ベンツ e クラス ステーション ワゴン。 Eクラスワゴン(メルセデス・ベンツ)の中古車

新型ベンツEクラスワゴン(S213)の荷室やボディのサイズは?

ベンツ e クラス ステーション ワゴン

概要 [ ] の中核モデルで、その源流はSクラスを始めとする他のクラスよりも古くまでさかのぼるといわれ、直接的な系統はとなる。 1985年から1993年まではミディアムクラスの名称で販売されており、Eクラスと変更された後も位置付けは変わっていない。 サイズはとの間に位置し、派生車種としてが存在する。 セダンとステーションワゴンには「4MATIC」と呼ばれるモデルが設定され、降雪地域での需要に対応している。 2006年には日本におけるメルセデス・ベンツの最量販車種となり、9,639台が販売された。 以下、Sクラス8,078台、Cクラス8,042台、7,189台という販売状況であった。 2007年以降は品質問題からCクラスに最量販車種の座を明け渡しており、2009年における販売台数は7,428台、Cクラス9,384台(統計情報:)であった。 しかし主力モデルであることには変わりはなく、ドイツ本国ではの主力車種でもある。 業界のである IIHS が、2000年から2003年に起きた事故を調査した結果ではもっとも死亡率が低い車種であることが発表された。 2010年モデル以降は全項目でG(良好)となっているが、同時期のやも同様の評価であり、特に突出したものではない。 またスモールオフセットについては評価されていない。 ディーゼル車の復活 [ ] 2006年8月〜2008年1月まで、日本国内で販売される乗用車としては唯一を搭載した車種を用意。 日本では環境イメージの悪化から販売が途絶えていたが、2006年8月、3LのV型6気筒ディーゼルのE320 CDI アバンギャルドで復活した。 ガソリン車と比べて大幅に燃費が向上しており、プレミアムガソリンと軽油の燃料費の違いもあって走行コストは半分程度となるものの、エンジンはガソリンより各部が頑丈でターボを装備することから価格は割高であった。 E320 CDIは従来のディーゼルエンジンに比べて環境負荷は大幅に低減していたものの、日本で2009年から施行されたに適合しておらず規制開始までの暫定販売とされたが、2008年モデルから排気系の改善が行なわれたことで同規制に準拠した。 一方、世界でもっとも厳しいといわれる米国を始め、や、、など5州の排ガス規制を満たしていないことで、該当地域では販売不能の状態となった。 2009年度に登場した「ブルーテック」というモデルではを併用することにより、有害な(NOx)の排出量が改善できるとされている。 「W124」は、初代Eクラスコード番号である。 ボディは4ドアセダン、5ドアステーションワゴン、2ドアクーペ、2ドアカブリオレ、6ドアリムジンが存在した。 多くのパーツを共用するW201型(190E)をそのまま大型化したデザインで、台形の小ぶりなテールランプが特徴。 リアサスペンションは長らく続いたセミトレーリングアーム式から190E譲りのマルチリンク式に変更されている。 フラッシュサーフェイス (外板の平滑化)が推し進められた結果、メルセデス市販車では史上初となる0. 29の値となった。 日本への輸入が開始されたのは1986年。 当時、日本ではだったこともあって大量に輸入され、正規輸入車・並行輸入車ともにバラエティに富んでいる。 例としては、ヤナセより1989年、1991年に発売された260Eのロングホイールベース車がある。 これは定員8名の6ドアのリムジンであるが、単にホイールベースを延長したものではなく、メルセデス・ベンツ本社がホワイトボディ(車体構造を形作る段階のもの)より製作しリムジンの懸念材料である剛性低下を抑えていた。 「最善か無か」の時代に作られた最後のミディアム・クラスとして現在でも人気は高く、W124を中心に扱う中古車販売店も存在するが、生産終了から相当の年数が経過していることもあり良好な個体は減少している。 フロントマスクでは楕円形の4灯式ヘッドライトが特徴。 サイド・エアバッグをドア内蔵方式を採用し、やも設定されるなど、さらなる安全性向上が図られている。 室内も拡大され、後席の居住性が大幅に改善された。 クーラーボックス機能付きコンソールボックス、フルオートエアコン(後席エアコン吹出口付き)に加えて、モデルライフの途中からはCD-ROMナビゲーションシステムや自動防眩ミラーの標準装備化など、快適装備も充実している。 先代に比べコストダウンされた内装や質感には批判が殺到していた。 W211 アバンギャルド 2002年に登場。 