ジャスミンアラジン。 【ネタバレあり】「アラジン」アニメ版と実写版はここが違う! 大きな違い6選

【全紹介】ジャスミン(アラジン)

ジャスミンアラジン

A post shared by willsmith on May 19, 2019 at 11:17am PDT ジャスミンの母のストーリー ディズニープリンセスには、母や両親がいない場合が多い。 ジャスミンも母がいないプリンセスの一人で、オリジナル版では母(女王)についてほぼ語られなかった。 しかし今回の実写版で、ジャスミンの母は東南アジア出身であり、ジャスミンが南アジアと中東のハーフであることが明かとなっている。 さらに母は過去に殺されているため、父がジャスミンに対し過度に保守的になっているという悲しい過去もわかった。 悪役ジャファーがイケメンに オリジナル版では背が高く、かなり細身で年老いているという設定の悪役ジャファー。 しかし実写版ではオリジナルよりかなり若く、顔もイケメン。 マルワン・ケンザリというチューニジア系俳優・モデルがジャファー役を務めた。 また、ジャファーはかつてアラジンと同じように貧困層の出身で、盗みを働いていたという設定になっている。 新曲「スピーチレス」が素晴らしい 実写版「アラジン」のために書き下ろされた、ジャスミンが歌う 「スピーチレス~心の声」。 これは「ホール・ニュー・ワールド」などを作曲した アラン・メンケンと、映画 「ラ・ラ・ランド」の ベンジ・パセク、ジャスティン・ポールのコンビによる共作。 アグラバー王国の美しき王女でありながら、規則に縛られた宮殿での生活から外の世界へ飛び出し、「自分らしく生きたい」と願う自身の溢れる感情を、ジャスミン役のナオミ・スコットが歌い上げる。 Naomi Scott - Speechless キャストの人種がより豊富に 1992年にアニメ版「アラジン」が公開された当初、中東が舞台となっているのに声優キャストたちがほとんど白人であった事、また中東文化の描かれ方が間違っているなどの批判の声も上がった。 しかし今回は 「文化アドバイザー」を起用し、中東の文化を忠実に再現。 4ヵ月もの時間をオーディションに費やし、エジプト系カナダ人の メナ・マスードがアラジン役を、インド系イギリス人の ナオミ・スコットがジャスミン役を獲得した。 劇中で「自分が次の国王になる」と言っても、父からは「女性の国王はずっといなかった」と相手にしてもらえない。 しかし映画の最後には、強い意志と賢い行動力を父に認められ、国王になることが許される。 このストーリーは予想外であったという感想を持つファンが多いが、女性の社会進出や権利平等が求められる現代にはぴったりの結末だ。

次の

【ネタバレあり】「アラジン」アニメ版と実写版はここが違う! 大きな違い6選

ジャスミンアラジン

アラジン役にエジプト系カナダ人のメナ・マスード アラジン役にメナ・マスード、ジャスミン役にナオミ・スコット、ここまでは決定。 そして ジーニー役にウィル・スミスが起用される予定です。 1992年に公開されたアニメ映画「アラジン」の主人公アラジン役のキャスティングに関しては以前から数多くのメディアに取り上げられてきました。 特に、オーディションでは白人が中東に暮らすアラジンを演じることがないよう、現地出身の役者を起用することが前々から知られていました。 クリエイティブ・チーム 監督はディズニー作品初メガホンのガイ・リッチー 監督は発表されていた通り、 ガイ・リッチー 「シャーロック・ホームズ」「キング・アーサー」 です。 脚本はティム・バートン作品で知られるジョン・オーガスト。 今までに「ビッグ・フィッシュ」「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープスブライド」「フランケンウィニー」の脚本を手掛けてきました。 プロデューサーはダン・リン。 ダン・リンはガイ・リッチー監督作「シャーロック・ホームズ」 ワーナー をプロデュースしています。 アニメ版について簡単に紹介 原作となるアニメ映画「アラジン」は、若い男がランプの魔人から3つの好きな願い事を叶えられるようになるアラビアの民話を元にした作品です。 さらに、アカデミー賞では作曲賞と「A Whole New World」で歌曲賞を受賞しました。 実写版「アラジン」キャスト一覧 メナ・マスード タイトルロールであるアラジン役に抜擢されたのはエジプト系カナダ人のメナ・マスード。 マスードはエジプトのコプト正教会の両親を持ち、1992年にエジプトで生まれた後にカナダで育ちました。 テレビ、映画ともキャリアは2011年から。 テレビドラマ「ニキータ」に出演しテレビデビュー。 2015年に放送されたドラマ「Open Heart 」ではジャレド・マリク役として計12エピソードに出演。 映画への出演経験はほとんどなく、今回のアラジン役は大抜擢だと言えるでしょう。 ナオミ・スコット ジャスミンを演じるのは1993年ロンドン出身のナオミ・スコット。 母親はインド人。 2008年から2009年までイギリスのディズニー・チャンネルで放送されたドラマ「Life Bites」のメインキャストを務めます。 さらに、5人の高校生バンドを描いたディズニー・チャンネルのオリジナル映画「Lemonade Mouth」に出演。 映画では2017年公開の戦隊アクション映画「パワーレンジャー」にピンクレンジャー役として出演します。 ウィル・スミス ジーニーを演じるのは誰もがご存知ウィル・スミス。 1968年アメリカ出身の俳優、ラッパーです。 「バッドボーイズ」「メン・イン・ブラック」などのアクションコメディ映画から、実話をもとにしたヒューマンドラマ「幸せのちから」まで、幅広いジャンルの作品に主演しています。 ディズニーファンに大人気 ジャファー、ジャスミンの父 サルタンなどまだまだ発表されていないキャストもいます。 実写映画「アラジン」のキャストに関する最新情報はこの記事にてご紹介します!.

