豆腐ステーキに合う副菜。 豆腐ガーリックステーキ

麻婆豆腐に合うおかず!副菜で野菜も摂ろう!献立の組み合わせも紹介!

豆腐ステーキに合う副菜

ステーキに合うおかず7選 1. ベイクドポテト 大きめのじゃがいもをホイルに包んで、オーブンで焼くだけの簡単作業。 ホイルをはがせばあつあつ、ほくほくのじゃがいもが顔をだします。 バターをつけて頂きます。 もともと肉料理とじゃがいもというのは大変相性が良く、大昔から肉の食べ方をよく知っている欧米人の間ではステーキとベイクドポテトというのは当たり前のコンビになっています。 ポテトサラダ 肉料理とじゃがいもが合うというのは周知のことですが、ポテトサラダは一度茹でたジャガイモをさまして、冷たくしてから頂きます。 あつあつのステーキに相性の良いじゃがいも、だけど冷たいジャガイモなのでお口の温度を調節することができるのがこのポテトサラダなのです。 お口の中が熱くなったら、ポテトサラダでさましてみましょう。 このあぶらにミルク、塩、胡椒、小麦粉を加えると、肉の出汁の味がたっぷりきいたソースができあがります。 これがグレービーソースと呼ばれる物です。 じゃがいもを茹でて、つぶしたマッシュドポテトにかけて頂きます。 お肉を一番ムダにしない食べ方です。 肉の食べ方は先人の欧米人から学ぶのが一番です。 結婚式の披露宴の時って肉料理と魚料理の2皿を食べた記憶がありませんか? ステーキの隣にちょっとほたてや海老をきのこと一緒にソテーしたものが添えられていたらとても嬉しくなりませんか? 少し予算的には厳しい物もありますが、とてもデラックスなお皿ができあがります。 肉料理と魚料理をいっぺんに食べた時の満足感は他のおかずの比ではありません。 これは栄養と見た目のバランスを整える為です。 ステーキと一緒に焼くので手間もそんなにかかりません。 具体的な野菜を例にあげると、人参グラッセ、ブロッコリー、とうもろこし、さやいんげん、フライドポテト、しめじ等が一般的です。 他にもいろいろ探せば使える野菜があるかもしれません。 温野菜サラダ 温野菜サラダというのは体にとって消化に良く、体内の脂分が体外に流れやすくしてくれる作用があるようです。 ステーキはあぶらっこく、高コレステロール、高カロリー、高タンパク質の食べ物ですのでこの温野菜を上手に利用しましょう。 ゆでたまごをたっぷりのせると色鮮やかになります。 豆腐サラダ お口の中があぶらでべたべたした時にはこの豆腐サラダが一番です。 熱くなったお口の温度を調節するのにも役に立ちます。 わかめやレタス、トマト、きゅうりと一緒に使いましょう。 ステーキに合う副菜・スープ3選 1. コンソメスープ コース料理の定番コンソメスープ。 あぶらっこいステーキのお口を掃除してくれるのにはこのあっさりしたコンソメスープが一番でしょう。 少し冷まして頂くとステーキと丁度良い相性になります。 フルーツヨーグルト ステーキ、付け合わせの野菜どちらも焼いてあり、油を含んでいます。 そんな後に食べたいのはやはりフルーツ。 みかん、きうぃ、パイナップル、マンゴの上にヨーグルトをたっぷりかけて!肉料理の後の不快感がとんでなくなります。 シャーベット 肉料理の後に来る独特な不快感を消す為にイタリアでシャーベットが開発されました。 あっという間に貴族の間で人気になったデザートです。 ステーキ等のあぶらっこい料理の後によく合うデザートです。 ステーキのおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の

