自転車 フロントブレーキ 調整。 ママチャリの前ブレーキ調整方法。軽快車でもほったらかしにしない

ブレーキ調整方法

自転車 フロントブレーキ 調整

もくじ• ママチャリの前ブレーキ キャリパーブレーキ 調整 自転車でホイールが重かったり、ブレーキが効きにくかったりするのはブレーキシューがリムに当たっている状態になっていることが考えられます。 なので、まずはキャリパーブレーキのシューの位置が適正な間隔に調整する必要があります。 調整するのに必要な工具• 10ミリスパナ• 10ミリメガネ• 15ミリの薄型レンチ• マイナスドライバー• 薄型10ミリスパナ ブレーキレバーの遊びが大きい ワイヤーの張り直し ブレーキレバーの遊びが大きくなってブレーキをかけたときにレバーをグリップ付近まで握らないとブレーキがかからない場合はワイヤーを張り直して調整をします。 10ミリスパナでワイヤーを固定しているボルトを緩めます。 このとき完全にボルトを抜き取ってしまわない。 ボルトが緩まればブレーキが広がります。 ワイヤーの張り方はブレーキシューを片手でリムに当てた状態でワイヤーを引っ張ります。 ブレーキレバーにワイヤーが外れていないかも確認してください。 ブレーキレバーからワイヤーが外れていたら調整できません。 そのあとリムとシューの間隔を開けてワイヤーを固定します。 ブレーキをかけて片利きしてないか確認。 他のシュートとホイールの間隔の出し方 片手で挟んで少し緩まして間隔を開ける方法は、人によってはやりにくく感じることがあります。 隙間を開けていてもスパナでナットを締めることに意識が行って思ったよりもシューの間隔が広くなってしまうこともあります。 なので、シューをリムに当て続けることだけを意識すれば、シューがリムから離れすぎることを防げます。 簡単なやり方は、• 最初にワイヤーを通すところの張りを調整するねじをちょっと緩めておく• シューとリムの間に段ボールか何かをかました状態でワイヤーを固定する この二つの方法はどちらも固定ボルトを締めるときも挟むことだけに指の力を使えるので、 スパナを使ってボルトを締める作業も楽です。 ワイヤーの張りを調整ねじを緩めて固定した場合には、最後に調整ねじを締めることでシュートリムの間隔を作ることができます。 調整が出来たら、前輪を回してリムにシューが接触していないか確認してください。 シューがリムに当たる ブレーキの方利き調整 ブレーキの方効き調整のやり方は、• 後ろの固定ボルトを緩めてブレーキを指で挟みシューをリムに当てる。 当てたままボルトを固定する。 薄型15ミリのスパナを真ん中の部分に差し込み角度を調整する。 上の画像では泥除けの窪みが邪魔でメガネとスパナが平行になっていませんが、本当は平行にして一緒にスパナとメガネを動かしてブレーキの角度調整をしてあげます。 デュアルピポッドの場合 デュアルピポッドの場合は後ろの固定ネジを緩めてシューを挟み正しい角度に調整出来たらボルトを固定。 