美 少女 図鑑。 鹿沼美少女図鑑 | 女の子の笑顔で街を明るく元気に! | 鹿沼市

美少女図鑑とは

美 少女 図鑑

鹿沼美少女図鑑とは 「 かぬまの女の子が明るく元気に活躍している姿を発信すること。 この街の女の子だからこそ、この街の背景をより伝播できる。 」 というコンセプトのもと、公募やスカウトで集められた地元在中のモデルだけを起用したフリーペーパーとして、年数回発行しています。 美少女図鑑は、全国各地それぞれのローカルによって運営されています。 モデル、カメラマン、ヘアメイク、デザイナー、衣装。 もちろんロケーションだって地元! 街の女の子と地元の名所を掛け合わせ、その街のPR、また地元企業や店舗にもスポットを当てていくこのフリーペーパーは、発行後には瞬く間に手元に渡り、この街から姿を消すことから 「幻のフリーペーパー」とも言われています。 美少女図鑑出身では、二階堂ふみ・黒島結菜・山本舞香・馬場ふみか・桜井日奈子・山田愛奈 などが有名です。 なにより地元のPRガールとして、元気で明るい女の子たちで街を活性化することです。 他県や市外の方々がこの街に訪れた時、一体どの様な "第一印象" を持つでしょうか? 人々が経験したいと思う根本的な感情「楽しさ」 相手に安心感を与え、見ている周りの人までも幸せな気分にさせてくれる「笑顔」 これらが溢れている 【若者で活気のある街】も 素敵なロケーション だと考えます。 鹿沼美少女図鑑チャンネル YouTube動画配信スタート! ここでは最新動画をアップしていきます! 代表の山さんが出演拒否宣言!! 今後はモデルのみなさんにて動画をアップしていきます。 運営 鹿沼美少女図鑑は ACT アクト が運営しています。 ACTは、テレビ、ラジオ、新聞、各企業の広告出演や、クライアント広告の取り扱い、制作など幅広い事業を行っていきます。 二階堂ふみ、桜井日奈子、馬場ふみか、山本舞香、黒島結菜、箭内夢菜など数多くの女優・モデル・タレントを 輩出してきた美少女図鑑。 お問い合わせ・モデル応募はコチラから.

