第 5 人格 アントニオ。 【第五人格】ヴァイオリニストの評価と立ち回り!扱いは難しいが強さは随一! 【アイデンティティV】

【第五人格】ヴァイオリニスト・アントニオ立ち回り解説と評価|対策方法や内在人格のおすすめも徹底解説!【identityV】

第 5 人格 アントニオ

名前は「ボンボン」ととなってます。 ビジュアルもシルクハットに蝶ネクタイと正装をしており、さらにロボ風になっています。 キャラ紹介を読むとバンバンはバルクの作った作品のようです! 能力 今回公開されたのは右手にこん棒を持っており、ちょうど振り下ろそうとする画像になっています。 左胸のフタのようなところを拡大して見てみると、 サバイバーが閉じ込められているのが分かります。 サバイバーの能力を封印したり出来るのでしょうか。 ロボ風なのでロケットパンチ的なのもあるかもしれません! ペンギンなので歩く速度は遅いような気がしますね。 Apostle(使徒) モチーフ 彼女は、 使徒で名前は アンと言います。 背が高くてスタイルが良く、 修道女の恰好をしたキャラクターです。 ビジュアルは、夢の魔女のような雰囲気がありますね。 武器は、 木の杭のようなものを持っており、腰に付けている十字架も気になります。 一緒にいる 黒猫は、キャラクターの能力に関係ありそうですね。 能力 やはり猫を使った能力はありそうな気がします。 例えば、猫を使い サバイバーを探させたり、サバイバーの 位置情報が分かってしまうなどがあったら面白いなと思います。 通常攻撃は、左手に持っている木の杭で攻撃してきそうです。 アンの 目の色が特徴的なのは、疫病で目の色が変わってしまった為です。 黒猫の目と、新キャラの目が一緒なので、目を使った能力があるかもしれません。 痩せていて肌が浅黒く、弦が1本しかないバイオリンを肩に乗せ、弓を長い髪で支えて器用に バイオリンを弾いていますね。 ここ最近リリースされているハンターは禍々しい雰囲気が強く、ホラー感が増しています。 超絶技巧のバイオリニスト「パガニーニ」に似ているような気がしますね。 能力 楽器を持っているということで、演奏など バイオリンを使ったスキルの可能性が高そうです。 演奏を聴くと スタンする、移動速度の低下、板窓の速度低下など、考えられます。 暗号機の解読速度が低下するなどもありそうですね。

