薄切り 肉 チャーシュー。 チャーシューは自分でも作れる【焼豚レシピ】

豚ロースのレシピを公開!薄切り・厚切りの簡単・おすすめレシピを紹介

薄切り 肉 チャーシュー

豚ロースは薄切り・厚切りで食感が異なるのが魅力 豚ロースは肉と脂質のバランスがよく、柔らかく美味しい部位です。 厚切りロースはトンカツ用などと表示して売られています。 トンカツやポークソテーなどに使い、柔らかく適度な脂身があって美味しい部位で厚切りなので食べ応えがあります。 ロース肉は塊でも売っていて、チャーシューや角煮などのレシピに向いています。 塊のまま調理して食べるときにお好みの厚さに切っていただきます。 しっかり煮込んだロース肉は厚く切っても柔らかく美味しいです。 チャーシュー丼やラーメンなどは少し薄めでいただくのがおいしいでしょう。 薄切りロースは生姜焼きなどのレシピに使われます。 適度な歯ごたえとタレに絡み合う厚さがおいしいです。 しゃぶしゃぶなどは超薄切りでサッとお湯に通すだけでいただけて、ひと噛みで豚ロースの旨味を堪能できます。 超薄切りロースでの炒め物や生姜焼きのレシピも野菜やタレと絡めて食べられておすすめです。 薄切り豚ロースの簡単レシピ 薄切り豚ロースは適度な脂身もあって柔らかいので食べやすく、味も馴染みやすいです。 薄いので調理もしやすく便利な豚ロースを使った簡単レシピをご紹介します。 豚肉と小松菜のオイスター炒め• チーズ入りミルフィーユカツ• 豚と卵の炒め物• 豚肉のアスパラ巻き• 小松菜は体に良く摂取したい緑黄色野菜の中でも栄養価が高い野菜です。 オイスターソースで中華風の炒め物は食欲をそそる1品です。 サッと炒めるだけでとっても簡単レシピです。 他にもキノコや他の野菜、豆腐などを加えると彩りもよく栄養価もたかくなりおすすめです。 お肉の中でしっかりと熱せされたチーズがとろけて肉汁と絡む美味しいレシピです。 ベビーチーズを使用していますが、とろけるチーズでもトロトロに溶けて美味しいでしょう。 大葉を一緒に入れると見た目も味もさらにUPでおすすめです。 フライパンに直接卵を割り入れて調理するので、時短で洗い物も少なくすみます。 味付けも塩こしょうと醤油でシンプルですぐできるのに美味しくて満足な味です。 時間に余裕があれば、野菜や食材を増やしたり、味付けを色々変えてアレンジすると幅が広がりそうです。 アスパラはさっと茹でて使うので豚ロースに火が通れば出来上がりです。 こんがりした焼き色がたまりません。 アスパラが旬の春には太くて甘いアスパラがたくさん出回るので是非お試し下さい。 カレー風味で味も香りもとても良く食が進みます。 れんこん、マイタケと体にいい食材で作る簡単おすすめレシピです。 れんこんはたくさん買ってもついつい同じようなレシピになってしまいがちですが、カレー風味のこのレシピはいつもとちょっと違った使い方ができて覚えておきたいレシピの1つです。 薄切り豚ロースのおすすめレシピ 薄切り豚ロースを使ったレシピはまだまだたくさんあります。 中でも人気のあるおすすめレシピをご紹介します。 生姜焼き• 大根と豚肉の煮物• 高野豆腐の肉巻き焼き• 帯広風豚丼• 少し厚めの豚ロースで作る生姜焼きも美味しいですが、このレシピは しゃぶしゃぶ用の薄切り豚ロースを使います。 楽天のレシピランキングで1位になり、年間ランキングでも3位に選ばれた人気レシピです。 おいしかったお店の再現レシピだそうです。 大根の煮物はお肉なしでも美味しいですが、お肉が入るとコクが出てやはりおいしいです。 鶏肉やひき肉などどのお肉で作ってもそれぞれの美味しさがありますが、今回は豚ロースで作る大根と豚肉の煮物のレシピです。 使っているお肉は薄切りでも超薄切りのしゃぶしゃぶ用ロース肉です。 豚ロースのジューシーなコクが大根にしっかりと染みてほっこり大根の出来上がりです。 夕飯のメインメニューにもなるおすすめのレシピです。 高野豆腐は栄養価が高く、お味噌汁などに入れたりして毎日摂取したい食材の1つです。 そんな栄養たっぷりの高野豆腐に豚ロースを巻いたレシピです。 高野豆腐の中には梅肉が入っていて見た目のボリューム感とは違うさっぱり感が箸を進ませます。 豚丼の発祥は北海道の帯広と言われています。 北海道を開拓した人達が疲労回復料理として北海道では手に入らなかったウナギの代わりに食したとも言われています。 