アナル ティクス。 Googleアナリティクスの使い方講座。初心者でもすぐ…|Udemy メディア

まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方【絶対保存版】

アナル ティクス

使用目的 [ ]• サイト訪問者の動向を把握することで、訪問者の欲求を知り、サイト内の人気ページや不人気ページ、問題のあるページを知り、サイトを改善することで訪問者の満足を高め、訪問者数を伸ばす。 商用サイトであれば業務に寄与し、サイトであれば収益を伸ばす• と連携させ、Ad Planner内でAnalysticsの実測データを公開することで、広告主に対し広告出稿に際する検討用により正確なデータを提供できる アクセス情報 [ ] 利用者と対象サイトを登録して対象サイト内にタグ埋め込むことで、基本的なアクセス情報として以下のものが入手できる。 訪問者数• 閲覧ページ数• 滞在時間・訪問回数・訪問頻度• 訪問者のサイト内移動経路• 訪問者の• 訪問者の来訪前経由サイト• 訪問者の最初に開いたページと最後に開いたページ• 訪問者の使用PC等の、の種類、回線の種類、、アクセスしてきた国・地域• 広告クリック数と収益 動作形式 [ ] Google Analytics(以後「GA」と表記)では、タグ埋め込み型やWebビーコン型とも呼ばれる手法を用いている。 タグ埋め込み型 対象サイト内にGAへのタグを埋め込んでおく。 訪問者が対象サイト内を移動することで訪問者のPCから閲覧情報がGAサーバーへ送信される。 Webサーバー側で訪問者のを収集しておく「サーバー型」や、ネットワーク上のを取り込んで分析する「型」のように、専門知識や専用装置が必要なく容易に導入できる。 無料範囲 [ ]• 広告などは一切表示されない• 1,000万ページビューまでが無料である• データ保持期限は無制限に設定できる 対象サーバーに起因する制限 [ ] ブログサービスの中には、ブログ側でGAのトラッキングタグを埋め込むことが出来ないものがあり、GAを利用できない。 「」「」「」「」「」「 」では使用できず、「」ではベーシックとプラスで利用できない。 注記 [ ] [].

次の

アナリティクスアナルティクス問題

アナル ティクス

Googleアナリティクスとは? Googleアナリティクスとは、 Googleが提供するアクセス解析ツールです。 基本無料で使えます。 後に説明するように有料版もあるのですが、基本的には無料版でOKです。 Googleアナリティクスでは、登録したサイトのユーザーの行動に関するデータがわかります。 例えば、 「サイトの訪問者数はどれくらいか」 「訪問者はどこから来たのか」 「使われたデバイスはスマホかパソコンか」 などのデータを計測することができます。 なお、データ計測のためにはトラッキングコードと呼ばれるJavaScriptのコードをページに組み込みます。 ユーザーがページにアクセスするとこのコードが実行されてGoogleのサーバーにデータが蓄積され、それをGoogleアナリティクスで計測しています。 上記のデータをチェックすることで、自分のサイトの良い点や悪い点が見えてきます。 たとえば、「スマホユーザーが多いからスマホ専用サイトを作ろう」など施策を考えることができます。 また、施策の効果を確認することもできます。 たとえば、「Facebook広告を打ったがそこからの訪問はどれくらい増えたのか」といったデータをGoogleアナリティクスでチェックできます。 1 「ユーザー」メニュー まずは「ユーザー」です。 このメニューでは、サイトの訪問数 セッション数 やページビュー数、使用しているデバイスなど、ユーザーに関する幅広いデータを見ることができます。 まずは「概要」をクリックしてみてください。 アクセス解析において、まずはこの「概要」ページでサイト全体の訪問者数を確認することがはじめの一歩となります。 その後ページ毎の分析の際にも、サイト全体の平均と比べてどうなのか、という視点が大事です。 アクセス解析において最もお世話になるのがこの「概要」メニューと言っても差し支えないでしょう。 ここではユーザーの使用しているデバイス パソコン・スマホ が何なのかがわかります。 この項目をきちんとチェックすることで、施策の優先度を見極めることができます。 たとえばスマホユーザーが多いので、スマホ用サイトを優先的に改善するなどの意思決定ができます。 スタンダード版との違いは? ひとつは、 手厚いサポートがつくということです。 緊急時の時間外対応含むお客様窓口、導入設定サポート、教育トレーニングなど、無料版にはない支援が受けられます。 もうひとつは、 機能の制限の緩和です。 スタンダード版では、月間ヒット数の上限が1000万ヒットまでで、データの処理もサンプリングデータが使われていました。 これに対して有料版では上限が基本10億ヒットまでに緩和され、データも非サンプリングデータが用いられます。 有料版では大規模サイトをより正確に分析することができるというわけです。 どちらを導入すべき? それではGoogleアナリティクスはスタンダードとプレミアムどちらが良いのでしょうか。 結論から言えば、 サイトの規模と目的によるが、普通はスタンダードで充分です。 スタンダード版の月間1000万ヒットというのはかなりの規模なので普通のサイトでこの上限を超えてしまうことはまずありません。 以上の通り、 Googleアナリティクス導入時に迷った時はひとまずはスタンダード版を使ってみてください。 そこで足りないところを感じたら必要に応じてプレミアム版に切り替えていくことがオススメだといえます。 Googleアナリティクスのデータを最大限活用したい方へ 以上、Googleアナリティクスとは何か、導入手順から使い方までわかりやすく解説しました。 今後、Googleアナリティクスのデータを有効に活用して、ウェブサイトの運営に役立てましょう! しかし「これから分析を勉強するのは大変そう... 」「忙しくて分析まで手が回らない... 」という方もいらっしゃると思います。 そこでオススメなのが弊社サービスのです。 AIアナリストは、Googleアナリティクスのデータを自動でレポート化し、分析をします。 さらに、その分析に基づいた改善の提案まで行ってくれます。 CV数を増やすためにはどこを直せばいいのかを、人工知能が自動で教えてくれるのです。 無料で登録できますので、最小限の工数で最大限Googleアナリティクスを活用したい方は是非利用してみてはいかがでしょうか。

