牛 用 ステロイド。 2,000軒の売春宿が摘発されゴーストタウンになった結果【書籍発売記念特別公開】丸山ゴンザレス

バングラディシュで太るために牛用のステロイドを打つ女の子の理由

牛 用 ステロイド

そんな牛の繁殖には雄牛と雌牛をつかうわけですが、なかなか繁殖が進まない場合は、薬などを使って強制的に行わせます。 それを人間が飲んだらどうなるか。 牛用の性的興奮剤を飲んでみた結果 be his is s and tr to fly... 年齢不詳の男性は東のベラクルスに女性に会うための旅行を企画。 その際になんと、牛用の繁殖に使われる薬を服用したという。 通常人間用のものは、割と耳にするが、牛用となると、どれだけ威力が強いのか、想像するだけで恐ろしい。 結果、なんと3日間も元気になりっぱなしになったということです。 つまり、旅行どころではなくなり、その後ではなく、病院に直行。 そして手術を受けたということですが、その後彼がどうなったのかわからないということです。 実は昨年にも同様の問題が発生しており、下腹部の一部を切除するという大掛かりな手術をしている案件があるようです。 一方、をしておりましたが いくら自信がなかったり、今日はいつもより元気になりたいという気持ちがあっても、人間で検証されていない薬を使うと、いかに恐ろしい事態を招くか、身を持って実証したようです。 関連ニュース•

次の

2,000軒の売春宿が摘発されゴーストタウンになった結果【書籍発売記念特別公開】丸山ゴンザレス

牛 用 ステロイド

彼女は11歳の時、自分より3倍近く年上の男の妻にされたという。 「自分の結婚式の日、いとこたちと、かくれんぼして遊びました。 泥んこになって。 可愛がってたお人形にもウエディングドレスを着せたくて、自分のサリーを裂いてこしらえたんです」(ルパ) 人形遊びが好きだった少女は、その晩、夫と名乗る見知らぬ男にレイプされた。 「自分に何が起こったか理解できませんでした。 ただただ、激痛だけでした」(ルパ) それから2年後、一人息子を授かったが、夫は勤務中の事故で死亡。 若干13歳で未亡人となってしまい、実家に戻るも追い返されたという。 「2人も養う余裕などないと。 私はもう処女ではなかったので、結婚したがる男もいませんでした」(ルパ) 「」の記事より 息子を養うため、縫製工場のあるダッカ行きの列車に乗りこんだルパ。 だが、駅に着くと1人の女が近づいてきて「友人がメイドを探している」と、言葉巧みに誘われたという。 売春ブローカーだった。 こうして彼女は売り飛ばされてしまったのだ。 カンディパラの売春宿に着くと監禁され、逃げようとすれば血が吹き出すまで殴られたと話す。 意外なことに、売春が合法化されているバングラデシュでも18歳以下は一応禁じられている。 売春をしたい場合は、警察からライセンスをもらう必要があるのだ。 自発的に売春で生計を立てたいという意思表明が認められれば売春宿での勤務がOKとなる。 売春宿では少女たちを牛用ステロイド剤の「オラデクソン」で太らせ、人工的に豊満な肉体を作り上げることが日常化している。 ハイティーンなら錠剤で十分だが、12~14歳くらいだと注射のほうが手っ取り早いという。

次の

【閲覧注意】「牛用ステロイド」注入で“強制成熟”させられる少女売春婦たち! バングラデシュ政府公認の売春村、ヤバすぎる実態!

