プリチャン だい あ フェス。 キラッとプリ☆チャンで『フェス』が話題に!

キラッとプリ☆チャン【64話感想】「だいあフェス! いよいよカラッとはじまるんだもん!」

プリチャン だい あ フェス

2020年5月28日 平素はタカラトミーアーツ商品をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。 今後とも弊社製品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。 2020年5月10日• 順次アップデートを実施し、対応が完了した筐体はタイトル画面左下のバージョン番号が 「13. 00」になります。 アップデートの日にちはそれぞれのゲーム機の通信状況によって異なりますので、あらかじめご了承頂きますようお願い申し上げます。 2020年3月26日 プリたまシリーズ「ジュエルパワー」「ジュエルチャンス」に関するお知らせ プリたま1弾稼動に伴うシステム変更のため、4月2日(木)から「ジュエルパワー」や「ジュエルチャンス」はなくなります。 皆様にはご理解賜りますようお願い申し上げます。 2020年3月19日 プリたまシリーズ「キラッCHUポイント」「なかよしポイント」に関するお知らせ• ・4月2日(木)から稼動予定のプリたま1弾以降、キラッCHUポイントは無くなります。 ・4月2日(木)から稼動予定のプリたま1弾以降、なかよしポイントは無くなります。 変更に伴いなる&あいらのやってみた「100%ピュアピュアアロー」「フレッシュフルーツバスケット」はデフォルト解放となります。 また、なかよしポイントを集めることで入手できたマイキャラパーツやパシャっとアイテムは今後別の場所で入手できるようになる予定です。 2020年3月19日• 2020年3月12日 <お客様へのお願い>• ・一部のゲーム内イベントについては、システムの都合上期間の延長ができません。 詳しくは対象のイベントをご確認ください。 ・対象イベントにて入手可能のコーデについては、今後対応を検討致します。 ・トロフィーコンプリートで入手可能な会員証につきましても、今後対応を検討致します。 皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。 2020年3月3日 モーリーファンタジー・PALOが3月2日(月)~3月15日(日)の期間を休業されるとの発表がございましたが、現在筐体で開催中の「フェアリーブルーコーデゲットキャンペーン!」は、システムの都合上、予定通り3月8日(日)までで終了となります。 皆様にはご理解賜りますようお願い申し上げます。 2019年9月27日• 2019年5月10日• 正しくは「SR(スーパーレア)となります。 お詫びして訂正致します。

次の

だいあフェス~シューズスペシャル~

プリチャン だい あ フェス

詳細は開催店舗を後日ご確認ください。 詳細は決まり次第発表します。 開催店舗 実施店舗はこちら <北海道・東北>• <関東>• <中部>• <近畿>• <中国>• <四国>• <九州>• 詳細は開催店舗を後日ご確認ください。 参加にあたってのお願いと諸注意• ・今後(時期未定)、全国のゲーム機で「だいあフェス ~シューズスペシャル~」がプレイできる限定チャンネルの開催を予定しています。 詳細は決まり次第発表します。 ・イベントを安全に実施するため、スタッフの誘導や指示に従っていただきますよう、ご協力よろしくお願いします。 ・1回の開催にあたり、お一人様1回限りの参加申込となります。 ・抽選券のご本人様以外への譲渡は禁止です。 ・参加定員を超える場合は抽選とさせていただきます。 イベント当日、参加資格の方に抽選券を1枚お渡しさせていただきます。 ・抽選で当選したご本人のみがイベント大会に参加できます。 ・年齢制限がある場合、年齢確認のため、年齢の分かる身分証明書をご提示いただく場合がございます。 ・ルール違反や禁止行為が発覚した場合は運営スタッフの指示により、失格となる場合がございます。 運営スタッフのジャッジが絶対となります。 必ず運営スタッフの指示に従っていただきますようお願いいたします。 ・ゲームの開始から終了まで、ご本人様以外の方がプレイ、またはサポートを行うことはルール違反とさせていただきます。 ・大会で使用するキラチケなどは、ご自身がプレイする前までにあらかじめ準備をし、プレイするご本人がお持ち下さい。 ・キラチケを持っていなくても参加できますが、プレイに関する方法はお答えしかねます。 ・安全上の理由等により、イベントの運営が困難となった場合、イベントを中止とさせていただく場合がございます。 その場合、中止と判断した時点で景品の配布を終了いたします。 予めご了承ください。 ・諸般の事情により、予告なくイベント内容が変更となる場合がございます。

