とらね狸の皮算用。 ことわざ/捕らぬ狸の皮算用(とらぬたぬきのかわざんよう)とは?

とらぬ狸の皮算用

とらね狸の皮算用

スポンサードリンク 『取らぬ狸の皮算用』の意味 『取らぬ狸の皮算用』の意味は 狸(タヌキ)を捕まえないうちにその皮を売ったらどれだけ儲かるか計算すること。 不確実なものに期待して計画を立てることのたとえ といった意味のようです。 実際に得られていないものに対して得られたらこうなるだろう、どうなるだろう という計画や計算をすること といった意味になってくるみたいですね。 そういった期待ばっかりして妄想してその気になっている というのは無意味っぽいのでさっさと行動したほうがよさそうですね。 不確実な、ともあるので 実際の現実とかけ離れた計画 現実と計画のギャップが激しそうなので なんか行動に移す気持ちが沸かなそうです。 考えてる間はストレス解消にはなりそうですが。 なのでこの言葉は 理想を高く持ちすぎると行動に移しづらいですよ だから現実に近い計画、 楽勝な計画にしてさっさと行動しましょうね ということを言いたいのかもしれません。 耳が痛いですね。 スポンサードリンク 『取らぬ狸の皮算用』の例文、使い方 例文としては 「10億円当たったら隣のビルを乗っ取ってリフォームして、 海外よりまずは日本を制覇して・・、という取らぬ狸の皮算用をしていても 現実は変わらないので目の前の努力に集中しよう・・」 というような 「不確実なものに期待して計画を立てる」 の代わりのような使い方が良さそうです。 『取らぬ狸の皮算用』の反対語 『取らぬ狸の皮算用』の反対語、対義語となると 無謀でない計画 堅実で確実な計画 または 無理のない習慣化されているような行動 のような意味になってきそうですが。 ネットでは 『 瓢箪から駒』(ひょうたんからこま) 意外な所から意外な物が出ること。 ふざけて言ったことが実現することのたとえ 『 棚から牡丹餅』(たなからぼたもち) 思いがけない好運を得ること、労せずしてよいものを得ることのたとえ といったことわざが 『取らぬ狸の皮算用』の対義語、反対語になるのではないか。 とも言われていますが。 これらの言葉は 『取らぬ狸の皮算用』のような計画が 現実に起こってしまった。 という自分の力でなく運で実際にかなった という意味になってきそうですね。 『取らぬ狸の皮算用』はかなっていないわけですから 反対の意味として確かにそうなのかもしれません。 なので『取らぬ狸の皮算用』の対義語、反対語として有名で近い言葉は 『瓢箪から駒』 『棚から牡丹餅』 しっくりきそうな言葉だと 積極的に努力している、堅実で確実な計画 のような意味、イメージとなりそうです。 スポンサードリンク 『取らぬ狸の皮算用』の類義語 『計画』の慣用句 『計画』のことわざ 取らぬ狸の皮算用.

次の

【捕らぬ狸の皮算用】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

とらね狸の皮算用

胸算用の意味とは 「胸算用」は、頭や心の中で計算や見積もりを立ててしまう意味です。 胸の内で、利益や損失の計算を済ませてしまうという、大人なら誰もが行う自然の行為です。 胸算用の由来 諸説ありますが、江戸時代の井原西鶴の作品「浮世草子」には、商人などの生活を描いた「世間胸算用」という短編集があり、ここで「胸算用」が使われたとされています。 胸算用の文章・例文 例文1. 友人と競馬場に行き見事に大穴を当て、胸算用を黙ってしてしまった。 例文2. 胸算用では、今日だけで100万円の売上だ。 例文3. 友人と飲みに出掛けると、いつも胸算用をして損をしないように考えてしまう。 例文4. 店員があれこそ勧めてきたが、胸算用をしてお得なものを購入した。 例文5. 損得の胸算用の暗算だけは誰にも負けない早さがある。 お金についての損得計算を胸でする事なら、胸算用と使って問題がありません。