ハンバーグに合うおかずの献立21選|副菜・付け合わせ・もう一品の料理も

豆腐ステーキに合う副菜

子供から大人まで大好きなハンバーグ。 準備しなければいけない材料は多いですが、この1品だけでたくさんの栄養が取れる優秀な料理です。 大量に作っておけば冷凍保存も可能なので、是非ともマスターしましょう。 基本のハンバーグの作り方(4人分)• フライパンでみじん切りにした玉ねぎ1個分を炒める。 色づいてきたらお皿に移し、そのままさます。 常温に戻しておいたひき肉400gを、粘り気がでるまでよく練る。 粘り気が出たら炒めた玉ねぎ、パン粉2分の1カップ、溶き卵2分の1個を加え、肉の繊維が出るまでさらに練る。 最後に塩、こしょう、あればナツメグを少々加えて、全体を混ぜる。 サラダ油を手に塗り、たねを丸くまとめる。 両手でキャッチボールのように強めに打ち付け、中の空気を抜く。 楕円形に形を整え、中心を少しくぼませる。 フライパンで油を熱し、形を整えたタネを並べる。 焼き色が付いたらひっくり返し、蓋をして弱火で6分~7分焼く。 竹くしで刺して透明な汁が出れば完成。 美味しいハンバーグのアレンジ方法・種類 ハンバーグの付け合わせで真っ先に思い浮かぶのが人参グラッセではないでしょうか。 ハンバーグが茶色で色味がないので、人参の鮮やかな色がとても映えます。 お弁当の隙間埋めにも重宝する1品です。 レンジでできる人参グラッセ• 人参100gの皮を剥き、7mmほどの厚さに輪切りにします。 シリコンスチーマーや耐熱容器に人参が重ならないように並べ、オリーブオイル大さじ1、ほんだし小さじ4分の1、三温糖(砂糖)大さじ1、塩1つまみを加え、蓋やラップをしてレンジ600wで2分加熱します。 ひっくり返してさらに2分加熱後、よく混ぜ合わせてさらに1分加熱します。 レンジ庫内で2~3分放置して味を馴染ませた後、器に盛り付けドライパセリなどを振りかけて完成です。 食感が違う煮込みハンバーグとの相性は抜群です。 油で揚げるフライドポテトはカロリーが高いだけだと思われがちですが、ビタミンCが豊富なうえに、でんぷんが熱からビタミンCを守ってくれるので、とても効率よく摂取できる付け合わせです。 カリカリフライドポテト• じゃが芋(新じゃがだともっと美味しくなります)をよく洗い、くし形にカットします。 カットしたじゃが芋を、ぬるま湯で表面に付いているでんぷん質を洗い落とし、しっかりと水気を拭き取ります。 150度の油で10分ほど揚げます。 (型崩れしやすいので極力触らないでください)• 1度油をきったじゃが芋を、今度は190度の油でこんがりと揚げて完成です。 シャキシャキと歯ごたえがあり、食物繊維や疲労回復に必要なアルギニンが豊富です。 ハンバーグでがっつりと力をつけ、疲労回復までしてくれる組み合わせは最強ではないでしょうか。 間違いないきんぴらごぼう• ごぼう200gの皮を包丁の背でこするように落とし、5㎝の長さの細切りにして水にさらします。 人参50gも同様に5㎝の細切りにしておきます。 フライパンにごま油と赤唐辛子1本を入れて熱し、赤唐辛子の香りが出始めたらごぼうと人参を加えて炒めます。 醤油とみりん各大さじ1と2分の1ずつ入れ、水大さじ3を加えます。 