サンマ 不漁。 サンマ

不漁

サンマ 不漁

歴史的な不漁に陥ったサンマ。 8月の漁獲量は例年の7分の1だ Photo by Koyo Yamamoto 秋の味覚サンマが大不漁だ。 漁獲量は例年の7分の1。 市場の取引価格も昨年の倍以上と高騰し、外食業界もサンマメニューの発売延期など対応に迫られている。 そうした中で、一部の飲食店は「生サンマ」を提供できている。 明暗を分けたのは何か。 8月に解禁となったサンマ漁が記録的な大不振に陥っている。 漁業情報サービスセンターによると、8月の全国のサンマ漁獲量は1008トンと、例年の7分の1以下。 1キログラムあたりの市場取引価格は642円と昨年(316円)の倍以上となっており、家計に影響を与えるのは必至だ。 8月1カ月間のサンマ漁獲量を遡ってみると、2010年以前は1万トンを超えることが当たり前。 どんなに悪くても4000トン以上の水揚げがあった。 1000トンまで落ちこんだ今年は、歴史的な不漁といっていい。 今年の漁獲量が減ったのには大きく2つの要因があるとされる。 1つ目が、気候変動によって日本近海のサンマの数自体が減少したことだ。 資源量が年々低下したことに加えて、海水温の変化により、日本近海にはほとんどサンマが来遊しなくなってしまった。 2点目が、外国船による漁獲量の増加だ。 「中国や台湾をはじめとした国々がサンマの漁獲を増やした」(漁業情報サービスセンターの渡邉一功漁海況副部長)というように、日本以外でも需要が高まっているのだ。 この危機的状況は、漁師の経営を圧迫しており、「近海にサンマがおらず、2日以上かけて沖合まで向かっているため、燃料代がかさみ赤字となっている。 休漁中の船も多い」(同副部長).

