苗字呼び捨て 好意。 『呼び捨てにするのは好きだから?男性が女性を呼び捨てにする意味』

【男性心理】さん、ちゃん、それとも?呼び方によって脈ありかわかる!?

苗字呼び捨て 好意

恋バナ編集部のケイコです。 今回も皆さんから寄せられた体験談を元に、恋愛テクニックや知識をまとめ、記事にしましたのでシェアさせて頂きます。 皆さんは恋をしている時、相手の男性からどう呼ばれるかという点に注目した事はあるでしょうか。 男性は女性のことを苗字で呼ぶ人もいれば、下の名前で呼ぶ人もいますし、女性の名前の呼び方は人それぞれだと思います。 しかし、名前の呼び方ひとつで脈アリかどうかをある程度見分ける事が出来る場合もあります。 女性のことを苗字で呼ぶ男性には苗字で呼ぶ男性なりの考えを持っていますし、下の名前で呼ぶ男性には下の名前で呼ぶ男性なりの考えを持っているのです。 女性の名前を呼ぶ時、呼び方に対して何も考えていない男性も中にはいますが、殆どの男性は女性の名前の呼び方には意図を持っています。 その男性心理に注目してみる事で、脈アリかどうかを見分ける事が出来るのです。 今回は、名前の呼び方で分かる脈アリ診断を紹介していきたいと思いますので、片思い中の男性がいるなら相手があなたのことをどう呼ぶかに注目してみてください。 また、女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理や、女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理に関しても掘り下げて紹介していきたいと思います。 【1】名前の呼び方で分かる脈アリ診断 早速、名前の呼び方で分かる脈アリ診断を紹介していきたいと思います。 大まかに分類すると、苗字で呼び捨ての場合、苗字に「さん」付けの場合、下の名前に「ちゃん」付けの場合、ニックネーム呼びの場合、下の名前で呼び捨ての場合の5パターンに分類されるでしょう。 各々のケースで、どの程度脈アリなのかを見ていきたいと思いますので、片思い中の彼があなたの名前をどのように呼ぶか思い返して、当てはまる箇所を確認してみてください。 (1)苗字で呼び捨て 苗字で呼び捨ての場合、脈アリ度は10%程度だと考えられます。 基本的に苗字で呼び捨てにされる場合は、脈アリ度は低いと言えるでしょう。 相手の男性が同僚であったり、上司であれば苗字で呼び捨てにされる場合も多いかもしれませんが、そういった関係性であったとしても相手がこちらに好意を持っているなら親しみを込めた呼び方をしてくるはずです。 苗字で呼び捨てにされるという事は、相手の男性はこちらに対して親しみを持っていない可能性の方が高いのです。 また、下に見ていたり、異性として見ていない可能性も考えられるでしょう。 ただし、稀に苗字で呼び捨てしてくる場合であっても、相手の男性がこちらに好意を持っているケースもあります。 それは相手の男性がシャイで恥ずかしがり屋な場合、好意を悟られたくなかったり照れ隠しで苗字で呼び捨てにしてくるのです。 相手の男性がこちらに好意を持っているかどうかは、その他の接し方に注目してみれば見分ける事が出来る場合もあるでしょう。 (2)苗字に「さん」付け 苗字に「さん」付けの場合、脈アリ度は30%程度だと考えられます。 苗字に「さん」付けで呼ばれる場合も、脈アリ度はそれほど高くないと言えます。 相手の男性は、こちらに対してある程度の距離を保とうとしているのです。 あからさまに冷たくしようとは思っていないけれど、そこまで仲良くもなりたくないという感情を持っている場合、相手の女性のことをこのように苗字に「さん」付けで呼ぶ男性が多いと言えます。 ただし、知り合って間もない状態だと苗字に「さん」付けで呼ぶのは普通な事なので、お互いの関係性もある程度は思慮しなければいけません。 知り合って間もない頃は苗字に「さん」付けだったとしても距離が縮まっていくにつれて呼び方が変わる場合もあります。 また、呼び方が苗字であっても、「さん」付けと「ちゃん」付けでも差はあるでしょう。 「ちゃん」付けの方がある程度の親しみを持っている可能性が高いと言えます。 しかし、その親しみは恋愛感情ではなく、友情の可能性が高いと言えるでしょう。 (3)下の名前に「ちゃん」付け 下の名前に「ちゃん」付けの場合、脈アリ度は50%程度だと考えられます。 下の名前に「ちゃん」付けで呼ばれる場合だと、脈アリの可能性は比較的高いと言えるでしょう。 下の名前で呼ばれている時点で、相手の男性がこちらに対して親しみを持っている可能性が高いのです。 また、「ちゃん」付けで呼ぶという行為も親密度の高さを表しているでしょう。 