先代のデザインを踏襲しつつも大胆に傾斜した楕円形の4灯式ヘッドライトなどを特徴とし、よりエレガントな様相を持っているが、後期型はフロントグリルを中心によりスポーティーな印象を強めている。 外観はキープコンセプトだが、新の採用で全幅と全高が20mmずつ拡大し、それぞれ1,820mm、1,450mmとなった。 や、などでは、E200 コンプレッサーやE220 CDIなどの廉価版も存在するが日本ではE250以上のラインナップとなっていた。 マイナーチェンジ後にオプションの標準装備化や追加装備が行われ、全体的に販売価格を上昇させた。 雨天時走行にディスクの水分の除去を行う機能やディスクとブレーキパッドの間隔を狭める機能などを備えた「SBC Sensotronic Brake Control 」が装備されたが、センサ類やコネクターの接触不良に起因するトラブルが多発し、作動不良時に前輪2輪のみとなりアシストも働かなくなるため十分な制動力が得られないなど安全性に重大な問題があり大規模なリコールが2回行われた。 2005年8月以降は信頼性が改善された「SBC」は、マイナーチェンジを機に廃止されたが、多くの顧客を失ったことにより、このモデル以降Eクラスの販売はCクラスに比べ順調とはいかなくなった。 W210から採用され続けてきた楕円型4灯式ヘッドライトは斜め四角型のものへと変更されたが、不評のためマイナーチェンジで2灯式風に改められた。 同年にはの後継車種となるクーペ、翌年にはステーションワゴン、コンバーチブルモデルのカブリオレが順次導入された。 デザイン的にと差別するためにリアフェンダーにはW121ポントン風のプレスラインが設けられたが、不評のためマイナーチェンジ時に廃止された。 W211の不具合の影響とW212のデザインの失敗のために販売は好調なCクラスと比べて不調であった。 から採用された、ナビゲーションやテレビ、ビデオ、オーディオ機能など、多彩な機能を直感的に操作できると謳われる「COMANDシステム」が新たに搭載された。 なお、ナビゲーションはチューナー (日本仕様のみ)を搭載しDVDからHDDへと変更されている。 E300 クーペ スポーツ C238型クーペ 日本では2016年7月27日に公式発表され、「E200アバンギャルド」と「E200アバンギャルド スポーツ」は発表当日より販売を開始した(左記以外のグレードは発表当日より注文受付を開始、販売は同年10月より)。 W213(セダン)とS213(ステーションワゴン)では、「アバンギャルド(E200・E200 4MATIC・E220 d)」、「アバンギャルド スポーツ(E200・E220 d・E250・E350e・E350de)」、「エクスクルージブE400 4MATIC 」、「Mercedes-AMG E43・E63・E63s 」の4モデルでそれぞれ異なる外観デザインを採用したほか、ヘッドライトは二重の眉に見立てた形状のフロントランプを備えた新型のLED式となり、「アバンギャルド」を除く全モデルには、インテリジェントライトシステムとアダプティブハイビームアシスト・プラスを備えた「マルチビームLEDヘッドライト」を搭載している。 詳細は「」を参照 Eクラスエクスペリエンス パリ-北京 [ ] 2006年、model2007の発売PRの一環として、Eクラスによる-間13,600kmを走破するイベントが、メルセデス・ベンツとして99年ぶりに開催された。 33台のE320 CDI、E320 CDI 4MATICにより約1か月間かけて行われ、シベリアの凍土から砂漠、100kmを超える直線など、多い日は1日700km以上を走破した。 ドライバーには、で1981年、1984年、1986年と総合優勝を果たしたルネ・メッジなども参加した。 サポートカーとしてや(日本未販売)などが用いられている。 その他、ドイツの石油販売会社であるARAL アラール とによるサポートが行われた。 脚注 [ ] []• nikkei BP net. 2005年3月18日. Response. 2010年5月14日. 80年代輸入車のすべて- 魅惑の先鋭 輸入車の大攻勢時代. 三栄書房. 2013. 80年代輸入車のすべて- 魅惑の先鋭 輸入車の大攻勢時代. 三栄書房. 2013. 国土交通省. 2005年4月12日. MOTOR DAYS. 2009年7月25日. PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ 日本株式会社, 2016年7月27日 , 2016年7月28日閲覧。 Hobidas Auto. 2007年5月1日. 金子浩久 Horizontal. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