次の

このままだと大倒産時代が来る… サンマ不漁の危機いつまで? 漁獲量9割減で漁師たちは悲鳴【北海道発】

サンマ 不漁

秋になると「そろそろサンマが美味しい季節だなあ」と思いますよね。 しかし、ここ数年、サンマの不漁がメディアで報じられることが増えています。 日本人がサンマを好きなことはわかるけど、それって本当にそんなに騒ぐほどの問題なの? そもそも、サンマって、そんなに減ってるの? そんな疑問を解消するために、Gyoppy! 取材班は東京海洋大学で水産資源管理を研究している勝川俊雄さんを訪ねました。 さっそく、サンマの不漁が報じられていることを伺うと...... 「9月頭に獲れないからといって、不漁と騒ぐ必要はありません」 「10月には水揚げ量が増えるでしょう」 えっ、サンマの水揚げ量って、そんなにはっきりとわかっちゃうものなんですか? 勝川さんがお話してくれたのは、あまり知られていないサンマの生態や、サンマの資源の危機的な状況。 サンマを守るためには、私たち消費者の行動がとても重要だと勝川さんは指摘します。 実際のところ、サンマは減っているんでしょうか? それを考える上で、まずはサンマがどういう魚なのか知っていただくことが大切だと思います。 まずは、サンマがどれくらいいるか、各国の漁獲量がどれくらいかを数字で正確に理解する必要があります。 先に言っておくと、メディアで「中国の乱獲が原因でサンマが減っている」と言われることがありますが、データを見ればそれは誤りだと分かるんですよ。 というのも、サンマは、実は日本近海に住んでいる魚ではないんです。 太平洋の真ん中、ハワイの北辺りに住んでいます。 サンマは卵を産むために秋頃に南へ回遊するのですが、その群れの一部が日本の側を通ります。 その時期にしか日本の漁場を訪れないので、サンマは秋にしか獲れないんです。 サンマの分布域(索餌場と産卵・生育場)と日本漁船及び外国漁船の主漁場位置(出典元: ) 現代ではほとんどの魚が1年を通して安定的に市場に出回るようになっています。 冷凍技術が発達していること、日本列島が南北に長いために魚の旬が県によってずれていくことなどがその理由です。 しかし見方を変えればそれは、魚の季節性が消えたとも言えます。 その点、サンマは季節性が残っている数少ない魚ですね。 あと、サンマの寿命は約1~2年と短いので、その年、産卵された卵がどの程度生き残るかによって、資源の状況が大きく変わってしまうのもあります。 前年サンマがたくさん獲れたからといって、翌年も獲れるとは限りません。 予測が非常に難しい。 そこで、2003年から国立研究開発法人 水産研究・教育機構が水産庁の委託を受けて、毎年6~7月に調査船を出しています。 サンマの回遊ルートを遡り、どれぐらいのサンマが日本へ向かって来るか、太平洋を横切ってハワイよりも東の方まで行って調べているんです。 なぜ今サンマが不漁だと騒ぐことが無意味なのか、漁獲量がどのように変化しているのかも、この調査結果から読み解くことができるんです。 今年の調査結果では、1区のサンマの分布量は0に近い値でした。 だから今の時点で不漁だと騒ぎますが、データを見れば当たり前という話なんです。 6~7月に実施したサンマ資源量直接推定調査におけるサンマの分布状況。 ただ、今年は2区にはそれなりにサンマがいるんです。 しかも1歳魚が分布しているのでサイズも大きいです。 劇的な不漁であった2017年は、1区にごくわずかしかおらず、2区にもほとんどいませんでした。 その時と今年ではまったく状況が異なります。 だから漁期の初めにサンマが獲れないと大騒ぎする必要はなく、おそらく10月頃に一昨年よりも5割から8割程多い、10万トンくらいの水揚げがあるだろうと想定されるんです。 ただ、調査結果を見ると2010年以降の来遊量と漁獲量が下がり続けていますね。 サンマの分布量(来遊量)と日本のサンマ漁獲量は、ほぼ比例関係にあります。 つまり、日本のサンマの漁獲量が減っているのは、サンマの来遊量自体が減っているからです。 資源は減っていないけれども、日本以外のルートを通って回遊する割合が増えているという可能性もゼロではありません。 