生理痛に効く 薬。 生理痛に効く市販薬ランキング 10

生理痛に効く市販薬おススメ5選【ひどい生理痛を緩和】

生理痛に効く 薬

薬剤師に痛みの症状や希望を相談しましょう Q:生理痛の痛み止めはたくさんありますが、どのように選んだら良いのでしょうか。 A:そうですね。 たしかに薬局に行くと、いろんなメーカーの薬や、同じメーカーにしても名前がちょっと違う薬があったりと、本当にさまざまですよね。 友人が飲んでいるからとか、テレビでよく聞く名前だからといった判断ではなく、薬局の薬剤師に痛みの症状や経緯を良く相談して購入するようにしてください。 その他、痛み止めについて疑問をお持ちの方は「」もあわせてご覧下さい。 痛み止めには非常にたくさんの種類がありますので、順を追ってご説明しましょう。 市販の痛み止めの注意事項や生理痛の痛み止めの選び方、主成分について、薬剤師が詳しく解説します。 友人が、「胃が痛くてつらい」と市販の痛み止めを飲もうして、あわてて止めたことがあります。 胃の痛みなどは、市販の痛み止めで逆に悪化してしまうことがありますので、ちゃんと胃に関係する薬を服用するようにしてください。 この痛みに関しても、市販薬でしのぐこともできますが、痛風の場合は、医療機関を受診し、ご自身にあった薬を服用するようにしてくださいね。 もし、市販の痛み止めを選ぶ場合は、イブプロフェンを主成分とする痛み止めを選択してください。 特に、アスピリンが入っている市販薬を、痛風の痛みがひどくなっている発作時に服用すると、さらに悪化したり、痛みが長引くことがありますので、注意が必要です。 以上、まずは最初に知っておくべき注意事項をお話をさせていただきました。 それでは本題の生理痛に関する市販薬のご紹介をします。 イブプロフェンという成分は、他の市販の痛み止めと比べて薬が子宮に移行しやすく、生理痛への効き目が期待できます。 また、第1類医薬品といって、薬剤師からの説明が必要な成分ですが「ロキソプロフェン」もお勧めです。 代表的な商品名はロキソニンSになります。 市販薬では一番鎮痛効果が高いと言われています。 また、イブプロフェン同様に、抗炎症効果もありますのでお勧めです。 その他、最近では「イブプロフェン」に加えて、子宮の過度な収縮を抑制する「ブチルスコポラミン臭化物」が配合されているエルペインコーワ(興和)もあります。 ただ、便秘の方は腸の動きも抑制してしまう可能性があるので、 ブチルスコポラミン臭化物が入っていない物の方がいいでしょう。 カフェインの尿を出す作用(利尿作用)でむくみを抑えたり、眠気を抑える作用がありますので、少しすっきりすると思います。 ただし、コーヒーやお茶、栄養ドリンクなど、色々な食品や医薬品にカフェインが含まれていることがありますので、過剰な摂取には気をつけるようにしてくださいね。 胃が弱い方は、カフェイン入りにすると胃液の分泌を促進してしまい、胃への影響が懸念されますので、カフェインのないものにしましょう。 そして、アセトアミノフェンを主成分にしている薬、または「制酸剤」と呼ばれる胃酸を中和する成分(酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイト)が含まれるものを選ぶと良いでしょう。 前述しましたが、痛みの具合や症状などを薬剤師に相談して選ぶようにしてください。 ひどい痛みやいつもと違う痛み、痛み止めを飲んでもなかなかよくならない、薬を飲んでも4~5日以上痛みが続く場合など、おかしいなと思ったらすぐに医療機関を受診してくださいね。 最後に、「市販の痛み止めとその主成分」について解説します。 主な市販の痛み止め・主成分一覧 一言で生理痛向けの痛み止め薬といっても、さまざまなものがあります。 以下で、主な市販の痛み止めと、それぞれの主成分をご紹介します。 イブ :イブプロフェン• イブA :イブプロフェン+カフェイン+催眠鎮静成分• エキセドリンA/カプセル:アセトアミノフェン+アスピリン+カフェイン• バファリンA:アスピリン• バファリンエル:アセトアミノフェン+エテンザミド+カフェイン+催眠鎮痛成分• バファリンプラス:アセトアミノフェン+アスピリン+カフェイン+催眠鎮痛成分• ケロリン:アスピリン+カフェイン• ケロリンIBカプレット:イブプロフェン+カフェイン+催眠鎮痛成分• サリドンA:エテンザミド+イソプロピルアンチピリン+カフェイン• ナロンエース:イブプロフェン+エテンザミド+カフェイン+催眠鎮痛成分• ノーシン:アセトアミノフェン+エテンザミド+カフェイン• ノーシンピュア:イブプロフェン+カフェイン+催眠鎮痛成分• ノーシンホワイト錠/細粒:アセトアミノフェン+エテンザミド+カフェイン• アスピリン(アセチルサリチル酸)は、15歳未満の小児には使用しないでください。 小児の場合は、小児用の痛み止め、または、小児に適応のある市販薬を薬剤師に選んでもらってください。 イソプロピルアンチピリンは、高い熱に特に効果があり、同じピリン系であるアミノピリンよりピリン疹の発現は少ないという報告ですが、ピリン系のアレルギーがある人は、服用しないでください。 アセトアミノフェンは、小児の発熱や痛み、または胃腸の弱い方が選ぶと良いと思います。 ただ、使用量や使用間隔をきちんと守るようにしましょう。 多量に飲みすぎる熱が下がりすぎて、危険なことがあります。 また、お酒を多量に飲む人や、肝臓の悪い方は、医師・薬剤師に相談して薬を選んでください。 エテンザミドは、アスピリンと同じような成分ですが、痛み止めや熱を下げる効果は比較的弱いので、他の成分の効果を助けるような目的でも配合されていることがあります。 痛み止めは、一番身近でよく服用される市販薬だと思います。 正しく、きちんと用量・用法を守って使用してください。 なお、何かおかしいと思ったときには、すぐに服用を中止し、医療機関を受診してくださいね。 この記事は実際の薬局での会話をもとに構成したものです。 相談が必要な方は、医師や薬剤師に実際にお聞きください。 【参考図書】 ・堀美智子監修,医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー『OTC薬販売の実践問題集』株式会社じほう,2006.