次の

英語のことわざ【とらぬ狸の皮算用】

とらね狸の皮算用

秋官長である朱衡、地官長である帷湍、そして禁軍左軍将軍成笙という豪華トリオだった。 公式な王の出迎えというのならばその豪華さもさほど目を剥くほどのものではなかっただろうが、あくまで陽子の訪問は非公式だ。 「いつになく仰々しい出迎えだな」 黒耀から下りて苦笑しながら陽子は三人に拱手された。 「申し訳ございません。 ・・・少々お時間をいただけないかと思いまして」 「三人とも同じ用件でか?」 帷湍と成笙も重々しく頷く。 「三人に揃われては断れぬだろう」 だいたい用件に察しはついた。 そろそろ来るころだろうと思っていたのだ。 陽子は慣れた様子で、玄英宮の中へ歩き出した。 堅苦しいことが嫌いな陽子のために、給仕は全て朱衡が全てしてしまう。 秋官官吏の首長でもあるというのにとても手馴れていた。 「私だけ座っているのも妙な気分がするから、三人にも座ってもらいたいな」 「いえ、このままで」 いい加減陽子の身分など全くお構いなしな態度にも慣れて貰いたいものだが、三官吏はあくまで王と官吏の立場を逸脱しない。 仕方ないな、と陽子もそれ以上強制しようとはしなかった。 「では、単刀直入にいこう」 言いたいことがあるならばどうぞ、と微笑を浮かべて陽子は促した。 三人はそれに互いに目配せした後、朱衡が頷き徐に切り出した。 「うちの主上とのことですが・・・」 ああ、やはりと陽子は内心で納得する。 「聡明なる陽子様が、如何してうちの主上などを選ばれたのかまさに十二国の最大の謎と申し上げても過ぎることは無いと存じ上げますが・・・」 同感、とばかりに成笙も帷湍も頷いている姿に陽子は苦笑する。 「うちの主上に手を出すのはやめてくれ、と言うのじゃないのか?」 「とんでも無い!・・・いえ、寧ろその台詞は金波宮の方々のものでしょう。 うちとしては是非ともそのまま陽子様に手綱をとっていただきたい思いで溢れかえっております」 「その程度で手綱をとらせてくれる人とは思えないが・・・」 素直なのか素直ではないのか。 本気なのか本気ではないのか。 未だに掴みかねている。 「陽子様ならば間違いありません。 ・・・しかしうちの主上などで本当に宜しいのですか?陽子様ならばもっとふさわしい方がいらっしゃるでしょうに。 不誠実といい加減の塊のような我が主上が、いつ陽子様の不興を買うかと夜も眠れぬ思いです」 そこまで言うか。 「恋に溺れるほど若くなく、愛に縋るほど純粋でもない。 お互いに・・・延王は、本気で私の怒りに触れるようなことはしないだろう。 したとしても、きっとそれは絶対に私に気づかせないようにするだろうし、それが延王の誠実だというのならば、私は否やを言うことは出来ない。 逆に私は延王を第一にするつもりも無いし、その犠牲が必要とあらばあっさりとこの手を離す。 私たちはその程度の関係だ。 ・・・だからお前たちが気に病むことは無い」 延王が隣国の女王に溺れることはない。 道を踏み外す真似はさせないと宣言する。 「陽子様」 「主上が、陽子様を第一に考えているならば如何されます?」 珍しい成笙の問いかけに、僅かに瞠目した。 陽子は顎に手をあて、考えた後・・・にこりと笑う。 「一発殴って目を覚ませと言う」 「「「・・・・・・。 ・・・・・・」」」 本気で陽子は実行に移しそうだった。 「それで駄目だったらもう一発殴る」 「陽子様の御手に煩わせるような真似は致しません!私が殴ります!」 帷湍が拳を握りしめる。 こちらも本気でやりそうだ。 この雁国・・・玄英宮ではたとえ王を虐げても不敬とは謗られず、逆に褒め称えられるだろう。 「何年生きても・・・男というのは愚かなものでございます」 興奮する帷湍を押し留めて朱衡はため息まじりに吐き出した。 その数日後、陽子は六太から延王が関係のあった女性の下をまわっていると聞いて怒鳴り込むのだった。

次の