浜松 呼吸器内科。 院長紹介|浜松の内科 呼吸器内科|すずしろクリニック

浜松市

浜松 呼吸器内科

お知らせ• 更新:2020. 03 ご来院時のお願い• 風邪様症状のある方は、院内に入る前に お電話をください。 当院では、ご来院の皆さま(お付き添いの方も含む)に、受付での検温を実施しております。 ご協力お願いします。 健診(検診)のお知らせ• 更新:2020. 16 実施しております。 ご希望の方は、予約が必要です。 事前にクリニックまでご連絡ください。 予防接種のお知らせ• 更新:2020. 09 高齢者用肺炎球菌ワクチン接種券 ご利用できます。 接種券は2020年度に公費助成対象になる方へ郵送されています。 (過去に公費で接種したことのある方には郵送されません。 ) 接種をご希望の方は予約が必要です。 事前にクリニックまでご連絡下さい。 休診日のお知らせ• 2020年5月20日(水) 都合により、休診となります。 2020年6月4日(木)~5日(金) 休診となります。 更新:2020. 08 2020年7月10日(金)~11日(土) 休診となります。 更新:2020. 25 2020年8月13日(木)~15日(土) 休診となります。 更新:2020. 21 2020年9月18日(金)~19日(土) 休診となります。 求人のお知らせ• 医療法人社団やなせ 「デイサービスセンター あかい実」では 一緒に働いて下さる介護職員・厨房職員を募集しています。 詳しくは.

次の

呼吸器内科|浜松医科大学医学部附属病院

浜松 呼吸器内科

内科(呼吸器) ページの目次• 医師紹介 診療部長 貝田 勇介 Yusuke Kaida 専門分野 呼吸器内科一般 専門医・認定医 日本内科学会認定内科医 日本内科学会総合内科専門医 日本呼吸器学会専門医 業績など 医学博士 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了 診療部長 加藤 真人 Masato Kato 専門分野 呼吸器内科一般 専門医・認定医 日本内科学会認定内科医 日本内科学会総合内科専門医 日本呼吸器学会専門医・指導医 日本アレルギー学会専門医 がん治療認定医 肺がんCT検診認定医 業績など 医学博士 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了 副医長 金田 桂 Kei Kanata 専門分野 呼吸器内科一般 専門医・認定医 日本内科学会認定内科医 業績など がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了 診療方針 肺癌に対してはCTスキャン、気管支鏡検査、CTガイド下経皮肺生検などで診断をした後、核医学検査、MRIにて病期診断を行っています。 化学療法、放射線療法が選択される症例については、現在最も推奨される治療薬の組み合わせによる治療を行い、症例によっては短期入院での治療や、外来での化学療法も可能となっています。 気管支喘息に対してはステロイド剤や気管支拡張剤の吸入指導、ピークフローモニタリング、呼気中一酸化窒素測定による自己管理などの指導を行い、ガイドラインに基づいた治療を行っています。 慢性閉塞性肺疾患 COPD に関しては、禁煙指導、吸入抗コリン剤等の薬物療法、呼吸リハビリテーションを組み合わせて治療を行い、自覚症状の改善を図っています。 慢性の呼吸不全には在宅酸素療法や鼻マスク式の非侵襲的人工呼吸の導入も行っています。 その他肺炎や胸膜炎、肺抗酸菌症などの感染症、アレルギー疾患、睡眠時無呼吸症候群に対して、各学会からのガイドラインやエビデンスに基づいた治療が行われています。 主に取り扱う疾患 呼吸器疾患全般に対して治療を行っています。 肺炎をはじめとする呼吸器感染症、肺癌、慢性閉塞性肺疾患 COPD 、気管支喘息、間質性肺炎などを扱っています。 また、 咳・痰がでる、胸が痛い、息が苦しいなどの症状があるときや検診で胸に影があると指摘された時に当科を受診していただきます。

次の

呼吸器内科|浜松医科大学医学部附属病院

浜松 呼吸器内科

内科(呼吸器) ページの目次• 医師紹介 診療部長 貝田 勇介 Yusuke Kaida 専門分野 呼吸器内科一般 専門医・認定医 日本内科学会認定内科医 日本内科学会総合内科専門医 日本呼吸器学会専門医 業績など 医学博士 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了 診療部長 加藤 真人 Masato Kato 専門分野 呼吸器内科一般 専門医・認定医 日本内科学会認定内科医 日本内科学会総合内科専門医 日本呼吸器学会専門医・指導医 日本アレルギー学会専門医 がん治療認定医 肺がんCT検診認定医 業績など 医学博士 がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了 副医長 金田 桂 Kei Kanata 専門分野 呼吸器内科一般 専門医・認定医 日本内科学会認定内科医 業績など がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了 診療方針 肺癌に対してはCTスキャン、気管支鏡検査、CTガイド下経皮肺生検などで診断をした後、核医学検査、MRIにて病期診断を行っています。 化学療法、放射線療法が選択される症例については、現在最も推奨される治療薬の組み合わせによる治療を行い、症例によっては短期入院での治療や、外来での化学療法も可能となっています。 気管支喘息に対してはステロイド剤や気管支拡張剤の吸入指導、ピークフローモニタリング、呼気中一酸化窒素測定による自己管理などの指導を行い、ガイドラインに基づいた治療を行っています。 慢性閉塞性肺疾患 COPD に関しては、禁煙指導、吸入抗コリン剤等の薬物療法、呼吸リハビリテーションを組み合わせて治療を行い、自覚症状の改善を図っています。 慢性の呼吸不全には在宅酸素療法や鼻マスク式の非侵襲的人工呼吸の導入も行っています。 その他肺炎や胸膜炎、肺抗酸菌症などの感染症、アレルギー疾患、睡眠時無呼吸症候群に対して、各学会からのガイドラインやエビデンスに基づいた治療が行われています。 主に取り扱う疾患 呼吸器疾患全般に対して治療を行っています。 肺炎をはじめとする呼吸器感染症、肺癌、慢性閉塞性肺疾患 COPD 、気管支喘息、間質性肺炎などを扱っています。 また、 咳・痰がでる、胸が痛い、息が苦しいなどの症状があるときや検診で胸に影があると指摘された時に当科を受診していただきます。

次の