次の

生理痛で腰痛がひどい…原因や緩和方法は?腰が痛いときは薬が効く?

生理痛に効く 薬

薬剤師に痛みの症状や希望を相談しましょう Q:生理痛の痛み止めはたくさんありますが、どのように選んだら良いのでしょうか。 A:そうですね。 たしかに薬局に行くと、いろんなメーカーの薬や、同じメーカーにしても名前がちょっと違う薬があったりと、本当にさまざまですよね。 友人が飲んでいるからとか、テレビでよく聞く名前だからといった判断ではなく、薬局の薬剤師に痛みの症状や経緯を良く相談して購入するようにしてください。 その他、痛み止めについて疑問をお持ちの方は「」もあわせてご覧下さい。 痛み止めには非常にたくさんの種類がありますので、順を追ってご説明しましょう。 市販の痛み止めの注意事項や生理痛の痛み止めの選び方、主成分について、薬剤師が詳しく解説します。 友人が、「胃が痛くてつらい」と市販の痛み止めを飲もうして、あわてて止めたことがあります。 胃の痛みなどは、市販の痛み止めで逆に悪化してしまうことがありますので、ちゃんと胃に関係する薬を服用するようにしてください。 この痛みに関しても、市販薬でしのぐこともできますが、痛風の場合は、医療機関を受診し、ご自身にあった薬を服用するようにしてくださいね。 もし、市販の痛み止めを選ぶ場合は、イブプロフェンを主成分とする痛み止めを選択してください。 特に、アスピリンが入っている市販薬を、痛風の痛みがひどくなっている発作時に服用すると、さらに悪化したり、痛みが長引くことがありますので、注意が必要です。 以上、まずは最初に知っておくべき注意事項をお話をさせていただきました。 それでは本題の生理痛に関する市販薬のご紹介をします。 イブプロフェンという成分は、他の市販の痛み止めと比べて薬が子宮に移行しやすく、生理痛への効き目が期待できます。 また、第1類医薬品といって、薬剤師からの説明が必要な成分ですが「ロキソプロフェン」もお勧めです。 代表的な商品名はロキソニンSになります。 市販薬では一番鎮痛効果が高いと言われています。 また、イブプロフェン同様に、抗炎症効果もありますのでお勧めです。 その他、最近では「イブプロフェン」に加えて、子宮の過度な収縮を抑制する「ブチルスコポラミン臭化物」が配合されているエルペインコーワ(興和)もあります。 ただ、便秘の方は腸の動きも抑制してしまう可能性があるので、 ブチルスコポラミン臭化物が入っていない物の方がいいでしょう。 カフェインの尿を出す作用(利尿作用)でむくみを抑えたり、眠気を抑える作用がありますので、少しすっきりすると思います。 ただし、コーヒーやお茶、栄養ドリンクなど、色々な食品や医薬品にカフェインが含まれていることがありますので、過剰な摂取には気をつけるようにしてくださいね。 胃が弱い方は、カフェイン入りにすると胃液の分泌を促進してしまい、胃への影響が懸念されますので、カフェインのないものにしましょう。 そして、アセトアミノフェンを主成分にしている薬、または「制酸剤」と呼ばれる胃酸を中和する成分(酸化マグネシウム、合成ヒドロタルサイト)が含まれるものを選ぶと良いでしょう。 