たけのこ レシピ 保存。 たけのこの保存方法!長期間楽しみたいのなら瓶詰めが断然おすすめ!

たけのこで作る「自家製メンマ」レシピ。ビールが止まらなくなるおいしさ! 即席たけのこご飯にも!

たけのこ レシピ 保存

たけのこの旬は春、夏、秋! たけのこの旬はいつかご存知ですか? 春は有名ですが、実は 夏や秋にも採れるたけのこがあるんです。 春に私たちが食べている 円すい形のたけのこは、日本に多い 「モウソウチク」と種類のものです。 夏には、 「カンザンチク」という鹿児島県などで採れるものがあり、エグミがなく、そのまま炒めて食べられるのが特徴です。 また、秋は10~11月中旬に採れる 「シホウチク」という切り口が四角で細長いものがあります。 ちなみに、竹は60~120年に1度、 花を咲かせるのですが、花を咲かせたら一斉に枯れてしまうそうです。 竹が花を咲かせるなんて聞いたこともありませんでしたが、見れる機会もほとんどく珍しいので、見れたら何かいいことが起こりそうですよね。 たけのこは鮮度が大事! たけのことは、地面に埋もれていて 姿を出していない、または かろうじて姿が見えている若い竹を差します。 そういったものが 苦みやえぐみが少ないと言われています。 収穫が遅れると筍の繊維が増えて、苦みやえぐみが増して おいしくなくなってしまいます。 たけのこは 鮮度が命で、賞味期限が短く 日持ちしないことでも知られています。 掘ってから時間がたつと 香りも抜けてしまい、固くなってしまいます。 ですので、たけのこは買ってきたり、もらったりしたら、エグミや苦味を取るためにも、 できるだけ早く調理、下茹でをしてアクを抜いておくのがおすすめです。 確かに採れたてのたけのこの煮物や天ぷらは柔らかくて風味もよく、ほんとにおいしいですよね。 ところで、新鮮な竹の子は 生でも食べることができるのをご存知ですか?まだ、私も食べたことはないのですが、 たけのこ掘りをして獲れたてのものに出会ったら、生食してみるのもいいですね。 ただ、販売されているたけのこは収穫してから時間が経過してることが多いので、 生食は無理です。 掘りたてのもの以外は、えぐみを少し残しながら 灰汁抜きをして 茹でる必要があります。 その エグミを取る方法があく抜きで、一般的なあくの抜き方は、米ぬかを使う方法です。 ぬか以外でぬかを使わない方法もあり、 重曹や お米、大根おろし、お米のとぎ汁を使ったあく取りの仕方もあるんですよ。 お鍋を使った生のたけのこの煮方、下処理の方法はこちらをご覧ください。 皮のむきかたや下処理の仕方、あくの取り方、ゆがき方やゆで時間、圧力鍋での下茹での方法もご紹介しています。 水が濁ってくる前に1日、2日に1回、水を こまめに変えると 約2週間、保存は可能です。 ちなみに水煮に 白い粉がついていることがありますが、これはカビではなくむしろ 効果効能のある「チロシン」という栄養成分です。 神経や脳の働きをサポートする効果があるんですよ。 たけのこの栄養はこちらをご覧ください。 保存法は乾いた 新聞紙でくるんで 冷蔵庫で保存します。 たけのこは冷凍できる?保存法は? たけのこは食物繊維を多く含むため、あまり適していませんが 冷凍保存も可能です。 冷凍の仕方は、あくとりをして下ごしらえしたたけのこは適当な大きさに切って、空気に触れないようにラップに包んで、密閉容器に入れて保存します。 少し大きめにカットした場合は、煮汁も一緒にフリーザーバックに入れて保存します。 このとき冷凍前に味付けをしておくのもおすすめです。 保存期間は約1ヶ月です。 解凍方法は、細かく切った場合は、 凍ったままたけのこご飯やお味噌汁、煮物や炒め物に使えます。 大きめのものは凍ったままでも解凍してからでも、煮汁と一緒に加熱して煮物などに使えます。 たけのこの塩漬けの方法は? たけのこをすぐに使わない場合や大量にある場合は、迷わず 塩漬けをしておきましょう。 長期保存が可能な塩漬けだと、保存期間は長いと 1年ほど保存が可能です。 たけのこがしっかりつかるように 塩をたっぷり使います。 最後は塩をかけて蓋をします。 調理に使うには、 塩抜きが必要です。 塩抜きしたたけのこは、炊き込みご飯や春巻き、煮物などに使えます。 一度にたくさん保存しておけば、その都度、たけのこを使えるので年中楽しめますね。 おいしい新鮮なたけのこの選び方、見分け方は? たけのこはどれも同じように見えますが、たけのこにもやはり 新鮮なものの選び方があります。 たけのこを買うときは次のようなことを確認してみてください。 皮の色が薄く、あまり伸びすぎていないもの、適度に湿り気があって、皮につやがあり大きさは太いものがいいようですね。 そうなると、 アクやえぐみが強く、固くなっています。 また、 穂先が黒くなっているものは、地上に出てしまってから収穫されたものなので味が落ちます。 穂先は黄色でしまっているものを選びましょう。 また、あく抜きをして保存しておいたものも、傷むのも早くて、あまり日持ちがしないです。 たけのこは腐りかけや腐ると酸っぱいと感じたり、臭いやぬめりが出てきますので、こういった状態になったら食べるのはやめて処分しましょう。 たけのこもいろんな効果が期待できますよ。 たけのこの栄養や効能はこちらをご覧ください。 煮たり、炒めたり、揚げたりといろんな調理法で使える春を感じる食材のたけのこ、ぜひ旬の季節には、おいしいたけのこを堪能してください。 スポンサーリンク•

