ノース フェイス ホワイト レーベル。 【韓国】ノースフェイスが安い!「ロッテアウトレット店」の場所や値段は?|ピースブログ

韓国ノースフェイスのホワイトレーベルって偽物ですか?店舗や場所もチェック

ノース フェイス ホワイト レーベル

韓国旅行に行く予定だけど、「どこで服を買って良いかわからない方」「ノースフェイスが好きな方」などの方に、 役立てて頂けます。 私が韓国旅行に行った際は、必ず行っている、 オススメの「 ノースフェイス明洞店」について、詳しく解説したいと思いますので、 最後までご覧頂ければ幸いです。 ノースフェイス 明洞店(韓国)について 韓国にも「ノースフェイスの店舗」は数多くあります。 その中でも、「ノースフェイス明洞店」は、 「 圧倒的な品揃え」「 圧倒的な店内の広さ」「 充実したサービス(カフェ・刺繍サービス)」などの特徴があり、 韓国ノースフェイスを充分に堪能することができます。 「ロッテ(LOTTE 」や「新世界(SHINSEGAE 」といった百貨店でも取り扱いはありますが、 ストア面積が狭いこともあり、取り扱っている商品数は少ないです。 また、店舗によっては「キッズサイズ」「ノースフェイスホワイトレーベル」の取り扱いがないこともあるため、 あまりオススメはできません。 限られた時間の中での買い物となると思いますので、無駄足にならないよう、 迷わず、「 ノースフェイス明洞店」に行くようにしましょう。 ノースフェイス明洞店の場所・営業時間 ノースフェイス明洞店は、 「 地下鉄明洞駅(4号線) 2番出口」を出れば、建物の目の前に到着します。 ビル1棟がノースフェイスの建物で、看板も大きいため、 すぐに見つかると思います。 詳細な場所は、以下の地図の通りです。 明洞の繁華街からも近く、必ず立ち寄れる場所にあリます。 (釜山旅行除く) 営業時間:「 10時30分〜21時(カフェ含む) 」 休日:「 旧正月・秋夕 チュソク の当日」 となっています。 明洞の周りの店は、服屋でも「22時・23時まで」営業している店は多いですが、 「21時まで」のため、 夜遅い場合は、優先してノースフェイスに行くことをオススメいたします。 また、年末年始なども普通に休みなく営業していますので、年末年始の旅行の際も買い物できます。 フロア案内 フロアは「B1F〜3F」まであります。 日本のノースフェイスでも、ここまで大きい店舗はないため、 「ノースフェイス好きな方」は、初めて行く時、非常にワクワクすると思います。 笑 3F: ノースフェイスカフェ・一部アイテム販売あり 各フロアは、以上のようになっています。 では、「1フロア」づつ、詳細に解説していきます。 B1F:ノースフェイス アウトドアアイテム・キッズアイテム B1Fは、「アウトドアアイテム・スポーツアイテム・キッズアイテム」中心に取り扱いがあります。 フロアは、非常に広かったです。 トイレもあるので、助かります。 テント・手袋などのアウトドアアイテムやゴアテックスアイテムなども数多く売られていました。 日本でも大人気の「ヌプシジャケット」も普通に販売されていましたし、 日本定価より1万円ほど安かったです。 また、韓国選手のオリンピックユニフォームとして、使用されていたこともあり、 ユニフォームのレプリカなども販売されていました。 このフロアで、最もオススメなのが「キッズアイテム」です。 別の記事でもオススメしていますが、韓国ノースフェイスのキッズは「 160cmまでサイズの取り扱い」があり、 成人女性でも普通に着用できるサイズとなっています。 上記の商品画像の右上・左下は、キッズアイテムです。 右上は「キッズのヒマラヤンパーカ」で、日本でも大人気「バルトロライトジャケット」とほぼ同じアイテムです。 それが、キッズであれば4万円ほどで購入できます。 左下のフリースも全て、1万円ほどで購入ができます。 キッズアイテムだから、安く購入できるのです。 上記の写真をご覧いただければ、分かる通り、 ノースフェイスのダウンジャケットでも人気商品である「ヌプシジャケット・バルトロライトジャケット・マウンテンダウンジャケット・ヒマラヤンパーカ(限定アイテム 7 Summits Collection)」などの取り扱いがあります。 このように、日本では即完売の人気アイテムも普通に販売されていますので、必ずチェックしましょう。 「バルトロライトジャケット・マウンテンダウンジャケット」に関しては、 日本のノースフェイスから輸入して販売しているため、関税などの関係で、日本定価よりも高いです。 参考までに「バルトロライトジャケット」は、日本定価60500円ですが、定価8万円ほどでした。 1Fには、 ノースフェイス明洞本店限定のサービスの「カスタムバー」が店内に設置しており、購入したノースフェイスのアイテムにその場で刺繍やワッペンを入れてくれます。 ワッペンや刺繍によって、料金が異なりますが、1箇所につき「日本円で500円前後〜1000円前後ほど」でカスタムすることができます。 時間は、混み具合にもよりますが「1時間ほど」あれば出来上がります。 イニシャルなども入れることができますので、韓国旅行の思い出にオリジナルアイテムを作成してはいかがでしょうか。 また、韓国ノースフェイスは、ユニセックスのアイテムも多いため、ペアルックなどもできますね。 2F:ノースフェイスホワイトレーベル 2Fは、「ノースフェイス ホワイトレーベル」の商品を取り扱っています。 ホワイトレーベルについては、以下の記事で詳細に解説していますので、併せてご覧ください。 ホワイトレーベルは、韓国限定のブランドになるため、こちらのフロアの商品は全て韓国限定アイテムです。 ホワイトレーベル限定の「レザーのヌプシジャケット」も販売されていました。 Supremeコラボを思い出しました。 笑 また、ホワイトレーベルはユニセックスのアイテムが多いため、 夫婦やカップルで来た方は、ペアルックもオススメです。 ペアルックで購入して、1Fのカスタムバーで刺繍を入れるのもオススメですよ。 その他オススメポイント ノースフェイス明洞店限定のTシャツも運が良ければ、販売されています。 こちらのTシャツは、明洞店の店員さんのユニフォームとして使用されているもので、 限定感が非常に強いアイテムなので、お土産にもオススメです。 価格も3000円ほどで購入しやすいです。 また、明洞店で購入すれば、店舗限定のショッパーに入れてくれます。 このショッパーも限定感が強く、ノースフェイスファンにとっては嬉しいと思います。 オンライン販売店舗案内 韓国ノースフェイスは通常、韓国旅行に行かないと手に入りませんが、 ノースフェイスホワイトレーベルを取り扱っている楽天ストアがありますので、紹介いたします。 現地で買うよりは、高くなりますが、 観光旅行にわざわざ行かなくても買うことができるので便利です。 国内のノースフェイスの購入検討をしている場合は、以下のストアの ホワイトレーベルの商品と比較してから購入するのがオススメです。 この記事を見て、欲しいと思った方は、 在庫がなくなる前に購入することをオススメします。 後日、「ノースフェイスの韓国アウトレット」について記事を書く予定なので、その際はまた見て頂ければ幸いです。 私のツイッターでは、ノースフェイス人気アイテムの販売・予約・抽選情報なども発信していますので、是非、フォローお願いします。 【無地パーカー プルオーバー オススメ】 以下のストアのプルオーバーがオススメです。