ただし、女性に対して馴れ馴れしい男性であったり、チャラい男性であれば、相手の女性に対して好意がなくても平気で下の名前に「ちゃん」付けで呼ぶ事もあるので、下の名前に「ちゃん」付けで呼ばれたからといって一概に相手の男性がこちらに対して好意を持っているとは言えません。 相手の男性の性格にもよるのです。 馴れ馴れしい男性やチャラい男性の他にも、おじさんも女性のことを下の名前に「ちゃん」付けで呼ぶ事が多いでしょう。 あなただけでなく、他の女性のことも同じように下の名前に「ちゃん」付けで呼んでいるなら、相手の男性の名前の呼び方に特別な意味はないので、脈アリだとは言えません。 ただし、親しいと感じていたり、親しくしたいと思っている事は間違いありませんので、そこは自信を持っても良いでしょう。 (4)ニックネーム呼び ニックネーム呼びの場合、脈アリ度は50%~70%程度だと考えられます。 ニックネームで呼ばれる場合、脈アリの可能性が高いと言えますが、仲の良い友達だと思われている可能性も否定は出来ません。 見極め方としては、周りの皆から呼ばれているニックネームなのか、それとも彼が彼自身でつけたあなただけのニックネームなのかという点でしょう。 周りの皆から呼ばれているニックネームと同じニックネームで呼ばれている場合は、仲の良い友達だと思われている可能性が高いと言えます。 しかし、彼が彼自身でつけた彼独自のニックネームで呼んでくれているなら、脈アリの可能性が高いと言えるでしょう。 親しみを込めて彼オリジナルのニックネームをつけてくれたのです。 そこにはあなたに対する好意が隠されていますし、好意を抱いて親しみを持っていなければ彼独自のニックネームをつけてくれるような事は殆どありません。 ただし、あまりにも変なニックネームをつけられているなら、彼の品性に問題がある場合もありますので、彼なりの親しみや愛情表現だったとしても嫌な事は嫌だと言いましょう。 (5)下の名前で呼び捨て 下の名前で呼び捨ての場合、脈アリ度は70%~90%程度だと考えられます。 下の名前で呼び捨てで呼んでくる場合は、高確率であなたに対して好意を持っていると言えるでしょう。 脈アリの可能性がかなり高いと思って間違いありません。 女性のことを下の名前で呼び捨てにするという行為は、男性側からしても勇気のいる事なのです。 それにも関わらず、下の名前で呼び捨てで呼んでくるという事は、それだけあなたに対して好意を持っていて親しくしたいという気持ちの表れだと言えます。 基本的に、好意を持っていたとしても付き合う前に下の名前で女性のことを呼ぶ時、男性はそれなりに相手との距離が近くないと「馴れ馴れしいと思われたらどうしよう・・・」「下の名前を呼び捨てで呼んだら引かれてしまうかな・・・?」と考えてしまうものなのです。 その気持ちを振り払って、下の名前で呼び捨てで呼んでくるという事は男性なりの覚悟や「もっと相手の女性と親しくしたい!」という気持ちが全面に出ている証拠でしょう。 ただし、稀に何も考えていない男性や妙に馴れ馴れしい男性もいますので、知り合って間もないのに突然下の名前で呼び捨てにしてきたならその手のタイプの男性だと考えられます。 【2】女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理 女性のことを苗字で呼び捨てにする男性もいますよね。 片思い中の男性から苗字で呼び捨てにされると「下の名前で呼んで欲しいのにな・・・」と少し悲しい気持ちになる人もいると思いますし、どうでも良いと思っている男性から苗字で呼び捨てにされるとイラっとしてしまう事もあると思います。 苗字で呼び捨てにする男性は、一体その女性に対してどういった心理を抱いているのでしょうか。 ここでは女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理を見ていきたいと思いますので、確認してみてください。 (1)相手の女性のことを下に見ているから 女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理その1は、相手の女性のことを下に見ているからという心理が考えられます。 苗字を呼び捨てにする男性の多くが、相手の女性のことを下に見ている場合があります。 親しみを持って呼び捨てにしているのではなく、相手が自分よりも下の立場だから呼び捨てにしても許されると思っているのです。 この手のタイプの男性は、基本的に相手よりも自分が上だと思っているので呼び捨てをする事が当然だと思っていて、相手のことを下に見ていること自体、深く考えていない場合が殆どでしょう。 仕事上の上司や先輩であれば、苗字を呼び捨てで呼んだとしても普通だと言えますが、同期であったり、仕事とは関係ないプライベートで苗字を呼び捨てにしてくる男性はこういった心理を持っている人が多いと言えます。 (2)女性扱いしていないから 女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理その2は、女性扱いしていないからという心理が考えられます。 相手の女性のことを下に見ているという心理の他に、女性扱いしていないからというのも割と多いと言えるでしょう。 男性は、同性の友達や同僚のことを呼び捨てで呼ぶ事が多いので、その延長線上で女性のことも苗字で呼び捨てにしてしまうのです。 そして、そういった場合の殆どは相手の女性のことを女性だと思っていないという心理が考えられます。 友達や仲間だという認識を持たれている証拠ではありますが、恋愛対象とは思われていないのです。 もし相手の男性に対して恋心を抱いているなら、今後、女性だと認識してもらえるように女性らしい一面をアピールしていくと良いでしょう。 場合によっては苗字の呼び捨てから下の名前で呼ばれるようになったり、「ちゃん」付けで呼ばれるようになったりする可能性も大いにあります。 (3)親しみを持っているから 女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理その3は、親しみを持っているからという心理が考えられます。 中には親しみを持っているから苗字で呼び捨てにするという男性もいます。 「親しみを持っているなら下の名前で呼んでくれたらいいのに・・・」と女性は思うかもしれませんが、下の名前で呼ぶのは交際してからと考えている男性も一定数いる事は覚えておきましょう。 この手のタイプの男性は、いきなり苗字を呼び捨てしてくる事は殆どありません。 最初は苗字に「さん」付けで呼ぶ事が殆どでしょう。 徐々に距離が縮まって、お互いに仲良くなれたと感じたタイミングで苗字で呼び捨てにしてくるのです。 呼び方が「さん」付けから呼び捨てに変わったなら、この手のタイプの心理を持っている男性だと考えても問題ないでしょう。 (4)下の名前で呼ぶのが恥ずかしくて照れているから 女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理その4は、下の名前で呼ぶのが恥ずかしくて照れているからという心理が考えられます。 苗字で呼び捨てにする男性の中では稀なタイプですが、ごく稀に下の名前で呼ぶのが恥ずかしくて照れているから苗字を呼び捨てにするという男性もいます。 本当は相手の女性に対して好意を持っていて、親しみを込めて下の名前で呼びたいけれど、恥ずかしくて下の名前で呼べない男性もいるのです。 しかし、相手の女性との距離を少しでも縮めたくて苗字を呼び捨てにしてしまうのでしょう。 苗字を「さん」付けで呼ぶよりも、呼び捨てにした方が距離が近いと感じてもらえると思っているのです。 名前を呼ぶ時にソワソワしていたり、恥ずかしそうにしているならこの手のタイプの男性だと考えられるでしょう。 態度に現れやすいので分かりやすいタイプだと言えます。 (5)何も考えていないから 女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理その5は、何も考えていないからという心理が考えられます。 こちらも少数ですが、稀に何も考えていない男性もいます。 女性の扱いに慣れていない場合もあれば、相手の女性のことを何とも思っていなくて何も考えていないという場合もあるでしょう。 女性の扱いに慣れていない男性の場合は、苗字を呼び捨てにする事が相手の気分を害してしまうかもしれないという事に気付けていない可能性もあります。 相手の女性のことを何とも思っていなくて何も考えていない場合は、本当に何も考えていないのでしょう。 どちらの場合も、苗字を呼び捨てにしてくる男性には悪意はありません。 その男性にとっては、女性のことを苗字で呼び捨てにするのが普通だというだけなのです。 【3】女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理 片思い中の男性から下の名前で呼ばれたら、「親しいと思ってもらえているのかな?」と嬉しくなる女性も多いと思います。 ただ、相手の女性のことを親しいと思っているから下の名前で呼ぶ男性ばかりではありません。 他の意図があって、女性のことを下の名前で呼ぶ男性もいるのです。 男性が女性のことを下の名前で呼ぶ時、一体どのような心理を抱いているのかをここでは見ていきたいと思いますので、女性のことを下の名前で呼ぶ男性心理を知っておきましょう。 (1)相手の女性との距離を縮めたいから 女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その1は、相手の女性との距離を縮めたいからという心理が考えられます。 男性が女性のことを下の名前で呼ぶ時、その多くが相手の女性との距離を縮めたいからという考えを持っているでしょう。 