。 最初に使えるキャラクターはもっとも基本的な「ネコ」。 丸い顔に4本の小さな足がついていて、口で攻撃する、一番ネコっぽいキャラクターだ。 次に使えるようになる「タンクネコ」は、円柱状の姿をしており、ヘッドバットで攻撃する。 その後もステージを進行していくと、次第に使えるキャラクターの種類が増えていき、最終的には9種類の基本キャラが使えるようになる。 メニューから入るパワーアップ画面では、軍団を強化したり新しいキャラクターを追加することができる 新しいキャラクターの追加やキャラクターの強化は「パワーアップ」画面で行なう。 キャラクターは経験値を使ってレベルを上げていける。 レベル10のMAXまで上げるとクラスチェンジして、さらに強力な上位クラスになり見た目も変化する。 基本キャラクターの他に、課金アイテムのネコカンで入手するEXキャラクターもいる。 前述した「神さま」だけは経験値で購入できるが、それ以外はすべてリアルマネーが必要だ。 EXキャラクターは、基本キャラクターの上位性能を持つキャラクターで、見た目やアニメーションも凝っている。 一度購入してしまえば、それ以降はEXキャラクターも経験値でレベルアップができ、MAXまで上がれば同じようにクラスチェンジする。 パワーアップ画面では他にも、にゃんこ砲の射程、威力、チャージ時間、働きネコの生産効率、財布の上限、城の強度、キャラクター生産にかかる時間、統率力などを、経験値を消費しながら強化していくことができる。 キャラクターの作成時間を左右する「働きネコ仕事効率」や「研究力」などは、MAXまで上げておくと後々の戦闘を楽に進めることができる。 また、ステージをクリアした時にランダムで手に入る「お宝」を集めると、セット報酬として軍団を強化するアイテムが手に入る。 「お宝」には最高、普通、粗悪の3ランクがあり、集めたお宝のレアリティで発動する力の威力に差が出る。 100%の力を発揮したければ、お宝を最高レベルで揃える必要がある。 課金要素にはEXキャラクターの他、統率力の再チャージ時間の短縮や、ステージのコンティニューに使う。 またアイテムショップには、キャラクターのスピードアップやお宝をゲットしやすくする「トレジャーレーダー」、スナイパーの掩護射撃など戦闘中の消費アイテムと経験値を販売している。 第2章をクリアするともらえるレアキャラ「ネコヴァルキリー」 ソーシャルゲームがニュースで大きく取り上げられた影響で、スマートフォンの無料ゲームはどれでもゲームを進めるのに大金が必要になると誤解している人もいるが、本作は様々な課金要素はあるものの、課金をしなくても進める難易度なので、まったく無課金でも十分遊ぶことができる。 課金要素も、ランダム性のあるガチャはないので、必要なものを必要なぶんだけ購入すれば事足りる。 1回目の日本占領後にはエンディングがあり一区切りつくが、物足りない人用に難易度が上がった新章や、ハイスコアを競いたいコアユーザー向けのチャレンジモードが遊べるようになる。 常に泳ぎ続けていないと死んでしまうマグロのようなユーザーのために、これからも新しい遊び要素が追加されそうな雰囲気もある。 カジュアルだが、じんわりと長く遊べるやり込み要素の多さは、家庭用のユーザーが多い日本らしい作りだと言える。 スマートフォンやタブレット向けのゲームといえば、当初こそカジュアルで単純なものが多かったが、最近は性能の向上に合わせたコアゲームも増えてきている。 そんな中で、本作のような基本無料ならではのゆるさを持つゲームを見つけると嬉しくなる。 それは本作が単なる単純なゲームではなく、きちんと作りこまれたカジュアルゲームだからだ。 見た目通りにあまり頭を悩ますことなく遊べるが、遊んでみると以外に深いやり込み要素に気づく。 基本無料だからできるゆるさをぜひ一度体験してもらいたい。

次の

『にゃんこ大戦争 攻略』遊び方、ゲーム解説します(初心者用)

