鶏 胸 肉 よだれ 鶏 レシピ。 よだれ鶏のレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

働くママにおすすめ鶏むね肉の時短レシピ10選!しっとりおいしくてお財布にも優しい

鶏 胸 肉 よだれ 鶏 レシピ

ラー油入りのピリ辛ダレがクセになり、ついつい食べる手が止まらなくなるおいしさ。 ごはんのおかずとしてはもちろん、お酒のおつまみにもぴったりです。 鶏肉を電子レンジで加熱したら、すぐに切らずに冷蔵庫で冷やしてからカットしましょう(身が引き締まり、切りやすくなります)。 黒酢がなければ、普通の酢で代用しても構いません。 材料の下準備をする 鶏肉の身の厚い部分に包丁を入れ、厚みが均一になるように切り広げたら、耐熱皿にのせます。 Aの材料を混ぜ合わせ、鶏肉の上にかけます。 肉をひっくり返して両面に調味料を絡めたら、そのまま10〜20分ほど置いて室温に戻します。 ピーナツを包丁で細かく刻みます(もしくは、袋に入れて麺棒で細かく砕きます)。 鶏肉をレンジで蒸す 鶏肉の身の方を上にしてラップをかけます。 600Wのレンジで3分加熱します。 鶏肉を裏返し、再びラップをかけて、600Wのレンジで2分加熱します。 ラップをかけたまましばらく置いておき、余熱で中まで火を通します。 粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やします。 タレをつくる 長ネギの白い部分をみじん切りにし、ボウルに入れます。 Bの材料を加え、よく混ぜ合わせます。 仕上げ 鶏肉を冷蔵庫から出し、食べやすい厚さにそぎ切りします。 皿に鶏肉を盛り、混ぜ合わせておいたタレをまわしかけます。 仕上げに刻んだピーナツを散らせばできあがりです。 味付けには粗塩を使い、素材本来の味を存分に引き出しています。 3時のおやつとしてはもちろん、お酒のおつまみにもおすすめです。 チャック付きパッケージで保存も楽々。 純玄米黒酢 500ml 価格:本体498円(税込537円) 国産の玄米を100%使用し、まろやかでコクのある味わいに仕上げた黒酢です。 クセが少なく、料理に使いやすいひと品で、炒め物からスープまで、さまざまなメニューに活用できます。 水や炭酸水で割って、ドリンクとして楽しむのもおすすめです。 本鉢仕上白すりごま 55g 価格:本体128円(税込138円) 白胡麻を低温でじっくりと焙煎し、本鉢でていねいにすり上げたひと品。 風味が良く、しっとりとしていて、胡麻あえや料理のトッピングに最適です。 麺類の薬味や、ドレッシングづくりにも使えます。 純正ごま油 200g 価格:本体298円(税込321円) 胡麻をじっくりと焙煎し、香ばしく仕上げた純正胡麻油です。 炒め油や揚げ油としてはもちろん、仕上げの風味付けにも役立つ万能の一本。 和食、中華料理、韓国料理と、さまざまな料理に活用できます。 その名の由来通り、味を想像するだけでよだれが出てくるおいしさです。 使う材料は多めですが、つくり方はいたってシンプル。 ごはんにもパンにも麺類にも合うので、さまざまな献立に大活躍します。 手が込んで見えるので、おもてなし料理やパーティーメニューにもぜひどうぞ。

次の

電子レンジで簡単! しっとりやわらか「よだれ鶏」のレシピ

鶏 胸 肉 よだれ 鶏 レシピ

作り方• 鶏肉は冷蔵庫から出して室温に戻す。 鍋に水3カップと塩、酒を入れて中火にかけ、沸騰したら鶏肉、しょうが、ねぎの青い部分を加える。 再び沸騰してから1分ほどゆでて火を止め、ふたをしてそのまま30分ほど冷ます。 別の鍋に適量の湯を沸かし、もやしをサッとゆでてざるにあげて冷ます。 香菜は長さ2cmに切り、万能ねぎは小口切りにする。 落花生は、薄皮がついたままの状態で粗く砕く。 厚手のポリ袋(または2重に重ねたポリ袋)に花椒を入れ、めん棒などでたたいて細かく砕いてボウルに入れる。 他のタレの材料を加えて混ぜ、ピリ辛ダレを作る。 ゆでたもやしを器に盛り、その上に食べやすく切った鶏肉をのせる。 ピリ辛ダレをかけ、万能ねぎ、香菜、砕いた落花生を散らす。

