プロコフィエフ タランテラ。 子供の音楽-12のやさしい小品 Op.65/Musiques d'enfants Op.65

プロコフィエフ|あるピアニストの一生

プロコフィエフ タランテラ

1917年のロシア革命をきっかけにアメリカとヨーロッパで亡命生活を送っていたプロコフィエフは、ソビエト政権下となった母国に復帰し、1935年、パリに残していた妻子を呼び寄せた。 《子供の音楽——12のやさしい小品》はその頃の作品である。 当時、ソ連共産党は芸術家に対し、社会主義リアリズムのもと人民にわかりやすく明快な作品を生み出す創作活動を要求すると同時に、国策として音楽教育に注力。 子供のため「芸術的に優れた内容の作品」を作ることが、いっそう推奨された。 これに反すると看做された作品は厳しく批判を受けるという状況の中、プロコフィエフはこの小品集を「子供のための音楽」として古典的、かつわかりやすい民俗的な楽想の小品でまとめつつ、その中に彼らしい音楽要素をちりばめた。 今日でも音楽教育の場で用いられるだけでなく、コンサートなどの場でも広く演奏されている。 初めはニ短調で躍動的なテーマが繰り返されるが、速いテンポにのってめまぐるしく転調していく。 中間部(39〜48小節目)、長調へと一転して楽しげな雰囲気のなかでも、「タランテラ」の急速な八分音符は左手で続けられている。 そして再現部(49〜80小節目)へと移るが、ここでは冒頭のテーマが弱拍ひとつ分だけ前にずれた形、つまり八分音符ひとつがアウフタクトとなったテーマになり、曲想にいっそう躍動感を加えているといえる。 大きな転調はないまま再現部はしっかりと幕を閉じ、コーダ(81小節目〜)は堂々としたカデンツでしめくくられる。

次の

【タランテラを集めました】有名なタランテラを聴き比べてみよう!

プロコフィエフ タランテラ

1917年のロシア革命をきっかけにアメリカとヨーロッパで亡命生活を送っていたプロコフィエフは、ソビエト政権下となった母国に復帰し、1935年、パリに残していた妻子を呼び寄せた。 《子供の音楽——12のやさしい小品》はその頃の作品である。 当時、ソ連共産党は芸術家に対し、社会主義リアリズムのもと人民にわかりやすく明快な作品を生み出す創作活動を要求すると同時に、国策として音楽教育に注力。 子供のため「芸術的に優れた内容の作品」を作ることが、いっそう推奨された。 これに反すると看做された作品は厳しく批判を受けるという状況の中、プロコフィエフはこの小品集を「子供のための音楽」として古典的、かつわかりやすい民俗的な楽想の小品でまとめつつ、その中に彼らしい音楽要素をちりばめた。 今日でも音楽教育の場で用いられるだけでなく、コンサートなどの場でも広く演奏されている。 初めはニ短調で躍動的なテーマが繰り返されるが、速いテンポにのってめまぐるしく転調していく。 中間部(39〜48小節目)、長調へと一転して楽しげな雰囲気のなかでも、「タランテラ」の急速な八分音符は左手で続けられている。 そして再現部(49〜80小節目)へと移るが、ここでは冒頭のテーマが弱拍ひとつ分だけ前にずれた形、つまり八分音符ひとつがアウフタクトとなったテーマになり、曲想にいっそう躍動感を加えているといえる。 大きな転調はないまま再現部はしっかりと幕を閉じ、コーダ(81小節目〜)は堂々としたカデンツでしめくくられる。

次の

プロコフィエフ|あるピアニストの一生

プロコフィエフ タランテラ

1917年のロシア革命をきっかけにアメリカとヨーロッパで亡命生活を送っていたプロコフィエフは、ソビエト政権下となった母国に復帰し、1935年、パリに残していた妻子を呼び寄せた。 《子供の音楽——12のやさしい小品》はその頃の作品である。 当時、ソ連共産党は芸術家に対し、社会主義リアリズムのもと人民にわかりやすく明快な作品を生み出す創作活動を要求すると同時に、国策として音楽教育に注力。 子供のため「芸術的に優れた内容の作品」を作ることが、いっそう推奨された。 これに反すると看做された作品は厳しく批判を受けるという状況の中、プロコフィエフはこの小品集を「子供のための音楽」として古典的、かつわかりやすい民俗的な楽想の小品でまとめつつ、その中に彼らしい音楽要素をちりばめた。 今日でも音楽教育の場で用いられるだけでなく、コンサートなどの場でも広く演奏されている。 初めはニ短調で躍動的なテーマが繰り返されるが、速いテンポにのってめまぐるしく転調していく。 中間部(39〜48小節目)、長調へと一転して楽しげな雰囲気のなかでも、「タランテラ」の急速な八分音符は左手で続けられている。 そして再現部(49〜80小節目)へと移るが、ここでは冒頭のテーマが弱拍ひとつ分だけ前にずれた形、つまり八分音符ひとつがアウフタクトとなったテーマになり、曲想にいっそう躍動感を加えているといえる。 大きな転調はないまま再現部はしっかりと幕を閉じ、コーダ(81小節目〜)は堂々としたカデンツでしめくくられる。

次の