目 の クマ 病気。 目の下のくま(クマ)は病気の兆候??医師がわかりやすく解説

目の下のクマがひどい時、それは病気のサインかも

目 の クマ 病気

目のクマができる主な原因 目の下にクマがあると、不健康そうなイメージを与えるどころか、老けたイメージも与えてしまいます。 実年齢よりも上に見られてしまう場合が多いことから、最近では若い方から悩みを抱えている方が多くいます。 女性であれば、実年齢よりも上に見られてしまうことは何としてでも避けたいもの…。 男性であれば、ビジネスでの接客イメージを悪くすることは避けたいもの…。 目のクマは、多くの人にとって「美」の大敵となります。 そんな目のクマができてしまう原因は、クマの種類によってさまざま。 クマには種類があり、それぞれの種類によって原因は異なります。 青クマは主に血行不良が原因で生じるクマであるため、血流が悪くなるような要因を抱えることでできてしまいます。 血流が悪くなる要因といえば、睡眠不足はもちろん、疲労やストレス、体調不良や肩こり、冷え性などさまざまです。 また、近年ではパソコンやスマートフォンを眺める時間も長くなっており、長時間にわたって目を酷使しすぎたことによる眼精疲労も青クマの原因となります。 青クマを解消させるには、血行を良くする必要があります。 目の下の血行だけでなく、全身の血行を良くすることで青クマは解消できるのです。 そのためには、睡眠をしっかりとり、規則正しい生活リズムを心がけることが大切です。 栄養バランスの取れた食事の摂取や、心身のストレスの解消も重要となります。 また、蒸しタオルやホットアイマスクなどで目の周りを温めるのも良いでしょう。 他にも、目の周りを優しくマッサージして血行を促すのも青クマの解消に繋がります。 マッサージ用のアイクリームなどを用いてマッサージすると、肌に余計な負荷をかけずにマッサージすることができ、摩擦による色素沈着で生じる茶クマを防ぐこともできます。 その目のクマとは、「茶クマ」です。 血行不良が原因ではないため、睡眠不足や体調不良、肉体疲労や眼精疲労を解消してもクマが解消されることはありません。 色素沈着が原因の茶クマは、目のこすりすぎや落としきれていない化粧品の蓄積、紫外線ダメージなどによって引き起こされます。 他にも、加齢や不規則な生活による新陳代謝の低下により、肌のターンオーバーが上手く行われずに茶クマができてしまう場合もあります。 茶クマを解消させるには、美白効果のあるスキンケアコスメを使用するのがおすすめです。 中でも、「肌の漂白剤」と呼ばれるハイドロキノンが配合された化粧品がおすすめ。 ハイドロキノンはもともと医療機関でシミ治療などに用いられていた物質でもあるため、美容外科などの医療機関で処方してもらうことも可能です。 また、茶クマは美容外科などでレーザー治療を受けることでも解消させることができます。 赤クマとは目の下が赤くなり、少し腫れているように見えるクマを指します。 青クマと同様に「血行不良」が主な原因だとされているものの、他のクマよりも比較的軽度なクマとなっており、解消するのも簡単だといわれています。 ただし、赤クマを放っておくとふくらみやたるみの影によってできてしまう黒クマの原因にもなってしまうため、注意が必要です。 黒クマとは、目の下にできるふくらみやたるみによって生じるクマを指します。 黒クマは主に「加齢」が原因だとされているものの、生まれつきの場合や赤クマによって生じる場合もあります。 赤クマを解消させるには、青クマと同様、血行不良を改善させることが大切。 目を酷使しすぎたと感じる日には、蒸しタオルやホットアイマスクなどを用いて目の周りの血行を良くするよう心がけましょう。 一方、黒クマを解消させるには、美容外科での治療が最も効果的です。 ヒアルロン酸注入や脱脂術など黒クマの症状に応じた治療を受けることで、目のクマをスッキリと解消させることができます。 一口で「目のクマ」といってもクマにはいくつかの種類があり、それぞれの種類によって解消法は異なります。 多くの女性は美の大敵となるクマを何とか解消させようとするものの、それでも「なかなかクマが解消されない……」と嘆く女性も少なくありません。 もちろん、クマをキレイに解消させるにはある程度の時間はかかってしまうものの、それでも解消されない場合は何らかの病気のサインである可能性があるのです……。 