次の

【韓国限定】ノースフェイス ホワイトレーベル明洞店で買ったもの【ちょっと安い】

ノース フェイス ホワイト レーベル

購入したフリースジャケット。 公式サイトで見ると89000ウォンなので、セールで2割引くらいだったみたい。 ハンガーにかけて写真に撮るとものすごくダサい。 着るといい感じです。 ちなみにショップではダウンベストなんかもかなり安かった記憶。 Tシャツはモノによるけど割と普通の値段だったので、一目惚れしちゃった程じゃなきゃ微妙かもしれません。 Amazonで並行輸入品買えます 我らがアマゾンは盤石ですね・・ で検索すると 並行輸入品が買えます。 私が購入したフリースジャケットはちょっと前は売り切れたのかアマゾンから姿を消したんだけど、また復活してました。 ちょっと色が違うので新しいのかもしれません。 他にも良さそうな服がたくさんあるので、メンズ・レディース問わず少し紹介します。 スウェット• キッズ用のカラフルなダウンジャケット。 色合いがとっても可愛いです。 ここで紹介した服はごく一部で、他にも沢山ラインナップがあるのでぜひ見てみてください。 韓国のお店の場所 韓国でもノースフェイスはメチャクチャ人気なので、都市の繁華街などに行けば専門店を見つけられると思う。 私が訪れたのはカンヌンのダウンタウンにあるお店。 公式HPのストアセクションから探してみたけど出てこなかったな。 なんでだろう。 ソウルとかならもっと沢山ありそう。 なんとなく英語は通じたので、飛び入りで行ってもなんとかなると思う。 韓国訪れたら是非立ち寄ってほしいお店。 補足:韓国では事後免税対象だった 海外からの旅行者は事後免税対象なので、購入後にもらえるレシートのような引換券で税金分を後で回収できます。 インチョン空港のカウンターで 2ドルくらい戻ってきました。 ある程度の値段じゃないと日本円にはしてくれないみたいで、韓国ウォンかドルを選べとのことだったのでなんとなくドルを選びました。 いまだに財布の中に放置されています・・。 ちなみに インチョンでの免税処理はちょっと面倒くさかった。 空港のチケットカウンターの近くに免税ブースがあって、そこにスタッフがいるので引換券を見せる。 そうすると、どこどこのゲートにあるカウンターへ行ってくれと言われるので、出国審査まで終わったらそのゲートの免税カウンターまで行ってお金をもらう。 この免税カウンターの場所が分かりづらくて、見つけるのに時間がかかった。 インチョン空港はマジでバカでかいので迷ったらすぐスタッフに聞いちゃった方が絶対良い。 日本語喋れるスタッフも結構いるみたいだしね。

次の

ノースフェイス ホワイトレーベルの平均価格は7,005円|ヤフオク!等のノースフェイス ホワイトレーベルのオークション売買情報は103件が掲載されています

ノース フェイス ホワイト レーベル

ノースフェイスホワイトレーベルで購入したもの 僕はこの胸ロゴのTシャツ2枚と、クルーネック2枚を購入しました。 他にもお土産用にウィンドブレーカーとアノラックも購入。 どちらも韓国限定のデザインで、かなり喜んでもらえました! 胸ロゴのこれは1枚42,000ウォン(約4,000円)ほどでした。 ホワイトレーベルのラベルはこのようになっていました。 あとはこのクルーネック。 たしか50,000ウォン(約4,500円)ほどでした。 胸ロゴが白色のものは売り切れていたので、しかたなくこちらのブラックに。 首のところにもデザインがありました。 お土産にしたのはこのアノラック2枚です。 左はたしか150,000ウォン(約1万4千円)、右が130,000ウォン(約1万2千円)ほどでした。 どちらも韓国限定のデザインです。

次の