アイフォン ストレージ。 Icloudのダウングレードできない

iPhoneストレージとは?iCloudストレージとは?

アイフォン ストレージ

iPhoneのストレージ空き容量はゼロでしたのでSafariの一時キャッシュをクリアにしてみて空き容量を200MB以上増やした。 写真や動画も削除済み、無用なアプリをアンインストール済みにも関わらず、ストレージは何故かいっぱいの状態。 USBケーブルでPCにiPhoneをつなげても、認識しませんでした。 (昨日までは問題なくつながっていた)。 iTunesをアンインストールしてWindows PCにiPhoneをつなげても、認識しませんでした。 最新バージョンのiTunesをインストールしなおしてもiPhoneは認識しませんでした。 こんな時は再起動すれば直るかなと思い、電源を落として付け直したら起動しなくなりました。 最新のiTunesをPCにダウンロード• 問題のiPhoneをUSBケーブルでつなげる• iPhoneのホームボタンと電源ボタンを両方長押し、アップルロゴの画面が切り替わるまで押し続ける• iTunesの画面でアップデート(更新)もしくは復元を選択 更新の場合はデータ(写真や動画等)を残した状態でiOSをアップグレードする 復元の場合はバックアップからiPhoneを復元できる。 更新を押したら、十数分後に更新失敗のメッセージが表示。 復元の選択肢しか残されません。 バックアップが無いので、復元を押したら工場出荷状態に戻り、iOSバージョンがアップデートされました。 恐ろしい。 復旧は出来たのですが、設定を最初からやり直さないといけないのは痛いです。 予防策 iCloudでバックアップを作成しておく等、事前にデータのバックアップが必要だった模様。 iTunesを使ってPCにバックアップを作成することが可能ですが、バックアップの為の容量を確保しないといけません。 使い方の問題? 私も同僚も、iPhoneはメールと電話と写真とビジネスアプリを使うぐらいで、そんなにヘビーな使い方をしていません。 違いといえば、同僚のほうが写真を多く撮っているくらいです。 そうなると容量を多く使うと問題が発生しやすくなるのかもしれません。 本当の原因はわからないのでどうしようもないですが、これを機にこまめにバックアップを取ることにしました。 あと、 ストレージの空き容量が足りない時は、絶対電源をオフにしないで空き領域を確保するようにします。 CATEGORY カテゴリ 📂:外資系企業の転職,英語,面接,働き方 📂:北海道,屋久島• :嵐山,祇園,大原,紅葉ライトアップ• :ひらパー,アベノハルカス,海洋水族館• :千手観音,桜お花見,小鹿• :山梨,静岡,山中湖,河口湖,朝霧高原• :穂高岳,乗鞍岳,車山高原,上高地• :箱根ロープウェイ,芦ノ湖海賊船,箱根神社,箱根の展望台• :伊東,下田,中伊豆• お台場,高尾山,奥多摩,江ノ島,横浜 📂:スペイン,インド,台湾. 飛行機対策• :ニューヨーク,グランドキャニオン,カナダ・ナイアガラの滝• :シドニー観光,ブルーマウンテン• :マリーナベイサンズホテル,チャンギ空港 📂:胃痛,風邪予防,食,メンタル 📂:英語,育て方,旅行 📂:エンジニアの苦悩,効率化,Windowsのトラブル対応• :アクセス数,アドセンス,HTML・CSS• :サンプルコード等々• :SQL Server, Oracle関連• :Android,iPhone,ポケモンGO 📂:海外ドラマ・映画のレビューと感想 📂:海外のレンタカー,試乗レポート,軽自動車,等々 📂:新築一戸建て 申し込みから購入・引渡しまで色々あったこと PROFILE プロフィール.

