ワイヤレス 充電。 ワイヤレス充電器おすすめ14選!iPhoneを置くだけで充電できる便利グッズ【2020年最新】

【解説】なぜケーブルなしで充電できるの? スマホのワイヤレス充電の仕組み

ワイヤレス 充電

今やスマートフォンを持つ方の必需品とも言える充電器。 中でも近年注目を浴びているのが、ケーブルを必要としないワイヤレス充電器です。 今回は、IT・ゲーム・ガジェット関連の新商品や新サービスに詳しい川村和弘さんにインタビュー。 おすすめのワイヤレス充電器をピックアップしてもらいました! 基礎知識をはじめ、使うことで得られるメリットやデメリット、後悔しない製品選びのポイントなども紹介していきます。 ワイヤレス充電器を選ぶ上でポイントとなるのは形状です。 また、充電時間に関わる出力電力も重要です。 用途や好みに合わせて選びましょう。 昔はゲーム雑誌編集部に在席。 その後、フリーランスとして、iPhoneマガジン、たまごっち攻略本、ドローンの本などを手がける。 近年は、モバイルプロジェクターの販売・広報なども行ってヒットさせる。 現在は、Yahoo! やYouTubeでガジェット関連の紹介を動画で行っている。 昔はゲーム雑誌編集部に在席。 その後、フリーランスとして、iPhoneマガジン、たまごっち攻略本、ドローンの本などを手がける。 近年は、モバイルプロジェクターの販売・広報なども行ってヒットさせる。 現在は、Yahoo! やYouTubeでガジェット関連の紹介を動画で行っている。 ワイヤレス充電器おすすめ一覧 そもそもバッテリーを充電するワイヤレス充電器とは何なのか、どのような仕組みでできているのか…まずは基礎知識を身につけましょう。 ワイヤレス充電器とは、ケーブルを繫げることなくスマートフォンや小型家電機器 歯ブラシやワイヤレスイヤホンの充電器 が充電できる 非接触充電や無線給電のこと。 ワイヤレス給電などとも呼ばれています。 主に使われているのは「 電磁誘導方式」。 給電側・受電側の両方にコイルが組み込まれています。 給電側のコイルに電流を流すと磁界が発生し、その磁界により隣接する受電側のコイルに超電力が発生。 これは 電磁誘導される状態のことを指します。 この仕組みによって隣接するコイル間で給電が可能なのだそう。 そのため、給電側のコイルと受電側のコイル位置がズレていると充電ができない場合もあります。 ワイヤレス充電器のメリット・デメリットは? ワイヤレス充電器選びで注目したいのが 出力電力。 充電時間に影響してくる部分です。 電力のワット数には 5W、 7. 5W、 10W、 15Wといった種類があり、 この数値が高くなれば高くなるほど充電時間は短くなります。 高速充電する場合は7. 5Wのものを選ぶのがベター。 注意したいのは、スマートフォンがどの出力に対応しているかをチェックすることです。 Androidは5Wや10W、15Wに対応している機種があるものの、iPhoneは5Wと7. 5Wにしか対応していません。 ワイヤレス充電器が「5W対応」や「15W対応」などと表記されていた場合、スマートフォン自体が7. 5Wに対応していなければ結局5Wの出力になります。 必ずしも ワット数が大きければ良いというわけではありません。 購入する前にワイヤレス充電器の出力電力を必ずチェックしましょう。 ワイヤレス充電器おすすめ12選|ガジェットライターの川村和弘が形状・用途別にランキングで紹介! なぜこのワイヤレス充電器が選ばれたのか ワイヤレス対応機器を置くだけで充電できるワイヤレスQi充電器と、Qualcomm社が開発した急速充電規格「QuickCharge 3. 0」対応のモバイル機器を急速充電できる小型アダプタのセット。 2台を組み合わせることで快適な充電環境を実現します。 それでいてコスパも抜群。 iPhoneの急速充電7. 5WやSamsungのスマートフォン10Wにも対応しています。 サイズ TUNEMAX 急速充電小型アダプタ QC3-1:約W54. ホルダー部分がワイヤレス充電器になっていて、このホルダーにスマートフォンを挟むだけで充電が開始されます。 スマートフォンを固定するホールドアームが左右に動くことで、あらゆる幅の端末を設置可能。 ワンタッチでホールドアームが開くため、取り外しも簡単です。 ホルダーの左右にLEDを搭載。 運転席と助手席のどちらからでも充電状況が確認できるのもうれしいポイント。 8mm TUNEMAX 急速充電小型アダプタ QC3-1:約W54. 5W/10W 5W/7. 5W/10W 5W/7. 5W/10W 5W/7. 5W/10W 最大5W まとめ 2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。 2017年株式会社サイバーエージェントに中途入社し、アドテク本部に配属。 SSPプロダクトのメディアコンサルタントとしてメディアリクルーティングや広告運用を経験し、外部メディアの広告収益拡大化を担当。 その後、海外配信向けアプリ比較サイトの立ち上げに携わり、2018年7月よりグループ会社である株式会社CyberOwlにて、「モノレコ by Ameba」の立ち上げに携わる。