次の

実は簡単!たけのこのアク抜き&保存のコツ

たけのこ レシピ 保存

農家さん直伝!たけのこの保存方法 キッチンに漂うあつあつのたけのこご飯の香り。 春の訪れを感じる香りです。 皮付きのたけのこが出回るのは本当に短い期間。 なるべく長く味わいたいですよね?香川でお野菜をお届けしている臼杵英樹さんにたけのこの保存方法をレクチャーしてもらいました。 たけのこの保存方法 -1週間程度- たけのこは時間が経つと固くなり、エグ味が増してしまいます。 1週間程度で使い切る場合は水に漬ける方法がおすすめとのこと。 下茹でしたたけのこを、水をいれたプラスチック製の保存容器にいれ、冷蔵庫に入れます。 <この時、なるべく毎日水を変えるのがおすすめです。 > たけのこの保存方法 -1年間- 鮮度が大事なたけのこが1年間も持つの?という疑問を持つ方もいるかと思います。 臼杵さんに伺うと、たけのこをそれだけ長期にわたり保存する方法は「塩漬け」だと可能とのことです。 下ごしらえをしたたけのこをざるに入れ水気を切ります。 その後、たけのこを半分に割り、密閉容器の底に塩を敷き詰めその上にたけのこの内側を上にしてかぶせていきます。 内側の隙間にも塩をしっかり詰めて下さい。 そして塩でまわりを覆って行きます。 塩はたっぷりのふんだんに使ってください。 「この方法だと1年は持ちます。 暑くなる夏場常温でも問題ないです。 気になる方は冷蔵庫に入れて下さいね」と臼杵さん。 塩漬けしたたけのこを使う時は、うすめの食塩水につけて丁度いい塩辛さにします。 ここで真水を使うと、塩分とともにうまみも流れ出てしまうので注意が必要です。 たけのこは下ごしらえなど、普段使いのお野菜と比べると少し手間が掛かってしまいます。 だからこそ使う状況に応じて、たけのこを長く、賢く、美味しく味わいたいですね。