甘辛いタレで絡めた豚ロースが白いご飯とベストマッチでご飯が進みます。 何時間もかけて作るチャーシューが15分ほどで出来ておいしい満足レシピです。 チャーシューはそのままお皿に並べて食卓に出しても美味しく豪華な1品になります。 チャーシュー丼やラーメンなど使い方はたくさんで、家族にも人気で喜ばれるレシピです。 厚切り豚ロースの簡単レシピ 厚切り豚ロース肉はトンカツ用などと表示されて売られています。 美味しく簡単に作れるトンカツや他にも厚切り豚ロース肉を使った簡単レシピをご紹介します。 豚肉のみそ焼き~にんにく風味~• 豚肉のカレーチーズ焼き~お弁当用~• 豚ロース肉の塩麹漬け焼きとんかつ• 和風甘辛ステーキ丼• 味噌につけ置きしておくレシピもありますが、味噌が付いた状態で焼くので焦げ付きやすいです。 このレシピは焼いてから味噌と絡めるので焦げ付きにくくお肉もしっかりと美味しく焼き上がります。 調味料を混ぜた味噌を焼いたロース肉に絡めるだけの簡単時短レシピなので忙しいときにおすすめです。 水を入れてしっかりと火を通して茹で焼き上げたロース肉にカレー粉と粉チーズを振りかけて香り高く焼き上げるレシピです。 水を入れて焼くのでしっとりした焼き上がりです。 簡単に作れてお弁当にもぴったりの1品です。 忙しく時間のない日の前日にちょっと一手間かけて準備するだけで簡単時短のメインディッシュの出来上がりです。 胃腸の働きを助けてくれる麹を使って時短で簡単に作れる嬉しいレシピです。 とんかつのように衣を付けないのでとても簡単です。 お肉を焼いたフライパンでステーキのタレも作るので洗い物も少なく手間がかかりません。 ボリューム満点の厚切り豚ロース肉ステーキは子ども達にも喜ばれる1品です。 ソースをかけると照りがでて見た目にもおいしそうです。 お肉を焼いたフライパンで簡単にとろみのある美味しいソースが出来上がります。 さっぱりとしたバルサミコ酢と醤油のソースは他のお料理にも使えそうな美味しいソースです。 厚切り豚ロースのおすすめレシピ 厚切り豚ロース肉を使ったお料理は夕食のメインメニューにピッタリです。 とんかつを上手に作るコツや厚切り豚ロース肉を使った美味しいおすすめレシピをご紹介します。 トンテキ ニンニクソース• ポークソテー・オニオンソース• マスタード風味のポークピカタ• ヒレかつ• にんにくたっぷりのソースでご飯が進みます。 にんにくは疲労回復や免疫力アップの効果があります。 ボリュームたっぷりのにんにくソースのトンテキでスタミナをつけましょう。 オニオンソースに漬け込むことによって味がしっかりとつき、お肉も柔らかくなって美味しくなります。 さっぱりして美味しいソースはキャベツにも合います。 ハンバーグや他のソースとしてもおすすめです。 ピカタは下味を付けたお肉に小麦粉をまぶし、粉チーズ入りの溶き卵にくぐらせて焼いたものです。 卵がふんわりとしてやわらかくて美味しいです。 にんにくの香りもよく、チーズもよく合います。 マスタードを入れているので味にアクセントもありとても美味しいレシピです。 作り方の基本、簡単に美味しく作るコツ、お弁当に入れても美味しいヒレカツの作り方が紹介されています。 カツを作るそれぞれの工程で美味しく作るための準備や手順があり、それが美味しく作れるコツとなっています。 一つ一つ難しい作業ではないので気を付けて丁寧に作ると美味しく揚げられます。 コクと食べ応えのある食感の厚切りロース肉を柔らかく美味しくいただく方法をご紹介します。 まずは筋切りです。 包丁の背や肉を叩くための調理器具である肉叩きを使ってロース肉の筋繊維を軽く叩きます。 そのことによって 筋繊維が切断されてお肉が柔らかくなります。 また豚ロースをコーラで煮ると美味しく柔らかくなるレシピもあります。 豚ロース肉を炭酸飲料に漬けることによって柔らかくできるのです。 他にも重曹に漬けたり、塩麹も柔らかくする効果があります。 蜂蜜や砂糖、ワインやビールなどのアルコールに漬けておいても柔らかくくなり、ワインなどは臭みを消す効果もあります。 牛乳やヨーグルト、ジャムなどもお肉を柔らかくし、まろやかな味わいにもしてくれます。 その時々の味付けや調理法、キッチンにあるもので手軽にロース肉を柔らかくすることができます。

