と ある 男 が 授業 し て みた 理科。 とある男が授業をしてみた

【とある男が授業をしてみた】葉一(はいち)って何者?子を持つ親がオススメする理由

と ある 男 が 授業 し て みた 理科

皆さんはYouTuberの動画といったらどのような内容のものが頭に浮かぶだろうか? 今回紹介する 「とある男が授業をしてみた」の葉一 はいち は「やってみた」「ドッキリ」のようなYouTuberの定番動画ではなく「勉強」をテーマとした動画が中心の「教育系YouTuber」として多くの学生達から人気を集める有名YouTuberである。 今回はそんな葉一のプロフィールをご紹介! YouTubeを始めたきっかけなどについてもとことん深掘りしていこう。 【とある男が授業をしてみた】葉一 はいち のプロフィール! 教師になりたいと思ったきっかけは? 小学生~高校生まで、幅広い年齢層のための算数・数学の学習動画を投稿している葉一。 実は彼は教員免許を取得しているプロの先生で、過去には塾の講師として教壇に立っていた過去がある。 先生を目指そうと思ったきっかけは、高校時代。 今まで良い教師に恵まれず 「先生なんて信頼できない」と教師に不審感を抱いていた葉一少年。 しかし、高校で生徒の話を真剣に聞いてくれる熱心な教師に出会い 「自分もこんな先生になりたい」と、教育学部のある東京学芸大学への進学を決意したそうだ。 何でYouTubeで勉強を教えようと思ったの? YouTuberは視聴者・登録者が稼げなければ満足な収入を得ることのできない大変不安定な職業であるのにもかかわらず、何故葉一は塾講師を辞めてまでYouTubeでの活動に拘ったのだろうか。 それについて、本人は以下のように語っている。 ・大学卒業後、個別指導の塾講師をしていた。 ・個別指導塾は通常の塾とは違い、月謝がかなり高い。 ・そのため、経済的な問題で子供を塾に行かせてあげられないという人が多いことを知った。 ・塾に行けない子供たちのために「何か自分にできることはないだろうか」と考えていた時に、YouTubeで勉強を教えれば無料で繰り返し授業を受けることができることに気づき、動画投稿を始めた。 葉一がYouTubeでの活動を始めたのは2012年6月。 かれこれ6年間子供たちに無料で勉強を教えてくれる 「日本一身近な先生」として活躍中だ。 その活動はネットだけにとどまらず「たけしのテレビタックル」や「ZIP」などのテレビ番組に取り上げられるほどにまで有名になったそうだ。 葉一は子供時代「いじめ」を受けていた! 現在は 「イケメン先生」としても多くの人々から愛されている葉一だが、幼いころは様々な いじめに遭い大変辛い過去を経験していたそうだ。 中学時代にいじめられた過去が・・・ 葉一には2歳年下の妹がいる。 妹は障害を持っており、両親が共働きだったため土日は葉一がつきっきりで面倒を見なければ行けないということがあったそうだ。 中学時代体操部に所属していたのだが、妹の面倒を見る関係で土日の練習を欠席していたことにより、他の部員たちから「サボっている」と勘違いをされてしまい陰口を言われるように。 噂は少しずつ広がり、最終的には学年全体から悪口を言われるまでに発展してしまったそうだ。 葉一少年はその時、心に大きな傷を負ってしまい 自傷行為をしてしまったり 自殺願望が芽生えたこともあったとか 無意識にビルの屋上の淵に立っていたことも。 現在は辛い経験を活かした「命の授業」も・・・! 高校時代の恩師との出会い、そして両親の手厚いサポート 当時は葉一がいじめられていたことについて両親は全く知らなかったそうだ もあり、葉一は現在の明るく優しい好青年に。 動画でもいじめをテーマにしたラジオ動画を投稿するなど、ただの「勉強を教えてくれる人」ではなく 「担任の先生のような、それより親しい存在」として悩んでいる子供たちのための駆け込み寺としての活動もしているのだ。 また、相談は動画だけでなくメールでも受付をしているとのこと。 現在YouTuberとしての活動が忙しいため、なかなか返信をするのに時間がかかってしまうそうだが、親にも言えない辛い悩みを抱えている人は是非一度葉一先生に悩みを相談してみると良いだろう。

