有線 ラン ケーブル。 【カテゴリに騙されるな!】有線LANケーブルの種類とおすすめを紹介します

インターネットを有線接続する方法!ルーターが近ければ有線が効果的 [LAN・無線LAN・Wi

有線 ラン ケーブル

機器の名前を正確に正しく覚える必要はありませんが、トラブルが起きた場合、マニュアルを確認したり、サポートセンターの担当者と電話でやり取りする際、機器の名称や役割がおおまかにでも分かっていると、説明内容がすんなり頭に入ってくると思います。 そんな時のために、ここでも簡単に機器のご説明をしておきましょう。 有線でインターネットに接続する場合、次のような機器がご自宅に設置されているはずです。 その名前と役割を確認しておきましょう。 でまずは、無線LAN環境、Wi-Fi環境にするために必要な機器の名前とその役割について簡単にご説明しましょう。 光回線(光ファイバー)の場合は、モデムのかわりにモデムと似たような役割を果たしてくれるONU(回線終端装置)やCTU(加入者網終端装置)を使用します。 これらの機器は、基本的にNTTや通信会社からのレンタルになります。 ・LANケーブル…モデムとパソコンを接続するケーブルです。 このLANケーブルを使用して接続するため、有線LAN接続、有線で接続といった言い方がされています。 確認ポイント 有線で接続しているのに、インターネットに接続できなくなった場合の確認ポイントを順をおってご説明しましょう。 パソコンの電源を入れなおす パソコンに不具合が発生した場合、私がまずご紹介する方法が「再起動」です。 再起動することでメモリがクリアされ、トラブルが解消する可能性があります。 まず、試していただきたいのは、パソコンの電源の入れなおしです。 パソコンをシャットダウンして、再度電源を入れなおしてみてください。 電源を入れなおすことで、パソコン側で起こっていた誤作動がリセットされ正常に接続される可能性がります。 LAN ケーブルを抜き差ししてみる パソコンの電源を入れなおしてもダメだった場合は、LANケーブルを入れなおしてみてください。 LANケーブルは、モデム側、パソコン側、両方ともカチッと音がするまでしっかり挿し込んでください。 LANケーブルは、何かの拍子に挿し込み口から外れたりゆるんだりしている場合もあります。 その場合は抜き差しすることで問題が解決します。 ・LANにケーブルがちゃんと挿さっていない ・LANポート(挿し込み口)に問題がある ・LANケーブルの接触不良や断線 など、LANケーブルに問題があるケースもあります。 特に、LANケーブルのツメの部分が取れたまま使っていると、接触不良で接続が不安定になる可能性もあります。 LAN ポートをかえてみる パソコン側のLANポート(LANケーブルを挿す場所)は1カ所しかありませんが、ほとんどのモデムにはLANポートが複数あります。 モデム側のLANポートをかえて接続してみるのも、トラブル解決のひとつの方法です。 場合によってはLAN ケーブルを交換する LANケーブルそのものが原因で接続ができない場合もあります。 特に、LANケーブルのツメの部分が折れていると、接触が悪くなり、接続不良の原因になるため、そんな場合は、別のLANケーブルを使って接続してみましょう。 モデムの電源をいれなおす ここまでの方法を試してまだ接続できない場合は、モデムの電源を入れなおしてみましょう。 モデムの電源を入れなおす時は、念のため次の手順で行ってください。 でも、下記の手順で順にクリックするだけで確認ができますし、不安な場合はそのまま閉じてしまえば設定が変更されることはありません。 次に確認するポイントは、パソコン側でネットワーク接続アイコンが有効になっているかどうかという点です。 確認は次の手順で行います。 「無効」と表示されている場合は、ネットワーク接続アイコンを右クリックし、表示されたメニューから[有効にする]を選択して有線LANを有効にします。 「ネットワークケーブルが接続されていません」と表示されている場合は、LANケーブルが正しく接続されていない可能性があります。 さきほどご説明したLANケーブルの抜き差し、交換を行ってみてください。 ません。 「LANケーブルの抜き差し、または交換を行う」をご覧になり、もう一度LANケーブルの抜き差しなどを行ってください。 改善しない場合は、下記<存在していない場合>の対処方法も行ってください。 ネットワーク診断をしてみる 最近のパソコンには、トラブルに対処する機能がいくつか用意されていて、「ネットワーク診断」もそのひとつです。 「ネットワーク診断」をするだけで解決するとは限りませんが、原因を絞り込むことができる可能性があります。 Windowsパソコンには、ネットワークの問題を診断して解決してくれる「ネットワーク診断」という機能があります。 全ての問題が解決できるわけではありませんが、試してみる価値はあります。 ネットワーク診断をするには、さきほどご説明したネットワーク接続アイコンで右クリックした時に用事されるショートカットメニューから「診断」を選択する他、以下の方法があります。 Windows8. セキュリティ対策ソフトを一時的に無効にする セキュリティソフトを入れ替えたり、アップグレードの変更後、接続できなくなった場合は、セキュリティソフトに原因があることが考えられます。 その場合は、一旦セキュリティソフトを停止して、接続可能が確認しましょう。 確認後は、セキュリティソフトを再度有効にするのを忘れないようにしましょう。 セキュリティ対策ソフトは、不正なアクセスを防ぐためにネットワーク通信を監視して問題アリと判断した通信を遮断する仕組みになっています。 本来、通常のインターネット接続が遮断されることはありませんが、何かのきっかけで、問題のない通信についても遮断している可能性があります。 