お祝い返し 商品券。 結婚祝いなどのお返しにはカタログギフトか商品券どちらがおすすめ?

お祝いのお返しに商品券は失礼でしょうか?

お祝い返し 商品券

開業・開店・開業の祝いのお返しの相場は? 開業・開店・開院祝いのお返しは、感謝の気持ちを相手に伝えたり、今後のお付き合いをお願いする意味を込めて贈ります。 開業・開店などのパーティやお披露目会をした場合は、その時のおもてなしが、お祝いのお返しになります。 開業・開店・開業の祝いのお返しにふさわしいものは? 【商品の場合】 お返しの品物は、必ずお礼状と合わせて、贈るようにして下さい。 名入の記念品やタオルや、ペンなどの小物品を贈答品とされる方が多くいます。 【商品券・カタログギフトの場合】 年齢や性別問わずに誰にでも喜ばれるという理由で人気なのが、カタログギフトや商品券です。 カタログギフトは、予算に合わせて選べる利便性と、「失敗の少ないお返し」として、お返しに選ぶ人が増えています。 開業・開店・開業の祝いのお返しでNGな贈り物は? 開業・開店・開院のお祝い返しをする際に、相手方に失礼があってはいけません。 ここでは、お祝いの品としてふさわしくないものを理由とともに紹介します。 《お祝い返しに向いていないもの》 避けたほうが無難 ハンカチ(別れや手切れの意味に取れる) お茶(弔事で使われるため) 目上の方にはタブー 鞄、腕時計、万年筆(「勤勉に」という意味で失礼になる) 履物、マット、靴下(「踏みつける」ことになる) 一般的にタブー 現金 以上のことを踏まえ、お祝いの贈り物を選びましょう。 開業・開店・開院祝いのお返しに、絶対に失敗しないお礼の品物を! 「オフィスギフト」は、 もらった人の96. 開業・開店・開院祝いのお返しには、贈ってうれしい、もらって楽しいで決まりです! 贈り先様のことを考えながらお祝いのギフトを選ぶって楽しいですよね? 喜んでくれるかな?というワクワク感の反面、 さて何を贈ろうか?と考えた時に、 せっかく頭を悩ませて時間をかけて選んで贈ったのに誰かと重複したらマズイよなぁ・・・。 絶対に外せないけど、もし外してしまったらどうしよう? といった不安も出てきます。 オフィスギフト OfficeGift は6,000社以上の企業様でご活用の贈り物であるWebカタログギフトです。 人気のブランド品や人気家電・美味しい飲食品等を取り揃えており、開店・開業祝いや移転祝い、昇進・就任祝いからアワードやゴルフコンペの景品まで幅広いシーンでご活用いただけるプレゼントで、年代や男女問わない人気のブランド品や人気家電・美味しい飲食品等を取り扱っています。 お取引先様とのさらなる良好な関係の醸成に、大切なお得意先様へ気持ちを伝えるプレゼントに、お世話になっている方へのお礼の品に、おしゃれでスマートな贈り物Webカタログギフトのオフィスギフト OfficeGift をぜひご利用ください。

