岐阜 郷土料理。 岐阜の郷土料理

「岐阜県」の郷土料理一覧

岐阜 郷土料理

起源 [ ] 料理が起源になっていると言われる。 日本では(大正7年)に軍隊、警察、鉄道員用制服の素材となる羊毛自給をめざす「百万頭計画」が立案された。 その早期実現のために羊毛のみならず羊肉をも消費させることで、農家の収入増加と、飼育頭数増加を企図した。 しかし日本人は従来、羊肉を食べる習慣がほとんどなく、産業廃棄物として畑の肥料として使われるような状態だった。 この状況下調理法としてジンギスカン料理が生まれた。 その後ジンギスカン料理は他の地域にも広まるが、局所的なものに限られた。 岐阜県においてもかつて羊の飼育が盛んだった地域でジンギスカン料理が広まるが、牧羊が途絶えると同時に消滅した。 しかしその調理法を応用して鶏肉を同様に調理するようになった。 これが鶏ちゃんの始まりである。 レシピ [ ]• 鶏肉を一口サイズに切り分け、や、などをさまざまに調合したにつけ込んでおく。 下味のついた鶏肉を、やタマネギ、などのと一緒に、やで焼いて食べる。 染み出た肉汁と野菜からの甘さが混ざったタレに、一般のように、最後のシメとしてやなどを投入することもある。 なお、タレは各家庭、、製造業者により異なるが、郡上地区は味、下呂地区は醤油が多い。 鶏肉の部位も製造業者によって異なり、のを用いたもの、あるいは混ぜたものもあり、鶏の皮肉と内臓を混ぜたものを当地では 皮きもと称する。 タレには、やの摩り下ろしたもの、などを加える場合もある。 関連する料理 [ ] 同様に鶏肉の代わりに豚の肉や内臓を用いたものは、 豚ちゃん(とんちゃん)とも呼ばれる。 しかしながらそれ以外の部位よりも内臓を用いる場合が圧倒的に多く、呼称としても ホルモン(いわゆる)の方が広まっている。 ただし他地域(岐阜県可茂地域・特に御嵩町)では「とんちゃん」の名称が普及している場合もある。 詳細は「ホルモン焼き」の項目を参照。 一方で、内臓以外の部位の豚肉を用いて、鶏ちゃん同様の味付けをした豚肉が、近年「Booちゃん」といった商品名で、岐阜県下で販売された。 よくある誤解 [ ] いわゆる「とんちゃん」=「ホルモン焼き」が、豚の内臓を用いている事から、鶏ちゃんも鶏の内臓を用いているという認識が一部にあるが、これは全くの誤解である。 鶏ちゃんの製造・調理法が製造業者や飲食店によって差異がある事から、上述の通り一部に鶏の内臓部分を食材に含む場合があるが、全てにおいてそうだという訳ではなく、内臓を含まない場合のほうが多数派である。 最近では、による『』によって、この誤解が広められてしまっている。 流通 [ ]• 現在は、十数社が下味をつけた鶏肉を、「鶏ちゃん」「ケイちゃん」といった名称でしている。 殆どは岐阜県内でしているが、岐阜県資本のスーパーがある北部、、などでも販売されている。 、岐阜県のとして販路拡大や新製品開発を目指し、「飛騨美濃鶏ちゃん協同組合」が設立されている。 鶏ちゃんに関連する組織 [ ] めいほう鶏ちゃん研究会 [ ]• 2007年頃、郡上市地区で発足した「めいほう鶏ちゃん研究会」が中心となり展開している鶏ちゃんであり、郡上市明宝地区の飲食店、旅館で食べられる他、食料品店で購入可能。 味は店舗による異なるが、味噌や醤油、ニンニクで味付けした鶏肉(もも・むねなど)を、キャベツやタマネギといっしょに焼いたものである。 9月、に初参加。 鶏ちゃん合衆国 [ ]• 2012年にをモデルに鶏ちゃん合衆国を設立。 鶏ちゃんを提供する飲食店や鶏ちゃん関連商品などのメーカーを『州』、鶏ちゃんの小売りを専門に行う事業者を『自治区』と定めた。 また岐阜県知事を顧問にあたる名誉大統領に据えている。 独自の旗・国歌などを制定し、遊び心あふれながら活動を行っている。 関連商品 [ ]• 東海3県下のコンビニエンスストア(・・)とのタイアップ商品を積極的に行っている。 鶏ちゃんに合うように作られた「岐阜県民 鶏ちゃん」が開発され、商品化された。 では、岐阜県と愛知県の一部店舗で、鶏ちゃんをカレーの具に使った「鶏ちゃんカレー」が提供されている。 脚注 [ ] [].