ただ、資源の持続的利用の観点からは、サンマ資源全体が減っていると考えるのが妥当だと思います。 サンマはどこか別の海域にいると想定して、獲り尽くしたあとに「実はいませんでした」となったら取り返しがつかないですよね。 ですから今、日本に来遊するサンマが十分な量の卵を産んで次世代を残せるようにするために、サンマの漁獲枠をきちんと規制していくことが求められているんです。 各国でサンマをどう使っていくのかを議論しなければならないのは間違いありません。 例えば2003年の調査結果では、大体500万トンのサンマが日本へ来遊していますが、各国の漁獲量の総量は34万トン程度で、1割にも達しません。 500万トンに対して34万トン獲ったから、翌年の来遊量が380万トンまで減ったと関連付けるのには無理があります。 グラフを見ると、来遊したサンマのうち漁獲されるのは一割程度なことが一目瞭然だ その中でも一番多く獲ったのが日本で約27万トン。 その次は韓国、ロシア、台湾ですがいずれも4万トン未満です。 実は、中国は2003年にはまだサンマを獲っておらず、2012年以降少しずつ獲り出しています。 魚は自然に増えたり減ったりすることが結構あるので、乱獲で減っているというよりは、今はサンマが自然に減少する時期なのでしょう。 実際に、60年代のサンマの漁獲量はずっと少なかったんです。 たまたま90年頃から非常に豊漁な時期が続いていただけで、今はサンマの豊漁期が終わったとも考えられます。 ただその原因は断定できないんです。 私がメディアの取材を受けると、中国が悪いことを前提に質問をされることが多くあります。 「いやいや、中国はそんなに影響ないんですよ」と言ってデータを見せて説明しても、報道の見出しが「中国などの乱獲で」となっていたりします。 なぜそうなるのか。 私が 今お話したような説明は、丁寧な解説が必要だし、結局サンマが減っている原因が特定されないので視聴者にモヤモヤが残るからではないでしょうか。 それよりも「〇〇が悪い」と断言されたほうが、視聴者としては納得感があるのかもしれません。 漁獲量の多さが主要因で来遊量が減ったとはいえませんが、500万トン来遊していた時期に40万トン獲るのと、現在来遊量が100万トンを切ることもある中で同じ量を獲るのではまったく状況が違いますよね。 これからは、調査結果を元に来遊量を把握し、それに対して適切な漁獲量を決めることが大切なんです。 だから今後は、 漁獲にブレーキをかける国際的な仕組みを作る必要があります。 各国が協力して「この国がサンマを獲っていいのはこの量まで」という国別の漁獲枠を設定したほうがいいんです。 例えば、中国の漁業が今後伸びてきたとしても、漁獲枠があることによって歯止めをかけることができます。 現実的な漁獲枠を国別で設定しておくことは、日本にとって非常に重要なことなんです。 単に「中国が悪い」と主張しても、少なくとも中国の同意は得られませんし、一歩も前進できません。 減っているサンマ資源をみんなで守ろうという国際世論を作ることが重要なんです。 日本政府も漁獲枠を設ける方向で交渉をしています。 今年7月の北太平洋漁業委員会(NPFC)では加盟国のサンマの漁獲量の総量を55万トンにすることで合意しました。 ただ、55万トンという漁獲量は過去に2回しか到達したことのない大きい数字なのであまり意味はありません。 また、国別の漁獲枠の配分も決まっていないんです。 ただ「漁獲枠を設定すること」に合意ができたという意味では前進だといえます。 次にこの55万トンを妥当な水準まで下げていく交渉ができるかどうか。 どの国も多くの枠を欲しがりますが、漁獲枠を多く設けるということは、それだけ他の国に、サンマ漁に新規参入する余地があるということです。 今後は、全体の漁獲枠として余らない水準にした上で、その中でシェアをどうするのか協議する形に持っていかなければいけません。 まずは、サンマの来遊量のデータから、十分な産卵量を確保するにはどのくらいサンマを残せばいいか全体の漁獲枠を妥当な水準に設定します。 