次の

新築祝いのお返しに「商品券」を贈っても良い?商品券の種類や贈り方基礎知識

お祝い返し 商品券

結婚式の内祝い品をスムーズに決められる方は少ないのではないかと思いますが、数ある品物の中から、皆さんはどのようにして選び出されるのでしょう。 売り場に出向いたり予算を組んだりと、たいへん準備が忙しことと思われますが、そんな中、どうせだったら現金、又は商品券などでのお返しにしてみようかと考えられている方や、実際にそのようにしている方もらっしゃるようです。 内祝いの品を送る場合は良いですが、手持ちでお渡しにいかれる場合は、特に相手の表情が気になりますよね。 もらう側の相手の気持ちを考えて選ぶなど、内祝いの品選びはとても慎重になってしまうことでしょう。 それだけマナーについて難しい内祝いですが、商品券、現金についてアンケートをとりました。 結婚式の内祝いで現金や商品券などで返すのはアリだと思いますか? アリだと思う:54 ナシだと思う:47 もらって困るものより実用的なものを! 結婚式の内祝いは何にしたら良いかと迷われる方が多いことと思います。 そんな中、内祝いとして現金や商品券でのお返しもアリだと考える方はどれくらいいらっしゃるのかアンケート調査をしてみたところ、全体の半数以上がアリだと考えられているいう結果となりました。。 ・趣味の合わないもをもらってもかえってご迷惑になるのでありだと思います。 実際、金額の多かった親戚の内祝いは商品券にしました。 実際問題として現金や商品券は役に立つので。 それならば現金や商品券といった物をお渡しし、相手の方に好きなように使っていただく方が良いのではないかと思われる方が多いようです。 現金や商品券は金額が一目瞭然のため少々敬遠されがちではありますが、最近では、金額設定されているカタログギフトも種類が豊富にありますので、これなら表立って金額が分かることもない上、相手の方に好きな品物を選んでもらえるという利点があり、一石二鳥で良いのではないでしょうか。 商品選びに頭を悩ませる必要がなく、相手の方にも喜んでいただけるという点で、とても画期的な内祝いとなることでしょう。 金額の分かるものはもめ事に発展? 半数をやや下回りましたが、アリとの回答と大差はなく、現金や商品券でのお返しはナシだという方も結構いらっしゃいました。 ・祝い事は、お金を使うイベントです。 お金直接だったり、商品券はルールに反します。 それがまかり通れば、全てお金で解決できてしまいます。 少しは悩んで考えてみたと言う姿勢を示す事も大切ではないでしょうか。 たとえ相手の方が不必要なものであったとしても、あれやこれやと考えて選んだものだからこそ、相手の方に気持ちが伝わるのかもしれませんね。 現金や商品券のように金額が分かってしまうと、多い少ないでトラブルに発展してしまうこともあるかもしれません。 特に現金となると、生々しさがある上、冷たさまでも感じさせてしまう可能性があります。 お祝い事なのにこれでは逆効果ですよね。 何か記念として置いておけるものや、使用できるもの、身につけることができるものなどのように、相手の方の好みに合わせて選ぶことができれば、より気持ちが伝わるのではないでしょうか。 品物であれば正確な金額を知られることもありませんし、相手を思えばこそ内祝い選びも楽しく行えるのではないでしょうか。 内祝いは親戚であれば現金でもOK?! 全体的に見て、商品券やカタログギフトを内祝いとされるのは良しとしても、現金はあまりにも気持ちがこもってなさそうということで、論外だとの考えが多いように思いました。 祝ってもらったらお返しするのが日本の風習です。 商品券であっても何かの品物であっても、気持ちが伝わるものであれば何でも良いのではないでしょうか。 ただ先にも挙げたとおり、内祝いを現金にするのは少し避けたほうがよさそうです。 お渡しするにしても、親戚だけにとどめるなど相手を選んだほうがよさそうですね。 内々で現金でお返しするとの決め事があるところもありますし、そうなると気を使わずにすんで良いですね。 あまりこだわらなくていいと思う。 相手に喜ばれる物であれば商品は何でもいいと思う。 いただいて困るものではないと思う。 自分は内祝いに現金や商品券などで返すことはしないと思うが、返されたら、と考えるとまあいいかと。 いらないものをもらうよりも絶対に使えるものをもらう方がお互い合理的でいいと思うからです。 いらない品物を送られるより、商品券等の使いやすいものの方が味気ないが、現実的だと思います。 お菓子や商品などは好みもあるし、現金や商品券が一番相手にとってはいいと思うから。 お返しの品が気に入らなかったり、何を上げていいか迷う人には、商品券で返してあげたら自分の好きな物が買えるのでいいと思います。 お金はダメだと思いますが、商品券はいいかと思います。 自由度が高いですから。 かさばらないし、合理的だし、ありだと思う。 しかし、あまり気持ちがこもってない気がする・・・。 さすがに現金はどうかと思うけれどもカタログギフトや商品券は失礼にならないと思うので。 そりゃありですよ、現金なんて最高の貰い物なんですから、当然です。 あからさまに金額がわかるものは内祝の返しでこられても変にかんぐったりしてしまいそうでモメゴトの原因になりそう。 あまりきいた事がないです。 やはりなにかのギフトで返すのが礼儀だと思います。 お祝いごとのお返しに現金を返すのはありえません。 気持ちですので物でお返しするのが良いと思います。 お祝いに頂いたお金を突き返すみたいであまり好ましくないと思うから。 お金で御祝いをもらっているのに、お金や商品券で返すとなると失礼にあたる気がするから。 お金で返すのはいただいたものが気に入らなったような気がするからなしです。 さすがに内祝いで現金や商品券はあまりに失礼な気がします。 あげる相手もお返しを期待してあげるわけではないと思うので。 せめて、カタログギフトでしょう!現金はNGだと思います。 それはあまりにも愛想が無さすぎだと思う。 それならカタログでいい。