次の

岐阜に行ったら絶対食べたい!虜になる岐阜グルメ12選

岐阜 郷土料理

そう言えば小学生の頃、クラス内にけいこちゃんという子がいて、その子のことをケイちゃんと呼んでいたな。 ふと、そんなことを思い出すモノに出会った。 岐阜県の飛騨・奥美濃地方の鶏肉を用いた料理で、地元では専門店も数多いと聞く。 野菜と混ぜるだけであら不思議、あっという間に美味しいケイちゃんの出来上がりだ! ・いろんな味がある 岐阜県内で食べられるケイちゃん(ケーちゃん)が、如何にウマいかについてはだ。 なんと言っても、すでに肉がカットされている上に味付けがしてあるので、とっても便利。 記者は偶然スーパーで発見したが、通販も行っているようだ。 みそ味・しょうゆ味・ピリ辛みそ味・しお味など、 味のバリエーションも豊か。 今回はピリ辛味噌味(税別298円)を購入してみたぞ。 ・こだわりの味 パックの裏側に調理方法が記載されているので、それに従いさっそく作ってみることにしよう。 まあ難しいことはなにもない。 袋を開けて、切った野菜と共に炒めるだけ。 以上! ものの5分もあれば完成だ。 量的には2人前くらいか。 こりゃあ良い。 ご飯作るの面倒くさいわーって時に、非常に良い。 食べてみると、何よりもまず肉のウマいこと……。 さすがケイちゃんだ。 ピリッとしたみそ味も、野菜とよく絡んでいる。 美味しい、美味しいよケイちゃん!! なるほど。 ただの鶏肉とみそだけではない、こだわりを感じる味である。 手軽に作ることができて、舌も心も大満足。 もうケイちゃんと、ビールさえあれば生きていけそうな気がしてくるぞ。 ありがとう、ケイちゃん。 今回購入したピリ辛味噌味だけでなく、他の味も手に入れて、冷凍庫にストックしておくことにしよう。 参考リンク: Report: Photo:Rocketnews24.

