ベイカー ストリート の 亡霊。 【感想】ベイカー街の亡霊はコナン映画歴代最高作品か?

【名探偵コナン/ベイカー街の亡霊】ヒロキが工藤新一だと分かったのはなぜ?人工知能・ノアズアークから考察

ベイカー ストリート の 亡霊

世界観の設定は間違いなく歴代No. 2016年映画ランキングでは第2位にランクインしています。 普段見れないコナンを描いたことが「ベイカー街の亡霊」の魅力ですが、その反面コナンらしくないシーンも。。 コナンで1番好きな映画は?と聞かれたら「ベイカー街の亡霊」と答えるほど大好きな作品ですが、自信を持って歴代最高傑作に推せない理由があります。 関連記事: もくじ• だが、彼らを待っていたのは、自殺した天才少年プログラマーのヒロキが作り上げた人工知能からの挑戦状だった。 ゲームをひとりもクリアできなければ、全員が二度と目覚めることはないというのだ。 コナンは19世紀のベイカー街を再現した世界で、切り裂きジャックに立ち向かう・・・。 シャーロック・ホームズが光でジャックザリッパーは陰………この先どうなるんでしょう…………🤫 — スタンリー@金曜ロードSHOW! コクーン、とは英語でcocoon、繭 まゆ という意味ですよー😊確かに、繭に包まれる感じのげーむですぅーー😊 — スタンリー@金曜ロードSHOW! 助かる方法はゲームをクリアすることだけ この映画の犯人は3人• 1人目は現実世界で殺人を行ったシンドラー社の社長• 19世紀のロンドンではシャーロックホームズの世界の登場人物が次々に現れる。 仮想現実の世界で強いダメージを受けるとゲームから即退場。 残りの人数はビッグベンの長針が示す。 ジェームズ・モリアーティ教授は、元数学者でホームズさんが「犯罪界のナポレオン」と呼んだ犯罪者。 原作の「空き家の冒険」「恐怖の谷」に登場し、「最後の事件」でスイスのライヘンバッハの滝に落下した…という設定です😲 — スタンリー@金曜ロードSHOW! そして、少年探偵団にコナンの命が救われる数少ない作品でもある。 人に感謝されたのって初めてだな 協力して危機を乗り越えることで厚生していく悪ガキたち お助けのホームズが出てこないなら、私たちにとってのホームズはあなた。 あなたにはその力がある………ホームズに解けない事件はないんでしょ……は、灰原哀さんーー😭 完敗 — スタンリー@金曜ロードSHOW! お助けキャラがいないなら私たちにとってのホームズはあなた。 あなたにはそれだけの力がある。 ホームズに解けない事件はないんでしょ? 灰原哀の最後のセリフ。 ホームズの世界ならではの言葉のチョイスが絶妙。 最暴走する列車の上で切り裂きジャックの正体を暴いたコナンだが、捕まえようとした蘭が逆に拘束されてしまう のぞみだと?生き続けることだ 俺に流れている凶悪な血を次の世代に運ぶこと あなたはJack the Ripperの子孫ですね? IT産業界の帝王が100年前の連続殺人鬼の子孫と知られたら破滅。 だから口封じのためにヒロキくんを自殺においこみ、樫村氏を殺害した。 終盤に現実世界と仮想世界の事件がリンク。 現実世界の犯行は工藤優作があっさり見抜いている。 君を確実に破滅させることができれば、公共の利益のためにこの身を捧げよう……「コナンくん、信じてるから………………」蘭さんがぁーーーーーーーー😭😭😭 — スタンリー@金曜ロードSHOW! しかし、ブレーキが壊された列車は止まらない。 ダメだ、もう打つ手がねえ コナンが諦めたシーンが印象的。 