土鍋 で ご飯 を 炊く 方法。 土鍋でご飯を炊く 作り方・レシピ

ご飯を炊くならこの土鍋!絶対的におすすめな土鍋の紹介!!

土鍋 で ご飯 を 炊く 方法

作り方• 米を計ります。 ボウルに計量カップですり切り3杯の米を入れます。 米がかぶるくらいの水を入れ、手早く手で2~3回混ぜるようにして洗ったら水を捨てます。 水を入れ、5本指を使って回しながら洗い、水が白く濁ってきたら水を捨てます。 水の濁り具合が薄くなるまでこれを3~4回ほど繰り返します。 浸水します。 ボウルに米と、かぶるくらいの水を入れて30分程置いたらザルに上げ水気を切ります。 土鍋に米と水を入れ、蓋をします。 強火で8~10分加熱し、沸騰したら弱火で10分程炊きます。 全く蒸気が上がらなくなったら火を止め、そのまま10分程置いて蒸らします。 蓋を取り、しゃもじを鍋の内側に沿ってぐるりと入れ、全体を軽くほぐすように混ぜます。

次の

一人暮らしにベストなお米の炊き方 [一人暮らし] All About

土鍋 で ご飯 を 炊く 方法

一人暮らしは、生活スタイルや食事のペースが人によってまちまち。 自分に合った方法で美味しいご飯生活を送りましょう ガイド記事『』では、基本のお米の研ぎ方を紹介しましたが、今回はその研いだお米を美味しく炊く方法を紹介します。 「要は、炊飯器で炊けばいいだけじゃないの?」。 確かにそうなんですが、一人暮らしでは、少しだけご飯を炊きたかったり、炊いたご飯が余ってしまったり、急に忙しくなってお米を炊く機会が減ってしまったりするなど、ちょっとした悩みがあることも。 ご飯を炊くのに便利な調理器具や、もっと美味しく炊ける方法、またお米やご飯の保存法など、一人暮らしに役立つ情報をお届けします。 炊飯器に圧力鍋、土鍋…あなたは何で炊く? ご飯を炊くのに使える炊飯器だけではありません。 美味しく炊くのはちょっと技術がいりますが、普通のお鍋でだってもちろん炊けます。 そこで、一人暮らしにおすすめのご飯を炊くための調理器具をピックアップしてみました。 ないと不便な、できれば持っておきたい調理器具のひとつです。 炊飯器ひとつでお手軽に料理を作ることもできます(参考『 』『』)。 スイッチを押したらあとはほったらかしでもご飯が炊けているのは、やっぱり便利です。 寝ている間、仕事に行っている間にも炊き上げてくれているので、時間の節約になります。 直接火にかけて炊いた方が早いことも。 また、一人分程度の少量炊く場合は、土鍋でガスを使った方が節約になることも。 また一食分だけ用意するなど、炊飯器に対して炊く量が少量すぎると、味が落ちることがあります。 一食分程度炊くなら、土鍋の方が早い上に味も良いです。 おコゲができるのも嬉しい。 忙しいときには面倒。 ご飯だけでなく、その他煮物など調理に使えるというものもあります。 そのまま食卓に並べられる茶碗や土鍋といったオシャレなデザインのものも多くあります。 また、お客さんなどがあるときには不便です。 しっかり蒸らすことが美味しく炊き上げるコツ。 すぐに食べたい気持ちはわかりますが、そこをぐっと我慢 それぞれ自分に合った方法で炊いたご飯。 これを美味しく食べるときに忘れてはいけない一手間が『蒸らし』です。 炊き上がったあと、すぐに食べるのではなく、ふたをしたまま10~15分ほど、しっかりと蒸らすようにしましょう。 蒸らすことで、芯までふっくら、もちもちとした仕上がりになります。 ただし、基本的に圧力鍋なら蒸らしは不要。 また、最近の炊飯器は炊き上がりに、蒸らしの時間まで含まれていることがほとんどです。 説明書を確認し、その手順に従うようにします。 電子レンジ炊飯器具の場合も、蒸らしの要不要や時間については、説明書を確認してください。 蒸らしが終わったら、しゃもじで底からしっかりと、全体をほぐすように混ぜます。 蒸らしっぱなしにしていても、ベトベトしたご飯になってしまうので、注意が必要。 食べきれず残ったご飯はそのままにしておかず、できるだけ早く冷凍保存してしまうのが、あとでも美味しく食べられるコツです。 「安いお米を買ってしまい、味がイマイチ…」「お米が古くなってしまった」なんてときに、こんなものをプラスしてみましょう。 お米をふっくら柔らかくするには、軟水のミネラルウォーターがおすすめです。 お米を研いでいるときから水を吸収しますので、ベストな方法は研ぐ水もミネラルウォーターを使うこと。 でも、これはさすがにモッタイナイですね。 そのため、ご飯を炊くときに一緒に入れておくと、米や水の汚れを取り除き、匂いや色をよくしてくれます。 また、炭のミネラルが溶け出して、味も美味しく。 備長炭や竹炭がおすすめ。 ご飯が黒くなることはありません。 また、土鍋などで炊いたとき、芯が残ってしまったら、日本酒を少し加えてよくかき混ぜ、もう一度炊きなおすと、芯が消えて、ふっくらとしたご飯に戻ります。 炊き上がりがツヤツヤして、上等のお米を使ったように。 垂らしすぎは油っぽくなりますので、ほんの1、2滴でOKです。 いわゆるお米の味をよくする方法とは違いますが、食欲もそそられる裏技です。 最後まで美味しく食べる。 何ヶ月も前に買ったお米、そのまま放っている人いませんか。 久しぶりに米びつを開けてみたら、とてつもなく怖い状態になっているなんてことも…。 長く置いておくと劣化して味が悪くなるのはもちろん、割れやすくなったり、虫が涌くことも…。 特に暑さや湿気、直射日光に弱いので、日差しが当たるような場所や湿気の多いシンク下などは避けるようにしましょう。 まだまだ暑いこの季節は注意が必要です。 一人暮らしなら、割高でも2kg程度の小さな袋を買って、早めに食べきることを心がけます。 米袋には小さな穴が開いていて、そこから湿気が入ってきてしまったり、また米びつもきちんと手入れをしないままでは汚れや虫の原因になります。 (参考記事:) 忙しくて自炊をせず、しばらくお米を開けてもいないうちに、気がついたら虫だらけ!!!…なんてことになると、その処理も大変ですし、その後しばらくお米を食べるのがイヤになってしまうかも(実は、これ、私の経験談でした…)。 美味しい期間に食べきれないと思ったら、冷蔵庫で保存しましょう。 特に野菜室がおすすめ。 ペットボトルやタッパー、ふたのできる缶瓶など、きっちりと密閉できるものに入れておきましょう。 電子レンジで解凍すれば、またふっくら美味しく食べられます。 時間のある休日などに多めに炊いておくのも便利。 特に炊飯器に入れっぱなしというのは、水分が蒸発して美味しくなくなる上に、電気代も無駄になります。 ご飯の冷凍方法については、『』を参考にしてください。 日本人の主食とはいえ、自分なりの方法を見つけるまでは面倒なことも。 この記事が、そのお役にたてれば嬉しいです。 ちゃんと自炊は面倒でも、美味しいご飯さえあれば、インスタントのお味噌汁に納豆をつけるだけできちんと朝ご飯。 お惣菜を買ってくれば、夕ご飯にもなります。 外食やお弁当よりも、健康的で節約にもつながる生活に一歩近づけますよ。