これまでは苗字で呼び合う仲だったのなら、尚更です。 いつまでも苗字で呼び合っていては、どこか他人行儀ですし距離感を感じる場合も多いでしょう。 だからこそ、頃合いを見計らって下の名前で呼び始めるのです。 好意を抱いているという可能性以外にも、単に仲良くなりたいと考えている場合もありますが、基本的に途中から下の名前で呼び始める男性の多くは相手の女性と距離を縮めたいと考えているケースが多いと言えます。 こちらも相手の男性と仲良くなりたくて距離を縮めたいと思っているなら、相手が下の名前で呼び始めたタイミングでこちらも相手の男性のことを下の名前で呼んであげましょう。 そうすれば壁をひとつ壊して距離を縮めていく事が出来るはずです。 (2)誰にでもフレンドリーに接する性格だから 女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その2は、誰にでもフレンドリーに接する性格だからという心理が考えられます。 女性のことを下の名前で呼ぶ男性の中には、誰にでもフレンドリーに接する性格の持ち主だからという人もいるでしょう。 これまでに知り合った人の中で、誰とでもすぐに仲良くなったり、初対面なのに距離感が近いという人はいなかったでしょうか。 これまでの人生でそういった人に出会った事がない人もいるかもしれませんが、そういったタイプの男性が一定数いる事は紛れもない事実です。 誰にでもフレンドリーに接するタイプの男性だと、深い意味もなく女性のことを下の名前で馴れ馴れしく呼んでくる事もあります。 この手のタイプの男性は、女性のことを下の名前で呼ぶ事に対して抵抗を持っていませんし、深い意味合いもないので下の名前で呼ばれたからといっても好意を持たれているとは言えません。 知り合って間もないのに馴れ馴れしく下の名前で呼びかけてきたなら、この手のタイプの男性である可能性が高いと言えるでしょう。 (3)スムーズにコミュニケーションを取りたいから 女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その3は、スムーズにコミュニケーションを取りたいからという心理が考えられます。 この手のタイプの男性は、年齢を重ねたおじさんに多いと言えるでしょう。 こちらの年齢にもよりますが、年齢を重ねたおじさんと呼ばれる年代の男性と知り合うのは、プライベートよりも職場や仕事関係が多いと思います。 しかし、職場や仕事関係で知り合うおじさんと呼ばれる年代の男性は、年下の女性や部下との接し方に悩みを持っている人も多いのです。 そして、少しでも壁をなくして、距離を縮める事で職場や仕事での人間関係が円滑にいくと考えているのがこの年代の男性なのです。 おじさんと呼ばれる年代の上司に「〇〇ちゃん(あなたの下の名前)!」と呼ばれた経験がある人もいるのではないでしょうか。 おじさんがそのように馴れ馴れしく下の名前で呼びかけてくるのは、スムーズにコミュニケーションを取りたいからなのです。 (4)女性のことは下の名前で呼ぶと決めているから 女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その4は、女性のことは下の名前で呼ぶと決めているからという心理が考えられます。 男性の中には、女性のことは下の名前で呼ぶと決めている男性もいます。 こういった男性は、女性との距離を縮めようという意図を持っている人もいれば、同性の男性には強い態度を取れないけど女性には強い態度が取れるという人もいるでしょう。 つまり、女たらしであったり、女性のことを下に見ているから下の名前で馴れ馴れしく呼びかけてくるのです。 こちらが好意を持っている男性から下の名前で呼ばれたら嬉しくなるかもしれませんが、この手のタイプの男性であれば素直には喜べないかもしれません。 見分け方は他の男性に対しての態度を見ていれば、比較的見分けやすいと言えるでしょう。 同性の男性に対して下手に出ている態度が見受けられるなら、この手のタイプの男性の可能性があります。 (5)周囲に他にも同じ苗字の人がいるから 女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その5は、周囲に他にも同じ苗字の人がいるからという心理が考えられます。 この手のタイプの男性も割と多いと言えます。 特に職場では良く起こり得るケースではないでしょうか。 同じ苗字の同僚が同じ職場にいたら、その人との区別をつける為に下の名前で呼びかけてくるのです。 職場以外でも、サークルであったり、良く集まる仲良しメンバーの中に同じ苗字の人がいたら、それぞれを下の名前で呼ぶ男性もいるという事を覚えておきましょう。 