こんな体の不調には要注意! なかなか解消されない目のクマは、体の不調や病気のサインである可能性を秘めています。 特に血行不良が原因の青クマが解消されない場合は、注意が必要です。 「たっぷり寝ているはずなのにクマが解消されない……」という人や、「毎日ホットアイマスクやマッサージで目の周りの血行を良くしているのに、まったく解消されない……」という人は、血行不良が原因でクマができているのではなく体調不良や病気が原因でクマが現れている場合があるのです。 青クマを引き起こす原因には、「疲労」や「ストレス」があります。 疲労やストレスを解消させずにそのまま放っておくと、それらはどんどん蓄積していき、やがて神経系に悪影響をおよぼすようになってしまいます。 「体の疲労感はあるけど、精神的疲労やストレスは感じていないから大丈夫」とは思っていても、肉体的疲労の蓄積は精神的疲労を引き起こし、精神的疲労の蓄積はやがてストレスを引き起こします。 いずれにせよ、神経系に悪影響をおよぼすようになると、さまざまな体調不良や病気を引き起こします。 中には、重大疾病の初期症状である可能性を秘めているものもあるため、十分な注意が必要となります。 毎日のようにストレスを感じている人や体が疲れやすい人は、特に注意するよう心がけましょう。 また、常に体がだるかったり、気分が沈みがちでやる気がでなかったり、めまいや立ちくらみが頻繁に起こったりする場合も注意が必要です。 他にも、目のクマだけでなく顔色の悪さ、体重の減少、食欲の低下、頻尿や体がむくむような症状がある場合は、早い段階で医師や医療関係者に相談するようにしましょう。 そのクマ、病気の前ぶれかも!? 何らかの病気のサインであるかもしれない目のクマ…。 症状の一つとして目のクマが現れる主な病気は、以下の通りです。 自律神経の乱れはうつ病を引き起こしてしまうことにも……。 うつ病は、目の周りの眼輪筋や口の周りの口輪筋周辺の血行を悪くしてしまうため、目のクマの発生や顔色を悪くしてしまうことに繋がるのです。 また、必要に応じて栄養素を血液に乗せ、全身に運ばせる役割もあります。 しかし、肝臓や腎臓の機能が低下してしまうと、老廃物を排除させる作用や解毒作用が低下し、血液の循環も悪くなってしまいます。 こうした血流の滞りによって、目のクマができやすくなってしまうのです。 また、アルコールや甘いものの摂りすぎ、過度な疲労も肝臓や腎臓機能に大きな負担を与えてしまいます。 そういった場合も上記のような症状に陥りやすいので、 食生活や生活習慣の乱れには十分注意するようにしましょう。 貧血によって血行不良が生じることで、赤黒い色をした還元ヘモグロビンが目の下にも停滞し、それが目の下の薄い皮膚を通して「クマ」として見えてしまうようになるのです。 鉄欠乏性貧血は、主に若い女性が発症するケースが多く、その原因としてダイエットなどによる偏食や、成長や生理などによる鉄分不足があげられます。 日頃から栄養バランスの取れた食生活を心がけ、特に鉄分の多い食品を積極的に摂取するようにしましょう。 主な症状としては、甲状腺の腫脹、倦怠感、手指の震え、頻脈、多汗などがあげられます。 たくさん食べるにも関わらず体重が減少してしまう場合も注意が必要です。 また、 バセドウ病の特徴的な症状として眼球の突出もあり、それに伴って眼窩脂肪がせり出してしまうことによってクマが生じる場合があります。 クマの種類によって分かる病気の種類 kidneys organ pain 3d illustration 目のクマには、いくつかの種類があります。 そのクマが何らかの病気のサインである場合、クマの種類によって病気の種類を見分けることもできるのです。 以下では、クマの種類別で考えられる病気の種類についてご紹介しています。 血流が関係する病気としてまずあげられるのは、「貧血」や「低血圧」です。 貧血や低血圧で血行が悪くなり、ヘモグロビンが減少することによって青クマができてしまいます。 また、上述の通り、「肝臓系の病気」や「腎臓系の病気」も血行を悪くしてしまうため、青クマの原因となってしまいます。 アレルギーの原因物質や花粉が目の周りに付着し炎症を起こすことで、茶クマができてしまう場合があるのです。 