次の

【超簡単チャーシュー】薄切り肉や切り落としでぐるぐる巻きチャーシュー(動画レシピ)

薄切り 肉 チャーシュー

2、1の調味液に豚バラスライスをくぐらせ、耐熱ボウルに蛇腹に折り畳みながら重ねる。 3、残りのたれをかけ、600Wの電子レンジで1分30秒加熱する。 4、上下返し、爪楊枝2本を刺して、さらにレンジで1分加熱する。 5、爪楊枝を持って取りだし、つまようじの間で2つにカットする。 これで完成です。 今回のレシピはもともとうどんのトッピング用として紹介されたので分量が少なめです。 たっぷり作りたい場合は和食のプロが考案されたこちらのレシピもおすすめですよ。 ぜひ作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にも電子レンジを使った時短レシピをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

【超簡単チャーシュー】薄切り肉や切り落としでぐるぐる巻きチャーシュー(動画レシピ)

薄切り 肉 チャーシュー

チャーシューのレシピを検索すると、星の数ほど作り方があるんじゃないかと思うほど、さまざまなレシピがヒットします。 チャーシュ作りたい。 でもどのレシピで作ればいいのやら。。。 ここはやはり、料理に対する情熱や腕前や装備(調理道具)がきわめて「並」なレベルに合ったレシピにすべきでしょう。 条件としてはこの3つ。 オーブン・圧力鍋は使わない(誰もが持っているわけじゃない)• 肉をタコ糸でしばらない(めんどくさい)• 作業工程がシンプル この3つを絶対条件としてあれこれ調べ、最終的にいろんなレシピのおいしいトコどりをして作ってみました。 いいとこどりすると凡庸なものができそうな不安はなきにしもあらずですが、チャーシュー初挑戦なもので、そもそも最初からハイリスクですから。 まずはチャーシューの材料 肉は国産とアメリカ産の両方を用意しました。 柔らかさにどれくらい差が出るか確かめたかったのです。 写真手前の細長い方が国産豚バラ肉約350g、奥の台形っぽいのがアメリカ産肩ロース肉約300g。 アメリカ産は国産の約半額でした。 バラ肉、肩ロース、どちらのレシピもありましたが、どちらかといえば脂身の少ない肩ロースを使うレシピのほうが多かったです。 また、チャーシュー・焼豚だけに「焼く」のは当たり前ですが、オーブンを使わないとなると、焼くだけでは完成させられません。 生焼け、ダメ、絶対。 巷にはこれまたさまざまな手段がありましたが、その中でも最も多数派の「焼く+煮る」コースを選択します。 材料(2〜3人分)• 豚肉 合わせて650g• 長ねぎの青い部分 あったら適量 (なかったら不要)• 水 400cc• しょうゆ 100cc• めんつゆ 100cc (濃い味が好みの人はめんつゆなしで「しょうゆ 200cc」)• 日本酒 100cc• そしてフライパンで表面に焼き色を付けます。 