次の

美少女図鑑アワード2020_募集

美 少女 図鑑

それぞれの地域で愛されること。 それが「美少女図鑑」の本道です 「美少女図鑑」は、「札幌美少女図鑑」や「沖縄美少女図鑑」というように、 全国各都市のそれぞれの配布エリア名が冠となる。 これは、「その都市や地域で生活をしている女の子が登場する」という原則に基づく。 そこには「女の子の写真を通して、街の魅力を再発見し、もっと自分たちの街を好きになってほしい」という想いが根底にある。 便利な世の中になり、ネットオークションなどを利用すれば、どこにいても大抵のものが手に入る。 そんな時代だからこそ、もう一度、「自分たちが住む街を意識してほしい」「身の回りにあるものを大切にしてほしい」。 「美少女図鑑」は、それぞれの地域で愛されること、その街だけのオリジナルの存在であることを常に目指している。 美少女モデル=ユーザー(読者)。 人気の秘密は「親近感」にあり 「美少女図鑑」に登場する美少女モデルは、みんなその街の女の子たち。 そして、読者も同じ街の女の子たち。 一般メディアや 全国向けのファション雑誌と「美少女図鑑」が決定的に違うのは、モデルと読者がまったく同じ目線に立っているという事実。 実際、そこでモデルの背景に写っているのは、読者が普段暮らしている街の一角の風景。 モデルもまた自分たち(=読者)と同じようなバックボーンを持ち、同じホームタウンで暮らし、同じようなショップで買い物をしている。 もしかしたら、同じ学校に通っているかもしれない。 まるで、「自分の暮らしている世界がまるごとメディアになってる」というイメージ。 ここに「美少女図鑑」にしかない「親近感」が生まれる。 女の子のために、表現する媒体。 目線は常に女の子とともに 「美少女図鑑」は、地方で暮らす女の子のためのメディア。 「どうすれば女の子がもっと美しくなるか」「どんな表現を選択すれば、一人ひとりの個性が輝き、その子の素晴らしさを伝えられるか」というテーマで作品が撮り下ろされ、すべてのコンテンツが制作されている。 しかし、残念なことに、「美少女図鑑」というタイトルの印象や一方的な先入観から誤ったイメージを抱く男性は少なくない。 ここで断言します。 短期的な売上のために、女の子の肌の露出を増やして男性を喜ばせる、そんな企画に「美少女図鑑」は参加しません。 女性に向けた、そしてその地域が活性化する、そんな企画を定期的にリリースしています。 読者の女の子たちに応援してもらうためにも、そして彼女たちの信頼に応えるためにも、「美少女図鑑」には守り通さなければならない約束がある。 「私も出てみたい」と読者が思えるメディアであり続けます。 女の子の笑顔で街を幸せに。 地域を盛り上げるメディア 多くの都市において、発行後1週間~10日程度で品切れとなってしまうほど人気のフリーペーパー「美少女図鑑」。 最新号の発行日に合わせてパネル展やヘアショーなどのイベントを開催するエリアも多く、各地で同時多発的な社会現象を起こしている。 また、そこに登場するモデルが直接「美少女図鑑」を配布するイベントは多くのファンを集め、モデルと読者の交流の場としても評価が高い。 女の子たちの素直でやさしい笑顔は、確実に街を明るくしてくれる。 現在も、 全国各地で様々なイベントが企画されているが、あくまで主役は読者の女の子。 企業や出資者だけが喜ぶような「女性を商品化するイベント」は決してやらない。 常に「女の子が楽しく参加できる」目線で街を盛り上げる。 それが「美少女図鑑」の大原則。 タレントも輩出。 読者モデルに活躍の場を提供 「美少女図鑑」がきっかけでデビューする読者モデルも増えている。 これまで業界の目が届かなかった地方都市や地域の女の子たち。 各地の「美少女図鑑」に輝ける原石が登場しているかもしれない。 これまで生まれた美少女図鑑出身タレントの代表例は、沖縄からは 、 、鳥取の 、岡山の 、新潟の 、 などなど。 彼女たちは現在、女優として映画やドラマ、CMなどで幅広く活躍している。 地域発の「美少女図鑑」から羽ばたいたタレントは、読者たちの代表。 その街に暮らす人々にとって「自分たちの街から誕生した有名人」だから、地域のみんなが街ぐるみで応援したくなる。 様々なかたちで地域を盛り上げる一助となることに「美少女図鑑」の副次的・社会的な意義がある。 運営は地元企業。 その街のオリジナリティを楽しめる 全国各地で運営されている「美少女図鑑」。 その運営形態で特筆すべき点は、どのエリアも「地元の企業が運営・発行している」ということ。 比較的大きな規模の企業から中小企業に至るまで、放送局、写真館、美容関連企業にデザイン会社など、実に多種多様な組織が日々努力と工夫を重ねて「美少女図鑑」を運営している。 地元の企業が、それぞれの個性をフルに発揮して自分たちだけの「美少女図鑑」を発行している。 それにより、全国どこへ行っても、その街にしかないオリジナルな「美少女図鑑」を楽しむことができる。 制作はすべて地元のクリエイター。 だから本物の街の写真集になる 「美少女図鑑」は、制作・運営者に対し、常に高いクリエイティビティ(創造性)とコンテンツのクオリティ(完成度)を要求するメディア。 そのため制作にはプロのクリエイターが携わる(例えば、実際に誌面作りを行うクリエイティブ・ディレクター、スタイリスト、カメラマン、デザイナーなど)。 この「美少女図鑑」制作スタッフは、どのエリアも「現地のクリエイターであること」が原則になっている。 年齢や性別、職業、参加に至るまでの背景は様々だが「地元のクリエイターが作る」ということに「街の写真集」としての意義がある。 それぞれの街が、その街のやり方で、街ぐるみで創り上げる「美少女図鑑」。 だからこそ、東京の受け売りではない、純粋な「リアルなその街の姿」が表現できるコンテンツがうまれる。