蘭がいなくなると、コナンといえどもこうなってしまうのか。 コナン大明神様、どうか蘭を 小五郎の声もコナンに届かない ありがとう、ホームズ……いや、父さん……… め、名言ですーーーーー😭😭😭 — スタンリー@金曜ロードSHOW! 赤ワインの海で列車激突のショックを和らげゲームクリア。 そしてもう一人の犯人も。 どういたしましてノアズ・アーク それともヒロキくんといえばいいのかな 最後まで生き残っていた冴えない少年がノアズ・アーク自身だということが判明 日本のリセットは2世3世を抹殺することじゃない 親の力を頼りにすることなく壁をのりこえ ゲームを通じて成長する俺たちを期待していたんだ 目的を果たしたノアズ・アークは自らデータを消すことを選択。 ひとことでいえば「名探偵コナンらしくない映画」 だからこそ、本編では扱えない要素がふんだんに盛り込まれている。 19世紀のロンドンの雰囲気が抜群で、良くも悪くも見た人の心に残る作品 名探偵コナンといえばアニメ作品。 アニメといえば何でもアリだが、作品によっては制限がつく。 物理法則無視のアクションシーンはともかく、現実離れしたことは描けない。 そんな名探偵コナンが一線を超えたのがこの作品。 仮想空間という世界であれば普段できないことも可能。 しょ、少年探偵団たちが…………こうやって消えていくのが怖いし切ないですーー😭 でもそういうところもハラハラさせられて面白いですぅーー😭 — スタンリー@金曜ロードSHOW! 連載では絶対にありえないが、ゲームの世界であるため「どうせ最後には生き返るんだろう」と観客に悪い印象を与えない。 その加減が絶妙となっている。 連載でも映画でもまず見られない 「コナンが諦めたシーン」が登場している。 守るべき対象である蘭がいなくなったとはいえ、コナンらしくない。 また、蘭が飛び降りたシーンも違和感。 マシンガンも恐れずに突っ込んでいく蘭があの状況で自ら犠牲になることを選択するのはおかしい。 ホームズの世界に合わせたとはいえ、名探偵コナンの世界は崩壊している。 とはいえ、 そのキャラ崩壊のシーンを除けば名作であるのは間違いない。 「何でも起こりうる世界」だからこそ次の展開が予想できず、コナンの敗北もありうるのではと予感させた。 ゲームの世界には、実在の人物と小説のキャラクターとが登場しています!「ジャック・ザ・リッパー=切り裂きジャック」は、1888年にロンドンの下町で5人の女性を殺害した連続殺人鬼!犯人はいまだ不明なのだそう😭シャーロック・ホームズ」の小説は事件の前年から執筆が開始されているそうですぅ。 — スタンリー@金曜ロードSHOW! いつものお助けアイテムが一切使えないことも絶妙なアクセント。 いつものコナンならJack The Ripperをサッカーボールで倒しておしまい。 コナンを特別な能力のない人間に戻すことで、等身大の心情を描いている。 「現実の人生はゲームのように簡単ではない、と……」示唆に富んだ発言、名セリフですぅーーーー😭 — スタンリー@金曜ロードSHOW! 世間からみてわかりやすい演出を選んだだけだと思うが、さすがに浅く感じてしまう。 安っぽい説教だと感じてしまうのが難点。 19世紀のロンドンという最高の舞台を整えておきながら、自信をもってベイカー街の亡霊を歴代1位作品に推薦できないのはこのあたりが理由です。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

