仏壇 の 鐘。 仏壇の鐘は意外と知らない人が多い!仏壇の鐘の正しい使い方を紹介

仏壇にあげるお線香の本数と鐘を鳴らす回数 お墓参りには何本? | 知恵の焦点

仏壇 の 鐘

「チーン」となる仏具、叩き棒の正式名称は チーンと鳴らす仏具の名称はお鈴ですが、その横においてある叩き棒の名称は何と言うかというと、あれは鈴棒(りんぼう)、または撥(ばち)、と言います。 この鈴棒(りんぼう)でお鈴の縁をチーンと叩いてお経の区切りの合図やリズムを取る意味で使われています。 チーンと鳴らすお鈴は金で出来た物もある お鈴の材質は大抵が真鍮製のものが多いが、中には驚きの金でできたお鈴もあります。 一般に仏壇で使われる鈴は、鉢状か壺状をしており、大きさも二寸三分(約7cm)から五寸(15cm)程度の大きさのものが用いられていますが、寺院用では直径が6寸以上のものを用います。 仏壇用で無くて、お寺にある大きいのは? 家庭で用いるのは、お鈴ですが寺院用のは大きさも違うのと、色も違います。 また名称も磬子「けいす」または「きんす」といい、お鈴と違って色も黒く、漆を塗っており、縁も厚くなっています。 この磬子の場合、叩くとチーンという可愛い音でなく、ゴーンと低い音が長く続きます。 鳴らす回数など、マナーを確認しましょう 「チーン」とならす回数は? お鈴を鈴棒で叩く回数は、特に決まっていません。 「これからお参りします」と、ご先祖に気持ちが届くようにチーンと鳴らしましょう。 1回でも2回でもかまいません。 要はあなたの気持ちが大切なのです。 回数については決まっていませんが、間違っても乱暴な叩き方はいけません。 チーンと鳴らす時の注意について お鈴を鳴らすときは、上から叩くのではなく、本当は横から叩くのが作法です。 鈴棒を逆さにして、親指と人差指で挟んで、軽くお鈴の上の縁を左から振り子を振るように叩くと、チーンといい音がします。 また、周りに置いてある線香や、ろうそくに触ることなく叩けて安全です。 仏壇でお鈴を鳴らすことの意味は? 仏壇でチーンとお鈴を鳴らすことの意味は、仏壇におられるご先祖さまへの挨拶です。 朝、学校や会社にでかける時にも、鈴をチーンと鳴らして手を合わせて「おはよう御座います、今日も行ってきます」と挨拶をして出かける事で、その日の無事を先祖にお願いして出かけるのです。 仏壇にご飯をを供えるときにもチーン お鈴をチーンと鳴らすのは、なにもお経をあげたり、外出や帰宅した時の挨拶だけではありません。 仏壇に朝のご飯を供える時や、お彼岸やお盆にお供えをするときなどにも、チーンと叩いて「今からお供えをしますので、どうか召し上がってください」と念じながら手を合わせご挨拶します。 仏壇の前のお鈴にも色んな形があります お鈴にも様々な形の物があります。 一般的には、お鈴台の上に乗ったお椀の形をしたお鈴を能く見かけますが、それ以外にも手で持ち、軽く横に振って鳴らす形のお鈴や、おわん型ではなく球形のものまであります。 現在の住まいに合わせたモダンなお鈴です。 仏壇以外での使い道は? お鈴は仏壇以外では使いません。 このお鈴はお寺での木魚と同じ働きで、お経をあげる時などに、このお鈴を叩いてリズムをとっているのです。 宗派によっては手に持って振り子のように鳴らすお鈴もあります。 密教ではこれを鈴(れい)といい独鈷鈴(どっこれい)や三鈷鈴(さんこれい)があります。 チーンと効果音として使われる事も 仏壇の前に置かれているチーンと鳴らす仏具のお鈴は、効果音として使われる事もあります。 実際にお鈴の音は心に落ち着きをもたらお鈴す音色です。 心が乱れた時や、落ち着かせたい時などは、仏壇の前に座して、お鈴をチーンと鳴らして黙想すると心が穏やかになります。 色が変ってきたお鈴の手入れ方法は? お鈴を長く使っていると、酸化して黒ずんできます。 これは、お鈴が真鍮でできている為に起こる現象です。 このお鈴の黒ずんだ汚れは、金属磨き粉を使うと綺麗に蘇ります。 仏具屋さんや、ホームセンターなどでも売っているので時々磨いてあげると喜ばれると思います。 まとめ カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

仏壇の線香のあげ方は?線香を折るの?鐘は鳴らすもの?