次の

簡単!クセになる★よだれ鶏 レシピ・作り方 by Librabo|楽天レシピ

鶏 胸 肉 よだれ 鶏 レシピ

鶏むね肉とインゲンのポン酢炒め 鶏むね肉を美味しく食べるには、切り方がポイントです。 厚いところは観音開きにして、厚さを均一にし、全体をフォークで刺して加熱しやすくしてから「そぎ切り」にするだけで美味しく食べられますよ。 いんげんは筋をとって、水にくぐらせて耐熱皿に並べ、ラップをふんわりとして500Wで2分加熱し、食べやすい大きさに切っておく。 フライパンに油を入れ、中火にかけ 2 を加え中火で焼く。 焼き色がついたら裏返して両面焼き色を付ける。 1)のいんげんを加え、ポン酢とみりんを回し入れ、強めの火加減でフライパンを揺らしながら汁気がなくなるまで絡める。 ふっくらジューシー、鶏むね肉とおからのナゲット 食物繊維をたっぷり含んだおからも使ったレシピをご紹介します。 鶏むね肉・鶏もも肉は包丁でひき肉状になるようにたたく。 玉ねぎはみじん切りにする。 コーンは汁気をきっておく。 たまごはボウルに割り入れ、ときほぐす。 (3)を1人3個分になるよう12等分して、楕円形に成型する。 (4)に(5)の衣を入れて、180度の油で5分程度、きつね色になるまで揚げる。 タルタルなしでもおいしいチキン南蛮 タルタルソースがないチキン南蛮は邪道でしょうか。 ソースに使っている卵やマヨネーズは今回鶏肉の衣として使っています。 子ども達にも大人気で毎回取り合いになっています。 量はお好みで調整してください。 【作り方】• 鶏むね肉は全体をフォークで刺したあと、一口大に切り、塩コショウをする。 ビニール袋 フリーザーバック に入れ、マヨネーズを加える。 マヨネーズがなじむようにもみ込む。 (ここまでの工程を下準備し、冷凍保存しておいてもOK!• 袋に片栗粉を加え、まぶす。 さらに袋に卵を割り入れ、なじませる。 別皿で溶き卵にして加えてもOK• 揚げ油で揚げる。 お肉を揚げている間に、耐熱容器にたれの調味料を入れレンジで加熱。 30秒ごと加熱し、途中でかき混ぜる。 とろみがつけばOK。 揚がったお肉をタレと合わせて完成です! 鶏むね肉のチキン南蛮風 もうひとつ、チキン南蛮レシピのご紹介です。 甘辛い味付けの鶏むね肉とマヨネーズの組み合わせはご飯も進む一品です。 スーパーで安く買うことができる鶏むね肉が、大人気おかずに大変身です。 耐熱容器に濃口醤油・酢・砂糖を入れて電子レンジ500Wで2分半加熱して南蛮だれを作っておく。 鶏むね肉を1cm幅に切り、塩コショウをして片栗粉をまぶす。 フライパンにサラダ油を入れ、(2)をきつね色になるまで焼く。 (3)を南蛮液につけ、マヨネーズをかける。 イタリアで人気の鶏むね肉のハムとチーズ焼き あっさりとして食べやすくヘルシーな食材として子どもにも人気の鶏肉を使って、フライパンで焼くだけなのに簡単でおいしいレシピをご紹介します。 イタリアでも人気のさっぱりした胸肉を使っています。 ヘルシーなうえに経済的で、火のとおりも早い時短料理といいことづくめです。 鶏むね肉に塩、こしょうをする。 フライパンにオリーブオイルを熱し鶏むね肉を入れて、強火で片面を焼く。 白ワインをかけ、アルコール分を飛ばす。 鶏むね肉の焼き色の面を上になるようにひっくり返す。 