目の下だけでなく、目の周りが全体的にくすんでしまっている場合は、こうした皮膚炎の可能性が高いといえるでしょう。 そんな赤クマで考えられる病気の一つに、「血栓症」があります。 目の下に張り巡らされている毛細血管に血栓ができると、それが目の下の薄い皮膚を通して赤クマに見えてしまうのです。 また、 赤クマは「眼精疲労」も考えられます。 パソコンやスマートフォン、テレビなどを長時間にわたって見ることで目が疲れてしまうと、赤クマができやすくなってしまうのです。 赤クマは目のクマの中でも軽度なクマであるため、すぐに対処することで簡単に解消させることはできるものの、それを放っておくと青クマや黒クマの原因にもなりかねません。 そのため、赤クマができた場合は蒸しタオルやホットアイマスク、マッサージなどで早めに対処するよう心がけましょう。 主に加齢による目の下のたるみが原因だと考えられてはいるものの、 「バセドウ病」である可能性も秘めているのです。 バセドウ病によって眼球が突出してしまうと、それに伴い眼窩脂肪もせり出してしまいます。 そうすると目の下に影ができ、黒クマが生じてしまうのです。 病院で治療すべき症状と、美容外科などのクリニックで改善可能な症状を知っておこう。 血行不良による青クマであれば、食生活や不規則な生活を見直すなど日頃の生活習慣を改善することで解消させることはできるものの、それが「うつ病」や「肝臓系・腎臓系の病気」からくる目のクマであれば、簡単に改善することはできません。 これらの病気以外でも、鉄欠乏性貧血やバセドウ病などを気付かずにそのまま放っておくと、さまざまな合併症を引き起こし大変なことになってしまう場合も……。 そのため、「たっぷり寝ているのに、なかなか目のクマが解消されない……」という場合や、「規則正しい生活や栄養バランスの取れた食生活を送っているのに目のクマがなくならない……」という場合、または、上述している通り頻尿やむくみ、顔色の悪さや体重の減少などの症状がある場合は、 必ず医師や医療関係者に相談し、必要に応じて適切な治療を受けるようにしましょう。 たとえば、赤クマ。 ホットアイマスクやマッサージなど目の血流を良くするケアをすることで解消できる赤クマではありますが、目の下のふくらみが原因で赤クマが生じている場合も多くあります。 そういった目の下のふくらみが原因である場合には、美容外科などのクリニックで余計な脂肪を取り除く脱脂術を受けることにより確実に目のクマを取り除くことができるのです。 また、美容外科などのクリニックで受けられる脱脂術は、黒クマの治療にも効果的です。 たるみや突出した脂肪が原因で目の下に影ができてしまうことにより生じてしまう黒クマ。 そんな黒クマを作りだす目の下のたるみや余計な脂肪を脱脂術によって取り除けば、目の下はスッキリとし、黒クマを解消させることができるのです。 青クマや赤クマは、コンシーラーやファンデーションなどメイクで隠すことが可能ではあるものの、黒クマはメイクで隠すのが困難です。 そこでおすすめなのが、美容外科などのクリニックで受けられる脱脂術。 脱脂術であれば確実にたるみや脂肪を取り除くことができるため、確実に目のクマを消すことができます。 脱脂術の他にも、ヒアルロン酸注入や脂肪注入など目の下のたるみや余計な脂肪を目立たなくさせる治療法はたくさんあります。 美容外科などのクリニックで医師との相談の上、黒クマの症状に合わせた適切な治療法を受けるようにしましょう。 他にも、色素沈着が原因で生じる茶クマも、美容外科などのクリニックで治療することができます。 レーザー治療や内服療法を受けることで、茶クマはスッキリと解消させることができるのです。 まとめ 「人前でスッピンになれない…」「会話をしていると目元を見られている気がする…」「顔全体がクマのせいで怖い印象になっている気がする…」など、目のクマがあることによって悩みを抱える人はたくさんいます。 クマの種類によってそれぞれ対処法はあるものの、すぐには解消することができないのが目のクマ。 そして、目元の皮膚は薄いため、過度な自己流マッサージによって悪化することも… そんなクマは、病気のサインである可能性もあるため見極めには注意が必要ではありますが、美容外科などのクリニックで十分治せるクマもあるのです。 明るい前向きな気持ちで過ごしたい!そんな方には治療という方法も検討してみてはいかがでしょうか。