ただし、もう一人の同じ苗字の人のことは苗字で呼んでいるのに、あなたのことは下の名前で呼ぶといったようなケースは、もう一人の同じ苗字の人よりもあなたに対して親近感を持っていると考えられますので、ポジティブに捉えても問題ないでしょう。 (6)周囲の人に仲が良い事をアピールしたいから 女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その6は、周囲の人に仲が良い事をアピールしたいからという心理が考えられます。 この手のタイプの男性も割と多いと言えます。 女性のことを下の名前で呼ぶ事によって、周囲の人に「あの二人は下の名前で呼ぶくらいに仲が良いんだな~!」と思わせたいのでしょう。 それはつまり、下の名前で呼ぶ女性に対して好意を持っている可能性が高いと言えます。 また、下の名前で呼ぶ女性の見た目が綺麗であれば、「俺はこんなに見た目が綺麗な子のことを下の名前で呼べるくらいに仲が良いんだぜ!」という事を周囲の人に自慢したいという心理が隠されている場合もあります。 好意を持っているのか、それとも自慢したいのかは、名前の呼び方以外にも接し方を見ていればある程度見分ける事が出来ますので、どちらか分からないという場合は相手の男性の普段の接し方に注目をしてみてください。 (7)周囲の人の殆どが下の名前で呼んでいてそれに合わせているから 女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その7は、周囲の人の殆どが下の名前で呼んでいてそれに合わせているからという心理が考えられます。 女性のことを下の名前で呼ぶ男性の中には、周囲の人の殆どがその女性のことを下の名前で呼んでいるから自分も・・・という心理で、下の名前で呼びかけてくる男性もいます。 「周りの殆どの人があの女性のことを下の名前で呼んでいるから、俺もあの子のことは下の名前で呼んだ方が自然だよね・・・」と考えている人もいれば、「周りの人が下の名前で呼んでいるのに俺だけ苗字で呼んだら変に思われてしまうかな・・・?」と考えている人もいるでしょう。 つまり、周りの人と違うことをして浮きたくないという気持ちがあったり、周りに同調しようという気持ちがあるのです。 女性のことを下の名前で呼ぶ事に対して、深い意味は持っていません。 単純に周囲の人と違うことをしたくないという集団心理が働いているのです。 (8)相手の女性に自分のことを意識してもらいたいから 女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その8は、相手の女性に自分のことを意識してもらいたいからという心理が考えられます。 男性が女性のことを下の名前で呼ぶのは、相手の女性に対して好意や興味を持っていて、自分のことを意識してもらいたいと考えている時にその女性のことを下の名前で呼ぶ事があります。 人は、これまで苗字で呼ばれていたのに突然下の名前で呼ばれると「ドキっ!」として相手のことを少なからず意識してしまうものなのです。 突然、下の名前を呼ばれた事によって「どうして急に下の名前で呼んだんだろう?」と呼ばれた側は思うはずです。 そして、「もしかして私に気があるのかな?」と考える人も多いと思います。 その時点で相手のことを意識してしまっているのです。 そういった人間の心理を知っている男性は、気になる女性のことを突然下の名前で呼び始める事もあるでしょう。 また、相手の女性と距離を縮めたいと思っているけどどうすれば良いのか分からなくて、とりあえず下の名前で呼んでみる事から始める男性も中にはいます。 (9)下の名前で呼んだ時のリアクションを見たいから 女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その9は、下の名前で呼んだ時のリアクションを見たいからという心理が考えられます。 突然、下の名前で呼びかけてくる男性の中には、下の名前で呼んだ時のリアクションを見たいからという心理を持っている男性もいます。 この手のタイプの考えを持っている男性は、大きく二つに分けられると言えるでしょう。 一つは、下の名前で呼びかけた女性のリアクションを見て楽しみたいといういたずら心が働いている場合。 もう一つは、下の名前で呼んでも相手の女性が嫌がっていないかどうか確認をしたい場合。 下の名前を呼んだ時のリアクションを見たいという心理は、この二つに大きく分けられます。 前者の場合は、ただ単にいたずらしたいだけなので、そこに好意や悪意はないでしょう。 ただ、好意や悪意はなかったとしても親しみやすいと思われているからこそいたずらをしてくるので、相手の男性があなたのことを親しみやすいと思っている事は間違いありません。 後者の場合であれば、好意を持っている可能性が高いと言えるでしょう。 