インフルエンザ予防接種副作用。 インフルエンザ予防接種の副反応|熱は出る?副反応の症状と予防法を解説

インフルエンザ予防接種の副作用って?こんな症状には注意!

インフルエンザ予防接種副作用

インフルエンザの予防接種の副作用は大人にも? インフルエンザの 予防接種の 副作用は 大人にも出ます。 というか、 大人、こどもに関係なく、 その人の体質などによって、 副作用は出てしまいます。 インフルエンザの予防接種は ワクチンを接種するのですが、 その際に、副作用あるいは 副反応 という言葉を目にしたり、 聞いたりすると思います。 この副作用と副反応の 二つの言葉の意味は同じです。 接種することで、 何かしらの 症状が出るという意味です。 では、何が違うのかというと、 副作用は 主に、薬品を接種した際に使われ 副反応は、 ワクチンを接種した際に使われます。 これは、 薬品の場合、 その薬品による 化学的な作用で効果を導く ものであるのに対して、 ワクチンの場合は、 生体反応、 つまり、人間の身体組織の細胞などが ワクチンに反応して効果が出る という違いがあるのですが、 薬品、ワクチンの 作り手側の表現へのこだわりから、 副作用、副反応という二つの言葉が 併存しているのです。 いずれにしても、 老若男女、問わず、 副反応、副作用は 起こりうるという性質があります。 ただ、 インフルエンザの 予防接種を受けた人の体質によっては、 いわゆる、 アレルギー反応として、 副反応、副作用が出る場合もあります。 これについては、下記でご紹介します。 インフルエンザの予防接種の副作用の症状は? インフルエンザの 予防接種の 副作用は どんな 症状なのか? 実は、 このインフルエンザの ワクチンによる副作用、副反応には 人によって、様々な症状が出るのです。 ざっと、その症状を列挙すると、• 注射をした部分の 腫れ 痛み 赤み• 全身のだるさ• めまい• 吐き気• かゆみ• のどの痛みと腫れ• 手のひらが冷たくなる• 首の痛み• 目の奥の痛み• 発熱後の味覚異常 などというように、 ありとあらゆる不快感が 副作用、副反応の症状として、 確認されています。 これらは全身に出る症状ですので、 副作用かな?副反応かな? という具合に 気になってしまうことが多いようです。 出てきた症状が気になるようなら、 予防接種を受けた医療機関に 問い合わせたり、 診療を受けるのが良いでしょう。 また、 ワクチンの副作用、副反応として 片付けられないのは、 アレルギー反応です。 もともと、 卵にアレルギーがある人は、 アナフィラキシーと 言われるアレルギーの過剰反応として、 インフルエンザの予防接種の後に、 出てしまう可能性もあります。 これは、 インフルエンザの予防接種のワクチンの 製造過程で、 卵が利用されているということからの アルレギー反応であると言われています。 アレルギー反応、 アナフィラキシーとなると、 少々、リスクが高まりますので、 卵アレルギーを筆頭に、 何かに対してアレルギー体質の人は、 予防接種を受ける前に、医師に相談すべきです。 なお、アレルギー反応が出る場合は、 予防接種の接種後、 15分から30分後には症状が出てきますので、 ワクチンの接種後、30分程度は、 接種を受けた医療機関の中で、 安静にしていた方が良いと言われています。 さらに、まれですが、 インフルエンザの予防接種で副作用が出た時の対処法は? インフルエンザの 予防接種で 副作用が出てしまった時の 対処法。 この対処法については、 注射痕の腫れ(はれ)や痛みや赤みについては そのまま放置しておき、 2日から3日経過しても、 治らない、あるいは、さらに腫れてきた という場合は、 医師に診てもらうことをおすすめします。 通常、 一般的な副作用、副反応は、 予防接種から4~5日後にピークを迎え、 1週間ほどで治まっていく場合がほとんどですが、 まれに10日~2週間ほど続くこともあります。 基本的には、 副作用、副反応が出るかどうか 出たとしても、 どんな症状が出るのか そして、どの程度の症状なのかは、 人によって、様々ですので、 注射痕の腫れ、痛み、赤み 以外の不快な症状が出たら、 念のため、医師に相談すべきです。 自分も認識していないアレルギー体質だった という可能性もありますので、 特に、初めて、 接種した人は慎重になっても良いのです。 インフルエンザ予防接種の 副作用のまとめ インフルエンザの 予防接種の 副作用は 出る人、出ない人に別れますが、 ご存知かどうかは不明ですが、 予防接種を受ければ、 インフルエンザに絶対に感染しない! というものではないのです。 ただ、 インフルエンザに感染しても、 その症状が軽いもので終わるという性質のものです。 インフルエンザの予防接種に限らず、 任意の予防接種を受けるべきか、受けないべきか という議論はあります。 まあ、 世の中には、 インフルエンザの予防接種を受けていない人も 感染せずに、元気な人がたくさんいるわけですから、 ご自身のご判断で、受けるかどうかお決めください。

