メルカリ コメント の 消し方。 メルカリで出品者の値下げの方法&断り方や対処法、返信コメント例 [メルカリの使い方] All About

メルカリで出品者の値下げの方法&断り方や対処法、返信コメント例 [メルカリの使い方] All About

メルカリ コメント の 消し方

対応は4種類 まず最初に、対応として可能なことを整理しておきます。 メルカリの商品ページにつくコメントに対してできることは次の5種類に分けられます。 ですから、ついたコメントに応じて、このいずれかの対応をすることになります。 コメントを返す• 無視する• 消去する• 報告する• 再出品する コメントを返す コメント欄の下にある「全てのコメントを見る」ボタンをタップすると、自分のコメントが書き込めるようになります。 でもこの仕様、ちょっとわかりにくいですよね。 「コメントを書き込む」とか「返信する」ならわかりやすいと思うんですが…。 無視する コメントを返さず放置すれば、同じコメント主から再度コメントがつくことはまずありません。 無視は拒否、というコンセンサスが成立していると思います。 消去する 自分の商品ページなら、ついたコメントを自由に消去できます。 しかし、 消去した跡が残ります。 それ以前の問題として、やり方がわかりにくいので、最後に詳述します。 報告する 嫌がらせのコメントなどは、事務局に報告できます。 やり方は消去と同じですので、このエントリの最後を見てください。 再出品する 跡を残さずコメントを完全消去するには再出品しかありません。 もちろん、いいねや閲覧数もリセットされます。 値下げコメントを分類する 値下げコメントは以下のように分類することができます。 この分類に沿って対処を考えます。 好印象〜普通のコメント• 悪印象なコメント• コミュニケーション的に悪印象なコメント• 商売的に悪印象なコメント 好印象〜普通のコメント 言葉づかいや態度に問題がなく、要求する値下げ額も許容範囲であるコメントです。 丁寧なコメント主だと「コメント失礼します」という前置きから入って「ご検討ください」で締めたりしますが、「800円になりませんか?」みたいに用件だけのコメントでも私は気になりません。 もちろん丁寧なコメントの方が気持ちはいいですから、こちらもそれに合わせた言葉づかいで応じようという気になります。 私は値下げ額の許容範囲を予め決めていて、「値引き不可」と明記していない場合は、1割引きくらいまでは検討するつもりで値付けしています。 コミュニケーション的に悪印象なコメント 言葉づかいや態度に問題があるコメントです。 実際に私の商品についたコメントでは以下のようなものがありました。 amazonより高い 前置きもなく、そう書き捨てられていました。 高いと思えば買わなければいいだけだと思うんですが…。 暗に値下げを要求しているのか、単なる不快感の表明なのか、よくわかりません。 しかも、このコメントがついたのは1,000円未満の本。 取引の評価もそうですが、私の場合、値段3桁の低額商品のほうが感じ方考え方のかけ離れた人と出会う確率が高い気がします。 同じ物を〇〇円で買ったことがある だから〇〇円で売ってください、と続きます。 このコメントがついたのは値段4桁で出していた本以外の商品です。 上の「amazonより高い」もそうですが、他所の値段と比べる物言い自体に大きな違和感があります。 コメント主が値段を比較できるということは、売り手である私にもできるということです。 ですから当然、相場をわかったうえであえてその売値にしているということです。 それを承知の上かどうかわかりませんが、ちょっと人を馬鹿にした物言いじゃないでしょうか。 しつこく何度も値下げを要求 値下げコメントを返信で丁寧に断ったにもかかわらず、最初より少しだけ高い金額で再度交渉されたことがあります。 市場の対面販売でよく見る、最初は大きく値切って、段々と現実的な落とし所を探っていくあのやり方です。 顔が見えず、コミュニケーションの方法がコメント欄しかないメルカリでそれをやるのはトラブルのもとだと思います。 商売的に悪印象なコメント 要求する値下げ額が許容範囲を超えているコメントです。 実際に私の商品についたコメントでは以下のようなものがありました。 半値以下の金額を提示 物の値段が半値以下になるのって、デフレの世の中でもめったにないことですよね。 なんでも最低金額を提示 3百数十円で出品している本を300円に値切るコメントが何度かありました。 メルカリは売値を300円以下に設定できませんから、つまり最低金額です。 300円だと送料などを引くと利益は95円です。 足元を見られている気がして、がっかりした記憶があります。 値下げ不可の但し書きを無視 商品の中には気持ち的にどうしても値引きしたくないものもあります。 そういうものには「値引きはできません」と明記しています。 にもかかわらず値下げコメントをつけられると、態度金額にかかわらず良い印象が持てません。 こちらの説明をよく読まなかったり無視したりする確率が高い相手だと見てしまいますから、取引にも慎重になってしまいます。 好印象〜普通のコメントへの対応 「コメントありがとうございます」と前置きして、なるべく丁寧に返答するようにしています。 「値引き不可」と明記していない商品の場合、1割引前後の提案なら受け入れています。 2割3割引以上を要求された場合は、1割引を逆提案します。 ただ、それで取引が成立するかどうかは半々です。 悪印象なコメントへの対応 コミュニケーション的に悪印象なコメントへの対応 基本的に放置(無視)します。 コメントは消去しません。 コメントを消去してしまうと、前述しましたが「コメントが消去されました」という表示が残ります。 それだと第三者に邪推される余地が残ってしまうからです。 コメントを残しておけば、私と同じ感覚の人なら同情してくれるでしょうし、逆に放置する私を狭量だと感じる人なら、私と取引をしようとは思わないでしょう。 そのほうが消去理由を変に想像されるよりいいと思います。 不快感が強い場合は、コメント主をブロックします。 そうすれば相手は私の商品が見られなくなります。 もちろんコメントもできなくなります(最初のコメントは残ります)。 コメントを残しておくのが嫌な場合は、再アップします。 そうすることで、コメントをキレイに消すのと同時に、表示順序を上げて売れる確率を増すことができます。 また値段の見直しもできます。 商売的に悪印象なコメント コメントを消去することが多いです。 放置しておくと、第三者に「値下げ交渉継続中」の印象を与える恐れがあるからです。 コメントの消し方 「全てのコメントを見る」ボタンをタップします。

