かもがしら 嫌い。 広瀬ゆうちゅーぶが逮捕された問題の動画とすっぴん素顔がやばい!?|MEDIA

鴨頭嘉人(かもがしら よしひと) という男について|ドリーKUNI|note

かもがしら 嫌い

年も近く趣味も合うし、彼女のキャリアを尊敬している。 その女性が、気の置けない友人たちとの会話が深まり酔いも回る中、目の前でそれはもしかしてNIMBYではないかと聞こえる演説を繰り広げたとき、私は戸惑った。 (NIMBY:not in my backyard うちの裏庭には作らないで、の意。 原子力発電所やゴミ焼却施設などの必要性は認めるが、居住地の近くに作られるのは困るという考えを表す言葉/三省堂 大辞林) 彼女の自宅がある瀟洒な住宅地の一角に、区が新しい認可保育園の建設計画を発表したのだという。 財界人や芸能人などの邸宅も多く、風光明媚で文化的、住みたい街ランキングでも常に上位にある憧れのエリアだ。 「待機児童の問題が差し迫っているのはわかる。 実はすでに数百メートル離れた場所に、古くからの認可保育園が存在する。 だがその収容児童数が既にパンクしているがゆえの、新規建設計画である。 なぜ、私たちが我慢しなければならないのか 「駅から近いから、利用者に便利だからという理由で、なぜこのエリアが2軒もの保育園を抱えて我慢しなければならないのか」。 駅から近い環境だからこそ気に入って、少し駅から離れたエリアより格段に地価が高いのを少々無理してでも購入しているのに、その駅から離れた格安エリアに住む住民が車でこのエリアに子連れで乗りつけ、騒音や違法駐車という迷惑行為を日々垂れ流してメリットを享受するのは納得がいかない……と彼女は続けた。 つまり、彼女のエリアの住人は高齢だったり所得が高かったりで認可保育園を利用する人はほとんどいないのに、なぜ自分たちにメリットのない保育園を他のエリアの住民のために「抱えてあげなければ」いけないのかという主張だった。

次の

「労働時間が65%から63%に減れば、2%幸せになるのが“働き方改革”? ふざけるな」|新R25

かもがしら 嫌い

話していて疲れる人のうざい話し方 自分の話ばかりする 自分の話ばかりする人は相手からうざいと思われていることが多い。 話すことはいつも自分の話。 一通り話して満足し、次に相手が話し始めると途端に携帯をいじり始めたり、他事をし始めて話を聞こうとしません。 また、相手が話しているのに急に割りこんできて、自分のことに置き換えて話し出し、そのまま話を持っていってしまう。 何を話していても自分の話にしてしまう人は相手にうざいと思われるでしょう。 こういう人に多いのが自分の 自慢話をしてくること。 相手に「すごい」「さすがだね」と認められたい、持ち上げられたいんです。 しかし自慢話ばかりされると正直苦痛を感じませんか?話している側は気分が良いかもしれませんが、聞いてる側はウンザリ、うざいと思っています。 要注意。 会話が続かないような対応をする 相手が話していることにあまり関心がない、聞く気がないのか、ただの口癖なのか、何を話しても「ふーん」「それで?」のような適当な返答をする。 また相手の方を見ない、リアクションが薄い。 これでは会話は続かないし、話している方も「聞く気があるのか?」とムッとしてしまうでしょう。 こういうことを何度もする人はうざいと思われます。 自分だって話している時にそんな態度を取られたら決して良い気分にはなりませんよね? 聞く姿勢は大切です。 早口で話す、モゴモゴと喋る 早口で捲し立てるように話されると、聞いている方はせかされているように感じて落ち着かない。 ゆっくり会話が楽しめない。 ところどころ何言ってるのか分からない。 相手を疲れさせたり、イラっとさせたりする原因になります。 また、モゴモゴと小さな声で話す人は何を言っているのか聞き取りづらく、相手をイラっとさせる。 早口で話すこともモゴモゴ話すことも、うざいと思われている可能性があります。 話す時は相手にしっかり伝わるよう、ハッキリと話し、自分が早口だと思う人はゆっくりと落ち着いて話すことを意識するといいでしょう。 ネガティブ思考、意見が否定的 ネガティブな発言や相手の話に否定的な返答ばかりする人はうざいと思われる傾向にあります。 たまには愚痴を聞いてもらってストレス解消をすることもあるでしょう。 ですが、話すたびに愚痴だったりネガティブな発言ばかりだと相手はウンザリ。 うざいと感じます。 また、相手の発言に対して「でもさ~」「だけど~」のような返答の仕方が口癖になっていると、相手は自分が否定されたような気分に。 そんな人と話し続けていたいなんて思いませんよね? ネガティブな思考、発言は、周りもネガティブな雰囲気に包んでしまう。 聞いている人もネガティブな気分になり疲れてしまうのです。 ネガティブな発言が口癖になっていて 無意識にやっていることがあるので自分はそうなっていないか一度、振り返ってみるといいですね。 話が長くて何が言いたいのか分からない 一方的に長々と話す、でも結局何が言いたかったのか分からないような話をする人はうざいと思われています。 長々と話すのは、話したいことが頭の中でまとまっていないから。 何を一番伝えたいのかを頭の中で明確にしていないのです。 なので余計なことまでごちゃごちゃと話してしまい話が長くなり、一番伝えたかったことが霞んでしまう。 長々と話を聞かされたのに、結局何が言いたいのか分からない。 そんな風に話を聞かされたら相手はイラっとするし、それが会うたび話すたび何度も続けばうざいと思うのは当然です。 何が言いたいのか、伝えたいことは何なのかをちゃんと考えてから話すように心がけましょう。 まとめ いかがでしたか?あなたにも当てはまったものはあったでしょうか? 相手に対してうざいと感じても本人にそれを直接指摘してくる人はほとんどいません。 なので無意識にやってしまい、いつの間にか相手にうざがられていた、なんてこともあります。 知らないうちに周りからうざいと思われてたら嫌ですよね。 もし今回ご紹介した中で心当たりがあるものがあったのなら、改善できるように意識して行動していきましょう。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 このブログを「いいな」と感じていただけましたら下のランキングバナーをポチっと押していただけますと嬉しいです。 よろしくお願いします。