次の

インフルエンザ予防接種ワクチンによる副反応(副作用)

インフルエンザ予防接種副作用

疲れていたり、免疫力が低下している人に副作用は出やすくなります。 その為、インフルエンザ予防接種はしっかり睡眠をとって、健康な状態で受けるようにしましょう。 赤く腫れて、痒かったり痛みを伴うこともあります。 約1~2割の人に、腫れやかゆみなどの症状が見られますが、腫れる範囲や腫れ方は、個人差が大きいです。 症状の差はありますが、2~3日で治まるのが一般的です。 異常なほどの腫れ、長引くようであれば予防接種を受けた医療機関を受診しましょう。 インフルエンザ予防接種の副作用 発熱など インフルエンザの予防接種の後、 発熱や頭痛・吐き気・関節痛など風邪のような症状が副作用として現れることもあります。 予防接種でインフルエンザに感染した?!と思ってしまう人もいるかもしれませんが、 予防接種は感染力をなくしたワクチンを使っているので、予防接種によってインフルエンザにかかることはありません。 インフルエンザ予防接種の副作用 重篤なもの 上記の症状以外に、ごく稀ですが重篤な副反応を起こす可能性もあります。 アレルギー症状 アナフィラキシーショック ワクチンの成分に、 強いアレルギー症状が現れる人もいます。 息苦しさ、酷くなれば呼吸困難や意識混濁など、危険な状態になることもあります。 通常、アナフィラキシーショックは予防接種後30分程度で現れます。 その為、 念のため予防接種した後は、30~1時間ほど病院に留まることをおすすめします。 インフルエンザワクチンには、鶏の卵の成分が使われています。 軽度の卵アレルギーであれば、予防接種を受けることも可能ですが、卵料理が食べられないような方は、インフルエンザの予防接種を受けてはいけません。 軽度であっても、必ず医師に卵アレルギーがあることを伝えて判断を仰ぎましょう。 ギランバレー症候群 手足にしびれ、力が入らないといった麻痺症状がみられる病気です。 自分の身体に対して、攻撃を起こしてしまう自己免疫疾患の一つ。 ごく稀にしかみられない副作用ですが、 約2週間以内に症状が出ることが多いです。 普段とは違う、しびれなどを感じた場合はすぐに医師に診てもらいましょう。 以前に、 ギランバレー症候群を発症したことがある場合、再発しやすいといわれています。 インフルエンザ予防接種は、避けた方が良いでしょう。 もしくは、医師にその旨を伝えて予防接種を控えるべきか判断を仰いでくださいね。 急性散在性脳脊髄炎 予防接種後に、 アレルギー反応を引き起こし脳や脊髄などに炎症を引き起こすもの。 こちらも、ごく稀にみられる副作用ですが、 徐々に症状が悪化するので早めの受診が重要です。 予防接種後、2日~2週間程度ほどで発症することが多い副反応です。 急な発熱・全身のだるさ・嘔吐・頭痛などの症状が現れ、悪化するとけいれんや意識障害を引き起こします。 急性の症状が見られた場合、すぐに予防接種を受けた医療機関に診せましょう。 血小板減少性紫斑病 出血を止めてくれる働きがある血小板が減り、 出血しやすい状態になる自己免疫疾患です。 歯茎からの出血、月経の血が止まらないなど、小さな傷でも血が止まらなくなるといった症状が現れます。 また、他にも肝機能障害などの症状が副作用として現れることもあります。 後半の重篤な症状は、かなり怖いものもありますよね。 ですが、これは本当にごく稀な副作用です。 そして、 これらすべての副作用がインフルエンザの予防接種が原因とは言い切れません。 そして、こういったインフルエンザ予防接種の副作用の中でも重篤な症状がでるのは、0. 予防接種では、こういったインフルエンザ感染による症状の重篤化を防ぐ役割もあります。 誰に強制されるわけでもないので、予防接種を受けるか受けないかは個人個人で 両方のリスクをどう捉えるかになってきます。 ご紹介した症状は、その判断材料の参考にしてくださいね。 インフルエンザ予防接種の副作用の対処 もちろん、副作用で重篤な症状の場合は、迷うことなく医療機関を受診してくださいね。 その上で、腫れや風邪症状の場合の対処をご紹介します。 その前に、大前提ですが 予防接種した日は運動したり、飲酒したりするのは禁止です。 お風呂に入ってはいけないわけではありませんが、湯船にゆっかり浸かる・ゴシゴシ洗うなどはやめましょう。 また、患部を冷やす時は急激に冷やさないでください。 アイスノンや氷などは、タオルなどワンクッション間に挟んだ状態で冷やし、感覚がなくなるほど冷やさないようにしましょう。 副作用の発熱など風邪症状の対処 こちらは、 従来の風邪の対処と同じです。 ですが、抗体をつくるうえでの副作用なので、あまり解熱剤はおすすめしません。 高熱の場合は、念のため医師に診せておくと安心ですね。