次の

美少女図鑑とは

美 少女 図鑑

概要 [ ] が深刻化した2008年(平成20年)9月15日の以降特に、の費削減が進んだが、を起用してモデル料を圧縮し、さらに発刊頻度および部数を少なくして安価な発刊を実現していた美少女図鑑は、逆に希少から高い注目度を生み、のあると見なされて、急速に日本全国に広まった。 など全国共通のはあるが、ページ数や内容については各地域版毎に異なり、に近いものからと内容的に似ているものまである。 当誌の名称には(FC層:4-12歳の)が含まれるが、にもターゲット読者層にもC層は入っておらず、を好む男性向けでもない。 被写体も読者も広めに見て-層(13-34歳の女性)と考えられる。 上述のような希少性に加え、を好むような男性読者層(MT-)からの注目、さらに2006年に「沖縄美少女図鑑 vol. 4」に登場したが全国でも活躍したことがロールモデルとなり、地方から中央にステップアップを願う地方在住の女性や各界からの注目も集めた。 2008年(平成20年)頃は、マスメディアが「美人すぎる〇〇」「可愛すぎる〇〇」といった表現を使用し始めた時期であり (参照)、(ご当地アイドル)も発達し始めた時期である(新潟初のそれは2003年結成の)。 また、当時の新潟市は、大都市制度「」に移行するため、の特例()を用いて周辺市町村との大規模合併を協議し、実現して政令市に移行するという上げ潮の時期にあたる()。 被写体となる女性は、各出版当事者の知り合いの紹介もあるが、のような偶然性に依存するものだったり、コンテスト形式だったりと、スカウティングは多様である。 コンテスト形式としては、三重美少女図鑑主催『三重シンデレラコンテスト』や、岡山美少女図鑑主催『美少女・美人コンテスト』など、比較的大きくイベント・タイアップで行った例もある。 沿革 [ ] 背景 [ ] 後のでは、のへの注目の他、であるやが注目される傾向があった。 また、ではを対象とした的が開催されるようになった()。 では、以前から若者向けのにおいてストリートスナップが掲載されるコーナーがあったが、『』(1996年(平成8年)創刊)および『』(2000年(平成12年)創刊)における「美少女写真館」 、発祥の地であるの『』の「HIME」 、の『』(2007年(平成19年)創刊)の「」など、地元ではそのコーナーに掲載されることがと言われるようになった。 一方、2000年(平成12年)頃から『』(・・)等や『』()が地域限定のファッション誌として成立し、各々『』()、『』()というテレビ番組をで放送するまでになった。 また、当初は関西限定だったファッション誌の『』が全国展開する例も見られた。 他方、質を上げ、的なを掲載する高級誌のような月刊・季刊のが、各地で続々出版されるようになってきていた。 美少女図鑑の創刊 [ ] そのような中、2002年(平成14年)11月ににある企画会社のテクスファームが『』を創刊した。 同誌は、地元の店やなどを広告主とし、地元の読者モデルや・などのスタッフを用いるところは先行する地域限定ファッション誌と同様だが、で発行したことと、リアル・クローズを着用しながらもののような紙面構成としたことが特色であった。 また、のみを対象とするフリーペーパーとしては発行部数が少なく 、かつ、年数回の発行であったため、市中に出回る期間が短いことが逆に「 幻のフリーペーパー」とのを与えた。 2004年(平成16年)12月には、テクスファームがに沖縄テクスファームを設立し、2005年(平成17年)8月に「」を創刊、初めて新潟県外で美少女図鑑が発刊された。 2006年(平成18年)10月13日には「」を出願し、2007年(平成19年)5月25日登録。 同5月、沖縄美少女図鑑にモデルとして出ていたがと契約し、『』となって中央の媒体に出るようになったため、美少女図鑑の認知度が上がる契機となった。 