セキュリティ対策ソフトをいったん無効にして、インターネットに接続できるかを確認することで、セキュリティ対策ソフトが原因になっているか否かが確認できます。 無効にしてインターネットに接続できた場合は、ふたたび有効に戻し、セキュリティ対策ソフトの設定の見直しを行いましょう。 設定方法は、セキュリティソフトによって異なるため、使っているセキュリティ対策ソフトのマニュアルを確認してください。 IP アドレスを確認・再取得する ご紹介した方法でも接続トラブルが解決しなかった場合は、IPアドレスの確認や再取得を行ってみましょう。 IPアドレスとは、パソコンやスマートフォン、プリンターなどネットワーク上にある機器を見分けるために割り当てられた番号で、インターネット上での住所のようなものです。 このIPアドレスが正常に取得できていない場合は、インターネットに接続できません。 IPアドレスの確認と再取得は次の方法で行うことが出来ます。 IPアドレスとは、Internet Protocol Address(インターネット・プロトコル・アドレス)の略で、インターネット上の住所のようなものです。 この住所がないとインターネットに接続ができません。 IPアドレスは次の手順で確認することができます。 これがコンピューターに設定されているIPアドレスです。 0」または「169. 254. xxx. xxx」 xxx は0~255の整数 が表示されている場合は、 IPアドレスが正常に取得されていないことが考えられるため、IPアドレスの再取得を行います。 コマンドプロンプトとは、コマンドと呼ばれる命令文を用いて、Windowsの操作や設定をおこなうためのツールです。 このツールを使って、IPアドレスを確認したり、再取得することができます。 再取得の方法は次のとおりです。 システムの復元 システムの復元は、インターネット接続トラブル以外にも有効です。 ただ、システムの復元を行っても、削除したファイルやフォルダを元に戻すことはできません。 最近までは普通に使えていたのに、突然インターネットに接続できなくなったというような場合、これまでご紹介した解決方法を試してもダメな場合は、パソコンにトラブルが発生していることが考えられます。 そんな場合は、正常に作動していた時点までパソコンの状態を戻す「システムの復元」を行うことで解決することがあります。 」と表示された場合> [推奨される復元]を選択して、[次へ]をクリックします。 <「システムファイルと設定の復元」と表示された場合> [次へ]をクリックします。 」と表示されるので、復元ポイントを選択し、[次へ]をクリックします。 続行しますか? 」と表示されるので、[はい]をクリックします。 コンピューターが再起動します。 これで、システムの復元は完了です。 復元ポイントが作成されていない場合は、システムの復元作業はできません。 「システム保護」を有効にしているドライブは、復元ポイントが定期的に自動作成され、Cドライブのシステム保護は標準では有効になっています。 また、復元ポイントは手動で作成することもできます。 まとめ 有線LANで接続している場合、無線LANに比べるとトラブルはそれほど多くありません。 ただ、トラブルが少ない分、いざ繋がらなくなるとどうしていいのか戸惑ってしまうかもしれません。 そんな場合も、問題がLANケーブルにあるのか、モデムなのか、パソコンなのか、問題をひとつずつ切り分けながら落ち着いて対処することで、スムーズにトラブルが解決するでしょう。 IPアドレスの再取得やシステムの復元は、初心者には少しハードルが高い部分があるかもしれません。 不安な場合はムリをせず、サポートセンターなどに連絡を入れて、サポートを受けながら作業をすることも検討してはいかがでしょうか。 パソコンインストラクターが教える快適ネット診断 私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。 光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。 規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、 家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。 ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。 ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか? 最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。 また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。 フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。 ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。 また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。 ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。 まとまった作業が発生するときも安心です。 ただ、 ほとんどのポケットWifiは契約時に2年縛り、3年縛りの契約リスクがあります。 そんな中、近年いくつかのメーカーが所謂 「縛りのないポケットWifi」サービスの提供を始めています。 詳細は以下にまとめておりますので、検討時の参考にしていただければ幸いです。