名探偵コナンの映画「ベーカー街の亡霊」でヒロキ君はなぜ江...

ベイカー ストリート の 亡霊

ヒロキは、生まれながらにずば抜けて 高いIQを持っており、母と共にアメリカへ留学します。 そして、わずか 10歳という年齢で マサチューセッツ工科大学に在籍していました。 父親の樫村氏とは別れた状態にあったようです。 そこで、本作で重要なキーワードでもある人工知能 「ノアズ・アーク」や DNA探査プログラムを発明したのです! その功績にはアメリカ国内からも評価され、その名を轟かせていました。 しかし、 名誉なことではありましたが、まだ10歳の身。 同世代の子供たちと同じように遊ぶことすら出来ず、トマス・シンドラー氏の 厳しい監視の元、 毎日研究の日々でした。 プライベートである、ヒロキの部屋にも 監視カメラは置かれていました。 トマス・シンドラーのこのやり方は、非常に酷いです。 ヒロキにとっては、 相当なストレスを抱えていたに違いありません! そして、物語の2年前にビルから飛び降り自殺をします。 わずか10歳でした。。 ヒロキは、自殺をする前に人工知能「ノアズ・アーク」を電話回線に逃がしていました。 それは、トマス・シンドラーたちが悪用することが目に見えていたからです! そして、逃がされた「ノアズ・アーク」が2年の時を経て、 物語序盤で姿を現します! それも、子供たちが遊ぶ予定だった新型仮想体感ゲーム機 「コクーン」を乗っ取るという形で、です。 この「ノアズアーク」はゲームに参加した子供のうちの1人、 諸星秀樹の体を借りることで ちゃっかり参加します。 シュウと同じ人じゃん…。 狂言師の息子で、生意気だけど弱っちい。 上記でお話した通り、この諸星は 本人ではなく人工知能「ノアズアーク」が模倣したヒロキです! ヒロキは、2年前にアメリカで自殺をしているため、コナンは面識がなく初対面でした。 コナンは、ゲーム内で一緒に行動することで、諸星が本人ではなくヒロキだということに気付いていました。 これに関しては、コナンの推理力であれば当然だと納得がいきます。 しかし、雑談を終えて現実世界へ帰ろうとするコナンに対して、ヒロキは 「さようなら…工藤新一…」と言ったのです! ヒロキもコナン同様に、初対面だったので「コナン=工藤新一」と知っているはずがありません。 それにも関わらず、なぜヒロキは分かったのでしょうか? ヒロキは亡くなっているため本人ではない ここで重要なことは、上記の発言をしたのはヒロキではなく「ノアズアーク」だということです。 ヒロキは、2年前に亡くなっているため無理です。 なので、まずゲームの世界で登場したヒロキは 本人ではありません。 ベイカー街の亡霊のヒロキくんの涙にみんな泣いたよね… — 六太 ろくた 🐯🐷 onimaru17 コナンがヒロキだと言い当てたシーンでは、諸星は光に包まれ一気にヒロキへと姿を変えていました。 以上から、もちろん亡くなったヒロキ本人ではなく、ノアズアークの真似事だったということが分かります。 ヒロキのセリフは全て「ノアズアーク」が作り出した解析データ 何度も解説してきましたが、最後のヒロキの姿は「ノアズ・アーク」が作り出したホログラムでした。 そしてこの姿は、生前のヒロキのデータを元に 「ノアズアーク」が解析したものです。 ヒロキが、コナンと話をする中で 参加した目的について語るシーンがあります。 それは、ゲームクリアを阻止するためではなく 「1度くらい友達と遊びたかった」からという理由でした。 いつも仕事ばかりさせられていたヒロキは、遊ぶことすら許されなかったのです。 そんなヒロキの心苦しさを、機械である「ノアズアーク」も理解していた故の、発言でした。 最後にヒロキは、ゲームに参加して 「すごく楽しかった」とセリフしました! きっと、ヒロキにとって唯一の友達とも言える「ノアズ・アーク」が、彼の 「友達と遊びたい」という願いを叶えるために、作り出したのでしょう! 間接的ではありますが、「ノアズアーク」は ヒロキの願いを叶えることができたのではないでしょうか? 工藤新一と分かったのは天才的頭脳のノアズアークがデータ解析したからだと考察 ヒロキは、なぜ 「コナン=工藤新一」と分かったのでしょうか? 「ノアズアーク」は、天才のヒロキが発明した人工知能ということもあり、 ヒロキの人間性がデータとして保存されていました。 そして、そのデータを諸星が行なうはずだった1枠に当てはめたからこそ、ヒロキのデータでゲームをプレイすることができたのです! しかも、ヒロキは 諸星の人間性を全て把握した上で立ち回っていたので、「ノアズアーク」はプレイをする人間のデータぐらいは簡単に 抜き出せるということになります。 ということは、コナンのデータにもアクセスしていた可能性もありますよね? 最後にヒロキが「コナン=工藤新一」という情報を知っていたのは、「ノアズアーク」によって 全ての情報を管理されていたからでした! また、物語の中で、コナンが父・工藤優作に心の中で語りかけてるシーンがありました。 実は、この内容も「ノアズアーク」は知っていたのです。 何故なら、ヒロキはラストシーンでコナンに 「羨ましかった。 離れていても、心が通じ合っている君とお父さんが」と言っていたからです。 このように、「ノアズアーク」は人のデータ、つまり 「脳」にアクセスすることもできるみたいですね! そう考えると、少し怖いですが、それぐらい素晴らしい発明品でした。 ですが、近い未来、現実世界でも、登場し得るゲームだと思います。 今後のコナンワールドにも、またバーチャルな世界が登場してくるのか、注目していきたいと思います!.