ライセンス契約による全国展開 [ ] 2008年(平成20年)4月には『』が創刊。 これは、テクスファームのグループ会社ではない会社が発行する、初めての美少女図鑑となった。 同2008年(平成20年)9月からは、各地域で『美少女図鑑』を発行する契約企業の募集を始め、日本各地で『美少女図鑑』が発行されるようになった。 このとき、契約企業は各毎に1社のみとした。 2009年(平成21年)7月現在、ライセンス契約企業を募集していないを除く、46道府県で『美少女図鑑』が発行される予定となっている。 メディアとのコラボレーション [ ] 新潟県では『新潟美少女図鑑』と連動した『』というが、フジテレビ系列ので2009年(平成21年)4月10日から第2・4金曜の深夜に放送された。 また、同年6月6日公開の『』に二階堂ふみが出演し、『』のモデルが2010年(平成22年)に公開されたオムニバス映画『』、2011年(平成23年)には『シリーズ』にも出演。 ではテレビ・ラジオで展開。 ラジオは『札幌美少女図鑑』と創刊とほぼ同時に開始され、同誌と連動したの同名ラジオ番組 が放送され、その後で『札幌美少女図鑑R』を放送している。 テレビはでミニ番組『札幌美少女図鑑. tv』を2009年(平成21年)10月23日からに放送している。 また、主催の「旭川歌姫発掘プロジェクト」というボーカルオーディションを開催しがグランプリ受賞。 2010年(平成22年)からにて水曜日に出演中。 2009年11月にはエイベックスのコンピレーション・アルバム「」の に各地(2009年(平成21年)11月12日時点では、札幌、横浜、新潟、名古屋、大阪、鹿児島。 以降順次)のモデルが起用された。 宮城県では、などで選ばれた10人で『仙台美少女図鑑・歌組』が結成され、全国の美少女図鑑の中で初めて2010年(平成22年)4月28日に・デビューした。 また、『別冊・美少女図鑑』が購入者特典として配布され、各道府県ごとに発刊されている美少女図鑑では初めての地方ブロック版が発刊された。 『』はのが発行しているが、にはの各種フリーペーパーやの『』などがある。 また、『新潟美少女図鑑』は、2008年(平成20年)6月15日に『』、12月23日に『』、2009年(平成21年)7月11日に『』など、ではフジテレビにおいて多く特集されている。 2010年(平成22年)8月21日には芸能プロダクションとコラボレートしたオーディション『美少女MUSEUM 2010 ファイナルステージ』が開催。 グランプリ受賞者は、1年間の美少女図鑑モデルとして活動の後にプロダクションバックアップによる芸能活動予定。 第2回開催も予定されている。 一覧 [ ]• の順で記載。 各地域版ともサイズのフルカラーである。 (東京都を除く)46で発行済み、または、発行が決まっている。 発行元の所在地が、対象道府県のに無い場合は括弧書きで付記。 各道府県1社に限定された発行元が、同じ道府県内の別の地域名を冠して発行している美少女図鑑も付記。 (産経宮崎新聞社)• (オンライン 2015年5月15日)• (テレビドラマデータベース)• (「九州の本」 2009年5月31日)• (あわわ)• (『』)• (『』 2008年10月12日放送)• (フリーペーパー. jp)• (コミュニケーション研究所 2009年7月11日)• ( 2010年4月6日)• 登録番号 第5050019号• ( 2009年7月10日)• (新潟総合テレビ)• 2009年11月9日、サンケイスポーツ• ( 2010年4月6日)• ( - 32RECORDS)• ( 2010年4月22日)• 時事ドットコム 2010年8月22日• (天神経済新聞 2009年7月16日)• 別冊沖縄美少女図鑑 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の