次の

Identity V

第 5 人格 アントニオ

魔の音はサバイバーが触れると以下の効果を受ける。 魔の音に脅かされたサバイバーは心を落ち着ける必要がある。 24メートル以内に他のサバイバーがいない場合、 瞑想する事で 魔の音を緩和できる。 形態変化 スキル 名前 存在感 CT 奏鳴曲 0 7秒(弦楽設置時は13秒) 狂想曲 1000 14秒 無窮動 2500 なし ・ 奏鳴曲 指定された位置に最初の音符を生み出し、5秒内に再びスキルを発動し、2つ目の音符を設置する。 二つの音符は繋がり 戦慄の弦楽を生成する。 弦楽は 13秒間その場に生成されるが、生成された瞬間のみダメージを与えることができる。 命中したサバイバーには通常攻撃1回分のダメージを与えると共に魔の音を一層重ねる。 サバイバーは弦楽に一度触れると、5秒間は再度触れても魔法の音の層は重ならない。 ・ 狂想曲 アントニオは 9秒継続する演奏モードに切り替わる。 演奏中サバイバーに攻撃を直接与えない限り、通常攻撃・溜め攻撃中問わず移動が可能となり、攻撃の際に 音符を放つ。 音符はオブジェクトを貫通してアントニオの向いている方向に直進し、音符に被弾したサバイバーは魔の音が一層重なる。 ・無窮動 戦慄の弦楽中心点付近20メートル以内では、アントニオは弓を投げて弦楽を弾き、 弾かれた反対側方向に平行振動させ、すぐに消える弦楽を10本作り出す。 弦楽に命中したサバイバーは通常攻撃1回分のダメージを受ける。 間隔エリアにいる場合はダメージを受けない。 戦慄の弦楽一本につき、一度のみ発動できる。 アントニオの立ち回り解説! アントニオはファーストチェイスが大事! アントニオは通電後に複数のサバイバーを同時に追えるような機動力を持ったハンターではありません。 通電後は一人を追い切ってダウンさせるのがやっとでしょう。 遠方のサバイバーへの攻撃手段がなく、暗号機圧もかけにくいハンターです。 なので、 通電させずに勝つことがアントニオを使用するにあたって目指すべき目標となります。 音符を使いこなそう! アントニオは弦楽によって攻撃硬直を発生させずに1ダメージを与えることが出来ます。 弦楽の当て方は大きく分けて3種類となります。 恐らくこれが一番簡単で確実な方法です。 撮影協力者:きつねさん アントニオの攻撃判定は狭い? 全ハンターの中で一番と言って良いほど 攻撃判定が狭いです。 前への攻撃判定の狭さに加え、横の攻撃判定もかなり狭いです。 至近距離で横に逃げられない様に攻撃するよう意識しましょう。 溜め攻撃は攻撃硬直が少し長めですが、攻撃判定はかなり広くなり使いやすいです。 ここぞという場面では溜め攻撃を使いましょう。 中距離キャンプよりも フェイスキャンプを行い、近づいてきた救助者へ確実に戦慄の弦楽を当てられるようにしましょう。 様々な救助狩り方法を覚えておけばパーティー毎に最適な救助狩り方法を考えたり 救助狩りは出来なくても最低でもダブルダウンを取れる方法を使いましょう フェイスキャンプ中に狂想曲を使って解読妨害を行おう! フェイスキャンプ中には、狂想曲を使い、 揺れている暗号機に音符を飛ばして解読妨害を忘れずに行いましょう。 狂想曲中に飛ばした音符の射程は 無限なのでガンガン使いましょう。 また、狂想曲中に救助に来るサバイバーを見つけた場合は、そのサバイバーに音符を当てて減速させ、椅子耐久を5割以上へ越えさせることを目指しましょう。 1人飛ばした後は暗号機を固める意識! アントニオは機動力があるとはいえないので、暗号機間の距離が遠いと複数の暗号機に同時に解読圧をかけることができません。 1人脱落させた時に、残り暗号機が 2台以上の場合は、守りたい暗号機を3つ決めて その暗号機を守るように行動しましょう。 暗号機が残り 4台以上の場合は、1人を追い切っても問題無いですが、 残り暗号機が3台以上の場合は、後半のことを考え、1ダメージを与えた時点で暗号機からサバイバーが離れた場合は、暗号機に戻って暗号機を守りましょう。 存在感がMAXになったら無窮動を使いこなそう! アントニオは存在感が最大まで溜まると、無窮動が解放されます。 無窮動は音符を2つ設置して生成された 旋律の弦楽の横に立つことで、 反対側に弦楽を10本飛ばします。 無窮動から発生する 弦楽の 間には攻撃判定が無いので過信は禁物ですが、複数のサバイバーにダメージを与えられる強力な攻撃ですので是非使いこなしましょう! 通電後は一人ずつ確実にダウンさせよう! アントニオは、複数のサバイバーを同時に追いかける性能はありません。 1人ずつ確実にダウンを取って、余裕があれば他のサバイバーを追いましょう。 アントニオのおすすめ内在人格! アントニオの人格は右上型と右下型がおすすめ! アントニオはとにかく目の前のサバイバーを早くダウンさせ、 救助狩りやダブルダウンを狙う必要があります。 板を割る速度が上昇する 破壊欲に人格を割り振って、サバイバーにチェイスをさせ辛くしましょう。 また、救助狩りや椅子耐久5割を超えさせるため、 コントロールに割り振ってサバイバーの救助リズムを崩すようにしましょう。 5割超えでダブルダウン等ができた試合は理想的な試合運びとなり、かなり優位に立ち回れるでしょう。 また、上記画像で割り振っている 獣の檻の争いに関しては、 サバイバーやマップ次第で 閉鎖空間に変えることをオススメします。 通電後のアントニオは、1人のサバイバーを追うのが精一杯な事が多いので、 引き止めるを採用するよりも 通電前に勝ち切ることを目指しましょう。 コントロールの他に、 指名手配もオススメです! 救助者や解読者が指名手配で見えたら、 その方角へ狂想曲で音符を飛ばして、救助妨害や解読妨害を狙うことが出来ます。 サバイバーを脱落させた際も、他のサバイバーがどこに居るのかを視認できるので、次のチェイスに早く入れるメリットがあります。 今最もスタンダードな右下型 監視者の強化や弦の弱体化によって通電前に仕留め切るのが少し難しくなった また、右上型と比べると通電後の足の速さも人格の愚弄により早くなり 右上よりも通電後にダウンがさせやすいのも魅力的 状況によっては通電後でも二人以上サバイバーをダウンさせることが出来る アントニオのおすすめ特質! 監視者か巡視者がおすすめ! ・ 巡視者 アントニオと巡視者の相性は最強です。 アントニオの弱点は、ファーストチェイスが長引いてしまう事と、 距離をとったチェイスをされるとサバイバーになかなか追いつけないという点です。 しかし、巡視者を使えばサバイバーに追い付けるだけでなく、 旋律の弦楽でダメージを与えてから通常攻撃で即ダウンが狙えます。 撮影協力:やりゅたんさん、きつねさん ・監視者 アントニオと監視者の相性は抜群です! 機動力、索敵能力がないアントニオは チェイスがし辛いだけでなく、解読妨害が出来ないという弱点があります。 監視者はその弱点を殆ど補ってくれます。 また、暗号機に監視者を設置すると、ほとんどのサバイバーは監視者を解除してから解読を行います。 なので、監視者を解除しているサバイバーに狂想曲で音符を当てておいて、 魔の音も解除しないと解読効率が悪い状態になるよう仕向けましょう。

