旅立ち 歌。 別れと旅立ちに添える歌

www.worldfranchising.comen「旅立ちの唄」の歌詞の意味・解釈。生き方の羅針盤となってくれる人の存在

旅立ち 歌

ピアノ• すべて• 弾き語り• 2台4手• 教則・音楽理論• 合奏・伴奏• その他• エレクトーン• すべて• アンサンブル• 弾き語り• メロディ• すべて• メロディ• バンド• すべて• バンドスコア• ドラム• ギタースコア• ベース• ギター• すべて• 弾き語り• コード• デュオ• 教則・音楽理論• ギタータブ• ギターリード• ギターアンサンブル• その他• ウクレレ• すべて• 弾き語り• コード譜• アンサンブル• その他• 合唱/ボーカル• すべて• 合唱(児童合唱)• 合唱(女声3部)• 合唱(女声4部)• 合唱(男声合唱)• 合唱(男声4部)• 合唱(同声3部)• 合唱(同声2部)• 合唱(混声3部)• 合唱(混声4部)• 合唱(混声6部)• 合唱(その他)• アカペラ• ゴスペル• 管楽器• すべて• フルート• オーボエ• オーボエ(二重奏)• ファゴット• クラリネット• アルトサックス• テナーサックス• ソプラノサックス• バリトンサックス• ホルンソロ• トランペット• トロンボーン• チューバ• ユーフォニアム• ヴェノーヴァ• アルトヴェノーヴァ• 弦楽器• すべて• バイオリン• チェロ• 弦楽アンサンブル四重奏• コントラバス• その他弦楽器• 吹奏楽• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• ビッグバンド(スコア+パート譜)• ビッグバンド(スコア)• ビッグバンド(パート)• アンサンブル• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• 器楽合奏• オーケストラ• すべて• フルスコア+全パート• フルスコア• パート• その他• その他• すべて• オカリナ• リコーダー• ピアニカ• ハーモニカ• ブルースハープ• 大正琴• ミュージックベル.

次の

松山千春 旅立ち 歌詞

旅立ち 歌

歌詞全体の解釈 まずはこの曲の歌詞全体の解釈から。 大切な人との別れを描いた歌詞です。 ですが、別れの歌、ではなくて旅立ちの歌です。 これは詭弁でも言葉遊びでもなくて、生き方の違いです。 ここ大事。 別れはお互いの旅立ちであり、旅立つためには別れも漏れなくついてきます。 そんな関係性のある人物と出会えたということです。 歌詞の深読み ここからは歌詞を抜粋し、独自解釈の深読みをしていきます。 君の大好きだった歌 街に流れる それは偶然が僕にくれた さりげない贈り物 <出典>旅立ちの唄 /Mr. なぜそんなふうに感じたのか。 だから僕もきちんと生きなくては。 Ah 旅立ちの唄 さぁ どこへ行こう? また どこかで出会えるね Ah とりあえず「さようなら」 <出典>旅立ちの唄 /Mr. Children 作詞:桜井和寿 この部分の最後のフレーズ、最初に聞いたときにとても印象的でした。 とりあえず、今は互いに旅立たないといけないから、「さようなら」をしておこう。 また必ず会えるという確信と、別れではなく旅立ちなんだという主人公の信念が滲み出ていますよね。 自分が誰か分からなくなるとき君に語りかけるよ でも もし聞こえていたって返事はいらないから… <出典>旅立ちの唄 /Mr. 現代ではいろんな生き方が選べるし、いろんな価値観が普及しています。 ただ毎日をいつものように過ごしているだけのはずなのに、ふと自分はどうしないといけないんだ?と立ち止まってしまうことは多々あります。 今が大好きだって躊躇などしないで言える そんな風に日々を刻んでいこう どんな場所にいても <出典>旅立ちの唄 /Mr. Children 作詞:桜井和寿 別れがあって出会いがあって、失ってしまっては手に入れて…。 そんな毎日だけど、その度に「今が大好きだ」という気持ちでいられたら、確かにこれは最高の人生の送り方ですよね。 最高ならば、素直にその生き方を目指そう。 お互いにどんな場所でどんな状況でいるとしても。 とてもシンプルな考え方だし、前向きなフレーズです。 Ah 旅立ちを祝い歌う最後の唄 僕は今手を振るよ Ah 悲しみにさようなら <出典>旅立ちの唄 /Mr. Children 作詞:桜井和寿 この部分の歌詞も印象的で大好きです。 別れの歌というは、このような捉え方もできるんですね。 とてもポジティブです。 手を振って別れるのは、相手自身とではなくて、そこに現れる悲しみとなんだという考え方も書かれています。 やはり、同じ時間を生きて人生を送って行くのなら、ネガティブよりポジティブな気持ちでいたいものです。 その方が見えるものが多いし、結局得をするような気が僕の経験上はします。 背中を押してるから でも返事はいらないから <出典>旅立ちの唄 /Mr. Children 作詞:桜井和寿 最後の歌詞です。 しかしこれは、離れているから実際に物理的なものではありません。 互いに脳内でのやり取りです。 でも、2人にとってはそれで充分なのです。 親友なのか、恋人なのか、あるいは家族なのか。 いずれにせよ、この2人の絆の強さをうらやましく感じてしまいます。 学びの一言 自分の進むべき方向を示してくれる人がいれば、例えその人と離れていてもブレずに自分の生き方を貫いていける。 その人とは、自分の親かもしれないし、友人かもしれない。 恩師かもしれないし、恋人かもしれない。 人生は選択の連続だし、どうしたらいいか迷うことも多いものですが、「こんなことをしたらあの人ならなんて言うか」と考えることで、自分の生き方を微調整したり背中を押してもらえたりするものです。 例えそれぞれの人生の都合で離れてしまったとしても、その人が示してくれるものは変わりません。 むしろ、離れているからこそ、その影響は強くなるのかもしれませんね。 そんな人に出会えたことに感謝して、ときにはこちらもその人の背中を押してあげる。 近くにいなくても、そんな関係で互いの人生を進むことができたら素敵ですよね。