ハムとチーズを上にのせて、ふたをして中火でチーズがとけるまで焼いて、中にも火が通ったら出来上がり。 チーズとろける!鶏肉のさっぱり塩レモン焼き 「照り焼きチキンもいいけど、甘いのがちょっと」という家族がリクエストする、甘くないチキンソテーを作りましょう。 ヘルシーを意識して鶏のむね肉を使用。 焼くだけの簡単レシピです。 とろけるチーズをのせて、さらにおいしくしました。 鶏肉はスジをとり、厚い部分を観音開きにして広げ、均等な厚さになるよう調整しておく。 鶏肉の両面に、塩・粗びきこしょう・レモンの搾り汁をふりかける。 熱したフライパン(中火)に油を引き、皮目から焼く。 ふたをして蒸し焼きにして、3~4分焼いたら裏返す。 両面焼けたら取り出し、6~7等分にカットし、とろけるチーズをのせトースターでチーズが溶けるまで焼く。 白みそでおいしい和風チーズタッカルビ もしおうちにキャベツと玉ねぎと鶏肉があるなら、こんなおかずはどうでしょうか。 コチュジャンの代わりに白みそを使った、フライパン一つでできる和風チーズタッカルビです。 ほったらかし工程が多いので、忙しい夜にぜひどうぞ。 余ったキャベツの消費にもなりますよ。 調味料はボウルですべて混ぜておく。 むね肉はそぎ切り、キャベツとにらは一口大、玉ねぎは5mm幅の薄切りに。 調味料の入ったボウルに、鶏肉・玉ねぎを入れてよく混ぜる。 フライパンにごま油(材料外)を入れ、キャベツとなじませる。 真ん中に(2)の材料を入れて軽く炒めたあとすぐにフタをして、少し弱めの中火で4~5分。 フタを開け、中身にほぼ火が通っていたら、周りにニラ、真ん中を空けてシュレッドチーズをすべて入れ、もう一度フタをして、3~4分。 チーズがトロ~っといい感じになればOK。 まず、鶏むね肉の真ん中に包丁を入れ、観音開きにします。 そうすることでハムのように丸まらせることが可能になります。 フォークでザクザクとまんべんなく穴を開けましょう。 調味料を揉み込んだら第一段階は終了です。 丸めたらラップでギュッと固めます。 その後、耐熱の保存袋などに入れて、準備完了!• (3)を沸騰したお湯の中に入れ、2分たったら火を止めます。 ピリ辛スパイシーなソースがポイントですが、今回はお子さんも食べやすいよう、ソースは辛くせず、食べやすくしました。 お好みで山椒を振って食べると、たれとの相性も抜群でより本格的な味に。 鶏肉は酒・砂糖で揉み込む。 耐熱容器に鶏肉を入れ、電子レンジ(600W)で3分、裏返して3分加熱する。 あら熱が取れるまで冷ます。 鶏肉を1cm程度の幅に切り分け、冷蔵室で冷やしたら、(3)のたれをかけて完成。 ふわふわ卵の鶏むね肉のピカタ 鶏むね肉に衣と卵をつけてナゲットのようにふんわりと仕上げていただくレシピです。 トマトソースでさわやかにいただけます。 鶏むね肉を1枚そぎ落としにしていく。 アルミホイルに小麦粉を広げ鶏むね肉をまぶしていく。 ボウルに卵を2個割り、塩こしょうで味を調えたら肉を液にくぐらせる。 フライパンにバターを入れ、バターが溶けたら衣をつけた鶏むね肉を卵にくぐらせて焼いていく。 角切りしたトマトにケチャップを加えてしっかりと混ぜ合わせたらソースの完成。 さいごに 鶏むね肉をおいしくいただけるレシピ10選をお届けしました。

次の