にゃんこ大戦争 やることない

なんとなくというか、偶然の出来事によって実践してはいけない事を実践してしまったので、このブログでお伝えしていきたいのですが、どのカテゴリに書こうかなと悩んだ末にコラムではなく実践日記という形にてお届けしたいと思います。 にゃんこ大戦争を引退する危機に遭遇しました。 この記事はアプリを間違って削除してしまった人や、消えてしまった人にも読んでいただければ、僕の経験がお役に立つ事があるかもしれませんが、どちらかというと僕の失敗体験を元にしっかりと「お問い合わせコード」をメモしておいてくださいというお話となっています。 実際に僕のにゃんこ大戦争のアプリが消えてしまった経緯は、そんな事は想定もしてなかったという悲劇でした。 間違えてアプリを削除するとは 結構よくあるパターンとしては、落下による故障やバイクから落として大破するとか、胸ポケットに入れた状態で何らかの拍子でトイレやお風呂などの水の中への水没とかって事故は起きないと思っていれば、不運にも起きてしまう事もあるわけです。 もし実際に自分にも起きる(かもしれない)と思っていたら、しっかりバックアップを取ったり、「お問い合わせコード」をメモしているわけなんで被害は最小限にとどめる事ができるわけです。 ま~これは物理的にスマホやタブレット端末上からにゃんこ大戦争のゲームデータが削除されるみたいな一つの典型的な例といえます。 自分で間違ってアプリ削除ってのはそうそうないとは思いますが、何かの不注意でやっちゃう事もあるかもしれません。 他にもiPhoneのiOSとアンドロイドでは対応方法が変わりますが、スマホやタブレット全体のバックアップを取るという方法も有効な対応策であるとはいえます。 実際にアプリが消えた理由 では一体僕はどういった失敗でアプリが消えたというか削除されたかという実戦経験をお伝えしてみようかと思います。 はっきりいってそれが起きるまではそんな事ありえるの?みたいな現象に巻き込まれての事件だったんです。 2016年6月25日(日)にその事件は起きました。 とある有名人の講演会に招待してもらったので参加していたわけなんです。 ビジネスの成功とか人間や人生とはみたいな。 えっ?何で?みたいな事をすぐ思うと同時に嫌な予感がしました。 いろいろとチェックしたところアプリが数個消えていたんですね・・・。 「にゃんこ大戦争」も消えていました。 他にも把握している中では「消滅都市」と「ブームビーチ」のアプリが削除されていました。 操作ロックまでかけているはずでしたが、なぜか節電にも入らず胸ポケットにいれた状態でずっと誤作動ではないんでしょうけど、自分の意志とは違う操作が勝手にされていたんですね。。。 とりあえず詳細な理由はわかりませんが、思い当たる節が少しあって、当日めがねケースやメモ帳を持つために暑い中ジャケットを着ていたんですね。 少しスマホ操作した後に胸ポケットにスマホを入れていると、体温や摩擦がたまたま人の操作と同じ状況を作り出し、誤動作を生み出したんじゃないかなと思います。 もしカバンを持っていっていて、そこにスマホを入れていれば起きなかった事件でしょうし、講演会の会場でスマホを取り出さなかったら起きなかった事件のはずです。 服装もYシャツだけ着ていればもしかして起きなかったかもしれません。 偶然がかさなり悲劇がおきたわけです。 当日はかなり疲れていてやっと帰宅した時に起きた最悪の出来事でした。 実は招待していただいて参加できた講演はとても自分にたくさんの気付きを与えてくれるもので、感動していた矢先の出来事に大いなる落胆とケチが付いたような悲しい状況になってしまったわけです。 そういえば講演では最低を味わって、本当の最低な事が起きた時には「よっしゃー!」と思って乗り越えるといいみたいな事を言っていました。 ピンチをチャンスに変えるみたいな・・・。 何日か考えたりしていましたけど、あまりいい案は浮かびませんでした。 このにゃんこ大戦争の攻略ブログ・・・僕よりもっと好きそうな人が変わりに記事を書いて更新してくれないかなとか・・・。 確かfc2ブログで理想のブログを書いている人いたから頼んでみようかなとか・・・。 ゲームデータ復帰への挑戦• にゃんこ大戦争• 消滅都市• ブームビーチ 把握できているだけで、3つのゲームが誤作動によって削除されてしまいました。 