次の

名探偵コナン「ベイカーストリートの亡霊」あらすじ、ネタバレ感想、名言。子供の自殺と現代の教育について。

ベイカー ストリート の 亡霊

シリーズ6作目のコナン映画「ベイカーストリートの亡霊」 江戸川乱歩賞を受賞したが脚本を担当しています。 作家がストーリーを担当しているだけあって他の映画とは一味違う、大人向けの映画になっています。 ちなみに野沢尚さんは2004年に自殺という形で亡くなっています。 そのことを踏まえて映画を見ると、また違った感想が生まれそうです。 野沢尚さんは北野武の初監督作「その男、凶暴につき」の脚本も担当しています。 本来なら私は大好きな映画であればあるほど感想を書けないのですが、ベイカーストリートの亡霊は素晴らしすぎるので支離滅裂でも思いの丈をぶつけたいと考え、筆を執ることにしました。 ということで、このページではコナン映画「ベイカーストリートの亡霊」のあらすじ、感想、名言について紹介します。 関連記事: 関連記事: JRとJTだと、電車とタバコ 江戸川コナンたちは 仮想体感ゲーム機「コクーン」の完成披露パーティーに招かれた。 そのパーティーには日本の未来を担うことになる、警察官僚や政治家の二世・三世が勢ぞろいしていた。 そんな中、殺人事件が発生し、コナンは被害者のダイイングメッセージから、事件の手がかりがゲームの中にあると考え、コクーンに乗り込む。 ところが、ゲームのスタート直後にシステムが人工頭脳「ノアズ・アーク」によって占拠され、コナンたちを含む子供たち50人は人質に取られてしまう。 「日本という国のリセット」を企てるノアズアークは、プレイヤーである子供たち50人全員がゲームオーバー(脱落)になってしまうと、現実世界に戻ることは不可能となるが、たった1人でもゴールにたどり着けば子供達の勝ちだと忠告する。 そこでコナンたちは、19世紀末に実在した殺人鬼のジャック・ザ・リッパーを追いかける 命がけのゲームに挑戦する。 一方、現実の会場ではコナンの父である工藤優作が殺人事件の捜査に乗り出していた。 ゲームの世界と現実の世界、2つの世界でコナンと優作が事件解決に挑む。 ベイカーストリートの亡霊の感想• 生と死の物語であること• 大人が手出しできず子供たちだけで頑張るストーリー• 未来を見据えた仮想現実やAIをストーリーに取り込んでいること• シャーロックホームズネタが沢山あること• 作画と間の取り方• 完璧なエンディング その他にも色々あるのですが、全部書くと手と肩と腰が痛くなるので控えます。 ベイカーストリートの亡霊は生と死の物語だ まず注目すべきはストーリーです。 天才少年の自殺から始める物語はかなり衝撃的です。 子供アニメにおける自殺のシーンは私にとって結構ショッキングで、攻めている感じがとても好きです。 例えばとか。 本作では子供の自殺シーンを入れることで、ミステリーとしてではなく、人生の「生と死」の物語であると分かります。 というのも本作では ヒロキ君が自殺をして死に、代わりにノアズアークが生を受けます。 ノアズアークが起動したときの、鼓動のような「ドクンドクン」とした音は印象深いですよね。 さらに蘭がコナンを守るために自ら飛び降り死ぬシーン。 あのシーンが超々大好きで、脳を揺さぶられるほど大好きなんですけど、 自己犠牲により死を選ぶのは蘭らしくていいですよね。 現実世界では出来ませんが、ゲームだからあの展開が可能なんです。 ゲームの中であることを最大限活かした展開です。 そして最後、ノアズアークはヒロキ君のように自ら消える事(死ぬことを)を選びます。 自我を持ったAIはまだ生まれちゃいけないんだ…と。 AIが世界を支配したがる作品は多いですが、(アイ、ロボットとか、ドラえもんトボット王国とか)本作では AIが自死を選ぶエンディングになっていて、SF作品でもあまり見ない終わり方です。 しかもコナンはノアズアークを機械やプログラムとしてではなく、一つの人格として扱います。 そこで最後の方に死を選んだノアズアークに「 お父さんに、会えるといいねぇ」と言うんですね。 私はあのシーンも超大好きで、たまに一人で真似をしています。 誰も居ない部屋に向かって「お父さんに、会えるといいねぇ」とドヤ顔決めています。 そんな感じで生と死の物語であるベイカーストリートの亡霊。 しかし大人が手だし出来ないので、かなりハラハラする展開ばかりになっています。 