次の

「労働時間が65%から63%に減れば、2%幸せになるのが“働き方改革”? ふざけるな」|新R25

かもがしら 嫌い

中国人観光客で連日溢れかえる免税店、ラオックス銀座本店 5月11日付け『環球時報』に法政大学の趙宏偉教授が書いた「日本観光の美景と幻覚」という文章が掲載された。 この文章が掲載されるや、ネット上に広まり、記事を転載したいくつかのサイトは「93%の日本人、中国が嫌い」というタイトルをつけ、多くのネットユーザーの注目を集めた。 文章は、現在日中両国は政治問題で関係が悪化しているにもかかわらず、なぜ日本に行く中国人が多いのかという疑問を投げかけている。 なぜならば、93%の日本人が中国嫌いであり、彼らの多くが中国に旅行に行きたくないと考えているからだ、と続く。 また、文章では、日本観光が中国人が思っているほどではなく、「幻覚」だと述べている。 例えば、日本の景色はよいといわれているが、富士山などの有名なところはそうであっても、東京は道が狭く、建物が乱立しているだけだということや、日本料理はおいしいといわれているが、日本のいい店で使っている米は安物で、野菜は輸入物だということ、また、日本のサービスはレベルが高く、日本の店員は大変丁寧だといわれているが、彼らはただマニュアルに沿って動いているだけで、いわば「作られた行動」だという。 さらに文章は、日本人は一部の中国人旅行者が派手に金を使う行為に対しいい印象を持っていないことも指摘している。 そして、対中強硬姿勢をとる安倍首相の支持率が高いのは、民衆が彼を支持しているから。 日本の政治動向に警戒する必要があるという言葉で結んでいる。 ぱっと見たところ、反日の文章にも見えるが、その手の文章にありがちな根拠のない批判ではない。 93%が中国を「嫌い」な わけではなかった ただ、この趙教授の文章に対し、疑問を投げかける文章があった。 5月13日付けの『環球時報』に外交学院の周永生教授が「日本旅行の爆発的人気は幻覚ではない」と題する文章が掲載された。 周教授の文章は趙教授のそれとは立場が違い、中国在住の中国人の視点から中国人の日本旅行について考えたものだった。

次の