バイオレット スネーク ヘッド。 スネークヘッドの特徴と飼育方法!おすすめの種類や混泳、餌、寿命はどのくらい?

スネークヘッド 40cm ~ の種

バイオレット スネーク ヘッド

並び順:• 販売価格:16,500円(税込)• 販売価格:6,380円(税込)• 販売価格:6,380円(税込)• 販売価格:22,000円(税込)• 販売価格:30,800円(税込)• 販売価格:17,600円(税込)• 販売価格:7,480円(税込)• 販売価格:8,800円(税込)• 販売価格:8,800円(税込)• 販売価格:12,100円(税込)• 販売価格:13,200円(税込)• 販売価格:8,800円(税込)• 販売価格:6,930円(税込)• 販売価格:5,500円(税込)• 販売価格:9,900円(税込)• 販売価格:15,400円(税込)• 販売価格:2,640円(税込)• 販売価格:3,080円(税込)• 販売価格:30,800円(税込)• 販売価格:30,800円(税込)• 販売価格:30,800円(税込)• 販売価格:13,200円(税込)• 販売価格:49,500円(税込)• 販売価格:16,500円(税込).

次の

長期飼育のポイントは水温管理 : ユニアクブログ

バイオレット スネーク ヘッド

光の角度などで、金色に輝き、ベースの紫はより美しくなる綺麗なスネークヘッドの代表です。 ある意味、どちらも的をえているので、どちらの呼称でも良いでしょう・・・? もっと見直されても良いほど、スネークヘッドの中でも1、2を争う美しさを誇り、個体差はありますが、どれもハズレの無い美しい種です。 飼い込んで、より美しさに磨きをかけてください! 古くは本種が『チャンナ・アンフィベウス』とされていました。 それが誤解を招いてるのか、未だ「大型種だから飼育できない」という声も多く聞きます。 古い書物ではMAX90cmと記載されておりますが、これは、「アンフィベウス」を指してのことだと思われます。 実際は30~40cmの中型種で、広いに越したことはありませんが、それほど大きい水槽を用意しなくても飼育可能といえるでしょう。 紹介時に比べ、お手頃価格になってしまったこともあり、注目度はやや低めなのが実際なのですが、アンフィベウス バルカ にも負けない美しいスネークヘッドなのではないでしょうか。 もし、本種が希少な種で、入手困難だとすると、高額であろうとも飼いたいと思う方も多くなるのでは?? なんて思ってしまいます。 擦れや傷があっても基本的に完治するレベルのものをお出し致しますので、ご容赦下さい。

次の

あくあしょっぷ石と泉 / バイオレットスネークヘッド 約12cm

バイオレット スネーク ヘッド

今回も青みの強い極美個体を厳選してきました!外見はレインボースネークヘッドによく似ていますが、背ビレと尾ビレの模様の入り方で判別できます。 また穏和なレインボースネークとは異なり、同種で争う傾向がかなり強い種類なので混泳には注意が必要です。 生息地から推測すると本種もかなりの低温を好むのではないかと思います。 上に挙げた3種をはじめとするインド・ブラマプトラ水系に生息するスネークヘッドは15~20度ほどの低水温を好む傾向があり、高水温で長期飼育していたり、この時にあまりカロリーの高い餌を与え続けていると細菌性感染症にかかりやすくなります。 そのため代謝が落ちる夏の間は冬眠ならぬ夏眠(極力エサを少なくして暑さを凌ぐ)をとらせるのがベストだと考えます。 ちなみに、夏の間もクーラーなどを使いずっと15~20度で飼育するのはどうなのかというと、実はコレもベストとは言えません。 なぜなら、生息地によっては夏場には水温が30度まで上昇する地域もあるからです。 インド・ブラマプトラ水系産スネークの飼育方法、特に水温に関するこれらの情報は私自身の過去の経験とネット上で見られる海外のスネークヘッド愛好家の飼育方法に関するやりとり、そして最も有益な情報として月刊アクアライフ2015年9月号に掲載されたバイオレットスネークヘッドの繁殖に関する記事によるところが大きいです。 ここにご紹介したのはあくまで現在の私がベストと考える飼育方法です。 今後も新しい情報を得られ次第ブログでご紹介していきたいと思います! ・.

次の