次の

iPhoneストレージの「その他」とは|確認・削除方法を解説

アイフォン ストレージ

iPhoneのストレージ容量は大容量化が進んでは64GB、256GB、512GBから、・なら128GBモデルも選ぶことができます。 iPhoneの容量が多いと動画や音楽をたくさんダウンロードできるので余裕を持って使えますが端末価格が高くなってしまいますよね。 でも、どんな用途で使うかしっかり把握することで容量の多いiPhoneを買う必要はなくなります。 この記事では、 iPhoneのストレージ容量はどれを選ぶのがいいのかか紹介しています。 自分がiPhoneをどんなことに使うか考えて最適な容量のiPhoneを手に入れたいもの。 iPhoneの容量で悩んでいる方は参考にしてください! 最新のiPhoneの比較はこちらをどうぞ!• おすすめは128GBモデルです。 iPhoneの容量の選び方• 32GB:電話、インターネット、SNS、YouTubeがメインなら十分な容量。 安くiPhoneを買いたいならおすすめ。 64GB:普通の人は十分足りる容量で動画データをダウンロードしてオフラインで楽しめる。 ただし、写真・動画を撮影するならiCloud有料プランに加入した方がいい。 128GB:とりあえずiPhone買うなら128GBモデルがおすすめ。 ゲーム、写真動画もたくさん撮ることができる容量。 64GBとの価格差も少ないので予算に余裕があるならおすすめ。 256GB:iCloud有料プランを使わず写真・動画をたくさん撮影するならおすすめ• 512GB:超ヘビーユーザー向け。 4K60fpsの動画撮影をする。 iPhone 8以降のモデルは64GBの容量があるので基本的にストレージ容量が足りなくなることはなくなりました。 最新の、などは64GBの容量があります。 むしろiCloudの有料プランと組み合わせるなら64GBモデルあればなんとかなります。 写真や動画などのデータを自動的にクラウドにアップロードしてiPhoneには元データを残さずストレージ容量を少なくしてくれます。 、のストレージ容量は32GBと128GBです。 今の時代は32GBの容量だと動画や音楽をダウンロードすると厳しいので可能なら 64GB以上の容量を選ぶのがおすすめです。 なお、iPhoneはAndroidスマホのようにmicroSDカードを入れてストレージ容量を増やせません。 iPhoneを買うときに未来を予想して必要なストレージ容量を導き出す必要があるのです。 ストレージ容量が不足すると…• 写真や動画撮影できなくなる• 新しいアプリをインストールできなくなる• iOSのアップデートができなくなる• iPhoneの動作が不安定になる iOSには一時的に使ったデータをストレージにキャッシュしておくことでアプリの起動を速くする機能が搭載されています。 ストレージ容量に余裕がなくなると キャッシュ機能を有効に活用することができず動作速度が遅くなってしまうことがあります。 例えば、メインで使っているは64GBモデルですがシステム・その他で13GBほど使っています。 その他というデータファイルは常に変動しています。 使う人の環境に合わせてデータをキャッシュして動作を安定化しているのですが、ストレージ容量が不足すると動作が不安定になってしまい快適にiPhoneを使えなくなってしまうのです。 この容量はモデルによっても異なりますが、システムで10GBほどの容量を消費するとみていいでしょう。 使用データ量の目安・必要な容量 普通にiPhoneを使っていると写真を撮ったり、動画を撮影したり、アプリをダウンロードしたり、映画を見たりします。 では、どれくらい使用データ量が必要になるのでしょうか。 写真の保存データ量 iPhoneは他のスマホよりも画素数の少ないカメラなので、 1枚あたりの写真のデータ量は1MB〜4MBとなっています。 