深田 恭子 ルパン。 深田恭子、実業家との「結婚」はまだ先か――!? 主演ドラマ『ルパンの娘』続編が決定!(2020/07/02 21:30)|サイゾーウーマン

深田恭子、「ルパンの娘」ボディ密着ピタピタ衣装に「フジドラマを救う!」喝采 (2019年6月16日)

深田 恭子 ルパン

深田恭子(36)が、フジテレビ系主演連続ドラマ「ルパンの娘」(木曜午後10時)で昼は図書館司書として働き、夜は泥棒一家に生まれた女泥棒のヒロインを演じている。 ボディーにフィットしたセクシーなベルベットスーツに身を包む姿も話題でアクション、コメディー、ミステリー&ラブロマンスにミュージカルと魅力がさく裂中。 女優業、そしてプライベートではサーフィンボードとノリにノってる深キョンに聞いた。 「原作も台本も、こんなに引き込まれるペースが速い作品ってあるんだと、夢中で読みました。 夢中でページをめくる感じ。 渡部篤郎さんのお父さんだったりとか、小沢真珠さんの美魔女のお母さんだったり、どんぐりさんのお婆ちゃん…。 泥棒ではあるんですけども、なぜかみんなが愛してしまう、家族ですね」 体の線がくっきりと浮かび上がる泥棒スーツでも話題だ。 「衣装合わせの時から恥ずかしくて。 すごい体が強調されるイメージ。 ロケ撮影中は人に見つからないよう隠れていました。 でも、普段絶対できない動きも、あのスーツを着て仮面を着けると恥ずかしさが軽減されて、なんとかできるかなあと(笑い)。 やっぱり仮面のパワーってすごい。 家族の5人全員で着ると、迫力がすごいですね」 二面性に悩む役を演じている。 「泥棒一家の中で、唯一葛藤している。 さらに恋人が警察官、警察一家の息子ということを知って、思い悩んでいく。 二面性があるんですけど、実際どっちなのか分からないんです。 本人は図書館司書って思っているけど、本当は泥棒気質の方が強いかもしれない。 アクションシーンが、ちょっと戦隊モノに近いんです。 ただ走ってきただけなのに肩を入れるとか、変なところで格好良く見せようというのがテーマ。 普通のアクションシーンじゃなくて、なんだか新鮮です」 泥棒と刑事の恋の行方は…。 恋人の桜庭和馬を演じる瀬戸康史(31)は、刑事らしく見せるために体重を10キロ増やした。 「泥棒一家の娘と、警察一家の息子の許されない恋は、現代のロミオとジュリエットですね。 瀬戸さんは、警察官にぴったりというか、すごく真面目。 すごいですよね、もともとがすごく細い方でいらっしゃるから」 幼なじみで、世界を股にかける大泥棒・円城寺輝を演じる大貫勇輔(30)との場面では、ミュージカル調にセリフをかわす。 「ああいうのが大好きで、楽しくてたまらない。 HIVに感染した女子高生から21年たって、泥棒になって再会した。 「全く作風が違うので、よく分からないんです。 でも、武内さんも全然お変わりなく、久々にお仕事させていただけるのが、なんだか不思議な感じですね。 お会いする機会はあったんですけどね」 女優深田恭子と、普段の深田恭子の違いはあるのだろうか。 「女優と普段の自分というより、やらなきゃと思った時と、できないでどうしようっていう時の落差が激しい。 落ち込んでしまうし、とりあえずやってみようっていう前向きな感じにはなれないんです。 新しい台本をいただくたびに、どんな作品になるんだろう、自分で大丈夫なのかなって思っています。 なかなかその部分は変わらない。 いろんなお仕事をいただいて、ありがたいなと常々思っています」 10代で花開いて活躍を続け、今なお、さらに輝きを増している。 プライベートでは30歳! の時にサーフィンを始めた。 「ドラマの撮影に入ると全然、海に行けない。 