次の

桃の節句のお祝い返しはするべき?おすすめのアイテムも紹介!|アクティナード

お祝い返し 商品券

結婚祝いをいただいたお返しを、商品券で考えているのですが、半額を返そうとすると500円券が必要となります。 土地柄からも、百貨店等の商品券では使いづらいため、それも考慮したオススメをお願いします。 島根県在住です。 結婚の祝いを周りからいただき、お返しに商品券を考えていたところ、500円の券があるものが少ないと知り、あせっています。 QUOカードやAmazonギフト券も考えたのですが、お返ししたい方々もさまざまで、年齢等も考えると、あまり使い勝手がよいとは言えないかなと思い、諦めています。 UCギフトカードと、三菱UFJニコスギフトカードであれば、島根のような場所でも使える場所もいくつかあるようなので、どちらかを考えているのですが、あまり違いが見出せず、選びかねています。 皆さんのご意見をお願いします。 確かに、デパート商品券は迷惑です。 近所にデパートはないし、近くにあってもデパートで高い商品を買う馬鹿な事はしません。 今時デパートで自分自身の買い物なんてしません。 日本の風習か知りませんが、先日、弟の出産祝いとして5万円送ったら お返し不要と記しました)3万円のギフトカードが送られて来ました。 奮発して5万円送ったのに2万円しか結局渡っていないと言う事ですし3万円もギフトカードになってしまいました。 私は、好きな物をカタログから選んで貰えるギフト有りますよね!!あれの方が良いです。 もしくはそこでしか買えない名産品とか、お金、金券で返されるのは常識かも知れませんが、私は迷惑です。 島根県人です。 きっちり半返しって私たちの地域だけでしょうか?確かにきっちり半返ししますね。 5000円包むと2500円帰って来ます。 よく頂くのがイオンの商品券。 松江、出雲、大田、益田と島根県の都市部には大体あるからでしょうか・・・(安来だと日吉津に行くし・・・) それにイオンには500円券があります。 500円券が5枚入ってますね。 それがやたら立派な箱に入っている・・・ 私は近くにイオンがあるため、喜んで頂いてます。 農協全国商品券も頂きますね。 これも500円券があります。 JAのお店は島根県どこでもありますから。 私は島根県の方なら、この二つを使い分けています。 それから、千円券ではVISA、JCBのギフトカードが多いですね。 島根県の田舎の高齢者に不評なのが、ギフトカタログ。 ご近所の高齢者の方の、「欲しいものが載ってない」、「ハガキを書くのが面倒」よく、聞きます。 高齢者の方には、ギフトカタログはやめましょう。 500円券ならイオンか農協、1000円券ならVISAかJCBのギフトカードでもよいと思いますが、贈られた方がUCや三菱UFJニコスのギフトカードが使いやすいと思われるのならそれでもよいのではないでしょうか。 但し、田舎の高齢者の方にはイオン、農協と使えるところがはっきりわかるもののほうが喜ばれます。 (どこで使えるの?と聞かれることもあるため・・・) ところで、商品券できっちり半返しって私たちの地方の独特の風習でしょうか???.

次の