次の

インフルエンザ予防接種の副反応|熱は出る?副反応の症状と予防法を解説

インフルエンザ予防接種副作用

もくじ• 予防接種の副作用の症状は? 比較的よくあらわれる副作用 接種した部位(局所)の発赤(赤み)・腫脹(腫れ)、疼痛(痛み)発熱、頭痛、悪寒(寒気)、下痢、倦怠感(だるさ)などがあらわれる場合があります。 インフルエンザワクチンは副作用の少ないワクチンではありますが、ワクチンに対するアレルギー反応で、じんましんやかゆみといった症状が現れる場合もあります。 じんましんは、通常数時間でおさまり他の症状も2〜3日でほぼなくなります。 また、めまい・嘔吐・吐き気・一時的な意識障害・動悸・けいれん・筋力低下などが現れたという報告もありますので、インフルエンザの予防接種後にこのような体調に変化があった場合は、病院を受診しましょう。 インフルエンザワクチンの副作用は、多くが24時間以内に現れます。 この期間の体調には気をつけるようにしてください。 非常に重い副反応として、ギランバレー症候群や急性脳症、脳脊髄炎、肝機能障害の報告もありますが、ワクチン接種との因果関係は必ずしも明らかではありません。 すぐに病院に行くべき重篤な症状 インフルエンザの予防接種後に 意識障害や意識混濁、しびれ、けいれん発作がでた場合は、検査を受けましょう。 また、38度以上の発熱が2日たっても下がらないといった場合にも病院を受診してください。 体調の変化で受診した際には、インフルエンザの予防接種を何日前に受けたと医師に必ず伝えましょう。 副作用はいつから出るの? 多くは24時間以内に症状が出る すぐに出る場合もありますので、接種後30分以内は、予防接種を受けた病院のそば、もしくは連絡の取れる場所で安静にしましょう。 その後、多くは24時間以内にあらわれます。 また、数日、数週間後にあらわれたという報告もあります。 特に自分で症状を伝えられない年齢の小さいお子さんの保護者の方は、体調に変わったことがないか、様子をみてください。 副作用が出る確率は大人と子供で違いますか? 子供だから副作用が多いという報告はありませんが、子供、高齢者は体力がなかったり、体調が万全でなかったりすると接種後に疲れが出て、発熱や体調不良を訴える場合もあります。 また、インフルエンザの予防接種を受けた後に子供の具合が悪い・発熱したなどいう話も聞きますが、それは多くの場合、予防接種を受ける前の親の様子や病院の環境で子供が緊張し、その後、疲労から発熱したとも考えられます。 他にも、高熱が出たという場合は、すでにインフルエンザや風邪に感染していた可能性もあります。 しかし、乳児や小さなお子さんが初めて接種する場合は、急性のアレルギー反応が出ないか確認の意味も含め、接種後30分程度は院内で様子を見て、体調に急変があった場合はすぐに診察が受けられるようにしてください。 できるだけ副作用が出ないようにするには? インフルエンザワクチンに限らず、予防接種を受ける前は、睡眠不足や体調不良がないように体調を整えましょう。 体調が良くない時に予防接種を受けると腫れやじんましんといった反応が出る可能性もあります。 最後に インフルエンザは、妊婦や赤ちゃんが感染すると悪化する可能性が高く、脳症や肺炎を引き起こす場合もありますので、ワクチン接種が推奨されています。 予防接種は、十分に研究され提供されています。 避けられる病気は、予防接種を受けて家族を守りましょう。 <参考> 厚生労働省 新型インフルエンザ予防接種後の症状について 東京都総合組合保健施設復興協会 インフルエンザ予防接種ガイドライン等検討委員会:厚生労働省:啓発資料抜粋.

次の