風景写真だと容量が4MBと多くなってしまいますが、人物撮影なら2MB以内に収めることができます。 左:風景写真、右:人物写真 基本的に何を撮影するかで使用容量はかなり異なってきますが、平均して1枚あたり2MBの保存容量になったときに保存できる枚数を割り出してみました。 保存できる写真の枚数• 32GB(20GBとして):10,000枚• 64GB(実際の使用量を50GBとして):32,000枚• 128GB(110GBとして):55,000枚• 256GB(230GBとして):115,000枚• 512GB(490GBとして):245,000枚 実際に使用できる容量は少なくなるのでそれも考慮して計算しています。 ちなみに、僕がiPhoneを買ってから撮り溜めてきた写真は7年間で10 ,000枚ほどになっているので、長く使えば使うほど写真の量は増えていくのかなと思います。 動画撮影のデータ量(1分)• 映画のダウンロード保存量 AmazonプライムビデオやNetflixで映画を楽しんでいる方も多いかと思いますが、これらのストリーミングサービスは iPhoneに映画をダウンロードして外でも電波を使わずに観ることもできます。 映画を1本まるまるダウンロードするとどれくらいの容量が必要になるのかAmazonプライムビデオで2時間ほどの上映時間のあるスパイダーマンをダウンロードして確認してみたところ、460MBとなっていました。 意外と少ないんですね。 映画を5本ほどダウンロードしておいたとしても2GB〜5GBほどの容量でOKということになります。 64GBの容量がおすすめの人• できるだけ安く最新のiPhoneが欲しい• たまに写真や動画を撮る程度• iCloudの有料プランに加入している 僕自身も以前はを使ってましたが22GBほどしか使ってなかったのでiPhone XS Maxは64GBの容量のモデルにしました。 1年経った今も30GBも使用していないので全く問題ありません。 最新のiPhoneの最小ストレージ容量は64GBからとなっているので、少しでも安く最新モデルが欲しい方は64GBモデルを選べばいいでしょう。 とくに、は64GBの上の容量は256GBと価格が高くなってしまうので64GBモデルにしてiCloud Driveを上手く使ってローカルストレージの容量を抑えるのがおすすめ。 iCloudフォトライブラリ 自動的にiPhoneに保存してある写真・動画をiCloudにアップロードし iPhone側の写真は縮小圧縮してサムネイル画像だけがiPhoneに保存される状態になります。 僕が使っているiPhoneはiCloud上には47GBの写真と動画データがありますが、写真アプリの 「iPhoneのストレージを最適化」で47GBのデータを958MBに圧縮しiPhone全体の容量を22. 1GBに抑えています。 iPhoneのストレージ容量 普通の使い方だと64GBのiPhoneだと完全に容量オーバーしてしまいますが、iCloudフォトライブラリの「iPhoneのストレージを最適化」を使うことでiPhoneの容量を節約することができます。 なお、iCloudは 使ってないアプリデータも自動的にiPhoneから削除しクラウド上に保存しデータを節約してくれます。 雲マークのファイルがクラウド上に保存されていてタップすることでiPhoneにダウンロードできます。 128GBの容量がおすすめの人• プラス5,000円で128GBにできる• 写真や動画を容量を気にせず撮影したい• ゲームも快適に遊びたい• iCloudの有料プランは使いたくない 写真や動画をiPhoneの容量を気にせずに撮影したいなら64GBよりも128GBモデルがおすすめです。 また、スマホゲームをいくつも遊ぶことが多い方は間違いなく5,000円を追加で支払ってでも128GBにした方がいいでしょう。 