そして、諸外国と共に全体の漁獲枠を国別に配分していく仕組みを機能させていくことが大切です。 ただ、各国の漁獲枠の割合を決める交渉は、そう簡単にはまとまらないでしょう。 日本はこれまでと同じくらいのシェアを主張するでしょうし、中国は人口で割ろうと言うかもしれない。 結局どこの国も自分の国のシェアを多くしたいのが本音です。 しかし、日本にとって最悪なのは、このまま実効的な規則ができない状況が続くことです。 このまま自由競争で各国がサンマを獲り続ければ、日本のシェアが食われていくのは目に見えていますから。 長期的に考えて、他国に多少譲ってでも早めに決着を着けられる交渉ができるかどうかがポイントですね。 例えば、サンマの不漁や漁獲枠の話題ではすぐ「サンマが高くなる! 家計直撃だ!」と大騒ぎしますよね。 今の日本人が年間どれくらいサンマを買っているかというと、平均して1人当たり2本程度です。 つまり、仮に1本100円のサンマが300円になったとして、年間で増える出費は400円です。 「家計を直撃」と言うなら、消費税のほうがよほど大問題ですよ(笑)。 もうひとつ重要なのは、 サンマを獲る漁師さんたちを残さなければならないということです。 サンマの漁獲量を3割減らしたとして、漁場が今までより遠くなり漁船の操業コストがさらに増えた場合、 消費者がそれでも1本100円にしろと言ったら、漁師さんたちは廃業せざるを得なくなってしまいます。 実際、消費者が魚を安く買い叩き続け、その結果、日本の漁業の担い手が減った状況が今です。 これからもサンマを食べ続けたいのであれば、今年サンマがいくらになったかではなく、資源とそれを生産するプロセスを支えていける対価を考えないといけない。 そのためには消費者がサンマのことをもっと知るべきでしょう。 私は、 こんなにはっきりと旬が残っているサンマを日本の食文化として大切にしたいんです。 そのために、サンマを国際的な枠組みでしっかりと守る。 そして日本の漁船がサンマを獲って利益を出せるような仕組みを整えていかなければならない。 そういう中で、秋になったらサンマの来遊量の調査結果をみて、 今年はサンマが多いから安くたくさん食べようという年があってもいいし、今年は少ないから1本を大事に食べようという年があってもいいと思います。 そうやって食文化として未来につながっていく仕組みを作るのが1番大切なことではないでしょうか。 今の日本人は安いものを求め過ぎているのかもしれません。 ヨーロッパの消費者と話していると、彼らは「消費者の権利」と同時に「消費者の義務」も持っているんです。 その義務とは、消費することによって未来の世代の選択肢を奪わないこと。 今、我々がサンマを買い叩いて、日本のサンマ漁業が消滅してしまったら、それは「消費者の義務」を果たしていないですよね。 子の代、孫の代がサンマを食べたいと思ったときに適正価格で買えるようにしていく義務が我々にはあるんです。 今の私たちの消費行動は、実は未来の漁業や未来の食卓をどうするかにつながっている意識を持って欲しいと思います。 ヨーロッパの人々は、買い物に行くのは投票に行くのと同じくらい重要という感覚があるんです。 つまり、消費者が何を買うかによって、商売上の勝ち組・負け組が決まり、製造のプロセスが変わっていくわけですから。 自分たちが何を買うかによって未来の世界をよりよく変えていく義務があるという考え方をしているんです。 まずは 自分たちの行動が未来にどういう影響を与えているかを理解することがスタートだと思います。 サンマ資源の話なら、「中国が悪い」で思考を停止してしまったら、もう絶対、先には行けませんよね。 そうではなく、まずは サンマ資源を我々の問題だと受け止めて、持続性について考えることが大切です。 これから価格が上がったとしても、 1本のサンマの貴重さを実感しながら食べるほうが、スーパーで安いからと大量に買って、結局、半分くらい悪くなって捨ててしまうような消費の仕方よりずっと文化的だと思います。 昔からサンマを愛し、食べ続けて来た日本だからこそ、秋にサンマを大切に味わう文化をこれから築きあげていけばいいのではないでしょうか。

