あひるの空 火事。 あひるの空 12巻 ネタバレ 【空の母が逝く。。。そして、クズ高バスケ部廃部!?!?】

あひるの空 クズ高バスケ部復活の条件とは!? 13巻 ネタバレ

あひるの空 火事

あひるの空 13巻 ネタバレ 「 あひるの空」は BookLive! で 無料お試し読みができます。 こんにちは、美月です。 日向武史さんの人気コミック 「 あひるの空」をレビューします。 2004年から少年マガジンに連載。 13年目に突入したロングベストセラーを今さらながら、 読み始めました。 ここから、ネタバレ、感想、考察をレビューしていきます。 ここからは 13巻 第97話ー第106話のネタバレ (濃いネタバレ含みます。 ご注意ください) 空が長野での用事をすましおばあちゃんちに帰って来ました。 内心帰宅を喜ぶばあちゃんは、寝ている間に空の髪を切り 現役美容師 朝ごはんに御馳走を用意していました。 ご飯を食べ部室に足を運ぶと、奈緒たちに火事のことを聞き廃部になったと知らされます。 でも 活動停止じゃなくて良かったと言う空。 確かにそうだとモキチがひらめき、 同好会を作ることを決めた一年生+千秋たち。 一週間ぶりにボールをさわると言う空の足には新しいバッシュが。 これからは自分の足でコートに立つんだと決めたのです。 停学中の二年生たちもバスケをするために動き出します。 百春は五月先生の家に押しかけ頭を下げますが、 奥さんに肩を落としているのは君たちだけじゃないと、きつく言われてしまいます。 その帰り自主練をしているモキチと偶然会い、今バスケ部を新設するために動いていることを知ります。 一番怒っているだろうトビも、自主練以外にも 強くなるために大学生に1on1を挑みに行きます。 後日学校で久しぶりに会った百春と空。 自慢のリーゼントを切り短髪になった百春と三人は、 部員に謝り同好会の用紙に署名します。 残りの高校生活をバスケにかけると約束し、ケジメをつけるため五月先生に毎日頭を下げ、もう一度顧問になってくれるようお願いする百春。 みんなの努力が伝わり、校長は君たちのバスケに対する思いを認めてもらう必要があると言い、 先生たちの前で試合をやり勝つという条件を出します。 二つ返事で承諾し、知り合いの高校に聞いてみようとする校長に、たまたま職員室の電話を取ってしまった ナベが試合を受けちゃったと話します。 そして相手はなんと 横浜大栄という強豪校。 ここからは 12巻 第97話ー第106話 の感想&考察 11巻に登場し、トビを勧誘した 酒巻監督がいる高校、横浜大栄。 あの北住吉も負けている横浜大栄は、全国レベルの選手が集う高校です。 それを相手に、一度崩れてしまったクズ高は試合に勝ち、 先生たちに認めてもらうことが出来るのでしょうか。 そして バスケの道を逸れかけている円に男の影が…。 新キャラがぞくぞくと登場し、 新たな展開がとても楽しみです。 本編はコチラでどうぞ。。。

次の

漫画『あひるの空』に登場する強いキャラの魅力を徹底紹介!【ネタバレ注意】

あひるの空 火事

180• 297• 342• 311• 210• 356• 675• 337• 4763• 366• 599• 4371• 2271• 1748• 512• 476• 2905• 987• 1291• 1158• 1576• 4212• 8377• 310• 385• 360• 500• 373• 251• 644• 401• 140• 429• 309• 400• 548• 504• 481• 400• 542• 532• 182• 363• 439• 471• 310• 1416• 730• 1098• 3268• 1617• 658• 161• 488• 109• 276• 1521• 136• 688• 232• 708• 2164• 202• 4874• 307• 358 リンク TOP絵頂きました スポンサー.

次の

あひるの空

あひるの空 火事

あひるの空 12巻 ネタバレ 「 あひるの空」は BookLive! で 無料お試し読みができます。 こんにちは、美月です。 日向武史さんの人気コミック 「 あひるの空」をレビューします。 2004年から少年マガジンに連載。 13年目に突入したロングベストセラーを今さらながら、 読み始めました。 ここから、ネタバレ、感想、考察をレビューしていきます。 ここからは 12巻 第89話ー第96話のネタバレ (濃いネタバレ含みます。 ご注意ください) 試合後に円に電話があり、空は急遽病院へ向かいました。 元気そうに見えていたお母さんは我慢していただけで、本当は喋ることも辛かったのです。 病室で久しぶりの再会をする空とお母さん。 空のおばあちゃんはいったん席を外し、親子の会話を楽しみます。 ふとお母さんが空に謝りたいことがあると。 「大っきく産んであげられなくてゴメンね」 泣きながら伝えた言葉は、空の涙を誘い、 「母さんにありがとうって言いたかったんだ」と返します。 二人の気持ちが伝わり、 読んでいるだけで泣きそうになってしまうシーンです。 結局試合は延長戦になり、クズ高は負けてしまいました。 すっかり元気がなくなった二年生のメンバーは部室の中で気を紛らわそうとゲームをしていました。 それぞれの想いと後悔が喧嘩になり、相手チームに言われた 今まで何やってたんだ?の 言葉が千秋に重くのしかかります。 千秋は帰り、残りの4人は部室にたまたまあった煙草に火を点けようとします。 ちょうどその時に五月先生が 空のお母さんが亡くなったことを伝えに来ました。 煙草は未遂に終わり、みんな解散した後に、円から百春に電話が。 そんな時、試合後にウチのチームに来ないかと勧誘を受けたトビがその監督へ電話をしていました。 1%でも可能性があるならそれにかけると伝え、監督の誘いを断り、クズ高で頑張ることを決めたトビ。 そんな矢先、 部室が炎に包まれ大惨事になっていました。 後日バスケ部たちは職員室に呼ばれ、百春が煙草を吸おうとしたことを話しました。 火事の責任は俺がとると言う百春に、責任をとれないから未成年なんだと五月先生に言われます。 奈緒に失望され、トビにも拒絶され、 みんなの気持ちはバラバラになってしまいました。 開かれた職員会議では五月先生がなんとか弁解するものの、校長に、 罰しなければいけないのは吸おうとした意思だと言われ、言葉を返せません。 それでも彼らの頑張りや努力、それを無駄だと切り捨てないで欲しいと訴えますが、教師の言葉じゃないと言われ バスケ部の廃部が決まってしまいました。 停学処分を受けた4人はそれぞれの思いと葛藤し、また円もバスケの道を逸れていきます。 それでも自分に出来ることをしようとする1年生と千秋たち。 トビもまた新たな出会いを受け、自身のレベルを痛感します。 ここからは 12巻 第89話ー第96話 の感想&考察 後悔や葛藤、学生ならではの複雑な心境が とてもつまった濃い一巻となってます。 クズ高に戻ってきた空は何を思うのか、トビが出会った新キャラの登場。 果たしてクズ高バスケ部はまた スタートすることが出来るのでしょうか。 本編はコチラでどうぞ。。。

次の