おむすび ころ りん クレーター。 まんが日本昔ばなし〜データベース〜

人工クレーター「おむすびころりん」と命名 はやぶさ2

おむすび ころ りん クレーター

おむすびの落ちた穴には、 お宝がありますもんね。 7月11日、日本のJAXAが宇宙に送り出した小惑星探査機 「はやぶさ2」が、地球近傍小惑星リュウグウに対してさせました。 そのときのになり、ヴィジュアル的にも私たちを驚かせてくれたのは記憶に新しいところです。 タッチダウンの場所は、4月に「インパクター」と呼ばれる銅製の弾丸を撃ち込んで、リュウグウの地表に作ったにて行われました。 美味しそうな名前が付いた によりますと、JAXAがそのときに空いた人工クレーターに名前を付けたのだそうです。 その名がなんと、 「おむすびころりんクレーター」。 これは 愛称であるものの、クレーターに隣接する おにぎりのような形の岩が、クレーター内に転がり落ちそうな様子から考えたのだそうですが…宇宙科学の最先端で、こんなほっこりする名前を付けちゃうなんておちゃめですよね。 大人から子供まで 親近感が爆上がりしちゃいます。 よくよく考えれば、 「リュウグウ」も昔話が由来ですもんね。 小型ローバーを投入予定 また「はやぶさ2」は、以前にから2機の探査用小型ローバーを着地させることに成功しましたが、今回も同様に、9月から10月のどこかで「おむすびころりんクレーター」に小型探査機 「MINERVA-II2」を投下する予定でいるそうです。 では、これの重量は1. 6kgとあり、中には 「Rover2」が1機内蔵されているイメージ図がありました。 これもまたホップして移動し、母機である「はやぶさ2」に写真や各種データを送信することになります。 Image: カプセル回収地点はオーストラリア? はやぶさ2はMINERVA-IIをリュウグウに残したまま、地表のサンプルを持って2020年に帰還する予定です。 の最新トピックスには、地球の近くまで戻った「はやぶさ2」が、サンプルを回収したカプセルを オーストラリアのウーメラ管理区域で回収するために豪政府と協議を進めていると報じています。 そこはオーストラリアらしい広大な赤い大地が広がっており、カプセルを落とすのにもってこいの場所ですね。 Source: , ,• Tags :•

次の

やくみつる、「おむすびころりんクレーター」を語る 「アポロ計画くらいメジャーに」:しらべぇ 気になるアレを大調査ニュース!:しらべぇ 気になるアレを大調査ニュース!(しらべぇ)

おむすび ころ りん クレーター

おむすびの落ちた穴には、 お宝がありますもんね。 7月11日、日本のJAXAが宇宙に送り出した小惑星探査機 「はやぶさ2」が、地球近傍小惑星リュウグウに対してさせました。 そのときのになり、ヴィジュアル的にも私たちを驚かせてくれたのは記憶に新しいところです。 タッチダウンの場所は、4月に「インパクター」と呼ばれる銅製の弾丸を撃ち込んで、リュウグウの地表に作ったにて行われました。 美味しそうな名前が付いた によりますと、JAXAがそのときに空いた人工クレーターに名前を付けたのだそうです。 その名がなんと、 「おむすびころりんクレーター」。 これは 愛称であるものの、クレーターに隣接する おにぎりのような形の岩が、クレーター内に転がり落ちそうな様子から考えたのだそうですが…宇宙科学の最先端で、こんなほっこりする名前を付けちゃうなんておちゃめですよね。 大人から子供まで 親近感が爆上がりしちゃいます。 よくよく考えれば、 「リュウグウ」も昔話が由来ですもんね。 小型ローバーを投入予定 また「はやぶさ2」は、以前にから2機の探査用小型ローバーを着地させることに成功しましたが、今回も同様に、9月から10月のどこかで「おむすびころりんクレーター」に小型探査機 「MINERVA-II2」を投下する予定でいるそうです。 では、これの重量は1. 6kgとあり、中には 「Rover2」が1機内蔵されているイメージ図がありました。 これもまたホップして移動し、母機である「はやぶさ2」に写真や各種データを送信することになります。 Image: カプセル回収地点はオーストラリア? はやぶさ2はMINERVA-IIをリュウグウに残したまま、地表のサンプルを持って2020年に帰還する予定です。 の最新トピックスには、地球の近くまで戻った「はやぶさ2」が、サンプルを回収したカプセルを オーストラリアのウーメラ管理区域で回収するために豪政府と協議を進めていると報じています。 そこはオーストラリアらしい広大な赤い大地が広がっており、カプセルを落とすのにもってこいの場所ですね。 Source: , ,• Tags :•

次の

人工クレーター「おむすびころりん」と命名 はやぶさ2

おむすび ころ りん クレーター

あらすじ 昔、正直で働き者のおじいさんが、山で木を切っていた。 昼になったので、おばあさんが作ったお弁当(焼きオムスビ2つ)を食べようと包みを開けたが、うっかりおむすびを転がしてしまい、木の下の穴に落としてしまった。 すると、穴の中から何やら可愛らしい歌声が聞こえてきたので、おじいさんはもう一つのおむすびを穴の中に転がした。 聞こえてきた歌に夢中になっていると、おじいさんまで穴の中に転がり落ちてしまった。 落ちた所はネズミの屋敷で、おじいさんはネズミたちの餅つき踊りで熱烈歓迎され、きなこ餅をたくさん御馳走になった。 帰りには、小判の詰まったお重をお土産にもらった。 自宅でたくさんの小判を前にして、おじいさんとおばんさんが大喜びしていると、それを見ていた隣のよくばり婆さんは、自分たちも真似して小判を手に入れようと計画した。 よくばり爺さんは、抱えきれないほどの沢山のおむすびを持って山に出かけた。 穴を見つけたよくばり爺さんは、大量のおにぎりを穴に投入し、自分も無理やり穴に飛び込こんだ。 ネズミの屋敷に着いたよくばり爺さんは、餅つき踊りを披露されていたが、隙を見て小判を強奪しようと猫の鳴きまねをした。 しかしその作戦は失敗し、よくばり爺さんはネズミたちに痛い目にあわされ、命からがら家に逃げ帰った。 その後は、よっぽど応えたのかあまり欲をかかなくなったそうだ。 (紅子 2011-6-24 21:39) ナレーション 市原悦子 出典 (表記なし) DVD情報 DVD-BOX第2集(DVD第8巻) VHS情報 VHS-BOX第2集(VHS第12巻)• 新着コメント(コメント24件)•

次の