また、動画をオフラインで楽しみたいという場合も128GBモデルはおすすめです。 YouTubeは有料プランにすることで動画をiPhoneに保存しておくことができます。 外で動画を見るときにモバイル通信しなくても楽しむことができるのでデータ容量を節約することができます。 128GBあれば容量を気にすることなく動画をダウンロードして保存できます。 動画を通勤通学の時の電車やバスの中で 動画を通信量を気にしたくないのなら128GBのiPhoneを選ぶのがおすすめです。 スポンサーリンク 256GBの容量がおすすめな人 iPhone 256GBモデル 上位モデルのiPhone 11 Proは128GBを選ぶことができないので、64GBの容量で足りないなら256GBを選ぶことになります。 64GBと256GBの価格差は16,000円なので、256GBモデルを選ぶと端末価格が高くなってしまいますが、256GBの容量を選ぶことで ストレージ容量を気にすることなく写真・動画を撮影しまくれるというメリットを得ることができます。 最近はiPhoneで撮影した動画をiMovieなどで簡単に編集することもできるので、編集作業にも使いたいという方は256GBを選ぶのがおすすめです。 256GBがおすすめの人• iPhone 11 Proで64GBでは足りない• キレイな写真をたくさん撮影したい• 高精細な4K動画をたくさん撮影したい• 動画撮影からiPhoneで編集してアップしたい• 動画をダウンロードしてオフラインで楽しみたい 写真や動画をたくさん撮影すると気付いたら容量がいっぱいになってしまいます。 とくに4Kで動画撮影をするとすぐに容量が一杯になるので少しでも綺麗な画質で動画を撮影したいなら256GBモデルがいいでしょう。 また、新しいiPhoneを買って2年経っても機種変更せず3年、4年と使う予定なら64GBモデルではなく256GBのiPhoneを買ったほうがいいと思います。 長く使えば使うほどデータ量は増えていくものですし、僕のように毎年新しいiPhoneが出るたびに乗り換えないなら64GBモデルよりも容量が多いiPhoneを選ぶことをおすすめします。 スポンサーリンク iPhone おすすめのストレージ容量:まとめ iPhone 11・iPhone SE(第2世代)は128GBがおすすめ iPhone 11とiPhone 8 iPhone 11、iPhone XR、iPhone SE(第2世代)、iPhone 8、iPhone 8 Plusを買うなら128GBモデルがおすすめです。 +5,000円の追加費用で128GBにできるので容量を気にすることなく写真や動画の撮影ができるようになります。 ただし、写真や動画を撮影しないのなら64GBの容量があれば十分使うことができるのでお得だからといって128GBを選ぶ必要はないでしょう。 64GBでも全然使うことができます。 ただし、iCloud Driveの有料プランの加入は必要でしょう。 iCloudとの併用をすることで写真や動画のデータはすべてiCloudのクラウド上に保存されてiPhoneにはプレビュー画像のみ表示されるようになりデータ容量を圧縮することができます。 また、MacやiPadとのデータ共有もできるので作業するにおいてもとても便利に使いこなすことができるのでiCloudと組み合わせなら64GBのストレージ容量でも普通に使うことができます。 iPhoneはmicroSDカードスロットがないのでAndroidスマホのように ストレージ容量を増設できないデメリットがありますがiCloudの有料プランで弱点を克服できます。 iCloudの50GBプランは月々130円で1年間使ったとしても1,560円です。 マイクロSDカードを買うよりも安いですし故障によるデータを紛失することもありませんし、iPadやMacなど他のデバイスと同期も簡単にすることができるのでとてもおすすめです。