仏壇 の 鐘

仏壇には、りんが付属していることが多いでしょう。 漢字では鐘と書く事もあれば、鈴と書く事もあります。 そんな鐘はどんな役目があるのでしょうか。 鐘は、お経を読んでいるときにならす梵音具の一種であり禅宗で使われていましたが現在では全ての宗派でつかわれています。 形はいろいろありますが、鉢状になっているものが多いでしょう。 また、宗派によっては鐘を置く台に指定がある場合もあります。 鐘を購入する時は実際に仏壇屋に行って大きさやデザインを見てから購入をしましょう。 衝撃を和らげるための鐘布団を同時に購入する人も多いでしょう。 御仏壇用に購入する場合は、7センチから15センチのものが主流となっています。 伝統的な鐘は黒や漆が施されており深い色合いとなっています。 しかし寺院で使用する鐘は自宅用よりも大きく18センチ以上のものがほとんどとなっています。 鐘は、毎日使うようにしましょう。 基本的には、独協の開始と終わりの合図でありごっきょ宇宙も調子を取るように叩く場合があります。 宗派によっての鐘の違いは、たとえば浄土真宗の場合は鐘を鐘布団に置いて鐘台に固定して使います。 鐘台は六角形もしくは丸型のものを使用しています。 真宗大谷の場合は、金襴輪の上に置いて台に固定します。 鐘台は四角形になっていて鐘布団の変わりに使いましょう。 その他の宗派では、鐘について特に指定はありません。 そのため仏壇屋に行き自分の自宅や仏壇に合うものを探してみては如何でしょうか。 鐘は、大きさやメーカーによって音の美しさが違います。 そのため購入をする時は、外観や大きさだけではなく音を鳴らして聞いてから購入をすると良いでしょう。 軽くたたくだけでも響きの違いがわかります。

次の

仏壇の鐘(かね)=仏具の鈴(リン・りん)の役割と鳴らし方

仏壇 の 鐘

もくじ• ですが、実はおりんは 鳴らさなくていいんです。 もう1回言います。 おりんは鳴らさなくていいんですよ。 何回説明しても、なぜかみんな仏壇の前に座ると 鳴らしたくて鳴らしたくて仕方がなくなる不思議な道具なんですよね。 鏧 キン ・鈴 リン ・おりんは合図の楽器だ! 鏧(キン)・鈴(リン)・おりんというのは お経や正信偈など読経する時に合図をだす「楽器」なのです。 (以下まとめて「おりん」と表記します。 「おりん」を打つ時というのは、読経をする時。 「おりん」を鳴らすのは 読経する時です。 お仏壇の前で手を合わせるだけ、少しお参りするだけ、みたいな時は 鳴らす必要はありません。 「南無阿弥陀仏」とお念仏していただいたら結構です。 どうしても鳴らしたくて鳴らしたくてしょうがないのであれば、そのあとお経や正信偈などを読むようにしましょう。 おりんは法要の途中でも打ちます。 読経をしているときに途中でも「おりん」を打つことがあります。 法要の時に読むお勤めは大雑把にいうとイントロ・サビ・アウトロみたいに種類の違うものが組み合わさってプログラムが組まれています。 その区切りとなるところで「ここで打つ」という場所が決まっています。 でもそれは 「ここが一区切りですよ」というのをお知らせしている音なんです。 おつとめの途中に鳴らすこともある。 おりんは合掌の合図ではないんです。 読経の途中におりんを鳴らす時にお坊さんとして内心ちょっと申し訳ないなと感じていることがあります。 それは お参りに来ている人達をなんども焦らせて合掌させてしまうこと。 法事の時など、途中で「おりん」の音が鳴るたびにみんな焦って何回も合掌するのですが、そういう 手をあわせてくださいという合図ではないんです。 お勤めをしながらその様子を感じてこちらも申し訳ないな〜と思っているんですが読経の途中だと説明もできないんですよね。 合掌のタイミングは、 最初とお勤めが全て終わったときの2回で結構です。 お勤めの最初と最後には導師が合掌して礼拝するので、そのタイミングにあわせて一緒に手をあわせて頂いたら良いかと思います。 家庭用の「おりん」は万能選手 実はおりんは お寺で使う楽器をたったひとつですべてカバーしているんです。 「おりん」が役割を担っているお寺の道具を紹介していきますね。 大鏧(ダイキン) 仏説無量寿経など主にを読むときに使います。 平鏧(ヒラキン) 日常のお勤めに使うことが多いです。 讃仏偈・重誓偈の動画ではこの平鏧を使っています。 磬(ケイ) 内陣でこの台座の畳の上でおつとめをする時に導師が使います。 写真左手に房のついた赤い紐でぶら下がっているケイバイというバチでうちます。 お寺の法要では内容や役割によってこれらの道具を使い分けており、それぞれ決められた場所で打ちます。 これらのすべての楽器の役割をひとつでこなしているのがお仏壇の前にある「おりん」なのです。 「おりん」の鳴らし方まとめ このように おりんはお勤めの合図として使う道具です。 ですので「おりん」を鳴らすだけというのはお参りをしたことにはならず、 僧侶から見たらすごく気持ち悪い変な状態なのです。 お店の自動ドアの前に立って、ドアだけ開けて中に入らず帰って行くみたいな。

次の