次の

【100均検証】100円ショップに「ワイヤレス充電器」が売ってるとかスゴくない!? ただし価格は…

ワイヤレス 充電

ワイヤレス充電とは? ワイヤレス充電とは、スマホを置くだけで充電できる技術です。 iPhoneやAndroidスマートフォンの高機能モデルなどで採用されています。 物理的な接触部がないことから「無接点充電」や「非接触充電」とも呼ばれています。 ワイヤレス充電のポイントは、置くだけで充電でき、ケーブルをつなぐ手間がないこと。 ベッドサイドにワイヤレス充電器を置いておけば、寝る前にちょっとスマホを使ったときも、わざわざケーブルを挿すことなく、スマホを充電器の上に置くだけで充電されます。 一方で、充電速度はケーブルをつなぐ通常の方式よりも遅くなります。 メーカーをまたいで使える共通規格「Qi」 ワイヤレス充電には「Qi(チー)」という規格が存在します。 2019年現在、ワイヤレス充電に対応するスマートフォンのほとんどがこのQiを採用しています。 共通規格の便利なところは、メーカーを問わず使えること。 Qiに対応していれば、iPhoneでもGalaxyでも充電できます。 また最近では、スマートフォン以外のアイテムでも、ワイヤレス充電に対応する製品が増えてきました。 有名なところでは、Appleのイヤホン「AirPods」の充電ケースも第2世代でQi充電に対応しています。 Qi規格には出力(一度に充電できる速度)の違いがあります。 Qi充電器を選ぶときは、スマートフォンが対応する充電速度をチェックして、それにあわせたQi充電器を選ぶと良いでしょう。 iPhoneはiPhone 8以降のすべての機種がワイヤレス充電に対応。 GalaxyやHUAWEIの高性能モデルも多くがQiに対応しています。 Xperiaは以前のモデルでQiに対応していましたが、最新のXperia 1では対応が見送られています。 AQUOSは2019年夏モデルのAQUOS R3でQi対応となりました。 なお、大手3キャリアのスマートフォンは、2018年春モデル〜2019年夏モデルの中から抜粋しています。 iPhone• iPhone 8• iPhone 8 Plus• iPhone X• iPhone XS• iPhone XS Max• iPhone XR Galaxy• Galaxy S9• Galaxy Note9• Galaxy S10• Galaxy S10+ Xperia• Xperia XZ2• Xperia XZ2 Premium• Xperia XZ3 AQUOS• AQUOS R3 Pixel• Pixel 3• Pixel 3 XL HUAWEI• HUAWEI Mate 20 Pro• アクセサリーのワイヤレスイヤホンなどにスマホから給電できるほか、他のスマートフォンを充電することもできるという機能です。 Qi充電器選びのヒント (1)自分が使っているスマホの「Qi入力電流」を確認する iPhoneシリーズの場合は、最大7. 5Wで充電できます(参考:)。 Galaxyシリーズの場合は、通常速度の5Wか9Wでの急速充電に対応。 なお、安価な製品では、別売のUSB-ACアダプター(電源)が必要な場合があります。 そうした製品でQiの急速充電を利用するためには、USB-ACアダプターも急速充電に対応した製品を用意する必要があります。 価格はやや高くなる傾向にありますが、スマートフォンメーカーが推奨の周辺機器として用意している充電器を選ぶのも1つの手と言えます。 (2)スタンド型、パッド型……使いたい形で選ぶ Qi充電器の使い勝手は、置く場所によっても変わります。 たとえば、ベッドサイドに設置するなら、置くときの角度を問わない平置きのパット型の製品を選ぶと使いやすいでしょう。 普段作業するデスクに置く場合、角度が付いているスタンド型の製品を選ぶと扱いやすいです。 スマホと一緒にスマートウォッチなどを活用している人なら、スマートウォッチの充電スタンドと一体型になった製品を使うのもよさそうです。 おすすめのQi充電器はこれ! 特徴:iPhone シリーズの7. 5W充電にも対応するスタンド型の充電器。 安価ながら、機種を問わずに使える便利な1台です。 iPhone、Galaxyも高速で充電できます。 薄くかさばらないため、旅先のホテルなどで使うときにも便利です。 カーナビ代わりに使っているスマホを充電できます。 自動車のエアコン吹き出し口に取り付けて使います。 さらに充電用のUSB-A端子もあり、もう1台のスマホやワイヤレスイヤホンなども充電できます。 Appleユーザーには重宝する1台です。 価格:14,847円(税込) ワイヤレス充電の規格や種類を理解したうえで、自分に合った充電器選びに役立ててくださいね。