次の

たけのこ冷凍保存方法 レシピ・作り方 by cielo0706|楽天レシピ

たけのこ レシピ 保存

こんにちは。 料理研究家の河瀬璃菜です。 暖かく気持ちのいい気候になってきましたね。 この季節、「たけのこ」が旬を迎えます!シャキシャキした歯ごたえのたけのこは、煮物にしても炊き込みご飯にしても美味しくて、老若男女問わず愛される食材ですよね。 パック詰めされたたけのこ水煮などは年中手に入りますが、やっぱりこの時期のたけのこは格別! また、この時期になると誰かしらがたけのこ掘りに行って、おすそわけをいただくことも……うれしいけれど、なかなか消費できない!という方も少なくないのではないでしょうか? 冷凍すると、食感が悪くなるし、水煮にするのも少し面倒だなぁ……という方にぜひ試してほしい 「たけのこのごま油漬け」をご紹介します! このごま油漬けを作っておくと、焼くだけでもお酒が止まらないおつまみになってしまうんです。 そのほか、ヤミツキになっちゃうくらい美味しいアレンジレシピも紹介しますよ! 茹でたら漬けるだけ!たけのこごま油漬け 材料(作りやすい量)• 茹でたたけのこ(アク抜きしたもの)・・・・2~3本• ごま油・・・・400cc• 唐辛子・・・1本• にんにく・・・1かけ• 花椒(あれば)・・・・適量 作り方 1. 茹でたたけのこは瓶に入れやすい大きさに切ったら、キッチンペーパーでしっかりと水分を拭き取る。 煮沸消毒した瓶に、全ての材料を入れ、一日冷蔵庫で寝かせる。 茹でたたけのこをごま油に漬けるだけで、美味しく保存できますよ! オイルに漬けることで、えぐみが和らぎ、水分も出にくくなります。 タケノコの食感や風味はそのままなのも嬉しいですね……! 今回はごま油を使いましたが、オイルなどを使っても美味しく作れますよ。 お好みのハーブやスパイスなどと一緒に漬けてみてくださいね。 炒めるだけでウマーーー!たけのこのごま油炒め 材料(1人分)• たけのこのごま油漬け・・・100g• たけのこを漬けていたごま油・・・適量• 塩コショウ・・・少々• 醤油・・・小さじ1• 鰹節・・・適量 作り方• 中火で熱したフライにごま油をひき、たけのこを入れたら、塩コショウをふって炒める。 皿にたけのこを盛ったら、醤油を回しかけ、鰹節をのせる。 たけのこのごま油漬け、炒めるだけでいいおつまみになるんです!漬けていた油も活用し炒めることで、香り豊かな仕上がりになりますよ! パリシャク食感が止まらない!たけのことツナの大葉チーズ春巻き 材料(1人分)• たけのこのごま油漬け・・・100g• たけのこを漬けていたごま油・・・適量• ツナ缶・・・1缶• 塩コショウ・・・少々• スライスチーズ・・・4枚• 大葉・・・・4枚 作り方• たけのこは太めの千切りにし、ツナ缶とあえ、塩コショウで味を調える。 春巻きの皮に、大葉、スライスチーズ、たけのこをのせて巻く。 中火で熱したフライにごま油をひき、2を揚げ焼きにする。 春巻きのパリッと感とたけのこのシャキッと感がたまらない一品!大葉の爽やかさにチーズのコクが癖になります。 これは何本でも食べられる……! 揚げ焼きにしたくない場合は、焦げないようにトースターで焼いてもOKですよ! がっつり食べたい!たけのこ丼 材料(1人分)• たけのこのごま油漬け・・・100g• たけのこを漬けていたごま油・・・適量• 牛切り落とし肉・・・・100g• 卵黄・・・1個• ご飯・・・1膳• 塩コショウ・・・少々 【A】• めんつゆ(2倍希釈)・・・50cc• 水・・・50cc• 白ネギは斜め薄切りにする。 中火で熱したフライにごま油をひき、牛切り落とし肉を入れて色が変わるまで炒めたら、たけのこ、白ネギを加え、塩コショウをふり、さっと炒める。 Aを入れ、5~6分煮詰める。 丼にご飯を盛り、2をのせたら、卵黄を落とし、お好みで紅生姜を添える。 これは美味くないわけがない! 甘辛く味付けしたたけのこって、なんであんなに美味しいんでしょうね?ご飯がモリモリ進みます。 もちろん丼にしなくてもOKですよ。 大量に手に入ったたけのこ、どうしようかな……と悩んだら、今年はたけのこのごま油漬けに挑戦してみてくださいね! 著者プロフィール 河瀬璃菜 りな助(料理研究家・フードコーディネーター) 1988年5月8日生まれ。 県出身。 レシピ開発、商品開発、レシピ動画制作、企画執筆、編集、イベントメディア出演、など食に纏わる様々なお仕事をしています。 時短、ズボラ、ねと飯系が得意。 料理ができない人でも作ってみたくなるアイデアレシピを提案します。 著書「ジャーではじめるデトックスウォーター」「決定版節約冷凍レシピ」「発酵いらずのちぎり」 など Blog: Twitter:.

次の