トレン デレン ブルグ 歩行 原因。 「トレンデレンブルグ歩行」と「デュシャンヌ歩行」とは?その原因は?

トレンデレンブルグ徴候を改善するためのリハビリ治療

トレン デレン ブルグ 歩行 原因

目次はこちら• トレンデレンブルグ歩行とデュシャンヌ歩行 では教科書的な部分から。 トレンデレンブルグ歩行とは立脚側と反対側の骨盤が下制すること。 (厳密には前額面上だけでなく水平面上の回旋も起きています。 患側の股関節の内転と外旋)• デュシャンヌ歩行はトレンデレンブルグ歩行の状態から立脚側に体幹を傾けることです。 (これにより筋肉や靭帯の作用が少なく骨性の支持ができるため) 文献的には どちらも一般的には股関節の外転筋力の低下が原因。 と教科書にも書いてあります。 変形性股関節症に人によくみられる歩行の形。 でも実際はどうでしょう? 教科書通りのトレンデレンブルグ歩行で股関節の外転筋力トレーニングを継続しても・・・「あれ、変わらない。 」と感じている人は多いでのはないでしょうか? トレンデレンブルグ歩行と中臀筋弱化の関係 文献的にはトレンデレンブルグ歩行と中臀筋の弱化についてみてみましょう。 今わかっていることは• トレンデレンブルグ歩行陽性群と陰性群の中臀筋のトルク値に差はない• 中臀筋の立ち上がり時間の遅延がある• 萎縮に関しては大臀筋、中臀筋、小臀筋、腹直筋に萎縮率が高い(変形性股関節症の人)• 股関節内転筋は遠心性収縮がかかりトルク値が高い• 股関節内転角度が5度以下の場合は跛行が起こりやすい などなど。 臨床上で考えるとふむふむ。 といったかんじ。 だから文献的にも単純に「中臀筋弱化=トレンデレンブルグ歩行」ではないということ。 中臀筋のトレーニングだけしても大きく変わらないのは当たり前の話なのです。 中臀筋トレーニングがうまくできない2つの理由 それでも中臀筋が働くことは確かに重要(特にMMT3以下の人)股関節屈曲時に大腿骨を内旋方向に滑り込みしてくれる筋肉ですからね。 ではではそのトレーニングについて。 トレンデレンブルグ歩行が現れている人は股関節や骨盤のコントロールが苦手。 その状態で使ったこともない中臀筋を使おうとしても難しい。 まず中臀筋トレーニング自体が難しいということを理解しておきましょう。 健常人でもうまくできる人は少ないです。 理由は2つ。 1つ目支持基底面が狭い(側臥位のため) 側臥位自体が支持基底面が非常に狭いです。 そのため体幹を支える筋力が必要になります。 (特に回旋の力を止める筋力)股関節を外転させた時点で体がフラフラしている人はトレーニングの難易度を変えるか、基底面を増やすように工夫しましょう。 2つ目は代償することが容易 体幹が固定できていない時点で必ずどこかで代償を起こします。 手でベッドを思いっきり把持したり、骨盤の挙上で代償したり、体幹の側屈をさせたりします。 大切なことは中臀筋を的確にトレーニングすること。 代償動作で中臀筋トレーニングを100回やってもあまり効果はありません。 正しい中臀筋トレーニングの方法 1側臥位を安定させる(下の膝・股関節を屈曲、手を軽くベッドについてもらう) 2頸部の位置を安定させる(枕の位置の調整。 他にもトレンデレンブルグ歩行改善には中臀筋が働く反応速度を高めることが大切とも言われています。 ゆっくりとしたトレーニングだけでなく早めに筋を動かしたり、OKCだけでなく、CKCで行うようにするのもGoodです。 歩行中のトレンデレンブルグなのでCKCでの学習は効果的。 例えば股関節伸展位にしてみたり、内転位での収縮にしてみたり。 患者さんの状態に応じてトレーニングさせる部位や収縮や位置関係を変えてみよう! トレンデレンブルグ歩行に必要な中臀筋の要素 では少し詳しく。 トレンデレンブルグ歩行に必要な中臀筋で分かっていることは?• 荷重応答期の速筋繊維の活動低下• 求心性収縮でかつ股関節の伸展域での発揮が重要 がわかりやすいですね。 だから中臀筋を高速度でトレーニングをしたり、伸展域で小さく求心性収縮させてみたりすると効果的。 と言いたいところですが。 これも個別性があります。 人それぞれなので、評価して治療やトレーニングをした後に変化がどう出るかを常に捉えましょう! トレンデレンブルグ歩行の中臀筋以外の問題 まあこれがたくさんありますwこれが中臀筋だけ鍛えていてもトレンデレンブルグ歩行が改善しない大まかな理由です。 簡単に箇条書きしてみますね。 中臀筋以外のマッスルバランス不良(大臀筋、大腿筋膜張筋、外旋筋、腸腰筋など)• 脚長差• 体幹の筋力低下(腹横筋や多裂筋)• 体幹周囲の軟部組織の硬さ(腹直筋が硬くなりやすい)• 股関節のインナーマッスル筋力低下(腸腰筋・深層外旋六筋)• 股関節、腰椎、骨盤の可動域制限• 骨盤のマルアライメント(骨盤の位置によって使われる筋肉が変わる)• 腰椎の側屈• 脊柱全体の側弯• 足関節の可動域制限 などなど。 ん〜もうこれは個別性がありすぎて症例をみないとなんとも言えません。 ただ実際の文献においても「中臀筋トレーニングだけでは骨盤と体幹の側屈角度に変化は認められない。 (疼痛改善と筋力発揮には中臀筋トレーニングが有効)」というデータがあります。 ただ理解してほしいのは中臀筋以外にもたくさん要因があるから1つ1つ丁寧にみていこうねってことです。 — 吉田直紀〜理学療法士〜 kibou7777 骨頭の被覆率 股関節を評価する上では重要になります。 骨頭の被覆率が高い=安定=骨盤前傾• 骨頭の被覆率が低い=不安定(圧が集中)=骨盤後傾 こんな感じです。 機能解剖的に考えると臼蓋の後方は深く、前方は浅い。 だから前傾すると後方の深い部分が骨頭を覆い、後傾すると前方の浅い部分での股関節荷重になるわけです! もちろん骨頭の被覆率は高いほうがいいですが、骨盤前傾でロックされて動かないことも問題になります。 (臨床上は仙腸関節の硬さが問題になりやすい) トレンデレンブルグ歩行の原因を見つける評価 大前提をまず知って欲しいので書いておきます。 大腿骨と臼蓋との適合性が悪くなると痛みや可動域制限や筋力低下を引き起こします。 つまりこのボールアンドソケットの関係がよければトレンデレンブルグ歩行も改善すると考えてください。 (大まかに) 手順を追って1つ1つ丁寧にみていきましょう• 静的な骨盤や腰椎・股関節のアライメントを評価• 軟部組織の硬さ、アライメントを評価• 代償を減らしてMMTでさらに詳細に評価 実にシンプルにしました。 でもこれができないというとか、見逃してしまう人が多いです。 いきなり股関節の手技的なことやトレーニングをやるのはちょっと短絡的。 しっかりと原因を突き止めたらシンプルな運動療法を組んでみましょう。 トレンデレンブルグ歩行大まかにまとめると・・ ・局所の問題(中臀筋の弱化)か局所以外の問題か ・トレーニングの難易度や選択が正しいか ・先入観をなくしてい個別性をみて評価、治療を進める ですね。 いつも通りです。 考えて、繰り返し評価・治療を淡々と進めましょ。 股関節だけでなく.