次の

おしゃれなQiワイヤレス充電器、知らないと損するかも?

ワイヤレス 充電

SPONSORED LINK ワイヤレス充電器を使ったことがありますか? 日本では「おくだけ充電」という名前で、2010年頃からが普及を図っていたので、名前くらいは聞いたことがある方もいるだろう。 Androidの世界では採用が進んでいたものの、 普及していたとは言い難かった。 そんな状況が変わったのは、2017年9月に発表された「」および「」がワイヤレス充電(Qi方式)を採用したことだ。 このことで、以下のような流れができ上がった。 いくつかの規格が存在したが「Qi方式」がスタンダードとなった• 対応機器が激増 かつては家電量販店の隅っこで少しだけ売っていたワイヤレス充電器も、 2020年現在はかなり多くの製品が販売されるようになっている。 ワイヤレス充電の欠点• 充電が遅い• 位置をキッチリ合わせないと、充電してくれない• 充電しながらスマホが操作できない 充電が遅い 実はワイヤレス充電には、いくつか規格があるのだが、大多数の製品は5W(Basic Power Profile)にしか対応していない。 近年のスマートフォンはバッテリーが大型化しているため、USB-PD・QuickChargeなど高速充電規格を採用しているが、ワイヤレス充電に関してはそれほど普及していない。 ワイヤレス充電は便利だけど遅い と言う方が多いのは、このような事情がある。 しかし、2018年3月に策定された、 最新規格の「Qi ver. 4」は15W(Extended Power Profile)を採用しており、充電器とスマートフォン双方が対応すれば高速充電が可能となる。 ワイヤレス充電の高速充電規格に関しては、後半で詳しく解説します 位置をキッチリ合わせないと、充電してくれない ワイヤレス充電は、充電パットにおくだけで簡単に充電出来るのだが、ちょっとあたっただけでずれてしまい、充電が止まってしまうことがある。 僕は以前、就寝中の充電に使おうとしたのだが、寝ている間にずれてしまい、朝起きたら充電が途中で止まっていることが多かったので、使うのをやめてしまった。 位置合わせが重要 というのは、ワイヤレス充電器を使う上での注意点となる。 この問題を解消するために、価格が高めの充電器は、充電コイルを複数搭載するなど、位置合わせ意識せず充電出来るような対策が施されている。 充電しながらスマホが操作できない そして、ワイヤレス充電器を初めて使った方が、わりと驚くことが、 充電しながらスマホが操作できない ということだ。 スマホ操作するために、充電器からパッと取り上げれば、充電が止まる。 考えてみれば当たり前なのだが、僕も使って初めて気がついた 笑 なので、本当にバッテリーが切れかかっていて、早く充電したいけど、操作もしたいなんてシーンで利用するのには向いていない。 5W 7. ワイヤレス充電器はケーブルの抜き差しがなく、荒々しい使い方をされることはほぼない。 つまり、壊れにくい。 ただ、ワイヤレス充電器が登場した当時問題になったが、 熱がこもって充電出来ないなどの問題が発生した。 ワイヤレス充電器で実は重要なのは熱処理なので、 ファンを搭載するなど、熱対策を施している製品を買う方がよいと思う。 