好意を持っているからこそ、下の名前で呼んだ時の女性のリアクションを見て、脈アリか脈ナシかを計ろうとしているのです。 基本的に脈アリかどうかを確認したくて下の名前で呼びかけてきたなら、その後の男性の態度で分かる場合が多いので気になる時は男性の態度に注目してみましょう。 (10)相手の女性のことが好きだから 女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理その10は、相手の女性のことが好きだからという心理が考えられます。 男性が女性のことを下の名前で呼ぶ時、その女性のことが好きだから下の名前で呼ぶという男性もいます。 好意を持っている女性に対しては、駆け引きをせずに男らしくストレートに気持ちを伝えてくるタイプの男性は、この手の心理で女性のことを下の名前で呼びかけてくる人が多いと言えるでしょう。 「俺は彼女のことが好きだから、少しでも俺の気持ちを彼女に伝えたい!」という気持ちを隠そうとせずに、ストレートに表現してくるので、小細工なしに下の名前で呼びかけてくるのです。 この手のタイプの男性は、普段の接し方からも好意が見え隠れしている場合が多いので、比較的分かりやすいと言えるでしょう。 「もしかして彼は私のこと好きなのかな?」と感じる節があるなら、それは勘違いではありませんし、彼はあなたに好意を持っていると考えて間違いないでしょう。 こちらもその男性に対して好意を持っているなら、駆け引きせずにストレートにこちらの気持ちを表現してあげるとすぐに交際へと発展させる事が出来るはずですよ。 【まとめ】 今回は、名前の呼び方で分かる脈アリ診断を紹介してきました。 また、女性のことを苗字で呼び捨てにする時の男性心理や、女性のことを下の名前で呼ぶ時の男性心理も併せて紹介してきましたが、いかがでしたか? 男性から名前を呼ばれる時、基本的には苗字で呼ばれるよりも下の名前で呼ばれる方が、相手の男性がこちらに対して抱いている心象は良くなります。 また、下の名前で呼ばれた場合でも「さん」付け、「ちゃん」付け、呼び捨てといった順番で相手の男性が抱いている好意は高くなっていくでしょう。 下の名前に「ちゃん」付けや、彼独自のニックネーム呼び、そして下の名前で呼び捨てなら、脈アリの可能性があると考えて問題ありません。 もちろん、名前の呼び方だけでなく、男性の普段の接し方にも注目するとより正確に脈アリかどうかを見極める事が出来るので、名前の呼び方と一緒に普段の接し方にも注目してみてくださいね。 そうすれば、意中の彼とは脈アリなのかどうかが高確率で判断出来るはずですよ。

次の

好意?それとも無意識?女性を呼び捨てにする男性心理

苗字呼び捨て 好意

スポンサーリンク 恋愛心理学において男性が女性に対する名前の呼び方を比較することで、その人が思っている男性心理を客観的に把握することが出来ます。 1つめの男性心理について説明していくと、女性に対して名前ではなく苗字で呼ぶ呼び方を紹介します。 この場合には恋愛感情はない可能性が高くなっており、初対面や友人という気持ちが強く表れています。 男性心理において女性を名前ではなく苗字で呼ぶ場合には、これ以上の進展や発展は希望しないという意思表示でもあります。 なのでいつまでたっても名前の呼び方が変わらない場合には、恋愛感情が芽生える可能性が低くなっています。 ですが逆に女性がその男性に対して好意を抱いている場合には、自分を好きになるように努力する必要があります。 男性の心をつかむ方法として、さりげなくボディタッチをすることや共通の趣味を見つけるなどがあります。 このような形で男性心理を読み取ることが可能なので、名前の呼び方一つでも色々と把握することが出来ます。 スポンサーリンク 男性心理では女性の名前の呼び方によって、その人の心情や思っていることを把握出来るのが恋愛心理学の特徴でもあります。 そこで2つめに途中から名前の呼び方が変わった場合には、一体どのような心境となっているのか説明していきます。 このようなケースにおける男性心理として、その女性に対して何らかの好意を持っている可能性が高いです。 特に今まで苗字で呼んでいたのが、急に名前で呼ぶことになった場合には脈ありという傾向が強いです。 さらにこういった呼び方を途中から変える男性心理として、もっとあなたと仲良くなりたいという気持ちが出ています。 親密な関係になりたいという気持ちが強くなった時に、男性は好意を持つ女性の呼び方を途中で変えることがあります。 またこのような心境が働く場合において、名前の呼び方には色んな種類があるのが特徴です。 いきなり呼び捨てにするのは威圧感を与えてしまうことが多いため、さんもしくはちゃん付けで呼ぶことで親近感が湧きやすくなります。 スポンサーリンク.

次の

呼び方が変わる男性心理5選!好きな人の名前は呼び捨てで呼ぶ?