次の

トレンデレンブルグ徴候を改善するためのリハビリ治療

トレン デレン ブルグ 歩行 原因

トレンデンブルグ歩行とデュシャンヌ歩行 股関節外転筋(中殿筋、小殿筋、大腿筋膜張筋)の機能低下がある場合(または大腿筋膜張筋を介して腸脛靭帯の聴張力が低下する場合)、歩行時に骨盤の前額面上でのコントロールが不十分になり、いわゆるトレンデンブルグ歩行が出現します。 トレンデンブルグ歩行は、 ・股関節外転筋の機能低下によるもの ・歩行時の立脚中期において、遊脚側に骨盤が下制する ことを言います。 患側、健側の視点から説明すると、患側立脚期で健側(遊脚側)の骨盤が患側より下制する現象です。 一方、デュシェンヌ歩行は立脚期において骨盤(体幹)を立脚側に大きく傾けることが特徴です。 患側、健側の視点から説明すると、患側立脚期で健側(遊脚側)の骨盤が患側より下制するのを防ぐために体幹を患側に傾ける(代償的に)現象です。 これは、歩行時における疼痛を軽減させるために行う代償動作と考えられています。 骨盤(体幹)を立脚側に大きく傾けることで、股関節は相対的に外転位をとりますが、これにより股関節の安定性を向上させる働きがあるとされています。 スポンサードサーチ 股関節内転制限がデュシャンヌ歩行の原因となる理由 股関節内転制限がある場合、骨盤が外側に移動できない状態となります。 骨盤が外側に移動できないことに対して、体幹の側屈を用いることでバランスをとるような反応になっていると考えられます。 その理由として、 立位では外転筋の遠心性収縮の強要とともに筋内圧が高まり、背臥位で測定した内転角度以下になる可能性が考えられる。 とあります。 股関節疾患において内転制限が見られる理由 変形性股関節症に対するTHAの場合は,骨頭を引き下げることによる外側軟部組織の緊張増大,手術侵襲による筋スパズムおよび術創部の伸張刺激,皮下の滑走性低下などが考えられる。 一方,大腿骨近位部骨折の場合は,変股症とは異なり筋の変性はないため,基本的には術後の筋攣縮が考えられる。