それでもシューが当たっている場合にはブレーキ本体にあるネジを回すことでブレーキのセンターを調整することができます。 前ブレーキのキーキー音解消 トーインを出す キャリパーブレーキの制動力あっぷと音鳴りを防止のためにトーインも出しておきましょう。 トーインはブレーキシューにハの字に角度つけることです。 ママチャリなどのブレーキのトーインの出し方は、シューを固定いている部分の隙間にマイナスドライバーを突っ込んでてこの原理で角度を付けます。 ただこれだけなので難しくないです。 ブレーキの戻りが悪い ダブルナットを調整する ダブルナットはブレーキの重さを調整するためのネジです。 ブレーキ本体に近いほうのナットを締めこめば締めこむほどブレーキの動きが重たくなります。 訳も分からず適当に締めこんでいるとブレーキが動かなくなりますし緩すぎてもだめです。 ブレーキの動きがキビキビと動くところまで締めて二個目のナットを締めこんでいきます。 最初のネジが一緒にしまっていかないように薄型10ミリのスパナで固定したまま二個目のナットを締めます。 薄型スパナを用意せずに厚みのある10ミリで手前のナットを固定しようとすると二つ目のナットが固定する方のナットに干渉してしまうので、ダブルナットの調整をするなら薄型スパナを用意しておくことをお勧めします。 シューの位置がずれていたらシューのナットを緩めてブレーキがかかった時にリムに当たる位置で固定。 シューの溝がなくなっていたら早々に交換しましょう。 固定するときは気持ち前下がりに固定する。 ブレーキをかけたときにシューがタイヤに干渉しないか、しっかり固定されて簡単に動くことがないか確認してください。 ホイールが振れている ホイールが振れてシューが方当たりする 長いこと乗っているとホイールはだんだんと振れてくるものです。 振れがひどい時には自分で触れ取りするか自転車屋さんに持って行って振れを取ってもらうかしてくださいね。 ホイールのセンター調整 ホイールが振れてなくてもホイールのセンターが出ていないとリムがブレーキシューに接触します。 ホイールとリムの間に両方に指を入れて間隔を確認する同じぐらい指が入るならセンターが出ています。 センター出しができていないといくら調整してもブレーキが方効きしてしまうのでご注意を。 片方の指だけがすっぽり入って片方は入りにくならセンターがズレていることになりますので、 ホイールのナットを緩めてホイールのセンター調整をしてください。 まとめ ブレーキの制動性能は命に関わる重要な部分です。 ママチャリだからとほったらかしにせずに適度にメンテナンスしたほうがより安全に、長い期間その自転車に乗ることができます。 じぶんでブレーキのメンテナンスをするにしても注意深く行わなういとテキトウにやってしまうと危険でもあります。 不安がある人は自転車屋に持ち込んだほうが無難ですよ。 ではまた。