苗字呼び捨て 好意

心理 2019. 21 名前の呼び方でわかる男性女性の心理13選!呼び捨てに変えるタイミングも 名前の呼び方だけで、相手の心理を知る事が出来ます。 名前の呼び方を変えるだけで、距離を縮める事も出来るんです。 さん付け、ちゃん付け、呼び捨てにはどんな心理が隠れているのでしょう。 名前の呼び方でわかる男性女性の心理13選を紹介しますので、参考にしてみてください。 基本的に初対面の人には、名字にさんを付けて呼びます。 そこには初対面なので、緊張している心理が隠れています。 心を開き始めれば、呼び方が変わる事もあります。 いつまでも呼び方が変わらない場合は遠慮している状態です。 もし好きな人に名字にさん付けされている場合は、もっと相手と打ち解けられる為に努力しましょう。 遠慮されているので、自分からコミュニケーションをとると良いです。 名前の呼び方を変えるだけで、距離も縮まるので呼び方を変えてもらうのもおすすめです。 もし初対面のときからいつも気にかけてくれる男性がいた場合、ぜひ下記の記事も参考にしてみてくださいね。 最初から呼び捨てにする人はあまりいません。 最初はさん付けが多いです。 そこから呼び捨てに変わったという事は、信頼されている状態です。 心を開き始めていて、頼る事が出来る人だと思われています。 もし好きな人に名字を呼び捨てにされている場合は、もう一息です。 信頼されているので、その信頼を裏切らないようにしましょう。 もう少し女性らしい所を見せると良いです。 女性らしい一面もあるというギャップが大切です。 信頼を得ているので、あとは相手に意識させる事が大切です。 下の名前で呼ぶのは、名字より親密になっている証です。 下の名前にさんが付いているのは、尊敬されている状態です。 呼び捨てやちゃん付けだと、尊敬する相手に失礼だと思っています。 名字だと距離を感じるので、下の名前にさん付けをしています。 もし好きな人に下の名前にさん付けされている場合は、もう少しフレンドリーに接してみましょう。 高根の花のようなイメージを持たれています。 もう少し砕けて距離を縮めていきましょう。 付き合う事が出来ると、お互いに尊敬し合える素敵な関係になれますよ。 ちゃん付けは、かなり仲が良くなっています。 相手を女の子扱いしている状態でもあります。 相手の事を好意的に思っている状態です。 嫌いな人に、下の名前にちゃん付けをする男性はあまりいません。 もし好きな人に下の名前にちゃん付けされている場合は、この調子で行けば付き合えそうです。 嫌われているという事はまずない状態なので、積極的にアピールしましょう。 相手も付き合いたいと思っているかもしれません。 女性をちゃん付けする男性心理10選の記事も参考にしてみてください。 もし好きな人に下の名前にちゃん付けされている場合は、その調子で行けば付き合う事が出来そうです。 呼び捨てには、独占欲の心理が隠れています。 相手と仲の良い事を、相手にも周りにも見せびらかしたい状態です。 好意的に思っていますが、必ずしも恋愛感情の好意とは限りません。 友達を独占したい気持ちの場合もあります。 もし好きな人に下の名前を呼び捨てにされている場合は、チャンスです。 独り占めしたいと思われているので、相手は好意を持っています。 ただの友達だと思われている場合もあるので、女性らしさをアピールしましょう。 しかし、もし付き合えても、独占欲が強いので苦労するかもしれません。 新しいあだ名を男性が付けてくれた場合は別ですが、基本的に周りの呼び方に合わせているだけです。 好きな相手でも嫌いな相手でも、周りが呼んでいれば合わせる事があります。 特に何も考えずに呼んでいる事が多いです。 もし好きな人にあだ名で呼ばれている場合は、もう少し距離を縮めましょう。 あだ名で呼ぶ男性の心理は色々あります。 呼び方だけでは判断しにくいので、もっと距離を縮める事が必要です。 思い切って、下の名前で呼んでもらうのもおすすめです。 特別な呼び方は、脈ありのサインの事があります。 新しくあだ名を付けてくれたり、男性しか呼ばない名前の時は期待出来ます。 自分だけ特別な呼び方をして、距離を縮めたいという心理が隠れています。 悪口のようなあだ名の時は、その限りではありません。 もし好きな人に特別な呼び方をされている場合は、お付き合いまで秒読みです。 相手はかなり好意を持っているので、告白されるのも時間の問題かもしれません。 相手の事を、名字で呼んでいる場合は下の名前で呼んでみましょう。 勿論特別な呼び方をするのもおすすめです。 名字にさん付けは、初対面の呼び方に多いです。 しかし、仲良くなってきてもさん付けのままの状態は、尊敬している心理が隠れています。 