次の

トレンデレンブルグ徴候

トレン デレン ブルグ 歩行 原因

下の図は動画の切り抜きです。 トレンデレンブルグ徴候が出現しているのは左下肢の立脚期ですね。 ということは、 左股関節のないしは小殿筋に麻痺または筋力低下が認められるのが推測できます。 服のしわにも注目して欲しいです。 両脚支持のときは均等にしわが入っています(下右図)。 トレンデレンブルグ徴候が出現するとそちら側にしわが寄っていますね(下左図)。 なぜこんな姿勢になるの? 原因は 中殿筋や小殿筋などの股関節外転筋群の麻痺や筋力低下です。 ここでまず、トレンデレンブルグ徴候が出現している場合の片脚立位と健常の場合の片脚立位を比較してみましょう。 骨盤の傾きが逆ですね。 健常の片脚立位では骨盤は若干片脚側に落ちます。 この図に小殿筋・中殿筋を書き加えてみましょう。 左側の図では小殿筋・中殿筋が弱ってしまい、伸びちゃってますね。 一方、右の図では小殿筋・中殿筋が 等尺性の収縮をしており骨盤の傾きが抑えられています。 ここで「等尺収縮をしている」と書いていますが、片脚立位時の中殿筋の作用は「等尺収縮」が主ですが、歩行時には「遠心性収縮」をします。 ここについては後述します。 そう!大事なのはどれだけ早く中殿筋の最大筋力を発揮できるか。 つまり、「 スピード・瞬発力」が大切なんだ! 鍛えるべきは中殿筋の筋線維と筋紡錘 中殿筋をむやみに鍛えてもあまり 意味はありません。 筋トレは意識して行いますよね。 でも歩行時に筋力を使うときに意識して中殿筋を使いますか? 答えは「 No」です。 歩行では 無意識に中殿筋の筋力を使っています。 無意識ということは、随意性の制御ではないということです。 中殿筋の筋力を無意識に歩行に使用するには、きちんと それに対する訓練が必要になります。 「 それ」とは・・・? 先ほども言いましたが、 中殿筋の働くスピードを鍛えるのです。 筋の伸張の程度や伸張速度(固有感覚)を感知する受容器を覚えていますか? 筋紡錘でしたね。 小殿筋や中殿筋の筋力を強くする他に、筋の中にある受容器(筋紡錘)も鍛えていきましょう。 遠心性収縮の方が効果的である トレンデレンブルグ徴候やデュシェンヌ徴候を生じた際に中殿筋や小殿筋の筋力を強化するときは 遠心収縮が効果的です。 その理由を2つ述べます。 速筋繊維からなる運動単位が賦活されやすい。 イタリアの研究グループによると、伸張性(遠心性)にて筋力を発揮をしているときには、 速筋線維からできている大きな運動単位が使われることが示されました。 歩行時の中殿筋の収縮様式は遠心性である。 健常者の歩行へLoading ResponseからMid Stannceまでの中殿筋の収縮様式は、 遠心性収縮です。 遠心性の制御ができないとトレンデレンブルグ徴候やデュシェンヌ徴候は改善されません。 股関節内転筋力にも着目しよう! 中殿筋の拮抗筋である 股関節内転筋の筋力や歩行中の筋緊張も評価しておきましょう。 中殿筋の筋力低下を股関節内転筋が代償したり、以下の文献のように 股関節内転筋の相対的な活動量の増加によりトレンデレンブルグ徴候を呈する場合もあります。 外内転中間位での内転筋力が外転筋力に勝り,内転筋の加速能が外転筋に勝ると,片脚起立での股関節の安定性を損なう内転筋の回転分力が外転筋の回転分力に勝り,その結果T徴候が出現することが理解できる.したがって,T徴候の出現が外転筋力低下だけでなく,外内転筋の同時収縮能の不均衡でも引き起こされることを同様に理解する必要がある。 引用: 『T徴候』とは「トレンデレンブルグ徴候」のことです。 おわりに 今回はトレンデレンブルグ徴候とデュシェンヌ徴候について紹介させて頂きました。 リハビリの方法については今回の記事に載せた以外にも多くあります。 今回の記事でトレンデレンブルグ徴候やデュシェンヌ徴候についての概要を少しでも理解して頂ければ幸いです。 最後まで読んで頂きありがとうございます。 お疲れさまでした。

次の