でも、太陽と水が好きなので。 行けるとうれしいですね。 ただ、最近はサーフィンをするのは、写真集を出す時みたいな感じなんです。 久々で、もうできないんじゃないかと思いながらやるんですけど、乗れると気持ちいいですね」 2歳の時から水泳をやっていた。 水に対する親しみが、サーフィンへと導いた。 「水泳の選手コースだったので、水に抵抗がなかった。 サーフィンも、もしかしたらできるんじゃないかな、やってみようかなっていう風に思いまして。 夏になると、どうしても太陽を浴びたくなっちゃうんです。 日に焼けるのも好きなんですよね。 プールとか。 行きたいですね。 プール、行こうかな(笑い)。 みなさん、優雅に泳いでるけど、私がブワーッと泳ぐと、目立つから恥ずかしくて」 仕事の合間やプライベートの様子をインスタグラムにアップしている。 登録者数は290万人を超えた。 「自分がインスタグラムをやるなんて、想像もつかなかった。 今も、迷いながらあげています。 頻繁にではないんですが、最近ちょっと、あげる回数が多くなってきました。 私、吉田沙保里ちゃんと仲良くさせていただいてるんですけど、沙保里ちゃんがよく写真を撮るので、一緒に撮ると、インスタに載せようって話になる。 それで増えました。 はい、同い年です」 「沙保里ちゃん」はアテネ、北京、ロンドン五輪の女子レスリングで3連覇した「霊長類最強女子」の異名を持ち、国民栄誉賞を受賞したスーパーアスリートの吉田沙保里さん(36)だ。 「本当に優しいんですよね。 一緒にご飯に行った時とか、メダルをバーって持ってきてくださって、ちょっと隠そうよって(笑い)。 それくらい、本当にね、すてきなんです。 アスリートとしてはもちろん、やっぱり国民栄誉賞の方ですから、尊敬もあります。 人間性も素晴らしい方で、私が落ち込んでいたり、何か相談をしたときに、絶対に最終的に悲しい話にならなくて、そんなことを忘れちゃうくらい楽しませてくれる。 同い年なので、考え方だったりとか、持ちたいものだったりとか、したいこととか、悩みだったりが、すごく同じなんです。 恋バナもしますよ」 97年、14歳の時に歩み始めた女優の道。 36歳になった。 「やってみたい役を、よく聞かれるんです。 でも、いろいろな役をいただきすぎて、全く先が読めない。 想像を超えすぎて。 その度に、びっくりしてます」 夏は、これからが本番。 女優深田恭子も、これからさらに輝きを増すはずだ。 最初は親子の年の差とか難しく考えていましたが、深田さんのキャラクターもあって、違和感なく自然な形で役に入っていけてます。 ドラマの設定にバカげたところもありますが、そこは笑わせるつもりじゃなく、真面目にやることで笑いが生まれるかと。 泥棒スーツはジャストサイズでフィットしているので、体形が変わらないように気を抜けません。 96年ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリ。 98年フジテレビのドラマ「神様、もう少しだけ」で脚光を浴びる。 00年初主演映画「死者の学園祭」で日刊スポーツ映画大賞新人賞。 その後も04年のテレビ朝日「南くんの恋人」や映画「下妻物語」、05年のテレビ朝日「富豪刑事」、09年映画「ヤッターマン」などキャリアを重ね、15年には「100万回生きたねこ」で初舞台を経験した。 写真集も数多いが、18年の「Blue Palpitations」も話題になった。 163センチ。 血液型O。 恋人・桜庭和馬(瀬戸康史)は警察一家に生まれた警視庁の刑事。 泥棒と警察、許されない恋を描く。 原作は横関大氏の同名小説。 (2019年7月21日本紙掲載).