次の

【ネタバレあり】「アラジン」アニメ版と実写版はここが違う! 大きな違い6選

ジャスミンアラジン

アラジン役にエジプト系カナダ人のメナ・マスード アラジン役にメナ・マスード、ジャスミン役にナオミ・スコット、ここまでは決定。 そして ジーニー役にウィル・スミスが起用される予定です。 1992年に公開されたアニメ映画「アラジン」の主人公アラジン役のキャスティングに関しては以前から数多くのメディアに取り上げられてきました。 特に、オーディションでは白人が中東に暮らすアラジンを演じることがないよう、現地出身の役者を起用することが前々から知られていました。 クリエイティブ・チーム 監督はディズニー作品初メガホンのガイ・リッチー 監督は発表されていた通り、 ガイ・リッチー 「シャーロック・ホームズ」「キング・アーサー」 です。 脚本はティム・バートン作品で知られるジョン・オーガスト。 今までに「ビッグ・フィッシュ」「チャーリーとチョコレート工場」「ティム・バートンのコープスブライド」「フランケンウィニー」の脚本を手掛けてきました。 プロデューサーはダン・リン。 ダン・リンはガイ・リッチー監督作「シャーロック・ホームズ」 ワーナー をプロデュースしています。 アニメ版について簡単に紹介 原作となるアニメ映画「アラジン」は、若い男がランプの魔人から3つの好きな願い事を叶えられるようになるアラビアの民話を元にした作品です。 さらに、アカデミー賞では作曲賞と「A Whole New World」で歌曲賞を受賞しました。 実写版「アラジン」キャスト一覧 メナ・マスード タイトルロールであるアラジン役に抜擢されたのはエジプト系カナダ人のメナ・マスード。 マスードはエジプトのコプト正教会の両親を持ち、1992年にエジプトで生まれた後にカナダで育ちました。 テレビ、映画ともキャリアは2011年から。 テレビドラマ「ニキータ」に出演しテレビデビュー。 2015年に放送されたドラマ「Open Heart 」ではジャレド・マリク役として計12エピソードに出演。 映画への出演経験はほとんどなく、今回のアラジン役は大抜擢だと言えるでしょう。 ナオミ・スコット ジャスミンを演じるのは1993年ロンドン出身のナオミ・スコット。 母親はインド人。 2008年から2009年までイギリスのディズニー・チャンネルで放送されたドラマ「Life Bites」のメインキャストを務めます。 さらに、5人の高校生バンドを描いたディズニー・チャンネルのオリジナル映画「Lemonade Mouth」に出演。 映画では2017年公開の戦隊アクション映画「パワーレンジャー」にピンクレンジャー役として出演します。 ウィル・スミス ジーニーを演じるのは誰もがご存知ウィル・スミス。 1968年アメリカ出身の俳優、ラッパーです。 「バッドボーイズ」「メン・イン・ブラック」などのアクションコメディ映画から、実話をもとにしたヒューマンドラマ「幸せのちから」まで、幅広いジャンルの作品に主演しています。 ディズニーファンに大人気 ジャファー、ジャスミンの父 サルタンなどまだまだ発表されていないキャストもいます。 実写映画「アラジン」のキャストに関する最新情報はこの記事にてご紹介します!.

次の