次の

だいあフェス~シューズスペシャル~

プリチャン だい あ フェス

そして、3回目となる今回。 ジュエルアイドルになっている者だけに参加資格があるため、今回もえも&あんな様はお預け。 えもあんのエピソード、引っ張りますねえ。 すず、さらを超えたい 告知を聴いて、すずはいつも以上の気迫。 すず「前から思っていたんだ。 さら先輩とすず、どっちがかっこいいって」 かっこいいを志すすずにとっては、「メルティックスター」のさらは最大のライバルです。 まりあは、 すずを可愛いと言いつつ、すずの気持ちも尊重し心から応援します。 まりあ「まりあ、すずちゃんならさらちゃんを超えられるって信じてます」 すず「負けられない。 絶対に」 今週のあんえも 一方、「メルティックスター」。 あんな「口を動かさずに体を動かす。 ダンスの前のストレッチは大事だと、何度も言っているでしょう」 める「えぇ~、だってぇ」 あんな「お口チャック!」 どこか抜けているめるめるを前に、あんな様は 「グループ戦なら新曲で絶対にわたくしたちが勝ちますのに」とこぼします。 言いつつも、落ち着きのないめるめるを指導し、さら・めるめるのために応援とサポートをすることに。 だいあフェスは個人戦なので、さら・めるめるもそれぞれソロでの出場です。 「ミラクルキラッツ」も みらい「今回もがんばろうね、りんかちゃん」 りんか「ええ。 今度こそ優勝したいわ」 と気合十分。 チアもやっているえもは、2人の応援です。 と、そこへあんな様。 飛行船で空から登場。 あんな「そんな前時代的でアナログな応援、な~んの力にもなりませんわ」 えも「げっ」 あんな「時代はデジタル! デジタルイズパワー! わたくし自身がデジタルになって、めるとさらを優勝に導くのですわ」 と、モニターをかぶるあんな様。 前回は活躍したけど、今回はギャグ担当ですね。 りんか「あんなちゃん……それデジタルって言わなry」 えも「負けるもんか! あたしの応援こそナンバーワン!!」 応援勝負をはじめるえもあん。 今日も仲がいいですね。 結婚式はいつry。 呆れるりんかと、慣れっこでまったく動じないみらい・める・さら。 騒がしいいつもの光景を見つめる、すず・まりあ。 すずにとっての壁 まりあ「すずちゃん。 最高にかわいい私たちのかわいいを、全身かわいいでかわいいしましょうね」 すず「う、うん」 つまり、頑張ろうということ。 すず、すっかりまりあの言いたいことも理解できるように。 そんなすずは、ますますさらを意識します。 誰にでも優しく、紳士的で、人助けもクールにこなす、いつもかっこいいさら。 すず(すずの前に立ちはだかる、大きな壁) すず(まるでその姿は、かっこいいが服を着ているようなもの) さらのかっこいいをみんなが求める。 つまり、 かっこいいは世界を救う。 まりあのようなことを考え出すすず。 すずはまりあの手を取って、宣言します。 すず「見ててまりあ。 まりあちゃん、完全に良き妻ですね。 張り合うすず こうして、はじまる第3回だいあフェス。 アンジュさんはOPライブ担当で、本選には出ません。 アンジュさんは強すぎますし、かといってここで倒させるわけにもいかないので、妥当なポジションですね。 今回はさら・すず回なので、みらい・りんかのライブはカット。 ラストはさらに決まります。 さら「トリだなんて、責任重大だね」 さらの方は、とくにすずを意識してはいない様子。 さらにとって大切なのは「メルティックスター」ですからね。 画像引用元:Copyright c TV TOKYO Corporation All rights reserved. すずは闘志を燃やし、今まで以上にかっこいいステージを披露しました。 