次の

目の下のクマは病気のサイン?

目 の クマ 病気

目の下のクマの主な原因 タイプ別の原因 クマは大きく分けて三種類あります。 タイプ別に特徴と原因を見ていきましょう。 青クマ 睡眠不足や過労、目の疲れなどが原因で血行が悪くなり引き起ります。 青っぽく皮膚が透けて見えたら、それは青クマです。 コンシーラーでカバーするときれいに隠れ、光をあてても消えないのが特徴です。 茶クマ 紫外線や乾燥、クレンジングや目をこすったりする刺激などによる色素沈着が原因のクマです。 赤っぽい色や、茶色くくすんで見えることが多いです。 光をあてても消えないのが特徴です。 黒クマ 皮膚のたるみや、ハリが失われたことによってできた影が原因です。 「皮膚を持ち上げる」または「光を当てる」と消えるのが特徴です。 それだけではない!クマができる原因は病気が隠れているかも 上記のなかでも、青クマは他の二つに比べ身体的な問題が隠れているという場合があります。 青クマが起こる原因として、寝不足などが挙げられますが、実は病気の兆候である可能性もあるのです。 目の下の皮膚はとても薄く、毛細血管が集まっています。 なので、血行が悪くなると血液は黒っぽい色になり、皮膚を通すと青く見えるのです。 病気によって現れる青クマも血行不良によるものなので、生活習慣に問題がないのに一向に青クマが消えないという方は要注意かもしれません。 病気が原因の場合はどうしたらいい?効果的な解消法 クマの原因が病気だった場合、病気自体を治すことがもちろん一番です。 ですが、ここではいますぐにでもクマを解消したい!という方に向け、簡単にできる方法をご紹介します。 ホットタオルを当てる 温かいタオルを数分目にあてるだけで、血行が良くなりクマが目立ちにくくなります。 <作り方> タオルをしめらせて、電子レンジで50秒ほど温めます。 やけどしない程度まで冷ましてから使いましょう。 マッサージ 目の周りをマッサージしましょう。 額の中心からこめかみにかけて、気持ちいいと感じる力加減で押していきます。 指を目尻に当てて、目の下の骨をなぞるように目頭へ、目の上も同じ要領でマッサージします。 両肘と肩を平行にします。 指の腹を下まぶたに当て、目頭からこめかみまで圧力をかけます。 これを3~5回繰り返しましょう。 以上が簡単にできる解消法ですが、病気やクマを改善するには生活習慣を見直し、改善することが大切です。 健康的に生活するために、できるだけ予防することを心掛けましょう。

次の

目の下のクマが痛いのは病気のサイン?原因は眼精疲労かもしれません

目 の クマ 病気

注意が必要なクマの症状 目の下のクマは、寝不足や疲労によって出ることもありますが、隠れている病気のサインである可能性もあります。 次のような症状に心あたりがある方は、注意が必要です。 ・睡眠は十分取っているのにクマが解消されない ・全体的に顔色が悪い ・疲労感や、心当たりのない体重減少がある 目の下にクマが現れる病気とは 目の下にできるクマが、症状の1つとして現れる病気は次の通りです。 【 鉄欠乏性貧血】 『ヘモグロビン』を作るために不可欠な『鉄分』が不足することによって起こります。 貧血になると血流が悪くなるので、赤黒い色の『還元ヘモグロビン』が滞り、目もとに 青クマが現れます。 特に若い女性に多い病気で、体が疲れやすい、だるいなどの症状と共に青クマができた時は注意が必要です。 改善するためには、『鉄分』の多い食事を心掛け、症状がひどい場合は医療機関を受診しましょう。 【 バセドウ病】 バセドウ病は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌される病気です。 主な症状としては、眼球の突出があります。 これは目の周りにある脂肪や筋肉が炎症を起こして、目の中の圧力が高まることで、眼球が前にせり出してしまうものです。 眼球がせり出すと、それに伴って眼球の下にある眼窩脂肪もせり出し、たるみのような状態になります。 このたるみが作る影が黒クマなのです。 バセドウ病の症状としては、甲状腺が腫れて大きくなる甲状腺腫、脈が速い、汗をかきやすい、手指が震える、倦怠感、体重減少などもあります。 心当たりがある場合は医療機関を受診しましょう。 【 肝機能・腎機能の低下】 肝臓や腎臓には、体内の老廃物を取り除いたり、解毒して血液をキレイにする役割があります。 したがって、これらの機能が低下すると、血液はドロドロになって血流が悪くなります。 すると、目の下に 青クマができやすくなってしまうのです。 むくみや頻尿、血尿などの症状と共にクマができたら注意しましょう。 過労やストレス、アルコールや甘いものの摂り過ぎなどによって臓器が疲れている時も、同じような状態に陥りやすくなりますので、生活習慣や食事を見直すようにしましょう。 【 うつ病】 うつ病になると、両目や口の周りが青白くなることがあります。 これは自律神経が乱れることによって、目や口の周りの筋肉に血液がスムーズに流れなくなり、血行不良を起こしているためです。 やる気が起きない、気分が沈む、喜怒哀楽がないなどの症状と共にクマができたら注意しましょう。 【 アトピー性皮膚炎・花粉症皮膚炎】 目もとだけでなく目の周り全体がくすんでいる場合は、アトピー性皮膚炎や花粉症皮膚炎の疑いがあります。 目の周りにハウスダストや花粉が付着して炎症を起こし、色素が沈着することによって 茶クマになります。 放置すると深刻なシミになってしまうこともあるので、早めに医療機関を受診しましょう。 【 低血圧】 低血圧の人は、心臓が血液を送り出す力が弱いため、血流が悪くなってクマができやすいと言われています。 低血圧によるクマを抱えている人は意外と多く、全身の血行を良くすることがクマの解消に繋がります。 以上のように、目の下にクマが現れる原因は様々です。 たかがクマと放置せず、不安がある方は早めに医療機関を受診するようにしましょう。

次の