高速充電対応• 熱対策 これらが全て揃った製品となると、2,000円程度のワイヤレス充電器はほぼ対象から外れ、 5,000円前後の製品が中心になると思う。 Amazonの売れ行きなどをみると、 実売2,000円程度の安価な製品が主流なのだが、僕はここまで紹介してきたような理由から、価格は多少高くても品質重視で選ぶことをおすすめする。 おすすめのワイヤレス充電器 前置きが長くなったが、ここまで解説してきた内容を踏まえて、僕がおすすめするワイヤレス充電器を紹介しようと思う。 以下の4製品だ。 Freedy Qi規格ワイヤレス充電パッド EA1203• Freedy フレックス 10W ワイヤレス充電パッド EA1201S• Freedy デュアルワイヤレス充電パッド EA1202WH• Anker PowerWave 7. 5 Stand 以下、理由などを簡単に紹介する。 【高品質】Freedy Qi規格ワイヤレス充電パッド EA1203 1つ目は「Freedy Qi規格ワイヤレス充電パッド EA1203」。 これは、よくある充電パットなので、 誰にでもお勧めしやすいタイプのワイヤレス充電器だ。 15W出力(Extended Power Profile)対応• 傾斜がありスマホを充電しながらでも使いやすい• 裏面に通気口があり、熱対策も万全 これらの特徴を持っている。 価格は「6,750円」と少々高いのが欠点だが、 メーカー保証が2年あり、品質も高いので安心して使えるワイヤレス充電器と思う。 【スタンドタイプ】Freedy フレックス 10W ワイヤレス充電パッド EA1201S 2つ目のおすすめが、同じくFreedyブランドで販売されている「Freedy フレックス 10W ワイヤレス充電パッド」だ。 1つ目との違いは、主に以下の2点。 スタンド型としても使える• 横向きでも充電出来る• 出力が10Wまで 通常の充電パットとしても使えるのだが、 最大の魅力はスタンド型として使え、横向きでも充電できることだと思う。 このおかげで「動画をみながら充電」なんてことが出来るので、僕が今一番使っているワイヤレス充電器だ。 価格は「5,940円」と1つ目と同じく、少々高いのだがメーカー保証が2年あることも含め、品質は高いと感じている。 また、Freedyブランドは家電量販店でも販売されているのが特徴なので、店頭で確かめたい方は、Joshinなど大型家電量販店でチェックしてみることをおすすめする。 終わりに ワイヤレス充電器は、2017年あたりから一気にメジャーになった感があるが、実は歴史が長く少しずつ進化して現在に至っている。 ワイヤレス充電も高速充電対応が進んでいる ここがポイントだと僕は思っていて、せっかく便利なワイヤレス充電器も「充電が遅すぎるから使わない」では意味が無い。 しかし、ワイヤレス充電器の現実は、 高速充電対応の対応有無は関係なく「ワイヤレス充電」にまとめられていると思うので、購入時は注意して欲しい。 おすすめのワイヤレス充電器 ワイヤレス充電器は、Amazonなどで実売2,000円〜3,000円の製品が売れ筋ですが、僕は以下の観点で選んでいるため、 5,000円程度と少し価格が高めとなる。

次の