メルセデス・ベンツ・Eクラス

ベンツ e クラス ステーション ワゴン

人気のワケ 新型「Eクラス(W212)」に予定通りステーションワゴンが加わった。 日本車のワゴンブームはすっかり下火になってしまったが、輸入車はいまなお堅調で、Eクラスもこれまでの販売実績ではシリーズ全体の2〜3割がワゴンだった。 一般的にワゴンはセダンよりも高い。 Eクラスワゴンの人気には、そんな背景もあるかと思う。 新しいワゴンボディは先代よりキモチ大きくなった。 すなわち、ホイールベースは20mm、全長は15mm延び、全幅は35mm拡大している。 それでいながら、5. 3mの最小回転半径はキープ。 今度のEワゴンも、サイズのわりにこまわり君である。 後席を畳むと、VDA方式で1910リッターを誇る荷室容量は、ステーションワゴンとしては世界最大だという。 端的に言うと、「ボルボV70」や「アウディA6アバント」や「BMW5シリーズツーリング」などより広いということだ。 大きさもさることながら、たしかに使いやすそうなのは、荷室フロアにタイヤハウスの出っ張りがまったくないことである。 フロアの地上高も低いから、リアタイヤをいったいどこへしまい込んでいるのか、手品のように不思議だ。 テールゲートを開け、荷室の側壁に付くレバーを引くと、後席背もたれが前に倒れて、フラットフロアになる。 「EASY-PACKクイックフォールド」という便利な新機軸だ。 前席にメモリー付きの電動シートが備わる上級モデルでは、この機能と連動してフロントシートを必要なだけ前に出してくれる。 エンジンいろいろ ワゴンにもセダンと同じエンジンラインナップが用意されている。 下からいくと、ガソリン軍団が「E250 CGI」用の1. 8リッター4気筒ターボ、「E300」用の3リッターV6、「E350」用の3. 5リッターV6、「E500」用の5. 5リッターV8、「E63 AMG」用の6. 2リッターV8、そしてポスト新長期規制をクリアしたクリーンディーゼル、「E350 ブルーテック」に載る3リッターV6ターボディーゼルである。 試乗会で乗ったのは、「E250 CGI」「E350 ブルーテック」「E350 4MATIC アバンギャルド」の3台だった。 しているので、ここでは他のガソリン2モデルについて報告する。 E250 CGI(669万円)は、低CO2の新エンジンを積むEクラスワゴンのベーシックモデルだ。 セダン同様、エコカー減税対象車。 Eクラスワゴンとしては唯一、600万円台に収まるお買い得モデルである。 1770kgの車重はセダンの同グレードより90kg重い。 204psの1. 8リッター4気筒ターボで走るのか!? と思われるかもしれないが、大丈夫である。 クリーンディーゼルあたりから乗り換えれば、歴然と加速の線は細いが、かといって不満はない。 馬鹿力こそないが、実に気持ちよく伸びるのがこの直噴4気筒ターボの特徴だ。 ボディの遮音性がすぐれるためか、同じパワーユニットを積む「C250 CGI セダン」よりエンジンそのものも高級に感じる。 シート地はあっさりしたファブリック。 いかにも「プレーンなEクラスワゴン」という潔さをもつのがE250CGIである。 ベストチョイスは? 一方、E350 4MATIC アバンギャルドは 、930万円のリッチな四駆ワゴンである。 この価格だと、そろそろ「Sクラス」も射程内だが、Sクラスにワゴンはなかった。 アバンギャルドグレードだから、レザーシートが標準装備。 静かで力のある3. 5リッターV6(272ps)が1890kgのボディを動かし始めた途端、「あ、お金持ち!」な感じがする。 ただ、ほかと比べるとサスペンションは明らかにヘビーデューティで、乗り心地がドテッとしている。 ワゴンになっても、足まわりが実にしなやかなのが新型Eクラスの基調であることを考えると、ちょっと残念な気がした。 もちろん4MATICを選ぶ人は、4MATICでなければならぬ事情もあるだろうが。 コストパフォーマンスの高いE250 CGIもお薦めだが、この試乗会で文句なしにベストEクラスワゴンと感じたのは、クリーンディーゼルの「E350 ブルーテック」である。 Eクラスセダンの快適性はそのままに、大量の荷物が積めて、動力性能の力強さはガソリンE350をしのぐ。 しかも、ランニングコストの安さはシリーズ随一だ。 ガンガン使い、長く乗る。 それがクルマも本人も喜ぶメルセデスワゴンの正しい使用法である。 (文=下野康史/写真=菊池貴之) 「E350 4MATICス テーションワゴン アバンギャルド」には、前席シートヒーター付きの本革シートが標準装備される。 内装色は、写真のナチュラルベージュのほか、ブラック、グレー、ブラウンなど全5色から選べる。