前述しましたが、痛みの具合や症状などを薬剤師に相談して選ぶようにしてください。 ひどい痛みやいつもと違う痛み、痛み止めを飲んでもなかなかよくならない、薬を飲んでも4~5日以上痛みが続く場合など、おかしいなと思ったらすぐに医療機関を受診してくださいね。 最後に、「市販の痛み止めとその主成分」について解説します。 主な市販の痛み止め・主成分一覧 一言で生理痛向けの痛み止め薬といっても、さまざまなものがあります。 以下で、主な市販の痛み止めと、それぞれの主成分をご紹介します。 イブ :イブプロフェン• イブA :イブプロフェン+カフェイン+催眠鎮静成分• エキセドリンA/カプセル:アセトアミノフェン+アスピリン+カフェイン• バファリンA:アスピリン• バファリンエル:アセトアミノフェン+エテンザミド+カフェイン+催眠鎮痛成分• バファリンプラス:アセトアミノフェン+アスピリン+カフェイン+催眠鎮痛成分• ケロリン:アスピリン+カフェイン• ケロリンIBカプレット:イブプロフェン+カフェイン+催眠鎮痛成分• サリドンA:エテンザミド+イソプロピルアンチピリン+カフェイン• ナロンエース:イブプロフェン+エテンザミド+カフェイン+催眠鎮痛成分• ノーシン:アセトアミノフェン+エテンザミド+カフェイン• ノーシンピュア:イブプロフェン+カフェイン+催眠鎮痛成分• ノーシンホワイト錠/細粒:アセトアミノフェン+エテンザミド+カフェイン• アスピリン(アセチルサリチル酸)は、15歳未満の小児には使用しないでください。 小児の場合は、小児用の痛み止め、または、小児に適応のある市販薬を薬剤師に選んでもらってください。 イソプロピルアンチピリンは、高い熱に特に効果があり、同じピリン系であるアミノピリンよりピリン疹の発現は少ないという報告ですが、ピリン系のアレルギーがある人は、服用しないでください。 アセトアミノフェンは、小児の発熱や痛み、または胃腸の弱い方が選ぶと良いと思います。 ただ、使用量や使用間隔をきちんと守るようにしましょう。 多量に飲みすぎる熱が下がりすぎて、危険なことがあります。 また、お酒を多量に飲む人や、肝臓の悪い方は、医師・薬剤師に相談して薬を選んでください。 エテンザミドは、アスピリンと同じような成分ですが、痛み止めや熱を下げる効果は比較的弱いので、他の成分の効果を助けるような目的でも配合されていることがあります。 痛み止めは、一番身近でよく服用される市販薬だと思います。 正しく、きちんと用量・用法を守って使用してください。 なお、何かおかしいと思ったときには、すぐに服用を中止し、医療機関を受診してくださいね。 この記事は実際の薬局での会話をもとに構成したものです。 相談が必要な方は、医師や薬剤師に実際にお聞きください。 【参考図書】 ・堀美智子監修,医薬情報研究所/株式会社エス・アイ・シー『OTC薬販売の実践問題集』株式会社じほう,2006.

次の

効果別!生理痛に効くおすすめ市販薬ベストバイ3選!