次の

LANケーブルで回線速度が変わる!?器具で変わる速度を徹底解説|auひかり乗り換えガイド

有線 ラン ケーブル

有線ルーターを利用する インターネットに接続したい機器が増えて来てはいませんか?• 複数のコンピュータをインターネットに接続したい• ゲーム機も接続したい• 液晶TVも接続したい といった場合は、ルーターを利用しましょう。 特に、プロバイダから提供された機器にLAN端子が1つしか無い場合は、ルーターを利用して端子の数を増やします。 無線ルーターを使う方法もありますが、接続する機器が近隣にあれば、安定していて通信速度の速い有線ルーターもよいでしょう。 機器の価格も、数千円ですから気軽に導入できます。 ルーターの機能が二重にならないように注意してください。 【目次】• 有線ルーターのケーブル接続方法 どのようなルーターを購入すればよいかは、関連記事『』を参照してください。 ここでは、ルータを購入後どのように結線するかを述べたいと思います。 実際の写真を挙げますので参照してください。 1.モデム(光回線の場合は終端装置)のLAN端子にストレートケーブルを接続します。 こちらはPS3へ接続している様子。 PS4も同じ。 上にMDMIケーブルがあり、その下がLAN端子となっています。 ルータ側の2番に接続した赤いケーブルを接続してあります。 なお、1番と3番のLANケーブルは、4番のケーブルと同じようにそれぞれ別のコンピュータに接続してあります。 有線ルーター側の設定 ケーブルによる接続が終わったら、ルーター側の設定です。 その際、認識に時間がかかりますので、それぞれ作動が安定するまで間隔を空けて電源を入れて下さい。 プロバイダからの資料にPPPoE接続を利用していると記述してある場合は、ルータ側にPPPoEの設定を行う必要があります。 設定方法は、各ルータによって異なりますが、筆者の持っているルータで設定方法を紹介します。 ほかのルータでも基本は同じです。 1.有線で接続してあるコンピュータのInternet Explorerを起動し「アドレス」欄に「192. 168. 1」と入力します。 PPPoEの設定を入力 あとは、表示される指示に従って設定を進めれば終了です。 PPPoE以外の接続方法でうまくいかない場合は、上記の方法でルータの設定が「IPアドレス自動取得」になっているかを確認するとよいでしょう。 有線でインターネットに接続する際のその他のチェック項目 以上のほかに、コンピュータ側がIPアドレスを自動取得になっていないと接続できません。 コンピュータの初期値は、IPアドレスを自動取得になっていますが、うまく接続できない場合は、確認してください。 Windows10での確認方法は、以下の通りです。 「コントロールパネル」を開く• 「ネットワークとインターネット」を選択する• 「ネットワークと共有センター」を選択する• 「アダプターのオプションを変更する」を選択する• イーサネットアイコンを右クリックして「プロパティ」を選択する。

次の

LANケーブルとWi

有線 ラン ケーブル

ルーターの有線LAN機能について 一般的な無線LANルーターには有線LANが内蔵されています。 具体的には、本体にWANおよびLANのポートが用意されていて、そこにLANケーブルを接続できるようになっています。 WANポートはLANケーブルでインターネット回線に接続し、LANポートはそれぞれLANケーブルを接続してPCやプリンタ、そしてデジタルAV家電などにも接続できます。 もちろん無線LAN機器とも併用でき、無線LAN機器/有線LAN機器ともに同一のネットワークとしてみなされますから、機器同士のLAN通信も快適です。 無線LANと有線LANとの比較 無線LANと有線LANとを比較すると、それぞれ次のようなメリット・デメリットがあります。 他の条件が同じなら無線LANより通信速度が速い。 電波干渉を受けにくい。 足をひっかけたりする危険。 断線の可能性あり。 家の中で電波が届かない場所があるかもしれない。 電波が弱い機器との通信速度が著しく遅くなる。 これらのメリット・デメリットを考えあわせ、無線LANと有線LANをミックスしたベストなLAN環境を構築しましょう。 デスクトップパソコンやデジタルAV家電など、移動しない機器に対しては有線LANを使用し、スマートフォン・タブレット・ポータブルゲーム機など、それを持って家の中を移動するものは無線LANを使用するのが原則です。 また、最近は無線LANでも機器間の距離が近ければ有線LANに近い通信速度と安定性を得られる機器がありますから、たとえばプリンタなどは無線タイプにして、ルーターまたは中継器のすぐ近くに設置することで家の中のケーブル配線を減らすことができます。 中継で死角を消す 無線LANの弱点は、ルーターの設置場所によっては建物内に電波の届かない死角ができてしまう点にあります。 この弱点をカバーするのが「中継器」です。 中継器はルーターと無線で接続し、ルーターのアンテナの役割を果たしてくれます。 たとえば2階建て住宅の1階にルーターを設置し、階段部付近に中継器無線機を設置することで2階の電波の死角を消すことが可能になります。 なお、無線LANルーターの中には「中継機能」を備えたものがあります。 この中継機能を使うと、ルーターを中継器として使うことができます。 また、中継器として使用しているルーターの有線LANも使用することができるので、ひとつのネットワークに接続できる子機の総台数を増やせます。

次の