次の

iPhoneの「iCloudストレージの空き容量が不足!」はこれで解決!

アイフォン ストレージ

Appleのユーザーサポートページによれば、iPhoneなどのIOS端末の「iPhoneストレージ」(もしくは「iPadストレージ」)では「その他」は「システムファイル・ソフトウェアアップデート・Siriの音声・キャッシュ済みのファイル・ログなど」を指し、iTunesでは「Siriの音声・システムデータ・キャッシュファイル」を指すと書かれています。 iPhone上とiTunes上で、同じ名前のカテゴリの指すものが違っているのは困りものですが、基本的には 「システムが使うデータやファイル、キャッシュファイル、Siriの音声」が「その他」に含まれるデータと見ていいでしょう。 また、アプリの作るファイルのうち、iOSが「書類とデータ」に含まれると判断できないものも「その他」に含まれます。 さて、iPhoneのストレージにおける 「その他」の削除方法の中で一番面倒ですが、最も期待できるのが、これから紹介する「初期化」と「復元」を使う 方法です。 この方法は、 iPhoneのデータを一度暗号化バックアップして、それからiPhoneをまっさらに初期化、しかるのちにバックアップから復元するという手順を踏みます。 この際、「その他」に含まれるキャッシュやシステム周りの不要なファイルはバックアップの対象とならないため「その他」が削除されたiPhoneに、あらためてアプリや写真などのデータを入れ直すことで、「その他」のないiPhoneを手に入れられるというワケです。 ただし、 LINEや一部のゲームでは暗号化バックアップでデータがバックアップされないものもあります。 その ため、そういったアプリについては、 初期化する前に個別にバックアップを取る必要があります。 このことも、この方法の面倒さのひとつに挙げられます。 なおLINEのバックアップ方法については以下のリンク先の記事を参照してください。 最初にiPhoneのバックアップを取ります。 今回の例ではiPad Air 2を使っていますが、iPhoneでもiPodでもやり方は変わりません。 まずPCで 「iTunes」を立ち上げ、 iPhone(もしくはその他のIOS端末) をケーブルでつなぎます。 そして 端末を選択し、左の 「概要」タブを選び、「バックアップ」の項目の 「このコンピュータ」と「ローカルのバックアップを暗号化」の2か所にチェックを入れます。 すると暗号化のパスワードを尋ねてきますので、忘れないパスワードで入力してください。 今回はあくまでもストレージ内の「その他」を削除するためだけですので「0000」などでも十分です。 パスワードを設定できたら、 「今すぐバックアップ」をクリックします。 忘れてはならないのが、iTunesを動かす PCにiPhoneのバックアップを取るだけの空き容量があるかと、ということです。 場合によっては、iPhoneのストレージの空き容量を増やすためのバックアップを取るための空き容量を増やすためにPCのストレージ整理をしなければならない、という混乱した状況を招いてしまいます。 また、削除された電子書籍や音楽・動画を再ダウンロードしようとする際、 制作者や出演者が不祥事などで配信中止になっていると再ダウンロードができない場合もあります。 「その他」は削除できたけれども、もう二度と手に入れることができないデータも消えた、ということになってもいいのか、よく考えてから初期化・復元してください。 ここまで 紹介した方法でも「その他」の不要なファイルが削減できない場合は、 クリーナーソフトの利用に踏み切るべきでしょう。 PC上でPhoneClean Pro、iExplorerといったクリーナーソフトを使うことで、これまでの方法では削除できなかった不要ファイルが削除され、空き容量が増える可能性があります。 ただし、 これらのソフトはAppleが認めた正規のものではないので、ソフト利用によって問題が起きても補償などは受けられませんし、Appleが想定している以上の作業を行うので、 操作に失敗するとiPhoneを完全に初期化するしかない場合もありますので、 使用前には念のためにiTunesでバックアップを取ることを忘れないでください。 細かい設定で「その他」やそれ以外の不要なファイルを削除して空き容量を増やすだけでなく、結果的にiPhoneを高速化してくれるクリーナーソフトです。 非常に強力なソフトですが、それだけに強力すぎて必要なファイルまで削除する可能性もあります。 このソフトを 最初に使う時には必ずiTunesで暗号化バックアップを取ってからにしてください。 また PCに有線接続せずにクリーニングするサイレントクリーン機能もありますが、これ は2回目以降の定期的な削除に利用してください。 最初にこの機能を選ぶと、有線接続以上に時間がかかりすぎる危険性があります。 これらの問題にぶつかりさえしなければ、PhoneClean Proは、これまでの方法では削除できない「その他」の不要ファイルも確実に削除してくれる、心強いソフトです。 また、iPhoneを誰かに譲る際にデータを完全消去する際にも役立つソフトでもあります。 iPhoneのストレージにはびこる「その他」はなかなか削除するのが大変ですが、その分だけうまく削除できるとすっきりとします。 記事の記述に従い iTunesにつないで「その他」の容量を確認したら、再起動を試し、Safariのキャッシュやメッセージの添付ファイルを削除し、アプリを再インストールしてみて、それでもダメなら初期化・復元を試みてください。 それでもまだ問題になるほど「その他」が残るようであれば、クリーナーソフトでiPhoneをまっさらにしてください。 ただし、 まっさらになりすぎて元のデータが取り戻せない場合もありますので、バックアップを忘れないようにお願いします。 この記事で、あなたのiPhoneの「その他」が実害のないレベルにまで減ることを祈っています。

次の