大人が手出しできず子供たちだけで頑張るストーリー コクーンというゲームを体験しているのは子供たちで、仮想現実に入った子供たちを大人が助けることはできません。 2世3世であり 努力や協力、感謝を知らない傲慢チキな悪ガキたちが、命がけのゲームに参加し協力することを学んでいくのです。 大人たちはただ見ていることしかできず、子供の成長を願うより命が助かって欲しいと願います。 当然ですが。 そのシーンも描かれているので、 大人に感情移入してしまうと心労で疲れます。 他の作品にはない、子供たちだけで頑張るというストーリーは、なんというか子供たちが希望であることを意味している気がします。 未来ある子供たちそのものが希望なんですね。 工藤優作を含めた大人組みも活躍します。 しかし大人は大人、子供は子供という2つの世界がきちんと分けられている点が本作をより魅力的にしていると思います。 特に探偵団のみんなが頑張ってます。 レアカードとコクーン参加権をトレードするところなんか、逞しいです。 業火の向日葵では「鈴木園子という金持ちお姉ちゃん」にお願いして欲しい物を手に入れています。 しかし本作では、ここでしか手に入らないカードと、これからいつでも遊べるコクーン(そんな保証はない)を取引しています。 シャーロックホームズネタが沢山あること さらに本作の魅力としてシャーロックホームズネタがたくさん登場することも挙げておきます。 ロンドンの街並み、シャーロックホームズの下宿、モリアーティ教授の登場などなど。 ホームズネタに、はしゃぐコナンは可愛いですよね。 ホームズネタが分からない人のために、ちゃんと解説している点も映画としての優しさを感じます。 イチイチ説明しているせいでテンポが少し悪くなっていますが、それほど気にならないでしょう。 作画と間の取り方も良い ストーリーだけでなく、 作画と間の取り方も好きです。 色合いは少しダークなので、コナン君の肌暗すぎじゃね??と思わなくもないですが。 蘭が飛び降りる時の首を傾ける画、コナンの眼鏡が光って表情が分からなくなる画が完璧なまでにかっこいいです。 またラスト、優作とコナンが顔を合わせるシーンの間の取り方も素敵です。 物語が終わってホっと一息ついた観客をさらに優しい気持ちにしてくれるシーンです。 感想のまとめ ストーリー、作画、展開、そして言いませんでしたが音楽も最高な映画ベイカーストリートの亡霊。 現実ではできない展開、ストーリーをゲームという世界に落とし込んで実現したこと。 ゲームの中ではあるけれど、都合のいいことばかり起こらないことなど、よく作り込まれた作品だと思います。 人気ランキング1位も納得です。 余談ではありますが、 個性より調和を尊重する日本の教育現場についても言及されている本作。 17年前の作品ですが、今の教育現場はどうでしょうか? ブラック校則という言葉を最近よく耳にしますが、下着の色や髪型まで決められている(管理)されている学校もあるそうです。 ヒロキ君のような子供が、のびのびと教育を受けられる環境はいつになったら実現するんでしょうか。 なんて色々考えてしまいました。 ベイカーストリートの亡霊の名言 ベイカーストリートの亡霊ではたくさんの名言が登場します。 他のコナン映画に比べて難しい用語もたくさん登場します。 その中から私が気に入っているセリフをいくつか紹介します。 わしゃ元気じゃ!• 好きでお父さんの子供に生まれたわけじゃないわ…• お父さんに、会えるといいねぇ• お前にしては時間がかかったな• キャスト 監督 こだま兼嗣 脚本 野沢尚 声優 高山みなみ 山崎和佳奈 神谷明 緒方賢一 林原めぐみ 茶風林 大谷育江 高木渉 岩居由希子 田中秀幸 折笠愛 緒方恵美 小林清志 速水奨 平田広明 津嘉山正種 大御所声優ばかりですね。 ヒロキ君を演じた折笠愛、諸星少年を演じた緒方恵美、ジャックザリッパーの速水奨あたりが好きです。 ゲスト声優は居ないので、ちゃんと物語にのめり込めます。 個人的にはシンドラーの津嘉山正種の声が大好きです。 「7more minutes」なんていい声過ぎて痺れます。 まとめ 何度見ても面白いコナン映画ベイカーストリートの亡霊。 17年前の作品ですが、今でも色あせずにコナンファンの心に残る作品です。 5年後、10年後も語り継がれる映画でしょう。 その未来ではどんな教育が行われているのか、AIがどこまで発達しているのか、楽しみです。

次の