汁気がなくなるまで炒めてください。 最後に白ごま適量をふって完成です。 育ち盛りの子供や、がっつり派の男性は喜ぶこと間違い無しでしょう。 パリパリジューシーなチキンソテー• 火を点ける前のフライパンに油大さじ3を入れ、鶏肉300gを並べます。 その上から油大さじ1をさらに回しかけます。 ここで初めて火を点けます。 中火にしてジュージューと音が大きくなり、フライパンから汁気がはじけ飛ぶようになったら弱火にします。 出てきた水分をキッチンペーパーでしっかりと吸い取りながら、弱火で焼き続けます。 肉の厚みの半分まで白く火が通ったら裏返して2~3分焼き、箸で肉を押した時に弾力が感じることができたら、塩コショウをかけて完成です。 漬ける野菜は好みの野菜を使いましょう。 基本的に、生で食べられる野菜は皮を剥いたり切れ目を入れたりしてそのまま漬けます。 その他の野菜はしっかりと火を通し、熱いうちに漬けることを忘れないでください。 簡単野菜マリネ• 醤油、オリーブオイル各大さじ2と酢大さじ1を混ぜ合わせ、マリネ液を作ります。 ズッキーニ1本を食べやすい大きさに切り、両面を焼きます。 まだズッキーニが熱いうちにマリネ液に漬けて、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。 トマト1個とモッツァレラチーズ100gを器に盛り、冷やしておいたズッキーニも盛って完成です。 効率的に栄養を摂取したいのであれば、茹でるよりは蒸すことをおすすめします。 ブロッコリーのペペロンチーノ• ブロッコリー1株分を茹でます。 フライパンにオリーブオイル大さじ2を入れ熱し、潰したにんにく2かけを揚げるように弱火で炒めます。 1度火を止め、ヘタと種を取った赤唐辛子本、塩小さじ4分の1を加え、少し温まってからブロッコリー加え、中火でサッと炒めて完成です。 ミキサーが無いと作れないと思われがちなポタージュですが、家庭に必ずある泡だて器で簡単に作れるんです。 特に根菜系を使うと、野菜が苦手な子供でも食べやすいポタージュが出来上がります。 ミキサーを使わないかぼちゃのポタージュ• かぼちゃ3分の1個の皮を剥き、小さめに切ります。 玉ねぎ1個も小さめに切ります。 鍋に小さく切ったかぼちゃと玉ねぎを入れ、コンソメ1個、ひたひたになるまで水を入れ、かぼちゃが柔らくなり水がなくなる直前まで煮ます。 火を止め、泡だて器で鍋の中身が滑らかになるまで混ぜます。 牛乳と生クリーム100ccを加え、泡だて器で混ぜながら弱火で混ぜます。 塩コショウ適量で味を調えて完成です。 見た目はとても手が凝っている風ですが、冷蔵庫の残り野菜ですぐにできるスープです。 好みで生クリームやチーズをトッピングすると豪華になりますよ。 野菜不足解消ミネストローネ• 冷蔵庫の中の残り野菜を1㎝角にカットします。 ウインナー2本も1cm角にカットしておきます。 深めのフライパンにオリーブオイルを熱し、野菜たちを入れて炒めます。 根菜系に軽く火が通ったら、ガーリックパウダー小さじ2を加え更に炒めます。 水300cc、ブイヨン1個、砂糖・醤油小さじ1を加え、フツフツしてきたらトマト缶(カットタイプ)2分の1を加えます。 野菜が柔らかくなるまで10分以上煮て完成です。