次の

鍋炊きご飯の炊き方/レシピ:白ごはん.com

土鍋 で ご飯 を 炊く 方法

土鍋でご飯を炊くとどうして美味しいの? 土鍋ご飯は、ふんわり、もっちり、甘い!香ばしいお焦げも楽しめます。 いつもと同じお米なのに、土鍋で炊いたご飯がいつもより美味しく感じるのはなぜなのでしょうか。 その秘密は土鍋の熱の伝わり方にありました。 土鍋は「あたたまりにくく冷めにくい」という性質を持っています。 この熱くなるまでに時間がかかるという特徴がポイント。 ご飯を炊くとき、お米の中の「アミラーゼ」という酵素がでんぷんを糖に分解します。 沸騰するまでの時間が長いほど、アミラーゼが働く時間が長くなりますのでご飯は甘くなります。 土鍋はじわじわと熱くなるのでアミラーゼが活発に働く時間がしっかりとれるというわけです。 土鍋ご飯の炊き方 それでは土鍋を使ったご飯の炊き方の手順を紹介します。 食べるまでに少し時間があるときは、ふたに布巾を挟んで蒸気から出た水滴がご飯に落ちないようにしておきます。 土鍋には保温力があるので、30分くらいなら温かいままですよ。 そしてこのようにご飯をかき混ぜた後もふたをして保温しておくと、鍋肌にくっついたご飯が取りやすくなって後片付けが楽になるメリットもあります。 少しだけお焦げができ、香ばしいご飯が炊けました。 加熱の時間は15分が目安ですが、お米の量やおうちの土鍋によって前後します。 今回は、9号サイズの土鍋にお米2合で、沸騰してから12分ほどでパチパチと音がしてきたので火を止めました。 我が家の土鍋では覚えやすいように、火にかけたら「中火で12分、弱火にして12分、蒸らし12分」を目安に炊いています。 土鍋は温度変化がゆるやかなので、多少条件が違ってもこれでうまくいっています。 一度お手持ちのお鍋で炊いてみて、お好みに合わせてちょうどよい時間を見つけてみてください。 土鍋の洗い方は洗剤を使わないほうがいい? 土鍋には洗剤を使っちゃいけないと言われることがありますが、炊き込みご飯や鍋料理をしたときはにおいや油汚れが残らないようにしたいですよね。 土鍋の内側のうわぐすりがかかっている部分は洗剤を使っても大丈夫です。 ただしうわぐすりがかかっていても水分を吸い込みますので洗剤は薄めに、また洗剤水での漬け置きはしないようにします。 土鍋のおしり側のざらざらした部分はしみ込みやすいので洗剤を使ってはいけません。 お湯とタワシでこすって汚れを落とします。 ただし金タワシ等で強くこすると削れてしまうことがありますので注意してください。 吹きこぼれ跡などはしみ込んだ上に焼き付いてしまい、なかなかとることはできません。 使い込んだ土鍋の「味」として考えるしかなさそうです。 土鍋はしっかり冷ましてから洗います。 急激な温度変化でひびが入ることがあるからです。 ご飯を炊いたあとのこびりつきは、お湯を入れてふたをしてしばらく置いておくと自然にゆるまります。 洗った後は風通しのよいところでしっかり乾かしてから収納するようにしましょう。 サンマの土鍋炊き込みご飯レシピ 旬のサンマを使って炊き込みご飯を作ってみましょう。 焼いたサンマと一緒に炊くと、サンマの身や骨からの旨みがお米にしみ込みます。 炊飯器だとべちゃべちゃしがちな炊き込みご飯ですが、土鍋なら余分な水分を吸ってくれるのでいい仕上がりに。

次の