次の

【とある男が授業をしてみた】葉一(はいち)って何者?子を持つ親がオススメする理由

と ある 男 が 授業 し て みた 理科

先日、子供達が算数検定を受けてきました。 2人とも学齢より上のものを受けるので 自宅で先取り学習をやっているとどうしても抜ける部分が出てくるのです。 そこで思い出したのがしばらく前に見つけたこのサイト 小学校3年から6年までの算数、 中学1~3年の数学、英語、理科、歴史の授業動画がびっしりです。 お一人で千本以上の動画を作られて 無料で公開されています。 例えば小学5年生の算数は10分前後の動画が61本、 計算も図形も教科書の内容がほぼ網羅されています。 授業をされている葉一さんは元々塾の先生をなさっていたそうで 覚えるコツなどもいろいろ教えて下さっていて とてもわかりやすい授業になっています。 許可をいただいたので参考に動画を載せさせて頂きます。 小学校5年生の割合と百分率の授業です。 以前は数検を受けるために抜けている部分は 自宅で教科書を6年生の分まで一式購入し、 私が直接教えていたのですが、時間もかかるし中々進みませんでした。 この動画があればそういうのがほとんどいらない。 つかカーチャン授業がいらない!なんて楽ちんなんだ!! 子供達も面白い、わかりやすいとすごく気に入っています。 以前紹介させていただいたeboard もとてもわかりやすく子供達も気に入って勉強していたのですが 小学校算数は計算だけなのでどうしても試験を受けると知らない部分が 出てきてしまっていました。 しかしいーぼーどは1年生の算数からありますし、高校の内容まで幅広く カーンアカデミーやTEDの翻訳動画などもどんどん増えているようです。 学ぶ楽しさ、概念の理解には素晴らしい内容です。 今回、小3の娘は算数検定8級(小学4年内容)、 小1の息子は7級(5年内容)を受けてきました。 息子はほぼ5年生の内容は理解していたので抜けがないか ざっと動画を見て確認し、過去問に取り組んだので心配なく受験。 娘の方は一応チャレンジを一学年上のものをやっていますが なにせまだ1学期が終わるところで半分もやっていません。 一週間で60本ほどの動画をひとつずつ自分で問題を解きながら 詰め込みで一気にやりました。 分からないところは少しフォローしましたが 声掛けで始めるところまで持っていけばほとんど自力で勉強していました。 まだ受けたばかりで結果は出ていませんが 2人とも自己採点では合否ラインは超えていました。 動画授業のいいところは「とある男が授業をしてみた」も「いーぼーど」も わかるまで何度も見ることが出来ること。 途中で止めて問題を自分で解いてみたり、戻ったりしています。 学校の授業でわからないところがあっても授業はどんどん進んで行きます。 自分一人がわかるまで学校の先生が教えてくれることはあまりないでしょう。 特に算数は階段のように積み重ねで理解していくものですから 途中につまづきがあれば先もわからないまま授業を受けなくてはなりません。 ちんぷんかんぷんの授業を毎日受けるのは苦痛です。 勉強の面白さはやはり「わかること」から始まると思います。 このような動画授業があれば、個々の子供達のわかるところまで戻り、 そこから一歩ずつ理解を進めていくことが出来ます。 「わかる」が増えれば学ぶことの楽しさが見えてくる。 子供達はみんなそれぞれ学ぶスピードは違っていると思います。 まして発達障害があり興味の偏りや発達に凸凹が大きいと 早いにしろ遅いにしろ、学習スピードは周りとかなり違ってくることもあります。 タイプにもよるでしょうが、紙のプリントよりは音と映像の動画の方が 子供の興味は惹きつけられやすく、理解しやすいと思います。 好き嫌いや興味によって集中力の差が激しい場合も多いと思います。 うちの子供達も興味が持てないことはさっぱり動きません。 なので、いかに面白く興味を引かせて勉強につなげるかが勝負だったりします。 他にもアプリやゲームや学習まんがなど色んなものも使っていますが こういう動画授業は本当にすごく助かります。 時々、先生のペットのかわいいハムスターが動画に登場し 子供達はすごい盛り上がっていましたw 先生のお顔も時々ちらっと見えるのですが 娘が「イケメン見えた!」って喜んでいます。 先生が娘の好みのタイプのようですw まぁ、不純な動機でしょうが動画を見て勉強するモチベーションの一つに なっているようでそれはそれでいいかなと^^; 数検が終わったあと、娘がいつものように学校の宿題や チャレンジを やりながら 「なんか前よりすっごい簡単になった」と言っていました。 一週間少し無理して詰め込んだ結果、 今までめんどくせーと思っていた算数の勉強がずいぶんと楽になり すいすいできる分、楽しくなったようです。 特に面倒だった筆算が暗算で出来るものが多くなったのも 先取りの効果だったようです。 息子は6年生の動画もとっとと見終わって中学の動画に進んでいます。 娘も動画を毎日少しずつ続けています。 次は11月の算数検定で一つ上の級を目指してがんばるそうです。 葉一さんの授業が参考書になって2016年7月に発売されました!.