次の

深田恭子の体重ピーク時70キロ?激太りした理由と原因は?【画像】

深田 恭子 ルパン

深田恭子(36)が、フジテレビ系主演連続ドラマ「ルパンの娘」(木曜午後10時)で昼は図書館司書として働き、夜は泥棒一家に生まれた女泥棒のヒロインを演じている。 ボディーにフィットしたセクシーなベルベットスーツに身を包む姿も話題でアクション、コメディー、ミステリー&ラブロマンスにミュージカルと魅力がさく裂中。 女優業、そしてプライベートではサーフィンボードとノリにノってる深キョンに聞いた。 「原作も台本も、こんなに引き込まれるペースが速い作品ってあるんだと、夢中で読みました。 夢中でページをめくる感じ。 渡部篤郎さんのお父さんだったりとか、小沢真珠さんの美魔女のお母さんだったり、どんぐりさんのお婆ちゃん…。 泥棒ではあるんですけども、なぜかみんなが愛してしまう、家族ですね」 体の線がくっきりと浮かび上がる泥棒スーツでも話題だ。 「衣装合わせの時から恥ずかしくて。 すごい体が強調されるイメージ。 ロケ撮影中は人に見つからないよう隠れていました。 でも、普段絶対できない動きも、あのスーツを着て仮面を着けると恥ずかしさが軽減されて、なんとかできるかなあと(笑い)。 やっぱり仮面のパワーってすごい。 家族の5人全員で着ると、迫力がすごいですね」 二面性に悩む役を演じている。 「泥棒一家の中で、唯一葛藤している。 さらに恋人が警察官、警察一家の息子ということを知って、思い悩んでいく。 二面性があるんですけど、実際どっちなのか分からないんです。 本人は図書館司書って思っているけど、本当は泥棒気質の方が強いかもしれない。 アクションシーンが、ちょっと戦隊モノに近いんです。 ただ走ってきただけなのに肩を入れるとか、変なところで格好良く見せようというのがテーマ。 普通のアクションシーンじゃなくて、なんだか新鮮です」 泥棒と刑事の恋の行方は…。 恋人の桜庭和馬を演じる瀬戸康史(31)は、刑事らしく見せるために体重を10キロ増やした。 「泥棒一家の娘と、警察一家の息子の許されない恋は、現代のロミオとジュリエットですね。 瀬戸さんは、警察官にぴったりというか、すごく真面目。 すごいですよね、もともとがすごく細い方でいらっしゃるから」 幼なじみで、世界を股にかける大泥棒・円城寺輝を演じる大貫勇輔(30)との場面では、ミュージカル調にセリフをかわす。 「ああいうのが大好きで、楽しくてたまらない。 HIVに感染した女子高生から21年たって、泥棒になって再会した。 「全く作風が違うので、よく分からないんです。 でも、武内さんも全然お変わりなく、久々にお仕事させていただけるのが、なんだか不思議な感じですね。 お会いする機会はあったんですけどね」 女優深田恭子と、普段の深田恭子の違いはあるのだろうか。 「女優と普段の自分というより、やらなきゃと思った時と、できないでどうしようっていう時の落差が激しい。 落ち込んでしまうし、とりあえずやってみようっていう前向きな感じにはなれないんです。 新しい台本をいただくたびに、どんな作品になるんだろう、自分で大丈夫なのかなって思っています。 なかなかその部分は変わらない。 いろんなお仕事をいただいて、ありがたいなと常々思っています」 10代で花開いて活躍を続け、今なお、さらに輝きを増している。 プライベートでは30歳! の時にサーフィンを始めた。 「ドラマの撮影に入ると全然、海に行けない。 でも、太陽と水が好きなので。 行けるとうれしいですね。 ただ、最近はサーフィンをするのは、写真集を出す時みたいな感じなんです。 久々で、もうできないんじゃないかと思いながらやるんですけど、乗れると気持ちいいですね」 2歳の時から水泳をやっていた。 水に対する親しみが、サーフィンへと導いた。 「水泳の選手コースだったので、水に抵抗がなかった。 サーフィンも、もしかしたらできるんじゃないかな、やってみようかなっていう風に思いまして。 夏になると、どうしても太陽を浴びたくなっちゃうんです。 日に焼けるのも好きなんですよね。 プールとか。 行きたいですね。 プール、行こうかな(笑い)。 みなさん、優雅に泳いでるけど、私がブワーッと泳ぐと、目立つから恥ずかしくて」 仕事の合間やプライベートの様子をインスタグラムにアップしている。 登録者数は290万人を超えた。 「自分がインスタグラムをやるなんて、想像もつかなかった。 今も、迷いながらあげています。 頻繁にではないんですが、最近ちょっと、あげる回数が多くなってきました。 私、吉田沙保里ちゃんと仲良くさせていただいてるんですけど、沙保里ちゃんがよく写真を撮るので、一緒に撮ると、インスタに載せようって話になる。 それで増えました。 はい、同い年です」 「沙保里ちゃん」はアテネ、北京、ロンドン五輪の女子レスリングで3連覇した「霊長類最強女子」の異名を持ち、国民栄誉賞を受賞したスーパーアスリートの吉田沙保里さん(36)だ。 「本当に優しいんですよね。 一緒にご飯に行った時とか、メダルをバーって持ってきてくださって、ちょっと隠そうよって(笑い)。 それくらい、本当にね、すてきなんです。 アスリートとしてはもちろん、やっぱり国民栄誉賞の方ですから、尊敬もあります。 人間性も素晴らしい方で、私が落ち込んでいたり、何か相談をしたときに、絶対に最終的に悲しい話にならなくて、そんなことを忘れちゃうくらい楽しませてくれる。 同い年なので、考え方だったりとか、持ちたいものだったりとか、したいこととか、悩みだったりが、すごく同じなんです。 恋バナもしますよ」 97年、14歳の時に歩み始めた女優の道。 36歳になった。 「やってみたい役を、よく聞かれるんです。 でも、いろいろな役をいただきすぎて、全く先が読めない。 想像を超えすぎて。 その度に、びっくりしてます」 夏は、これからが本番。 女優深田恭子も、これからさらに輝きを増すはずだ。 最初は親子の年の差とか難しく考えていましたが、深田さんのキャラクターもあって、違和感なく自然な形で役に入っていけてます。 ドラマの設定にバカげたところもありますが、そこは笑わせるつもりじゃなく、真面目にやることで笑いが生まれるかと。 泥棒スーツはジャストサイズでフィットしているので、体形が変わらないように気を抜けません。 96年ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリ。 98年フジテレビのドラマ「神様、もう少しだけ」で脚光を浴びる。 00年初主演映画「死者の学園祭」で日刊スポーツ映画大賞新人賞。 その後も04年のテレビ朝日「南くんの恋人」や映画「下妻物語」、05年のテレビ朝日「富豪刑事」、09年映画「ヤッターマン」などキャリアを重ね、15年には「100万回生きたねこ」で初舞台を経験した。 写真集も数多いが、18年の「Blue Palpitations」も話題になった。 163センチ。 血液型O。 恋人・桜庭和馬(瀬戸康史)は警察一家に生まれた警視庁の刑事。 泥棒と警察、許されない恋を描く。 原作は横関大氏の同名小説。 (2019年7月21日本紙掲載).