生理痛に効く 薬

市販の頭痛薬・生理痛薬(鎮痛剤)の特徴と使い分け 頭痛や生理痛などで市販の鎮痛薬を使ったことのある方は多いのではないでしょうか。 ドラッグストアやインターネット通販などでは多くの種類の鎮痛薬が売られており、簡単に購入できます。 ただ、逆に種類が豊富すぎてどれを選んだらよいのかよく分からない、子供も使えるのか、という不安をもつ方は多いです。 また同じような商品名でも「プレミアム」や「クイック」、「ファースト」などが付いた名前の薬があり、違いが分からないこともあります。 商品名が違うと成分が全く異なることもあるので正しい理解が必要です。 そこで、市販されている鎮痛薬の成分の違いや選ぶときの注意点を説明します。 鎮痛剤の種類 鎮痛薬のパッケージ裏の成分表を見ると、いろいろなカタカナの薬品名が記載されていて何が効くのか分かりにくいですが、主成分は主に イブプロフェン、アセトアミノフェン、アセチルサリチル酸、ロキソプロフェンの4つと思ってください。 このいずれかが入っていることが一般的です。 この主成分に加えて、それぞれの商品によって、効果を高めたり副作用を抑えたりするための成分が加えられていると考えると理解しやすいです。 それでは、みなさんがよく聞く名前の鎮痛薬をいくつか取りあげ、成分や特徴を説明します。 15歳未満は使用できません。 ・アリルイソプロピルアセチル尿素(60mg): 痛みに関する感受性を抑える鎮静成分です。 これによって眠気を生じることがあるので、車の運転や高所での作業は控えてください。 ・無水カフェイン(80mg): 眠気を覚ます作用と、血管の拡張を抑えて鎮痛効果を助ける効果があります。 なお、イブA錠はイブに比べ、フィルムコーティングなので喉へのひっかかりや苦みがないように工夫されています。 イブA錠の150mgに対し、EXは最大量の200mgが配合されています。 胃酸を中和する作用があるために鎮痛成分の吸収をよくし、素早い効果が期待できます。 鎮痛薬を飲むと胃が荒れるという方に向いています。 アスピリンを服用した時に何らかの症状がでたことのある方は避けてください。 アスピリンの服用により喘息を起こすことを「アスピリン喘息」といいます。 アスピリン喘息といわれたことのある方は、アスピリンだけでなく他の鎮痛剤でも副作用が起こる可能性があるので注意が必要です。 ・合成ヒドロタルサイト: 胃の酸性を中和することによりアスピリンを溶けやすくし、胃粘膜への刺激を軽減します。 なお、同じバファリンと名前がついていても、以下の薬にはアスピリンは入っていません。 少量で小児にも使う成分です。 この二つの鎮痛作用を持つ成分を配合していることから、ダブル処方と謳っています。 ・アリルイソプロピルアセチル尿素(30mg): イブA 錠と同様の鎮静成分です。 ・無水カフェイン ・乾燥水酸化アルミニウムゲル: 胃の粘膜を保護します。 なお、バファリンプレミアムは早く効果を出すために、溶けやすくする工夫がされています。 学校や職場で眠気がでると困るという方に向いています。 バファリンには他にも、バファリンルナj(ジェイ)、小児用バファリン、バファリンジュニア風邪薬、キッズバファリンシロップSなど、年齢や用途に合わせて、成分も様々な商品があります。 ・アセトアミノフェン ・アリルイソプロピルアセチル尿素 ・無水カフェイン パッケージにACE処方と表記されていますが、これはA アセトアミノフェン、C カフェイン、E エテンザミドの頭文字です。 この3種の成分を配合しているという意味です。 「IPA配合」の表記はこの成分のことです。 発疹などが起こったことがあり、ピリン系はダメだと医師にいわれている方は、この成分が入っているものを服用しないでください。 誤解が多いのは「ピリン系=アスピリン」という認識であり、これは間違いです。 1包の成分と量は、セデス・ハイの2錠(1回量)と同じです。 錠剤が苦手な方に向いているでしょう。 以下のロキソニンは、2015年現在においては薬剤師による対面販売が義務付けられています。 2015年から発売されています。 数ある市販の鎮痛薬のうち、数種類を例にとって説明しました。 同じような販売名でも成分や含有量が全く異なるもの、別名称でも成分が同じもの、他の成分が足されているものなどさまざまな違いがあります。 タレントやモデルを起用したテレビコマーシャル、商品が当たるキャンペーン、デザイン性の高いパッケージなど目を引くものが多いですが、ご自分の体や症状にあった薬を慎重に選んで服用して欲しいものです。 何を選んだら良いのか分からない時や、気になることがある時は遠慮せずに薬剤師、登録販売者に尋ねてください。

次の