他にも1度も使っていないアプリみたいなのは気付いてないだけで、削除されているかもしれません。 ブームビーチはスーパーセルのゲームでiPhone5Sでゲームセンターログインをしていたので、アプリを再インストールすればそれだけで今までのゲームデータが復活しました。 これはかなり助かりました。 ここでは記事に書くのは省略しますが、アプリが消えてしまったり、間違って削除した時にどうすべきかなどは相当ググって調べましたが、何とかできそうな案は見つかりませんでした。 念のためにゃんこ大戦争と消滅都市は再インストールしてみたのですが、ゲーム説明にあるようにチュートリアルが始まるような感じとなっており、途方に暮れていました。 一応いろいろとゲーム画面のスナップショットを撮ったり動画もいくつか撮影したりもしていたので、かなりチェックしたのですがIDがわかるようなものは残っていなかったんですね。 ちなみに消滅都市はコラボイベントの時にかなりやり込んでいたので、あまりにも残念すぎる結果をこうむったわけです・・・。 サポートチームへのお問い合わせ 「お問い合わせコード」や「ID」を控えてないとゲームデータの復活は保障できないみたいな記載があります。 データ復旧は無理という事なんですね。 そもそも僕の場合は事故とはいえ自分で消しているわけで・・・ どうにもならないわけなんです。 でも課金していたら課金履歴からデータをひもづけて復活できる事もあるみたいな情報も実は持っていました。 とはいえ僕は正真正銘の無課金ユーザーだったんです・・・。 でもどうしてもあきらめきれずに「消滅都市」と「にゃんこ大戦争」のサポートチームに連絡してみました。 もしかしたらサルベージが可能なのではと・・・。 何回か両サポートチームの方とやり取りがありました。 内容は規約的にも公開できませんが、本人確認できる事を記憶を頼りにお伝えするみたいな事です。 追記) 当時の事を思い出してみると、にゃんこ大戦争はiPhoneのGame Centerアプリと連携していました。 そしてたまたま僕はGame CenterアプリにアップルIDでログインしていました。 ただGame CenterアプリはiOS10になってから削除されてログイン機能のみがOSの設定機能で残された形になっています。 推測ですが、もしかするとこのあたりの状況が関係していたのかもしれません。 技術の進化や変化は驚くほど早いので今はアプリ仕様も変わっているかもしれません。 「消滅都市」の方はちょっと難しい事を覚えてないといけなかったので、ほんの少し僕は感情的な想いをおだやかに文章にしたことを記憶しています。 そして運よくデータが見つかり紐付けできたのか、願いが通じたのか、サポートチームの皆様にゲームデータをサルベージしていただけたようでデータを引き継ぎすることができたのです。 それぞれのサポートチームの皆様へ僕がお礼の言葉をお伝えしたものをここでご紹介します。 消滅都市のサポートのみなさま お礼の言葉を述べた後・・・ 直接何かのお役に立つことはできませんが、別の何かで世の中の役に立つ小さな循環のきっかけを自分が作れるように努力したいと思います。 にゃんこ大戦争のサポートのみなさま お礼の言葉を述べた後・・・ 世の中の技術の進歩には驚くばかりです。 ~中略~ にゃんこ大戦争の進化や進歩のように、自分も何かできるであろう成長をしていきたいと思います。 正確な事はポノスの中の人にしかわからないのですが、少しだけ推測してみると僕の場合はiPhoneのGame Centerアプリでのログインというのをしていました。 Game Centerアプリから「アップルID」を通してにゃんこ大戦争の情報が見れたので本人確認みたいな事の紐付けに近い事ができた可能性があります。 僕の場合はクラクラも遊んでいたので、たまたまGame Centerアプリにログインしていました。 コメントをもらったので調べてみるとiOS10からはGame Centerアプリは削除されていて、ログイン機能のみOSの機能として提供されているようです。 Game Centerアプリが無くなったのでにゃんこ大戦争との紐付けもなくなっている可能性があります。 それと推測でコメントさせてもらっているのでこの内容が正しいとは限りません。 アプリの仕様や運営サポートチームの規約なども変化していくので、本来のアプリ規約通りお問い合わせコードが必須な状況になっているかもしれません。

次の