下の名前で呼ぶのも、くん付けにするのも失礼にあたるのではないかと思っています。 もし好きな人に名字にさん付けされている場合は、もう少し距離を縮めましょう。 あなたは手の届かない相手だと思われています。 尊敬していますが、近づきにくいと思っています。 距離を縮めるために、優しく接してみましょう。 しつこくしないように注意してくださいね。 最初からくん付けの場合もありますが、弟感覚で呼んでいる場合もあります。 さん付けからくん付けに変わった場合は、新密度が上がった表れです。 仲良くなりたい気持ちや、仲良くなって来た状態です。 もし好きな人に名字にくん付けされている場合は、男性らしさをアピールしましょう。 新密度は上がった表れではありますが、あなたを男性として見ていません。 頼りになる事をアピールして、弟ポジションから抜け出す必要があります。 距離は近いですが、もっと意識させる事が大切です。 呼び捨てにするのは、あなたに気を許しています。 親しい友人という状態で、そこに恋愛感情はあまりありません。 心を開いている状態で、話しやすい相手だと思っています。 サバサバした女性だと、何も考えずに呼んでいる場合もあります。 もし好きな人に名字を呼び捨てにされている場合は、少し難しいです。 仲の良い男友達と思われていて、遠まわしだと意識させるのも大変です。 このタイプの女性には、はっきり気持ちを伝えるのが効果的です。 名前にくんやちゃんを付けるのは、脈ありのサインです。 特にちゃん付けは男性にはあまり使わないので、自分だけの特別な呼び方だと思っています。 下の名前を呼び捨てにするのは威圧的なので、くんやちゃんで距離を縮めたいと思っています。 もし好きな人に下の名前にくん・ちゃん付けされている場合は、チャンスです。 恋愛感情じゃない可能性もありますが、あなたを好意的に思っています。 脈ありな事が多いので、積極的にアピールしましょう。 名前の呼び捨ては、信頼と独占欲の心理が隠れています。 心を開いていると同時に、相手を独り占めしたいと思っています。 自分が一番仲の良い友達や、女性であると見せびらかしたい状態です。 恋愛感情がある場合もあります。 もし好きな人に下の名前を呼び捨てにされている場合は、チャンスですが注意が必要です。 あなたに心を開いていて好感を持っていますが、独占欲が強い女性です。 付き合う事が出来ても、苦労しそうです。 あだ名で呼ぶのは、仲良くなりたい気持ちの表れです。 周りの友達に合わせているだけの事もあります。 周りと同じ呼び方なら、自分も仲良く出来るとも思っています。 下の名前を呼んだり、くん付けよりもあだ名はあまり抵抗なく呼ぶ事が出来ます。 もし好きな人にあだ名で呼ばれている場合は、もっと距離を縮めましょう。 仲良くなりたいと思われいますが、下の名前を呼ぶのは恥ずかしいようです。 あなたは、下の名前で呼んでみると良いでしょう。 いつまでも、名字でさん付けにするのも他人行儀だなと思っています。 人は下の名前で呼ばれた方が親近感がわくので、下の名前で呼んで欲しい人が多いです。 自分も呼ばれたいし、相手の事も下の名前で呼びに変えて仲良くなりたいと思っています。 恋愛感情を持っている場合で、もっと親しい呼び方に変えたいと思っています。 周りの人と違う呼び方で、差を付けたいとも思っています。 呼び方を変えると、相手にも意識させる事が出来るので、特別になりたい時に変えたいと思うようです。 何もない時に呼び方を変えるのは中々勇気が必要です。 付き合った時に呼び方を変えるのが自然です。 逆に付き合っ時を逃すと、後から変えるのが大変です。 いきなり変えても嫌がる人もいるので、付き合いたての時期がおすすめです。 呼び方を変えるのは勇気がいるので、決心が必要です。 付き合う前に、もっと仲良くなりたい時に変える決心をするのも良いでしょう。 付き合ってからだと、記念日などにもっと仲良くなるために決心するのもおすすめです。 何かの節目に決心する事が多いでしょう。 いつまでも名字でよばれたり、嫌なあだ名を付けられる事もありますよね。 相手は、何も考えずに呼んでいる事もあります。 言わなければ伝わらないので、自分から呼んで欲しい名前を伝えるのが一番確実です。 相手にあだ名を付けた時に、自分にも付けてもらえば良いのです。 自分から呼んで欲しい名前と伝えるのが恥ずかしい人におすすめです。 お互いだけのあだ名になるので、新密度が増しますよ。 名前の呼び方で距離を縮めよう! 名前の呼び方1つで、相手との距離感が変わってきます。 相手と中々仲良くなれないのは、もしかすると呼び方のせいだったかもしれません。 相手の心理を探って、もっと仲良くなりたい時は呼び方を変えてもらったり、自分も呼び方を変えてみましょう。

次の