小金屋食品納豆専門店。 ◇小金屋 納豆BAR小金庵 納豆が美味しいらしい

12月10日(火)

小金屋食品納豆専門店

店舗名 :イオン臼井店 住所 :千葉県佐倉市王子台1-23 営業時間:1階 8:00〜23:00 1階食品売場 8:00〜23:00 2階 9:00〜21:00 駐車場 :710台 お買物の有無に関わらず、2時間30分無料 経過後は 9時から23時:30分100円。 各階 1日最大料金あり/24時以降は、各日、最大料金加算。 最寄駅 :京成線の臼井駅南口から徒歩2分 訪問時期: 2019年2月上旬(休日) 納豆売場の様子 今回、ご紹介する「 イオン 臼井店」は千葉県佐倉市の京成本線の臼井駅を出て目の前にあるショッピングセンターです。 レイクピア ウスイとジャスコ(現イオン)と共同で1984年にオープンした店舗です。 「新しい街に、新しい商業施設を」という目標のもと1984年(昭和59年)3月6日にジャスコ株式会社(現イオン株式会社)と共同により地元主導型の大型ショッピングセンターとして誕生しました。 名前の由来レイクピアは湖畔(印旛沼の畔)の郷(街)を意味し、マークはLakePiaのLを象形化したもので、赤丸は昇る太陽・平和と繁栄を表しています。 斜めのラインは天上をめざして一直線に伸びるレイクピアの向上の願いを込めています。 2本の横のラインは緑なす悠久の大地「臼井」と「レイクピアショッピングセンター」を重ね、そのゆったりとした起伏する太い2本のラインは地域の平和と調和・豊かさを表現しています。 大規模ショッピングモールの「イオンモール」。 イオンモール小規模版のような店舗を展開する「イオンタウン」。 イオンやマックスバリュ、ダイエーなどの多くの種類のスーパーマーケットもグループ内で展開しています。 今回の売場紹介は、イオン臼井店の納豆棚とレイクピアウスイの専門店である「旬鮮館」内にある「銀屋」さんの納豆棚の紹介となります。 2019年2月上旬の休日に陳列されていた商品は以下の通りです。 (価格は全て税抜き) CATEGORY• 最近の投稿• 8月 4, 2019• 6月 6, 2019• 6月 4, 2019 管理人について.

次の

小金屋食品 納豆工場直売所

小金屋食品納豆専門店

話題のお店や美味しいグルメはたくさんありありますが、この味、どうやって作ってるんだろう……?と思うときはありませんか?実は、「こんな方法で作られていたの!? 」と驚く方法で作られているんです。 今回は、2020年1月20日(月)に放送された、読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』のコーナー『まるトクZIP!』より、仰天製法で作られた激うまグルメをご紹介します。 同店は、この商品が人気すぎてできたお店なんです。 納豆の独特のにおいが苦手で食べられない……という人もすんなりと食べられてしまうほどにおわないのだとか。 がおいしい! ゲストさん 07:40• がおいしい! 冬瓜スープさん 07:33• がおいしい! ゲストさん 07:12• がおいしい! ゲストさん 06:39• がおいしい! ゲストさん 06:32• がおいしい! ゲストさん 06:19• がおいしい! ゲストさん 06:11• がおいしい! ゲストさん 06:06• がおいしい! ゲストさん 06:02• がおいしい! ゲストさん 05:32• がおいしい! ゲストさん 03:58• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:59• がおいしい! ゲストさん 02:34.

次の

実は先進国⁉︎めくるめく大阪納豆の世界

小金屋食品納豆専門店

1962年の創業以来、食のまち大阪で、女性だけで納豆製造業を営む「小金屋食品」(大東市)。 昔ながらの製法を守り、丁寧に作った納豆でお客様に「美味しさの感動」と「健康である喜び」を届けることを目指す。 納豆を通して日本の食文化を豊かにしたいと話す吉田恵美子社長が描くミライについて聞いた。 現在の日本は食が欧米化し、本来の日本食の良さが失われつつあります。 納豆メーカーとして日本古来の納豆の美味しさを守り、お客様に健康の喜びと笑顔を届けることが私たちの願いであり、使命であると考えています。 創業時から、食通の大阪で支持されるおいしい納豆づくりにこだわってきました。 企業理念や企業使命を成文化したのは約8年前。 きっかけはお客様の言葉です。 青空市に出店していた時、あるご夫婦が走り寄り握手を求めてこられました。 小売店で販売している当社の納豆のファンで、この納豆しか食べていない、どうかこれからも作り続けてくださいとお願いされたのです。 「絶対にこの店を存続させなければ」と思いましたね。 このお客様との出会いこそが、企業理念の根本です。 またある時、300円を握りしめて納豆を買いにやってきた小学生がいました。 その日はその子どもさんの誕生日。 お母さんが「好きな納豆を買って来なさい」と送り出してくれたのだそうです。 味に正直な子どもが、自分の誕生日にここの納豆が食べたいと選んでくれたことがとても嬉しいですし、誇りです。 大豆は健康食品ですから、素材選びにはこだわります。 納豆の原材料はすべて国産。 トッピング(たれ)も化学調味料が入ったものは使わず、手作りにこだわる店から仕入れます。 そのため量産できずに売り切れてしまうことも。 また、検品し基準値に満たない商品もお店に出しません。 お客様の信頼に応える納豆だけをお届けしたい。 私たちは「大量に作ることは苦手です。 大切に作ることは得意です。 」を合言葉に、納豆作りを頑張っています。 直営店舗はお客様のお顔や声にじかに接することができ、従業員もいっそうやりがいと責任を持って働いてくれています。 最近では、広島や岐阜など遠方から来るお客様も増えてきました。 納豆といえば水戸納豆など関東地方が有名ですが、食通の大阪で50年以上も支持されるおいしい納豆を、大阪以外の人にもぜひ味わって欲しい。 そのために、ギフト商品の開発にも力を入れています。 また、納豆をフルコースで味わえる納豆料理のお店など、バリエーション豊かな食べ方を提案し、納豆の可能性を追求していきたいです。 納豆専門店は現在1店舗ですが、大阪納豆を広めるためにも将来は2号店や、大阪以外への出店も考えています。 ただ、量産が必要な多店舗展開は考えていません。 素材や手作りにこだわっているので、生産量を増やすと質が下がる可能性があるからです。 たとえば各エリアで1店舗だけ出すなど、限られた生産量ですそ野を広げる工夫をしていきたいですね。 さまざまなシーンで、一人でも多くの人に、おいしい納豆を食べて笑顔に、健康になってもらうこと、それが私たちの実現したいミライです。

次の