次の

Identity V

第 5 人格 アントニオ

名前は「ボンボン」ととなってます。 ビジュアルもシルクハットに蝶ネクタイと正装をしており、さらにロボ風になっています。 キャラ紹介を読むとバンバンはバルクの作った作品のようです! 能力 今回公開されたのは右手にこん棒を持っており、ちょうど振り下ろそうとする画像になっています。 左胸のフタのようなところを拡大して見てみると、 サバイバーが閉じ込められているのが分かります。 サバイバーの能力を封印したり出来るのでしょうか。 ロボ風なのでロケットパンチ的なのもあるかもしれません! ペンギンなので歩く速度は遅いような気がしますね。 Apostle(使徒) モチーフ 彼女は、 使徒で名前は アンと言います。 背が高くてスタイルが良く、 修道女の恰好をしたキャラクターです。 ビジュアルは、夢の魔女のような雰囲気がありますね。 武器は、 木の杭のようなものを持っており、腰に付けている十字架も気になります。 一緒にいる 黒猫は、キャラクターの能力に関係ありそうですね。 能力 やはり猫を使った能力はありそうな気がします。 例えば、猫を使い サバイバーを探させたり、サバイバーの 位置情報が分かってしまうなどがあったら面白いなと思います。 通常攻撃は、左手に持っている木の杭で攻撃してきそうです。 アンの 目の色が特徴的なのは、疫病で目の色が変わってしまった為です。 黒猫の目と、新キャラの目が一緒なので、目を使った能力があるかもしれません。 痩せていて肌が浅黒く、弦が1本しかないバイオリンを肩に乗せ、弓を長い髪で支えて器用に バイオリンを弾いていますね。 ここ最近リリースされているハンターは禍々しい雰囲気が強く、ホラー感が増しています。 超絶技巧のバイオリニスト「パガニーニ」に似ているような気がしますね。 能力 楽器を持っているということで、演奏など バイオリンを使ったスキルの可能性が高そうです。 演奏を聴くと スタンする、移動速度の低下、板窓の速度低下など、考えられます。 暗号機の解読速度が低下するなどもありそうですね。

次の