次の

メルセデス・ベンツEクラスステーションワゴン【試乗記】 “気が利く”ワゴン

ベンツ e クラス ステーション ワゴン

概要 [ ] の中核モデルで、その源流はSクラスを始めとする他のクラスよりも古くまでさかのぼるといわれ、直接的な系統はとなる。 1985年から1993年まではミディアムクラスの名称で販売されており、Eクラスと変更された後も位置付けは変わっていない。 サイズはとの間に位置し、派生車種としてが存在する。 セダンとステーションワゴンには「4MATIC」と呼ばれるモデルが設定され、降雪地域での需要に対応している。 2006年には日本におけるメルセデス・ベンツの最量販車種となり、9,639台が販売された。 以下、Sクラス8,078台、Cクラス8,042台、7,189台という販売状況であった。 2007年以降は品質問題からCクラスに最量販車種の座を明け渡しており、2009年における販売台数は7,428台、Cクラス9,384台(統計情報:)であった。 しかし主力モデルであることには変わりはなく、ドイツ本国ではの主力車種でもある。 業界のである IIHS が、2000年から2003年に起きた事故を調査した結果ではもっとも死亡率が低い車種であることが発表された。 2010年モデル以降は全項目でG(良好)となっているが、同時期のやも同様の評価であり、特に突出したものではない。 またスモールオフセットについては評価されていない。 ディーゼル車の復活 [ ] 2006年8月〜2008年1月まで、日本国内で販売される乗用車としては唯一を搭載した車種を用意。 日本では環境イメージの悪化から販売が途絶えていたが、2006年8月、3LのV型6気筒ディーゼルのE320 CDI アバンギャルドで復活した。 ガソリン車と比べて大幅に燃費が向上しており、プレミアムガソリンと軽油の燃料費の違いもあって走行コストは半分程度となるものの、エンジンはガソリンより各部が頑丈でターボを装備することから価格は割高であった。 E320 CDIは従来のディーゼルエンジンに比べて環境負荷は大幅に低減していたものの、日本で2009年から施行されたに適合しておらず規制開始までの暫定販売とされたが、2008年モデルから排気系の改善が行なわれたことで同規制に準拠した。 一方、世界でもっとも厳しいといわれる米国を始め、や、、など5州の排ガス規制を満たしていないことで、該当地域では販売不能の状態となった。 2009年度に登場した「ブルーテック」というモデルではを併用することにより、有害な(NOx)の排出量が改善できるとされている。 「W124」は、初代Eクラスコード番号である。 ボディは4ドアセダン、5ドアステーションワゴン、2ドアクーペ、2ドアカブリオレ、6ドアリムジンが存在した。 多くのパーツを共用するW201型(190E)をそのまま大型化したデザインで、台形の小ぶりなテールランプが特徴。 リアサスペンションは長らく続いたセミトレーリングアーム式から190E譲りのマルチリンク式に変更されている。 フラッシュサーフェイス (外板の平滑化)が推し進められた結果、メルセデス市販車では史上初となる0. 29の値となった。 日本への輸入が開始されたのは1986年。 当時、日本ではだったこともあって大量に輸入され、正規輸入車・並行輸入車ともにバラエティに富んでいる。 例としては、ヤナセより1989年、1991年に発売された260Eのロングホイールベース車がある。 これは定員8名の6ドアのリムジンであるが、単にホイールベースを延長したものではなく、メルセデス・ベンツ本社がホワイトボディ(車体構造を形作る段階のもの)より製作しリムジンの懸念材料である剛性低下を抑えていた。 「最善か無か」の時代に作られた最後のミディアム・クラスとして現在でも人気は高く、W124を中心に扱う中古車販売店も存在するが、生産終了から相当の年数が経過していることもあり良好な個体は減少している。 フロントマスクでは楕円形の4灯式ヘッドライトが特徴。 サイド・エアバッグをドア内蔵方式を採用し、やも設定されるなど、さらなる安全性向上が図られている。 室内も拡大され、後席の居住性が大幅に改善された。 クーラーボックス機能付きコンソールボックス、フルオートエアコン(後席エアコン吹出口付き)に加えて、モデルライフの途中からはCD-ROMナビゲーションシステムや自動防眩ミラーの標準装備化など、快適装備も充実している。 先代に比べコストダウンされた内装や質感には批判が殺到していた。 W211 アバンギャルド 2002年に登場。 