次の

別れと旅立ちに添える歌

旅立ち 歌

最近のミスチルの曲に関して、いろいろ言いたいことがある人も多いと思う。 確かに、90年代の曲の方がインパクトはあったかもしれない。 曲にも詞にも力があった。 心の叫びを歌う曲が多かった。 それに比べ、「彩り」といいこの曲といい、おとなしいかもしれない。 正直、僕自身も、旅立ちの唄を初めてライブで聴いた時、あんまりピーンと来なかった。 だが、実際にCDを買って聴いてみると、実にいいではないか。 聴けば聴くほどに深みを増してくる。 変な例えだが、するめのような曲である。 噛めば噛むほど味が出る。 昔の曲の方がよかった。 そう思っているファンの人も多いであろうが、今の桜井にしか作れない曲も作っていると思う。 人は変わりゆく生き物。 何かの歌で桜井はそう言ったいた気がするが、桜井自身変わっていくし、それに伴い、ミスチルの音楽も変わっていく。 でも、それは決して後ろ向きな変化ではなく、前向きな新しい変化である。 例えば、「タガタメ」という曲を昔の桜井なら作れなかったであろう。 これから、桜井がどんなコトバとメロディーを紡ぎ出していくのか大いに期待したい。 また、この尋常じゃないカスタマーレビューの数もまた、ミスチルがいかに世間の人々の注目を集めているかということの象徴であるとも言えよう。 ミスチルは、今後、ますます進化していくであろう。 ミスチルらしくない、ロックの心を失っている、などなどご立派なコメントが並んでいるが、 「ミスチルらしさ」って一体何なんだよ。 ミスチルが歌いたくて歌ったもの、その全てが「ミスチルらしい」ってことなんじゃないの? 偉そうに、一体何様のつもりだ? ミスチルが嫌い、この曲は好きじゃない、のはそれぞれの感じ方の違いだし、そういう意見があること自体がミスチルの偉大さを物語っていると言える。 ところがどっこい、高々数年ミスチルの追っかけやったからってあたかもミスチルを知り尽くしたような口の利き方をする一部のファンには首をかしげたい。 自分らしさも兼ね備えてない薄っぺらい奴が他人の生き様や「らしさ」を語りだす無様な姿、反吐がでるわ。 一曲一曲が桜井の生き様で、「ミスチル」なんじゃなかろうか?.

次の