さらも、すずのステージに満足げ。 まりあ「すずちゃん! とってもとってもかわいかったですよ~」 すず「ありがとうまりあ」 一番に声をかけるのは嫁の役目ですね。 そして、ラストはさらのターン。 勝ったのは さら「みんな! ぼくのロックを楽しんでくれるかい?」 観客「きゃーーー!!」 さらのクールなライブに、会場は大盛り上がり。 すず(なんて強烈なライブなんだ。 さら先輩……あなたは、最高にかっこいい) あんな「完璧でしたわ、さら」 えも「い、今まで一番えもい……」 さら「ありがとう。 みんなが楽しんでくれたなら、それ以上の喜びはないよ!」 と、爽やかな笑顔。 これは強い! もちろん結果は、 さらの勝利。 優勝賞品のワンピースをゲットします。 みらい「おめでとう、さらちゃん」 める「コングラチュレーションさらら! 今度貸して」 盛り上がるなか、すずだけはみんなから離れ、1人壁に拳をたたきつけていました。 すずを想うまりあ すず「くそっ! くそっ!!」 全力を出したのに、負けた。 しかも、さらの方はすずを意識せず、ファンのために歌って勝利したのです。 完全な敗北です。 しかし、そこへまりあちゃん。 まりあ「すずちゃん……」 まりあ「かっこ悪くなんかありませんよ。 すずちゃんは、と~~っても、かわいかったです」 そんなすずを安心させるように、微笑むまりあ。 それでも、「かっこいい」ではなく「かわいい」と言うところがまりあですね。 すず「……ッ! どうして!! すずは負けたんだよ!!」 まりあ「ううん。 すずちゃんはあこがれの人を超えるために、挑戦したんですよ。 その勇気は……とっても、と~~~~~っても、かわいいです!!」 そういうまりあの目にも、涙。 こらえきれず、涙をボロボロとこぼすすずの手を、まりあが握ります。 まりあ「すずちゃん」 すず「!」 まりあ「負けたら、悔しいです。 でも、悔しさはいずれかわいくなります。 悔しさは、前に進むための力になるんです。 まりあも頑張りますから、また一緒にがんばりましょう」 まりあ「もっともっと、かわいくなるために」 涙を浮かべつつも、すずのために笑うまりあ。 ついに、すずは声を出して泣き出し、まりあに抱き着きました。 画像引用元:Copyright c TV TOKYO Corporation All rights reserved. すず「ごめんねまりあ! すず、がんばる!」 すず「今よりももっと、もっとかっこよくなるから!!」 まりあ「はい。 それでこそすずちゃんです」 そして、そんな2人を壁の裏側から 見守っているなる店長でした。 ミルキーレインボー その後、だいあは新ブランド 「ミルキーレインボー」を告知。 だいあのブランドは、つまり虹ノ咲さんのブランド。 これまでのフェスで配っていたのは、虹ノ咲さんのドレスだったのです。 えも「超えもいブランドじゃん」 あんな「あなたには似合いませんわ」 画像引用元:Copyright c TV TOKYO Corporation All rights reserved. 盛り上がるみんな。 それを見つめる虹ノ咲さんと、虹ノ咲さんを遠くから見守るアンジュさん。 アンジュ「これからが楽しみなブランドね」 というわけで、すずがまた一歩成長する回でした。 まりあはすずのために、 自分も涙を流しているのに笑うところが凄いです。 まりあはあくまで「かわいい」だけど、ちゃんと すずの「かっこいいを目指す気持ち」を認めて、心から応援し、喜び、悲しんでいる。 それをそっと見守るなる店長もえもかったです。 すずを抱きしめるときに、 そっと腰のあたりを抱いているところとかも、えもいです。 まりあちゃんの母性は凄すぎる。 あと、今週もあんえもがイチャついてましたね。

次の