牛 用 ステロイド

なかなか止められないステロイド その風俗嬢の多くは下層階級出身の女性で家計を支えるために働いている女性であったり、田舎から都会に職を求めて来た女性が、なかなか職がみつからずに風俗嬢になっていくというケースが多い。 中には12歳の女児もいるとされている。 彼女たちは日常的にステロイドを服用しているのだが、そのステロイドを長期にわたって恒常的に服用すると腎臓機能に深刻な悪影響をもたらすとされている。 しかし、そのステロイドを1度服用するとなかなかやめることのできない中毒性があること、顧客をより多く獲得するためもあって、女性たちはステロイドの服用をやめることができないでいる。 そのようなバングラディシュの現状に対して海外からの反応がある。 これは僕の国の恥だよ。 バングラディシュの国民としてうちの姉がこのようなところで働いていることを謝りたい。 けど経済的にうちを支えてくれてるのは姉なんだよね。 この女性たちが健康を損なうようなことをしてるのが悲しいね。 政府はこの女性たちがこのような場所から抜け出せるように助けるべきだと思う。 これは悲しいね。 欧米だとビッチは痩せるために頑張ってるわけだけど、この売春婦たちは太るためにステロイドを服用しているんだね。 なんて皮肉なんだろうね。 彼女たちを救わないとダメだね。 これはすっごい皮肉なことだよね。 このバングラディシュとは対照的に欧米先進国諸国だと、太った女は男からモテないと嘆いていて、このバングラディシュでは太るために健康を害してでも必死なんだね。 世の中ってなんでこうもあまのじゃくみたいなんだろうね。 この売春婦たちは苦しいだろうね。 このビデオは売春に通ってるあなたのためのものだよ。 よく観なさい。 人権活動をしているNGOはバングラディシュにはないのかな?!戦争のためにお金を撒き散らすんじゃなくてさ、こういうことに巻き込まれてる子供を救うためになにかできないのかな?!バングラディシュ政府はいったい何をしてるの?!私服を肥やすためだけの政治家ばかりなのかな?! バングラディシュは終わってるよね。 何がマダム(売春所を管理する女性のこと)だよ。 お前はそう呼ばれるような権利はないんだよ!! インドとアメリカのような巨大で豊かな国はさ、一軒家を買ったり、ファイブスターホテルに泊まる代わりにこういう貧しい国の人に寄付したりするのはどうかな。 この「マダム」を叩きのめしたいよ。 こいつら頭おかしいんじゃないかな?! この奴隷主の「マダム」はこの売春婦達のことをまるで家畜のように話しているよね。 まじで鬼畜だね。 女性に対するリスペクトが全然ないよね。 イギリスに来て、ちゃんとした考えを学んでインド大陸に持っていったらどう。 お前の国こそポルノで変態で鬼畜なことを女性にしてるだろ。 この前イギリスで撮影されたAVを見たんだけど、今までの人生で一番汚いAVだったよ。 よくあんなことを女性に対してできるよね。 偽善をしゃべるなよ。 吐き気がする。 お前ら白人はアジアに行って女を買うようなセックスツーリストがいっぱいいるだろうよ。 インドの売春婦。 これはインドじゃなくてバングラディシュの話だよ。 これは国のシステム、経済の問題だよね。 女性に十分な仕事があればこんなことにならないだろうし。 バングラディシュ政府は雇用を産み出していかないとダメだよね。 バングラディシュの人々はバングラディシュをパラダイスにするための革命を起こさないとダメだね。 バングラディシュの男はスリムな女性を好みとるべきだよね。 そしたら女性もステロイドを服用せずに済むようになるのに。 スリランカ これはひどいね、もう地球の国は救いがたいね。 これが現在の人類がとってる行動なんだよね。 これはとっても悲しいね。 ほとんどの人はこんなことが目にも止まらないだろうし、自分のことさえよければいいってなっちゃうよね。 もし僕らみんなが寄付を始めて、教育、食料や住むところの提供をこの女性たちにしてあげれば、この世の中はもっとよくなるだろうに。 けど僕らはそれをできないし、そんなことがあったことすらも日常生活を送っているうちにすぐ忘れてしまうんだよね。 昔、男は女の一番の敵っていう諺を聞いたことがあるんだけど、それは違うだろうと、長いこと理解できないでいたんだよね。 けど今それがやっと理解できるようになってきたよ。 いったいどこに人権があるんだろう?!どこかに隠れてるのかな?!いったいどこに政府と警察は存在してるの?!なんのための政府なの?!これは自国の恥だよ。 悲しい。 牛を太らせるステロイドを人間に与えるっていうところがもう我々日本人の感覚からしてありえないところですよね。 それが人体にどんな影響を与えるのか分かっていない人もいて、その服用を続ける女性、分かっていてもそれを服用せざるをえない環境に置かれている女性。 これは売春宿や売春婦の女性だけの問題ではなく絶対的な貧困に問題があります。 日本にいたら想像も及ばないような社会が海外には存在しています。 バングラディシュよりお届けしました。

次の