先代のデザインを踏襲しつつも大胆に傾斜した楕円形の4灯式ヘッドライトなどを特徴とし、よりエレガントな様相を持っているが、後期型はフロントグリルを中心によりスポーティーな印象を強めている。 外観はキープコンセプトだが、新の採用で全幅と全高が20mmずつ拡大し、それぞれ1,820mm、1,450mmとなった。 や、などでは、E200 コンプレッサーやE220 CDIなどの廉価版も存在するが日本ではE250以上のラインナップとなっていた。 マイナーチェンジ後にオプションの標準装備化や追加装備が行われ、全体的に販売価格を上昇させた。 雨天時走行にディスクの水分の除去を行う機能やディスクとブレーキパッドの間隔を狭める機能などを備えた「SBC Sensotronic Brake Control 」が装備されたが、センサ類やコネクターの接触不良に起因するトラブルが多発し、作動不良時に前輪2輪のみとなりアシストも働かなくなるため十分な制動力が得られないなど安全性に重大な問題があり大規模なリコールが2回行われた。 2005年8月以降は信頼性が改善された「SBC」は、マイナーチェンジを機に廃止されたが、多くの顧客を失ったことにより、このモデル以降Eクラスの販売はCクラスに比べ順調とはいかなくなった。 W210から採用され続けてきた楕円型4灯式ヘッドライトは斜め四角型のものへと変更されたが、不評のためマイナーチェンジで2灯式風に改められた。 同年にはの後継車種となるクーペ、翌年にはステーションワゴン、コンバーチブルモデルのカブリオレが順次導入された。 デザイン的にと差別するためにリアフェンダーにはW121ポントン風のプレスラインが設けられたが、不評のためマイナーチェンジ時に廃止された。 W211の不具合の影響とW212のデザインの失敗のために販売は好調なCクラスと比べて不調であった。 から採用された、ナビゲーションやテレビ、ビデオ、オーディオ機能など、多彩な機能を直感的に操作できると謳われる「COMANDシステム」が新たに搭載された。 なお、ナビゲーションはチューナー (日本仕様のみ)を搭載しDVDからHDDへと変更されている。 E300 クーペ スポーツ C238型クーペ 日本では2016年7月27日に公式発表され、「E200アバンギャルド」と「E200アバンギャルド スポーツ」は発表当日より販売を開始した(左記以外のグレードは発表当日より注文受付を開始、販売は同年10月より)。 W213(セダン)とS213(ステーションワゴン)では、「アバンギャルド(E200・E200 4MATIC・E220 d)」、「アバンギャルド スポーツ(E200・E220 d・E250・E350e・E350de)」、「エクスクルージブE400 4MATIC 」、「Mercedes-AMG E43・E63・E63s 」の4モデルでそれぞれ異なる外観デザインを採用したほか、ヘッドライトは二重の眉に見立てた形状のフロントランプを備えた新型のLED式となり、「アバンギャルド」を除く全モデルには、インテリジェントライトシステムとアダプティブハイビームアシスト・プラスを備えた「マルチビームLEDヘッドライト」を搭載している。 詳細は「」を参照 Eクラスエクスペリエンス パリ-北京 [ ] 2006年、model2007の発売PRの一環として、Eクラスによる-間13,600kmを走破するイベントが、メルセデス・ベンツとして99年ぶりに開催された。 33台のE320 CDI、E320 CDI 4MATICにより約1か月間かけて行われ、シベリアの凍土から砂漠、100kmを超える直線など、多い日は1日700km以上を走破した。 ドライバーには、で1981年、1984年、1986年と総合優勝を果たしたルネ・メッジなども参加した。 サポートカーとしてや(日本未販売)などが用いられている。 その他、ドイツの石油販売会社であるARAL アラール とによるサポートが行われた。 脚注 [ ] []• nikkei BP net. 2005年3月18日. Response. 2010年5月14日. 80年代輸入車のすべて- 魅惑の先鋭 輸入車の大攻勢時代. 三栄書房. 2013. 80年代輸入車のすべて- 魅惑の先鋭 輸入車の大攻勢時代. 三栄書房. 2013. 国土交通省. 2005年4月12日. MOTOR DAYS. 2009年7月25日. PDF プレスリリース , メルセデス・ベンツ 日本株式会社, 2016年7月27日 , 2016年7月28日閲覧。 Hobidas Auto. 2007年5月1日. 金子浩久 Horizontal. 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の