次の

サンマ不漁2019年の原因と影響を調査!秋の味覚に大打撃今後どうなる?

サンマ 不漁

漁船転覆事故から1か月 9月17日、北海道根室市の納沙布岬沖の公海でサンマ漁船が転覆し船長が死亡、乗組員7人が行方不明となった事故。 事故から1か月となるが、漁師たちは今も遠くの公海に向かう厳しい現状が続いている。 サンマに頼るしかない…危機的状況はいつまで続くのか。 公海で転覆したサンマ漁船「第六十五慶栄丸」(第一管区海上保安本部提供) 10月7日、北海道根室市内の葬儀場で執り行われた葬儀。 根室沖で転覆したサンマ漁船の船長・敬禮(けいれい)寿広さんの遺族や友人ら約100人が参列し冥福を祈りました。 参列者: 先輩だったんですよ。 本当に優しくて世話になった。 もう14~15年前になるが、うちの船に乗ってくれていた。 ですからなんかね、びっくりですね。 残念ですけどね、安らかにという思いです 9月17日、根室市の納沙布岬沖。 日本から600キロ以上も離れた「公海」で大樹漁協所属のサンマ漁船「第六十五慶栄丸」が転覆。 船内で発見された船長の敬禮さんが死亡し、ほかの乗組員7人の行方は今もわかっていない。 現場の波は荒れることが多く、転覆した船をえい航することも叶わない厳しい状況だ。 「第六十五慶栄丸」(第一管区海上保安本部提供) 小さな船でうねりの大きい公海へ。 危険と隣り合わせの漁師を取り巻く現状とは。 開催危ぶまれた「根室さんま祭り」 サンマの水揚げ日本一を誇る花咲港を抱える根室市。 9月21日、旬のサンマを味わえる「さんま祭り」が開かれ、全国から1万6500人の来場者が訪れた。 来場者: 脂がのっていて小さくてもおいしい。 3本目。 おいしいです。 ーーサンマ不漁だが? 来場者: さんま祭りあること自体感謝している しかし、今年は一時開催も危ぶまれるほどの危機的状況で、人気の「サンマのつかみ取り」は中止。 格安の箱売りも例年の半分の2キロに減らして予約販売のみという異常事態だ。 9割減…過去最低のサンマ漁獲量 背景にはサンマの深刻な不漁がある。 水産庁によると漁獲量は約7060トン。 2018年の同じ時期の5万4178トンに比べ9割近くも減り、過去最低となっている。 「不漁の犠牲に…」漁師仲間は危機感 花咲港も2018年より水揚げが8割も減った。 魚体は少しずつ大きくなってきたが、漁師たちは… ーーあがっているほうですか? 漁師: あがってない方だわ。 2日間船で走ったな。 そのぐらいまで行かないといないのかな… 苦しみながら漁にでる状況が続く中、地元のサンマ漁船「進洋丸」の船主の木根繁さん 82 は… 進洋丸船主 木根繁さん: (慶栄丸は)やむを得ずに行って気の毒な話。 公海に行かないとサンマがいないから無理して行った。 痛ましい事故だわ。 サンマの不漁のために犠牲になった 漁師仲間の事故は、木根さんに強い危機感を抱かせていた。 進洋丸船主 木根繁さん: 依然としてサンマが近海に来ないからね。 公海でも2区というところなんだわ。 東経160度から170度ぐらいのところ。 だから遠いんだ。 おれらの船は公海でサンマするために作ったわけではない。 サケマス流し網漁と沿岸のサンマ漁のために作った。 公海に行くのであれば、もっと大きな船が必要… 「外国船との獲りあい」小さな船が公海へ向かうリスク うねりが大きい公海へ。 小さな船で向かうにはリスクが伴う。 これは公海でのサンマ漁の様子。 沖合に見えるオレンジ色の無数の光。 これらはすべて台湾や中国などからサンマを獲りに来た1000トンクラスの大型船だという。 進洋丸船主 木根繁さん: 外国船がすごい来ている。 獲りあいだわ。 向こうは800トンとか1000トンぐらいだから。 こっちは200トン 転覆した慶栄丸は29トンの中型船だった。 木根さんの進洋丸は200トン。 気象条件の厳しい公海に危険を覚悟で小さな船で向かい、大きな外国船がひしめく中で少ない資源を獲りあう過酷な環境なのだ。 今後、サンマは沿岸に近づくのか? では今後、沿岸にサンマが近づく可能性はあるのか。 釧路市の水産試験場でサンマの調査を続けている守田航大さんは、花咲港で水揚げされたサンマの体長、性別に加え耳石と呼ばれる部分から年齢を調べていた。 サンマの調査を続ける守田航大さん 調べたサンマは2年目の個体。 今年魚体が小ぶりな原因が年齢なのか、他に理由があるのか… 実はサンマは秋から冬にかけて日本などの沿岸に南下するとされ、寿命が2年ほどとされる以外、産卵時期、稚魚の育ち方、来遊ルートなどがはっきりとわからない謎多き魚なのだ。 今後の水揚げの見通しも厳しく、回復のメドは立っていない。 守田航大さん: 今年は東経160度、今は近づいて東経152度ぐらいで獲れている状況。 今年の特徴としては表面の海水温が高いとの特徴はありますが、それ以上に元となるサンマが少ないというのが(不漁の)一番の要因。 資源量が低水準状態に入っているということは言える 経営体力はギリギリ「大倒産時代がくる」 2016年にロシア水域でのサケ・マス流し網漁が禁止となって以降、頼みの綱だったサンマ漁。 しかし、水揚げの少なさと1回の出漁で燃料代が数百万円かかる状況が続き、漁業者の経営体力はギリギリだ。 全国さんま棒受網漁漁協 八木田和浩組合長: サンマにかかわっている者はすべて大変。 このままではバタバタと大倒産時代がくるような状況に追い込まれている。 国に支援を求めたい 転覆事故に不漁。 サンマ漁に出る船自体が減ってしまう可能性も危惧される中、根室の船主・木根さんは状況が好転することに一縷の望みをかける。 進洋丸船主 木根繁さん: しけだから休もうかとも思ったが、色丹沖に魚群がいるとの情報があり向かった。 期待して待っています 食卓に再びサンマは戻るのか? 漁業者の試練の秋が続いている。 (北海道文化放送).

次の