複合機 トレイ。 コピー、ファクス、プリントを別のトレイに出力したい DocuCentre

複合機/複写機/複合機周辺機器

複合機 トレイ

皆さんは、複合機を使い、 厚紙や葉書、封筒や伝票の印刷をしたことがありますか? これらの用紙は、複合機の側面にある 手差しトレイにセットして印刷をします。 手差しトレイは、給紙トレイにセットできないサイズの用紙を印刷する時に使います。 ただし、単にトレイに用紙をセットしただけで、パソコンから印刷指示を出して出力してしまうと、 写真のように汚れが付着し、綺麗に印刷ができません。 今回は、伝票印刷を例に、シャープカラー複合機(コピー機)を使い、 手差しトレイから綺麗に印刷する方法をお伝えします。 複合機に手差しトレイを使った印刷設定をしよう 手差しトレイを使い、厚紙や伝票に綺麗に印刷するには、複合機側の準備と設定が必要です。 下記の手順を参考に設定しましょう。 シャープの複合機であれば機種が変わっても手順に大きな違いはありません。 本体側面にある手差しトレイ開き、伝票をセットします。 セットする伝票(用紙)は、 印刷する面を下向きにセットします。 操作パネルの 「コピー」のアイコンをタップして、次の画面へ切り替えます。 写真で囲った複合機のアイコンの 給紙カセット部分をタップして、次の画面へ切り替えます。 写真で囲った 「手差しトレイ『タイプとサイズ』」をタップして、次の画面へ切り替えます。 今回は伝票を印刷するので 「厚紙1」をタップ。 続いて「OK」をタップして、次の画面へ切り替えます。 複合機のアイコンの表示内容が「厚紙-1」と「セットした用紙サイズ」に変わっていることを確認できたら、複合機の 厚紙設定は完了です。 なお、複合機にセットした用紙サイズは自動で認識するようになっています。 今回の伝票やハガキ印刷は、「厚紙1」を利用します。 オフィスで想定される印刷物の厚紙設定は大抵「厚紙1」で対応できます。 ちなみによく使う「封筒」印刷は、シャープの複合機の場合、「封筒」専用の設定がありますので、 『タイプとサイズ』の設定画面で「封筒」をタップしてください。 パソコンから印刷指示を出して伝票を出力してみよう パソコンで印刷用のデータを開いて、印刷指示を出します。 なお、以下の手順は、パソコンにシャープのプリンタードライバーがインストールされ、通常の印刷ができていることが前提になります。 WordやExcelなどアプリケーションソフトを使って作った 印刷用データを開きます。 今回は、Micorosoft Wordを例に説明をします。 メニュー「ファイル」をクリック、 「印刷」をクリックします。 印刷メニューから、 「プリンタープロパティ」をクリックします。 シャープのプリンタードライバーの設定画面が立ち上がります。 「用紙」タブをクリックします。 「用紙サイズ」のボックスの「用紙サイズ(I)」の設定が、 手差しトレイにセットした「用紙サイズ」になっていることを確認します。 なお、一部自動で用紙サイズを取得できない場合があります。 セットした用紙サイズと異なる場合は、プルダウンから直接「用紙サイズ」を選択してください。 「給紙方法」のボックスの「用紙トレイ(E)」のプルダウンメニューから 「手差し」を選択。 続いて「用紙タイプ(Y)」のプルダウンメニューから、先ほど複合機に設定した 「厚紙-1」を選択します。 全ての設定を確認できたら 「OK」ボタンをクリックし、設定を完了します。 Micorosoft Wordの印刷画面で、 「印刷」ボタンをクリックし、印刷指示を出したら完了です。 伝票(厚紙)印刷まとめ 出力された伝票を確認すると綺麗に印刷できています。 手差しトレイを使って、厚紙に印刷する場合は、 用紙のサイズ、重さに応じて、複合機へ設定が必要になります。 シャープの複合機は、用紙サイズを自動で取得してくれたり、簡易設定メニューが用意されているため、 手差しトレイを使った特殊な印刷もミスが起き難くなっていて便利です。 ぜひ、今回の手順を参考に、快適にプリント作業を進めましょう。