次の

深田恭子主演ドラマ『ルパンの娘』“セクシー泥棒スーツ”公開にネット上は大興奮! (2019年6月26日)

深田 恭子 ルパン

深田が身にまとうのは、赤いベルベット素材のつなぎのスーツ。 体にフィットして動きやすく、ボディーラインが分かる仕様だ。 この衣装をデザインしたのは、深田が2009年に出演した映画『ヤッターマン』で、ドロンジョ様のスーツを手掛けたデザイナー。 となれば、あのときの胸元の開いた黒いハイレグのスーツ姿並みに期待が膨らんでしまう…。 早速、ネット上は、 《深キョンの泥棒スーツ…良い…!!》 《深キョンのスタイルやばい熱い…》 《深キョンの泥棒スーツ見て朝から元気出た》 《深キョンの色気レベルが衰えないのはナゼだ》 《深キョンは色気が時間とともに増していってる感じある》 など、大興奮の声であふれた。 しかし、匿名掲示板では、 《うーん…深きょん、結構腰回り分厚いんだね… 肉感的というやつか》 《深キョン横から見たら厚い、身体が》 《がっちりというより、ぽっちゃりした》 《深田おばちゃん、きっついわー》 《ヒラヒラみたいなのもっと腰あたりならよかったのに》 などと、辛口の批評も上がった。 ドラマの原作は・横関大氏の同名小説。 深田演じる主人公は祖父母・父母ともに有名な泥棒で「L ルパン の一族」と呼ばれる家庭に生まれた。 普段は図書館司書をしているが、いざというときは鮮やかな手口で高級品を盗むという話。 相手の警察官役が。 その他、、藤岡弘、、などのキャストも話題だ。 今年の夏はセクシーな深田が木曜の夜をざわつかせそうだ。

次の