油がじゃばじゃば出るので、ふき取りながら焼きましょう。 こんな感じに焼けたら取り出します。 次に鍋に肉以外の材料を入れ、沸騰したら弱火にして肉を入れます。 この日はたまたま家に長ねぎが豊富にあったので、たっぷり入れてます。 ふたをして弱火で45分~1時間くらい煮込むと、こんな色に。 さあ、取り出します! どきどきしてきました。 いよいよチャーシューが完成! チャーシューの完成です。 冷ました方が薄く切れますが、待てません! 肝心の味のほうは……、 うんまっ! やわらかっっ! 不特定多数レシピのミックス、やってくれました! これ、左側の脂身少なめがアメリカ産、右側が国産です。 同じ鍋で同じ時間調理した肉に、差はあるでしょうか。 ない!! 衝撃です。 ローストビーフのときは国産と外国産で肉のうま味に明らかな差があったのに(火を通し過ぎたという大きな原因はありますが)、豚肉だと驚くほど差が感じられません。 チャーシューは安い肉でもおいしくやわらかく作れることが証明されました! やるね外国産豚肉! そして作ってわかったこと。 バラ肉よりも肩ロースのレシピの方が多いのは、 肩ロースのほうがチャーシューに適しているからなんですね。 チャーシューって常にアツアツで食べるとは限りません。 中華では冷菜として出されるし、チャーシューつまみに一杯、なんてときのチャーシューも冷えています。 だから脂身が固まってしまうバラ肉よりは肩ロースのほうがシーンを選ばず食べられるのです。 しかもバラ肉は、このまま煮詰めたら「豚の角煮」という別メニューになってしまうことが判明! それからタコ糸で形を整える点ですが、ちゃんとやればでき上がりのビジュアルがきれいなうえ、火が均等に入るという利点もあるのでしょう。 今回は煮たので火が均等というのは該当しませんが、見た目は間違いなくタコ糸を使ったほうがよかったはずです。 でも考えただけでも面倒ですよ……この一手間をしなければならないと考えると、急にチャーシューづくりのハードルが高くなってしまいます。 なので、今回は「 タコ糸はしなくてもOK、味に影響なし」という結論にいたりました。 ちなみに「焼き豚用」と称してタコ糸でしばった状態の豚肉を売っているところもあります。 そういうのを利用するのはありですね! 肩ロースにしてもタコ糸にしても、こうやって実際に作ってみると納得できました。 なるほどそうだったのか。 今回うれしいのは、味が本当においしいこと。 ゆで汁は煮る時に肉がひたひたになる程度の分量で調節してください。 お約束はこれですね、やっぱり。 チャーシュー丼! 丼といっても、これはお茶碗サイズの器に盛ってみました。 ご飯が見えなくなってしまうほどチャーシューを乗せて、温泉卵も添えて。 写真ではわかりませんがゆで汁もご飯にかかっているのです。 うまいのなんの。 ラーメンに入れるもよし、角切りにしてチャーハンの具にするのもよし。 チャーシュー、「自分にも作れる料理」にぜひ追加してください。

次の