次の

Google Analytics

アナル ティクス

Googleアナリティクスを始めるには Googleアナリティクスを活用することで、Webサイトを訪れるユーザーの満足度を上げ、コンバージョン率の改善に役立てることができます。 まずGoogleアナリティクスのメリットと設定方法を具体的に説明します。 Googleアナリティクスを学ぶメリット Webサイトを運営する人にとって、重要項目の筆頭が 「コンバージョン」です。 コンバージョンとは日本語で「変換」「転換」を意味しますが、 Webの世界では「成果」を意味します。 何をもって「成果」とするかは、Webサイトの特性によってさまざまです。 ネット上で商品などを取引することをEコマース(EC)と言いますが、ECサイトにおいては商品などが購入されることが成果、コンバージョンでしょう。 企業のWebサイトの中には、資料請求や問い合わせ、求人への応募といったことをコンバージョンとして設定しているところもあります。 Webサイトの担当者は、少しでもコンバージョン率を上げることを目的に日々サイトを訪れるユーザーの分析を行っています。 そのときにツールとして使われるのがGoogleアナリティクスです。 Googleアナリティクスは主にWebサイトのアクセス解析に活用されます。 Googleアナリティクスを学んで使えるようになると、 ユーザーが何を求めて自社サイトを訪問したのか、サイト上のどこをよく見ているのか、ユーザーの満足度を上げてコンバージョンに結びつけるにはどうすれば良いのかといった点を分析することができます。 それがGoogleアナリティクスのメリットです。 Googleアカウントの作成 Googleアナリティクスを始めるにはGoogleアカウントが必要です。 Googleアナリティクスのトップページからログインまたはアカウントの作成をしましょう。 Googleアナリティクスに申し込む際にアカウント名、ウェブサイト名、ウェブサイトのURLの3つが必要となります。 アカウント名は任意のものなのでご自身で決めてください。 ウェブサイト名はアナリティクスを使いたいウェブサイトのタイトルです。 トラッキングコードの取得 申し込みが完了したらGoogleアナリティクスのサインインページにトラッキングコードが表示されます。 「ウェブサイトのトラッキング」と書かれているところにあるコードです。 ・トラッキングコードとは? トラッキングコードとはWebサイトを閲覧した人の情報を取得するためのコードのことです。 このコードをWebサイトに 埋め込むことによってアクセス解析が可能になります。 ページごとの訪問者数やどんな検索ワードを使ってアクセスしてきたかなど、SEOに役立つさまざまな情報を知ることができます。 トラッキングコードの設置 トラッキングコードをコピーして、Webサイトの編集画面に行き、解析したいページのヘッダー内に貼り付けます。 ヘッダーとは文字通りWebサイトの頭の部分で、コードでは で始まり で終わっているところです。 Googleアナリティクスのサインインページには トラッキング IDというものが発行されています。 WordPress、GoDaddy、Wixの3つに関してはトラッキング IDを設定することで解析をすることができます。 Googleアナリティクスの基本的な使い方 トラッキングコードをサイトに埋め込んだところで、次はGoogleアナリティクスの基本的な使い方を解説します。 基本用語 まず、アクセス解析の基本的な用語を押さえましょう。 ・セッション セッションとはWebサイトの訪問者のことです。 1人の訪問者がWebサイトを閲覧すれば、セッション数は「1」とカウントされます。 ただし、いったん離れて30分以上経過した後でまた同じサイトを訪問すると、セッション数は「2」となります。 ・PV PVとは「ページビュー」という意味で、閲覧されたページの数です。 1回のセッションで5ページ閲覧したら、PVは「5」になります。 ・平均セッション時間 平均セッション時間は訪問者がサイトに滞在した時間の平均です。 ・直帰率 1ページしか閲覧されなかったセッションの割合のことです。 直帰率が高い場合は、サイトがユーザーニーズに合っていないか、デザインや操作性に問題がある可能性があります。 ・オーガニック検索 オーガニック検索はGoogleなどの検索エンジンにクエリを打ち込んで表示された検索結果画面のことです。 基本的な使い方・見方 Googleアナリティクスの基本的な使い方をご説明します。 Googleアナリティクスにアクセスして、ログインします。 初めてログインしたときは、「お知らせの設定」で、Googleの新サービスについてのお知らせ設定画面が出てくるので、「設定を保存」をクリックして、進めてください。 ホーム画面でアクセス解析したいWebサイトの「すべてのウェブサイトのデータ」をクリックすると、ユーザーというレポートのサマリーが表示されます。 初めは直近1カ月のデータが表示されますが、 アクセス解析したい期間を指定することができます。 ・アクセス解析レポート期間の指定 まずレポート期間の指定です。 アクセス解析画面右上の日付から期間を指定することで、知りたい期間のデータを見ることができます。 ・ユーザーレポートのサマリーの見方 サマリーとは直訳すると「概要」という意味です。 見たい期間のデータを指定してみましょう。 「特定の1日だけ」「1週間」など、調べたい期間を指定することで、その期間のデータが表示されます。 グラフ左上の選択ボタンで知りたい項目を選べば、その数値の推移をグラフでわかりやすく知ることができます。 ほかにも アクセスしたユーザーの国や地域、ChromeやSafariなど、どのブラウザから見られているか、iOSやAndroidなどのOSの種類も分析できます。 Googleアナリティクスを実際に使ってみよう! 最後にGoogleアナリティクスを使ったアクセス解析の手順を解説します。 どのページに、どのキーワードで訪れているかを調べる 「 集客」のレポートでは、ユーザーがどこからそのサイトにやってきたかを知ることができます。 左側のメニューの「集客」という項目をクリックし、開いた詳細から「サマリー」を選びます。 そして表示されたページから「Organic Search」を選びます。 Organic Searchは先ほど解説したオーガニック検索のことです。 ここでどんな検索キーワードでサイトを訪れているのかを一覧で見ることができます。 現在アクセスしているユーザー数を調べる 「リアルタイム」レポートを利用します。 左側のメニューの「リアルタイム」という項目をクリックし、開いた詳細から「サマリー」を選びます。 現在サイトに 訪問している人数や、そのユーザーがPCや携帯など、どの端末でアクセスしているかが反映されます。 Googleアナリティクスを活用して、ユーザーの行動を浮き彫りに 今回は、Googleアナリティクスのメリットや活用法をご紹介しました。 Webサイトでは訪問者の顔が見えないので、ユーザーがどんな気持ちでサイトを見ているのか、なかなか把握できません。 問い合わせなどをしてくれればいいのですが、ほとんどの人は無言で去っていきます。 何を探しているのか、どんな不満を抱えているのか、予想して対処するしかないのです。 そんな訪問者の気持ちを浮き彫りにできるのがアクセス解析であり、そのためのツールがGoogleアナリティクスです。 Googleアナリティクスを活用して、ユーザーニーズに応えられるWebサイトを目指しましょう。

次の