次の

メルカリのコメント機能の使い方!返信や削除方法も詳しく解説

メルカリ コメント の 消し方

メルカリ購入者から値下げや質問コメントを削除してもらいたいと言われ、疑問に感じるものの無視してしまう出品者もいますが、依頼されたら削除するのがオススメ。 コメント削除依頼の理由や、知らない方のために削除方法も合わせて紹介していきます。 コメント削除依頼理由は? 購入者から削除依頼が来る理由の1番は、余計な通知が来て邪魔だからです。 コメントを一度してしまうと、他の購入者が質問した場合にも通知が来てしまいます。 値下げ不可と書かれていない需要の高いミルクやオムツなどの子供用品や、単品販売の希望者が多い人気化粧品のまとめ売り。 配送料を事前に聞くことの多い送料別の商品や、オーダー方式のハンドメイドページなど、コメントのやり取りが多い商品だと通知の件数が増え、大事な通知を探し出すのが大変になってしまいます。 そのため、コメントやり取りが少ない商品であっても、対策としてコメント削除を依頼する人がいるというわけなのです。 他には、商品説明欄に記載ある内容を重複して聞いてしまい悪いと感じ削除依頼を望む方などいますが、依頼した本人にしか分からない事情もあると思います。 消すのも消さないのも出品者次第ですが、値下げ交渉の場合は出品者にとってもメリットになる場合があるので、依頼が来たら消す方式ではなく、やり取りが終わったら消していくのがオススメ。 ただし、依頼がないのに早く消してしまうと、「私と取引したくないのかな?」「失礼だったかな?」と誤解を与えてしまうので、個人的には1日経過削除がオススメですよ。 相手の自己都合だから消す必要ないと思ってしまう方もいるかもしれませんが、販売者としてのサービスの一つと捉え、消去依頼を受けた時には消してあげましょう。

次の

【メルカリ】値下げコメントへの対処法

メルカリ コメント の 消し方

どうも、近藤です。 いざ、コメント機能を使おうとしても• コメントってどうやって送るの?• 商品に対して質問がきたけど、どうやってコメントを返信すればいいの?• コメントを削除するにはどうすればいいの? このような悩みを持つ初心者さんは多いと思います。 無理もありませんね。 僕も最初は分からなかったです。 しかもパソコンでやったのが悪かったのかなぜか送信しても反映されず3回も同じコメント送ってしまったことがあります。 (アプリでは3つも反映されていました・・・。 笑) そんな僕でも今では、しっかりとコメント送ったり返信をしたり、値引き交渉などもガンガンやっています。 ではでは。 今回は、値引き交渉や質問をするときに便利な 「メルカリのコメント機能の使い方・返信方法・削除方法」を中心に解説していこうと思います。

次の