次の

解決!! 自転車 ブレーキ 効かない 効きを良くしたい!!

自転車 フロントブレーキ 調整

タイヤの減り具合は直接見えるということもあって気にする方も多いと思いますが、 ブレーキのゴム(ブレーキシュー)の減り具合についてはあまり意識したことのない方が多いと思います。 ブレーキシューの交換時期については、一般的にゴムの溝がなくなる直前くらいといわれていますが、晴れの日ばかり走るのであれば、タイヤの寿命と同じくらいかそれ以上の距離は持ってしまいますね。 でも雨の日にアップダウンの多いコースを走ると、晴れの日の何十倍もすり減ってしまうことがあります。 そうなると、 ブレーキシューの交換が必要になります。 ブレーキシューを交換するときにむつかしいのは、この2点です。 ブレーキシューがリムに対して適切に取り付けられているか。 ブレーキレバーの「引きしろ」が適切で、前後ブレーキで同じになっているか。 作業に習熟した人であれば、アーレンキー1本でたやすく調整してしまうものですが、不慣れな方は例えばこんな工夫をすることもあります。 ちょうどよい「引きしろ」のところまで、アジャスターを引っ張った状態にしておく。 どちらもこの状態でワイヤーとシューを固定します。 なかなか効果的ではありますが、ブレーキシューの適切な取り付け位置については「腕」次第です。 前後で「引きしろ」をそろえるのもなかなかむつかしいですね。 そこでご紹介するのが、このという専用工具。 派手な色をしたプラスチックの板で、端っこが少し段になっています。 右用と左用があり、進行方向の矢印が付いています。 真横から見ると、だんだん薄くなっています。 使い方です。 ブレーキのクイックリリースレバーを緩めます。 (突起を上向きにします)• ブレーキシューを固定しているボルトを反時計回りに回して、ブレーキシューがぐらぐらになるくらいまで緩めます。 シマノの場合、4mmのアーレンキーを使用します• ブレーキシューチューナーをブレーキシューとリムの間に挟み込みます。 (左右の向きと、進行方向は書いてある通りにしてください。 クイックリリースレバーを締めます。 (突起を下向きにします)• ブレーキシューをチューナーにピッタリ接触するように、固定します。 あそびが少しある場合、ブレーキレバーを軽く握ってやると、ブレーキシューとチューナーとリムがぴったりします。 ブレーキシューをリムに押し付けるようにしながら、ブレーキワイヤーを引っ張り気味にして、固定します。 シマノの場合、5mmのアーレンキーを使用します。 ブレーキシューチューナーを外せば、出来上がり。 拍子抜けするくらい簡単でしょ? ブレーキレバーの「引きしろ」は、ハンドルレバーの形状や取り付け位置・手の大きさや好みなどもありますが、なかなかいい具合になります。 そうはいっても、 「引きしろ」には個人差があります。 もうちょっと 「引きしろ」が大きいほうがいいという方は、 チューナーにビニールテープを1~2回貼ってから、作業してください。 ビニールテープの厚み分、「引きしろ」が大きくなります。 ワイヤーを固定するときに、ブレーキのアジャスターを2~3回転ほど緩めておくという方法もあります。 逆に 「引きしろ」が小さいほうがいいという方は、 ワイヤーを固定するときに、クイックレバーを完全に緩めずに、中間あたりにしておくと、すこし「引きしろ」が小さくなります。 「引きしろ」が小さい = あそびが少ない 「引きしろ」が大きい = 遊びが多い このブレーキシューチューナーを使用すれば、ブレーキシューが適切な位置で固定できるのはもちろん、 前後のブレーキで「引きしろ」をそろえるのが簡単になります。 「ブレーキが硬い」と言われる方のバイクをチェックすると、ブレーキレバーの「引きしろ」が極端に小さい方が多くみられます。 「引きしろ」が小さいと、ブレーキレバーが遠くなり、力が入りにくくなります。 「引きしろ」が大きいと、ブレーキレバーが近くなり、力が入りやすくなります。 引きしろを調整するときに注意していただきたいことは、• 何度もワイヤーを本締めしたり緩めたりを繰り返さないように。 ワイヤーを固定するということは、「ワイヤーをつぶして痛めつける」ことになりますので、何度も繰り返したり、違う場所で行うと、ワイヤーがほつれたり、緩みやすくなります。 最終的にオッケーな引きしろになるまでは、ワイヤーの固定力は8割程度にしておいて、最後の最後に本締めしてください。 新品のアウターを使用するときは、ワイヤーの初期伸び(実際はアウターの初期縮みのことで、ワイヤーは一切伸びません。 )を考慮して、あえてすこし「引きしろ」を小さめにしておきましょう。 また、ブレーキシューやリムがすり減ることで、「引きしろ」が大きくなりすぎた場合、いちいちワイヤーを引っ張りなおして固定するのではなく、アジャスターで調整してください。 比較的安い工具なので、1個持っておくと、重宝しますよ。