次の

【とある男が授業をしてみた】葉一(はいち)って誰?本名/学歴/いじめ/どんなYouTuberなの?

と ある 男 が 授業 し て みた 理科

皆さんはYouTuberの動画といったらどのような内容のものが頭に浮かぶだろうか? 今回紹介する 「とある男が授業をしてみた」の葉一 はいち は「やってみた」「ドッキリ」のようなYouTuberの定番動画ではなく「勉強」をテーマとした動画が中心の「教育系YouTuber」として多くの学生達から人気を集める有名YouTuberである。 今回はそんな葉一のプロフィールをご紹介! YouTubeを始めたきっかけなどについてもとことん深掘りしていこう。 【とある男が授業をしてみた】葉一 はいち のプロフィール! 教師になりたいと思ったきっかけは? 小学生~高校生まで、幅広い年齢層のための算数・数学の学習動画を投稿している葉一。 実は彼は教員免許を取得しているプロの先生で、過去には塾の講師として教壇に立っていた過去がある。 先生を目指そうと思ったきっかけは、高校時代。 今まで良い教師に恵まれず 「先生なんて信頼できない」と教師に不審感を抱いていた葉一少年。 しかし、高校で生徒の話を真剣に聞いてくれる熱心な教師に出会い 「自分もこんな先生になりたい」と、教育学部のある東京学芸大学への進学を決意したそうだ。 何でYouTubeで勉強を教えようと思ったの? YouTuberは視聴者・登録者が稼げなければ満足な収入を得ることのできない大変不安定な職業であるのにもかかわらず、何故葉一は塾講師を辞めてまでYouTubeでの活動に拘ったのだろうか。 それについて、本人は以下のように語っている。 ・大学卒業後、個別指導の塾講師をしていた。 ・個別指導塾は通常の塾とは違い、月謝がかなり高い。 ・そのため、経済的な問題で子供を塾に行かせてあげられないという人が多いことを知った。 ・塾に行けない子供たちのために「何か自分にできることはないだろうか」と考えていた時に、YouTubeで勉強を教えれば無料で繰り返し授業を受けることができることに気づき、動画投稿を始めた。 葉一がYouTubeでの活動を始めたのは2012年6月。 かれこれ6年間子供たちに無料で勉強を教えてくれる 「日本一身近な先生」として活躍中だ。 その活動はネットだけにとどまらず「たけしのテレビタックル」や「ZIP」などのテレビ番組に取り上げられるほどにまで有名になったそうだ。 葉一は子供時代「いじめ」を受けていた! 現在は 「イケメン先生」としても多くの人々から愛されている葉一だが、幼いころは様々な いじめに遭い大変辛い過去を経験していたそうだ。 中学時代にいじめられた過去が・・・ 葉一には2歳年下の妹がいる。 妹は障害を持っており、両親が共働きだったため土日は葉一がつきっきりで面倒を見なければ行けないということがあったそうだ。 中学時代体操部に所属していたのだが、妹の面倒を見る関係で土日の練習を欠席していたことにより、他の部員たちから「サボっている」と勘違いをされてしまい陰口を言われるように。 噂は少しずつ広がり、最終的には学年全体から悪口を言われるまでに発展してしまったそうだ。 葉一少年はその時、心に大きな傷を負ってしまい 自傷行為をしてしまったり 自殺願望が芽生えたこともあったとか 無意識にビルの屋上の淵に立っていたことも。 現在は辛い経験を活かした「命の授業」も・・・! 高校時代の恩師との出会い、そして両親の手厚いサポート 当時は葉一がいじめられていたことについて両親は全く知らなかったそうだ もあり、葉一は現在の明るく優しい好青年に。 動画でもいじめをテーマにしたラジオ動画を投稿するなど、ただの「勉強を教えてくれる人」ではなく 「担任の先生のような、それより親しい存在」として悩んでいる子供たちのための駆け込み寺としての活動もしているのだ。 また、相談は動画だけでなくメールでも受付をしているとのこと。 現在YouTuberとしての活動が忙しいため、なかなか返信をするのに時間がかかってしまうそうだが、親にも言えない辛い悩みを抱えている人は是非一度葉一先生に悩みを相談してみると良いだろう。

次の