次の

豆腐ガーリックステーキ

豆腐ステーキに合う副菜

子供から大人まで大好きなハンバーグ。 準備しなければいけない材料は多いですが、この1品だけでたくさんの栄養が取れる優秀な料理です。 大量に作っておけば冷凍保存も可能なので、是非ともマスターしましょう。 基本のハンバーグの作り方(4人分)• フライパンでみじん切りにした玉ねぎ1個分を炒める。 色づいてきたらお皿に移し、そのままさます。 常温に戻しておいたひき肉400gを、粘り気がでるまでよく練る。 粘り気が出たら炒めた玉ねぎ、パン粉2分の1カップ、溶き卵2分の1個を加え、肉の繊維が出るまでさらに練る。 最後に塩、こしょう、あればナツメグを少々加えて、全体を混ぜる。 サラダ油を手に塗り、たねを丸くまとめる。 両手でキャッチボールのように強めに打ち付け、中の空気を抜く。 楕円形に形を整え、中心を少しくぼませる。 フライパンで油を熱し、形を整えたタネを並べる。 焼き色が付いたらひっくり返し、蓋をして弱火で6分~7分焼く。 竹くしで刺して透明な汁が出れば完成。 美味しいハンバーグのアレンジ方法・種類 ハンバーグの付け合わせで真っ先に思い浮かぶのが人参グラッセではないでしょうか。 ハンバーグが茶色で色味がないので、人参の鮮やかな色がとても映えます。 お弁当の隙間埋めにも重宝する1品です。 レンジでできる人参グラッセ• 人参100gの皮を剥き、7mmほどの厚さに輪切りにします。 シリコンスチーマーや耐熱容器に人参が重ならないように並べ、オリーブオイル大さじ1、ほんだし小さじ4分の1、三温糖(砂糖)大さじ1、塩1つまみを加え、蓋やラップをしてレンジ600wで2分加熱します。 ひっくり返してさらに2分加熱後、よく混ぜ合わせてさらに1分加熱します。 レンジ庫内で2~3分放置して味を馴染ませた後、器に盛り付けドライパセリなどを振りかけて完成です。 食感が違う煮込みハンバーグとの相性は抜群です。 油で揚げるフライドポテトはカロリーが高いだけだと思われがちですが、ビタミンCが豊富なうえに、でんぷんが熱からビタミンCを守ってくれるので、とても効率よく摂取できる付け合わせです。 カリカリフライドポテト• じゃが芋(新じゃがだともっと美味しくなります)をよく洗い、くし形にカットします。 カットしたじゃが芋を、ぬるま湯で表面に付いているでんぷん質を洗い落とし、しっかりと水気を拭き取ります。 150度の油で10分ほど揚げます。 (型崩れしやすいので極力触らないでください)• 1度油をきったじゃが芋を、今度は190度の油でこんがりと揚げて完成です。 シャキシャキと歯ごたえがあり、食物繊維や疲労回復に必要なアルギニンが豊富です。 ハンバーグでがっつりと力をつけ、疲労回復までしてくれる組み合わせは最強ではないでしょうか。 間違いないきんぴらごぼう• ごぼう200gの皮を包丁の背でこするように落とし、5㎝の長さの細切りにして水にさらします。 人参50gも同様に5㎝の細切りにしておきます。 フライパンにごま油と赤唐辛子1本を入れて熱し、赤唐辛子の香りが出始めたらごぼうと人参を加えて炒めます。 醤油とみりん各大さじ1と2分の1ずつ入れ、水大さじ3を加えます。 汁気がなくなるまで炒めてください。 最後に白ごま適量をふって完成です。 育ち盛りの子供や、がっつり派の男性は喜ぶこと間違い無しでしょう。 パリパリジューシーなチキンソテー• 火を点ける前のフライパンに油大さじ3を入れ、鶏肉300gを並べます。 その上から油大さじ1をさらに回しかけます。 ここで初めて火を点けます。 中火にしてジュージューと音が大きくなり、フライパンから汁気がはじけ飛ぶようになったら弱火にします。 出てきた水分をキッチンペーパーでしっかりと吸い取りながら、弱火で焼き続けます。 肉の厚みの半分まで白く火が通ったら裏返して2~3分焼き、箸で肉を押した時に弾力が感じることができたら、塩コショウをかけて完成です。 漬ける野菜は好みの野菜を使いましょう。 基本的に、生で食べられる野菜は皮を剥いたり切れ目を入れたりしてそのまま漬けます。 その他の野菜はしっかりと火を通し、熱いうちに漬けることを忘れないでください。 簡単野菜マリネ• 醤油、オリーブオイル各大さじ2と酢大さじ1を混ぜ合わせ、マリネ液を作ります。 ズッキーニ1本を食べやすい大きさに切り、両面を焼きます。 まだズッキーニが熱いうちにマリネ液に漬けて、あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。 トマト1個とモッツァレラチーズ100gを器に盛り、冷やしておいたズッキーニも盛って完成です。 効率的に栄養を摂取したいのであれば、茹でるよりは蒸すことをおすすめします。 ブロッコリーのペペロンチーノ• ブロッコリー1株分を茹でます。 フライパンにオリーブオイル大さじ2を入れ熱し、潰したにんにく2かけを揚げるように弱火で炒めます。 1度火を止め、ヘタと種を取った赤唐辛子本、塩小さじ4分の1を加え、少し温まってからブロッコリー加え、中火でサッと炒めて完成です。 ミキサーが無いと作れないと思われがちなポタージュですが、家庭に必ずある泡だて器で簡単に作れるんです。 特に根菜系を使うと、野菜が苦手な子供でも食べやすいポタージュが出来上がります。 ミキサーを使わないかぼちゃのポタージュ• かぼちゃ3分の1個の皮を剥き、小さめに切ります。 玉ねぎ1個も小さめに切ります。 鍋に小さく切ったかぼちゃと玉ねぎを入れ、コンソメ1個、ひたひたになるまで水を入れ、かぼちゃが柔らくなり水がなくなる直前まで煮ます。 火を止め、泡だて器で鍋の中身が滑らかになるまで混ぜます。 牛乳と生クリーム100ccを加え、泡だて器で混ぜながら弱火で混ぜます。 塩コショウ適量で味を調えて完成です。 見た目はとても手が凝っている風ですが、冷蔵庫の残り野菜ですぐにできるスープです。 好みで生クリームやチーズをトッピングすると豪華になりますよ。 野菜不足解消ミネストローネ• 冷蔵庫の中の残り野菜を1㎝角にカットします。 ウインナー2本も1cm角にカットしておきます。 深めのフライパンにオリーブオイルを熱し、野菜たちを入れて炒めます。 根菜系に軽く火が通ったら、ガーリックパウダー小さじ2を加え更に炒めます。 水300cc、ブイヨン1個、砂糖・醤油小さじ1を加え、フツフツしてきたらトマト缶(カットタイプ)2分の1を加えます。 野菜が柔らかくなるまで10分以上煮て完成です。

次の