次の

コピー機・複合機の給紙トレイとは?【必須のオプションなの?】

複合機 トレイ

皆さんは、複合機を使い、 厚紙や葉書、封筒や伝票の印刷をしたことがありますか? これらの用紙は、複合機の側面にある 手差しトレイにセットして印刷をします。 手差しトレイは、給紙トレイにセットできないサイズの用紙を印刷する時に使います。 ただし、単にトレイに用紙をセットしただけで、パソコンから印刷指示を出して出力してしまうと、 写真のように汚れが付着し、綺麗に印刷ができません。 今回は、伝票印刷を例に、シャープカラー複合機(コピー機)を使い、 手差しトレイから綺麗に印刷する方法をお伝えします。 複合機に手差しトレイを使った印刷設定をしよう 手差しトレイを使い、厚紙や伝票に綺麗に印刷するには、複合機側の準備と設定が必要です。 下記の手順を参考に設定しましょう。 シャープの複合機であれば機種が変わっても手順に大きな違いはありません。 本体側面にある手差しトレイ開き、伝票をセットします。 セットする伝票(用紙)は、 印刷する面を下向きにセットします。 操作パネルの 「コピー」のアイコンをタップして、次の画面へ切り替えます。 写真で囲った複合機のアイコンの 給紙カセット部分をタップして、次の画面へ切り替えます。 写真で囲った 「手差しトレイ『タイプとサイズ』」をタップして、次の画面へ切り替えます。 今回は伝票を印刷するので 「厚紙1」をタップ。 続いて「OK」をタップして、次の画面へ切り替えます。 複合機のアイコンの表示内容が「厚紙-1」と「セットした用紙サイズ」に変わっていることを確認できたら、複合機の 厚紙設定は完了です。 なお、複合機にセットした用紙サイズは自動で認識するようになっています。 今回の伝票やハガキ印刷は、「厚紙1」を利用します。 オフィスで想定される印刷物の厚紙設定は大抵「厚紙1」で対応できます。 ちなみによく使う「封筒」印刷は、シャープの複合機の場合、「封筒」専用の設定がありますので、 『タイプとサイズ』の設定画面で「封筒」をタップしてください。 パソコンから印刷指示を出して伝票を出力してみよう パソコンで印刷用のデータを開いて、印刷指示を出します。 なお、以下の手順は、パソコンにシャープのプリンタードライバーがインストールされ、通常の印刷ができていることが前提になります。 WordやExcelなどアプリケーションソフトを使って作った 印刷用データを開きます。 今回は、Micorosoft Wordを例に説明をします。 メニュー「ファイル」をクリック、 「印刷」をクリックします。 印刷メニューから、 「プリンタープロパティ」をクリックします。 シャープのプリンタードライバーの設定画面が立ち上がります。 「用紙」タブをクリックします。 「用紙サイズ」のボックスの「用紙サイズ(I)」の設定が、 手差しトレイにセットした「用紙サイズ」になっていることを確認します。 なお、一部自動で用紙サイズを取得できない場合があります。 セットした用紙サイズと異なる場合は、プルダウンから直接「用紙サイズ」を選択してください。 「給紙方法」のボックスの「用紙トレイ(E)」のプルダウンメニューから 「手差し」を選択。 続いて「用紙タイプ(Y)」のプルダウンメニューから、先ほど複合機に設定した 「厚紙-1」を選択します。 全ての設定を確認できたら 「OK」ボタンをクリックし、設定を完了します。 Micorosoft Wordの印刷画面で、 「印刷」ボタンをクリックし、印刷指示を出したら完了です。 伝票(厚紙)印刷まとめ 出力された伝票を確認すると綺麗に印刷できています。 手差しトレイを使って、厚紙に印刷する場合は、 用紙のサイズ、重さに応じて、複合機へ設定が必要になります。 シャープの複合機は、用紙サイズを自動で取得してくれたり、簡易設定メニューが用意されているため、 手差しトレイを使った特殊な印刷もミスが起き難くなっていて便利です。 ぜひ、今回の手順を参考に、快適にプリント作業を進めましょう。

次の

コピー機への用紙の給紙・手差し方法【お役立ち情報】

複合機 トレイ

複合機(コピー機)で画用紙などの厚紙を印刷する前に、まずは紙の厚さを知っておく必要があります。 紙の厚さといわれても、いまいちピンと来ない方は多いですよね。 その他の紙は以下の通り。 25mmです。 複合機で画用紙など厚紙印刷するときの設定方法 画用紙や官製はがきなど、普通紙ではない特殊な紙をコピー・印刷する場合、その用紙は通常の給紙トレイに入れず、本体側面についている「手差しトレイ」から給紙するのが基本です。 そこで、RICOH(リコー)とSHARP(シャープ)の複合機を例に、設定方法をご紹介いたします。 それ以外のメーカーも、ほぼ同じ操作方法になりますので、参考にご覧ください。 厚紙1:106. 厚紙2:170. 厚紙3:220. 以上のように、メーカーによって用紙の厚さ設定が若干異なるので、お使いの機種の説明書で確認してから利用するようにしてください。 複合機で画用紙など厚紙印刷するときの注意点 複合機(コピー機)で、 画用紙など普通紙とは違った紙を印刷するとき、最も注意すべきは「紙詰まり」。 前項でもご紹介した通り、各メーカーの複合機(コピー機)では、厚紙印刷に対応しています。 しかし、メーカーによって対応できる厚さを選択できる種類が異なるので、まずは コピー・印刷しようとしている紙の厚さを理解しておくのが重要。 また、折り目やカールしている用紙だと紙詰まりを起こしやすくなるので、キレイな状態にして手差しトレイにセットするのが基本です。 その他にも、画用紙などの厚紙の種類によって、手差しトレイに複数枚セットすると紙詰まりが起こるリスクが高くなるので、面倒でも1枚ずつセットしてコピー・印刷するようにして下さい。 万一紙詰まりを起こして、無理に取り除こうとすれば、感光ドラムなどの重要な部品に影響が出るので、取り除けないと判断できるものは、販売店・リース会社にメンテナンスを依頼するようにしましょう。 まとめ 複合機(コピー機)は、普通紙にコピー・印刷するのが一般的ですが、画用紙やハガキなど特殊な紙にコピー・印刷する機会は多々あるものです。 そのため、複合機(コピー機)には、 様々な紙が使用できる機能が備わっており、手差しトレイを使ってコピー・印刷ができます。 ただし、重要なのは 使用する紙の厚さを理解しておくこと。 そこで、万一紙詰まりを起こしても、慌てずに取り除ける場所なら慎重に取り除いて、無理だなと判断できたら、素直にメンテナンスを依頼するようにしましょう。 またコピー機(複合機)に関する機能のご要望は。 操作方法がわからない、買い替え時にこのような機能がほしいなど、一社一社最適なコピー機をご提案いたします。

次の