次の

Vブレーキシューの交換

自転車 フロントブレーキ 調整

もくじ• Vブレーキの調整方法 Vブレーキの調整に必要な工具は• 六角レンチ• プラスドライバーを使います。 もしワイヤーを新しくするならワイヤーカッターも必要。 自分の命がかかっているブレーキなので調整に不安を感じることもあるのでプロに任せてもいいですが、 Vブレーキは頻繁に方利きするので自分で調整方法を覚えておいたほうがいつでも調整できるので覚えておいたほうがいいです。 Vブレーキの方効き調整 Vブレーキで一番調整することが多いのが方効き調整。 ブレーキをかけたとき、何もしていなくてもシューの片方だけがリムに当たっていると方効きしている状態です。 ワイヤーを張りなおす場合には一番最後に行う工程ですが、張り直しが必要なく方効き調整だけならいきなり調整して大丈夫です。 なぜVブレーキが方効きするかというと裏側についているバネがブレーキアームを外側に広げているんですが、 そのバネの力が左右均等になっていないと方利きしてしまいます。 バネの力を調整するためにはブレーキアームの横についてるネジを回して調整する。 ネジを締める(右回し)とブレーキシューがリムから離れ、緩める 左回し とリムに寄って行きます。 ネジを調整するときには一気に締めこんだり緩めすぎたりしないことがコツです。 そして注意してほしいのが片方だけのネジをいじらないこと。 ネジを調整したらブレーキをかけてリムとシューの間隔が同じぐらい開いているかを見ます。 両方の間隔が開きすぎてる場合はワイヤーを張り直しが必要です。 ブレーキシューが行ったり来たりしてちょうどいい感じにビシッと決まらないこともあったりするとめんどくさく感じることもありますが、クロスバイクに乗るなら方利き調整は自分でできるようになっておくのがいいです。 Vブレーキのブレーキワイヤー張る ブレーキワイヤーを新しくするときやシューの間隔が広くなっているときにはワイヤーを張り替えるまたは張りなおします。 ブレーキアームを手で挟み両方のシューをリムをに引っ付けてからボルトを固定します。 簡単な方法は2つ• ブレーキレバーのアジャスターを緩めてから作業する。 ブレーキシューチューナーや段ボールなどの厚紙を使う どっちかでするとシューをリムにしっかり当てた状態でワイヤーを固定できるので、調整が簡単です。 上記のどちらも使わずに指先の力加減でシューとリムの隙間を作ってからボルトを固定してもいいんですが、結構失敗しやすいのでリムにしっかり当てた状態でワイヤーを固定する方法が楽です。 アジャスターを緩めて調整する場合は、ワイヤーを固定した後にアジャスターを締めていけばシューがリムから離れていきます。 ブレーキシューチューナーを使う場合にはすでにシューとリムに隙間ができているのでそのまま次の調整に行ってください。 でも、リムとシューの隙間が大きくなりすぎるばあいはブレーキレバーに付いているアジャスターを緩めて隙間調整して下さいね。 また、新しいワイヤーは初期伸びするため 実際には伸びてないけど 固定したら一番にブレーキレバーを何回か繰り返しギュッとブレーキをかけます。 そのあともう一度ワイヤーをしっかりと張りなおして調整にうつってください。 ワイヤーを張るときの注意はワイヤーをボルトに固定するときにバナナ管が受けにちゃんと収まってるかを確認してから、ワイヤーを引っ張ってボルトを固定してください。 バナナ管が受けに収まってないままブレーキ調整をしてしまうと最終ブレーキレバーの引きしろが大きくなりすぎて、ブレーキがかからずにまた一からの調整になってしまうから。 ブレーキシューのトーインを出す ブレーキシューはリムに平行にして固定じゃなくハの字になるように前すぼみに固定します。 音鳴り解消にも効果があるので、ブレーキ時にキーキー鳴いてしまうなら試してみるといいですね。 トーインの逆でトーアウト 逆ハの字 もありますが基本はトーインです。 自分の手の間隔でトーイン調整もできますが、なかなかうまくできない場合には、ブレーキシューチューナーに頼ってしまう方が簡単です。 チューナーをかませてシューのボルトを少し緩めてリムに押し当てたらボルトを締めて調整終了なので、 便利に使える道具があるなら使ったほうが手間も少なくて済みますしね。 まとめ Vブレーキの調整方法をお伝えしました。 ワイヤーを張り直さなくても、方効き調整はできます。 でもちょっとずつネジを回して調整してください。 ワイヤーの張り直しはシューとリムの隙間とトーインを出す調整 新しく張り替える場合は初期伸びすることと共通してバナナ管が受けに収まっているかを確認してください。

次の