次の

【岐阜の郷土料理】クックパッドで人気&簡単なレシピまとめ

岐阜 郷土料理

岐阜といえば、やっぱり「飛騨牛」ではないでしょうか? 飛騨牛は全国の和牛の質を争う会でも日本一を取ったことのある、名実ともにトップクラスのお肉。 綺麗にさしが入った見た目が特徴的で美しいです。 飛騨牛で有名な食べ方といえば「飛騨牛にぎり」。 歯応えがありながらもとろける肉感が、お米との相性抜群です。 A5ランクの飛騨牛にぎりが2貫で700円で食べられる「こって牛」は、行列が絶えないお店。 リーズナブルながら、本格的な飛騨牛が味わえます。 【所在地】 飛騨 こって牛 岐阜県高山市上三之町34 【営業時間】 午前10:00~午後5:00 【アクセス情報】 JR高山駅 徒歩約4分 【電話番号】 0577-37-7733 何とも愛らしい名前の「鶏(けい)ちゃん」は、下呂市を中心とする南飛騨地方や、郡上市を中心とする奥美濃地方の郷土料理です。 ちゃんが付く名前から内臓系のお肉を想像する方が多いのですが、鶏ちゃんは立派な普通の鶏肉。 しょうゆや味噌ベースのタレに漬け込んだ鶏肉をキャベツなどの野菜と一緒に焼いて食べる、シンプルだけど癖になる一品です。 地元で有名な鶏ちゃんのお店が「鶏ちゃん家」特製のタレが病みつきになります。 【所在地】 鶏ちゃん家 岐阜県高山市花里町5-20-3 【営業時間】 午後5:00~翌午前0:00 L. O 午後11:30 【定休日】 月曜日 【アクセス情報】 JR高山駅 徒歩約30秒 【電話番号】 0577-32-0444 飛騨・高山地方の郷土料理「朴葉味噌(ほおばみそ)」。 自家製の味噌をベースに、ネギなどの薬味、椎茸などの山菜類をからめたものを朴の葉の上に載せて焼く料理です。 香ばしい味噌の香りが口に広がり、思わずご飯が進む一品。 ご飯に載せて食べるのが正式な食べ方ですが、お酒にもよく合うメニューなので単体でも美味しくいただけます。 飛騨市役所からすぐのところにある「味処古川」では、自家製味噌を使った「朴葉味噌」セットがリーズナブルに楽しめます。 蜂の子を甘く煮た伝統料理で、口に運ぶとほんのり甘みが広がり、癖になる味。 前菜で出すへぼ料理が話題の郷土料理店「柳家」では、上品な甘露煮でさらに食べやすく、初めは抵抗感を抱いていても、想像以上の美味しさに驚く人が多いのだとか。 また柳家では、秋冬にジビエ、夏に天然の鮎や鰻など、日本を代表する郷土料理を楽しめます。 東京の名だたる料亭と肩をならべるほどに名店である柳家のへぼ料理は、人生に1度は経験したい味です。 飛騨では昔から漬物を焼いて食べる習慣があり、真冬に凍ってしまった漬物を溶かすため、囲炉裏で朴葉に載せて食べたのが始まりとされています。 熱々の鉄板に卵でとじてあるのがお決まりのスタイル。 焦げ目がついた漬物は、そのまま食べる風味とまた違った美味しさを醸し出します。 地元では居酒屋の定番メニューである漬物ステーキですが、「食事処 藤乃実」は、ランチで食べられる希少なお店です。 【所在地】 食事処 藤乃実 岐阜県飛騨市古川町上野573 【営業時間】 午前11:00~午後8:00 【定休日】 毎週水曜日 【アクセス情報】 JR高山本線杉崎駅 徒歩7分 【電話番号】 057-773-2126 岐阜では冬の味覚として愛されている「ぼたん鍋」。 見た目の美しさにも惹かれるぼたん鍋は、牡丹の花に似せて猪肉を盛り付けることから、その名が付いたとされています。 気になる猪肉のお味は、肉厚の割に淡白。 煮込めば煮込むほど柔らかくなるため、鍋にぴったりな食材です。 また精がつく食べ物としても知られる猪肉ですが、低脂肪・低カロリーに加え、コラーゲンが多いために女性には嬉しいことづくめ。 岐阜駅から4分、居酒屋感覚で本格的な味を楽しめる「お遊食 おせん」では、自家製味噌でつくる絶品ぼたん鍋を食べられます。 名水100選に選ばれる清流長良川で育つ新鮮な鮎は、素材を引き立てる塩焼きが定番。 そんな鮎を創作性溢れるフルコースで堪能できるのが、「川原町 泉屋」。 名物の鮎ラーメンは、鮎のだしが効いた深みのあるスープが絶品で、これを目当てにお店を訪れる人も多いとか。 残ったスープを梅干しと合わせご飯にかけて食べると、絶妙な相性で最高です。 地元では蕎麦粉でつくる「蕎麦」ではなく、高山ラーメンを「そば」と呼んでいるのだとか。 普通のラーメンと比べて量が少なめなのが特徴。 鶏ガラを中心に鰹節や野菜などからスープをつくり、味は醤油ベースです。 麺は平打ちで細く縮れ麺で、スープがよくからむようになっています。 高山にある「麺屋しらかわ」は、行列が出来ることの多い人気店。 味は少し濃いめですがブラックペッパーがピリッと効き、最後まで飽きなく食べられる一品です。 1番の特徴は、地元の名産である「にんじん」と「松の実」が入っていることで、キムチの旨味をより一層引き出してくれるのだとか。 地元では、各務原キムチを使ったオムライスやラーメンなど、珍しいメニューが充実しています。 そんな一風珍しい「キムチオムライス」を食べられるお店が「パラパウンド」。 ご飯からソースまでキムチベースで統一されたオムライスは、予想以上の美味しさです。 フルーツトマトが爽やかに口の中で広がり、スタミナのある牛丼をさっぱり食べられるのが嬉しいポイント。 牛丼を重たく感じる女性や年配の方にも、おすすめできる一品です。 下呂温泉駅から少し歩いたところにある「宴蔵」は、そんなトマト丼を始め、郷土料理「鶏ちゃん」など、1度に岐阜の味を気軽に堪能できるお店。 ありそうで他にはなかなかないB級グルメは、訪れたら1度は食べておきた岐阜グルメです。 元祖であるという説を持つ店舗が2つ存在するため、未だ発祥の店舗は定まっていませんが、岐阜が発祥の地であることは間違いないようです。 栗に砂糖を加えて炊き上げてつくっており、おせち料理の栗きんとんと違い、粘り気は一切ありません。 素材を活かした自然な甘味が上品で日本茶との相性も抜群です。 栗きんとんで地元から愛されている「恵那川上屋」の本社恵那峡店では、上質な栗を使ったモンブランをその場で食べられるカフェが併設されています。 【アクセス情報】 JR恵那駅 車8分 【電話番号】 0573-25-2470.

次の