うさ まる うさこ。 食べマスモッチ うさまる|バンダイ キャンディ公式サイト

食べマスモッチ うさまる|バンダイ キャンディ公式サイト

うさ まる うさこ

この記事の目次• うさまる うさまるはLINEクリエイターズスタンプから出てきたスタンプ、およびシリーズに出てくるキャラクター。 作者はイラストレーターのであり、2014年に第一作となるLINEスタンプ「うさまる」が販売された。 概要 「ゆるく可愛くときたまシュールなうさぎのうさまる」をコンセプトとしたLINEスタンプ。 うさまるとその ガールフレンドのうさこ、 ぬいぐるみのくまさんで繰り広げるほのぼのスタンプがLINEユーザーに受け、 2015年に「LINE Creators Stmap AWARD 2015」でグランプリを獲得。 2016年には東京、大阪、名古屋で期間限定で「」がオープン。 2017年には再度東京でうさまるカフェがオープンし、また福岡・天神ではうさまる常設ストアである「USAMARU HOUSE」が日本で初めて開設された。 また同年12月、「LINE Creators Stmap AWARD 2017」で2年ぶりにグランプリに返り咲いた。 参照 うさまるスタンプシリーズ 本編となるうさまるスタンプは2014年に販売されてから2018年3月現在、動くスタンプ2種類合わせ、合計17シリーズまである。 現在10までリリースされているが、途中の2017年夏にリリースされたスタンプは「うさまる夏休みスタンプ」、2018年元旦には「うさまるお年玉つきスタンプ」というナンバリングが無いタイトルもある。 うごくスタンプシリーズも2種類出ており、「うさまるが動いている」と「うさまるがまた動いている」がある。 また、うさまるシリーズから派生したスタンプも出ており、 くまさんを主役とした 「ぬいぐるみくまさん うさまるを添えて」、うさこを主役とした 「うさまるの横のうさこちゃん」が出ている。 うさまる1~10• ぬいぐるみくまさん、うさまるを添えて1~2• うさまるの横のうさこちゃん• うさまる夏休みスタンプ• うさまるお年玉つきスタンプ 動くスタンプ• うさまるが動いてる!• うさまるがまた動いてる! うさまるシリーズの世界観 うさまるの世界では現実世界とほぼ一致しており、うさまる達はスマホなどの通信機器、扇風機やコタツなどの家電を使いこなす。 しかし最先端文明にあやかっている反面、スマホではなくて黒電話を使用している場合もある。。 また、住居も人間が住むような普通の一軒家であり、食事もデザートやうどんなど、人間が食べるような食べ物を食べている描写がある。 従来のうさぎとは異なり、雑食。 うさまるシリーズ登場人物 ここからはうさまるの登場人物について紹介する。 うさまる• うさこ• くまさん うさまる うさぎの男の子。 性格は好奇心旺盛でおっちょこちょいだけどちょっぴり怖がり。 体長は50cmくらいであり、体色は白色。 体重については公式での設定はないが、凧に括り付けられて飛んでいたり、風船5個ほど持っただけで浮いてしまう、などといった描写があることから哺乳類とは思えない体重の軽さだと思われる。 好きな食べ物はうどん、ポテチ、うどん• うさこのことが大好きで度々ちょっかいをかける• 身体能力については高い描写は見られず、ハードルを跳ぶことが出来ない。 その反面、くまさんにバスケットゴールに放り込まれても無傷であること、また砂場へ頭から垂直に落下しても即立ち上がれる描写があることから防御力は相当なものがあると思われる。 スマートフォンを使える• 主な交通手段は赤いゴーカートのような乗り物とくまさんの頭の上。 高所恐怖症であり、くまさんの頭によじ登った後に降りれなくなることがたびたびある。 キュウリを食べるときは生食派• ピンチになったら「ピエー」という鳴き声を出す• 大泣きすると地面に水たまりができるくらいの涙を流す。 脱水症状にならないのだろうか。 形態 二頭身、二足歩行 顔が極端に大きくて丸っこい反面、胴体は非常に細い。 そして手足は非常に短いため同じ体型のうさこと抱き合ってもほっぺた同士がぶつかり合ってしまい、お互いの腕が肩まで届かない。 また、手足が短いことから筋肉痛時にはシップを自分で貼れない。 手先足先は丸っこいが、ピースサインやグッドサインをしていることから指はちゃんとあると思われる。 また、体全体は非常にぷにぷにしており、この触感のおかげで先述の通り高所から落下しても無傷でいられると思われる。 コスプレ 度々コスプレをする描写が見られ、非常に幅広い。 ひよこ• チョウ• カッパ• ライオン• パンダ などを現在確認している。 うさこ うさぎの女の子。 性格はしっかり者でマイペース。 うさまるシリーズのスタンプにはほとんど出ているが、 「うさまる2」のみ出てきていない。 人気の高さから2016年に「うさまるの横のうさこちゃん」でスタンプ主役デビューを果たした。 体長・体型はうさまると同じくらいで、体色はピンク色。 うさまると一軒家みたいなところで一緒に暮らしている描写がある。 好きな食べ物はいちご、ケーキなど、かわいい食べ物• 身体能力についてはうさまると同じくらいと思われるが、うさこと同じくらいの大きさの雪玉を軽々と転がしている描写があることから非常に力持ちである可能性がある。 余談だが、直径50センチの雪玉の体積は0. 4kgであることから、体長50㎝のうさこが転がすというのは相当な馬鹿力である。 そのため実際にうさまるがうさこにちょっかいかけるのは命を懸ける必要がある。 キュウリはマヨネーズをつけて食べる派• 編み物や裁縫を最近始めており、マフラーやぬいぐるみを自分で作る。 うさまるの所有しているぬいぐるみに命が宿ったという設定。 全長は130cmくらい。 身体能力はうさまるをバスケットゴールへほうり込めるくらいの力がある。 また、うさまるとうさこを同時に抱えて走れる力もある。 その割には腕は大きく振るだけでちぎれてしまうくらいもろい。 体の中は綿がぎっしり詰まってるらしい。 うさまるとうさこがけんかしたときの仲裁役に回ることが多い。 元がぬいぐるみだからか、飲食をしている描写は一切ない。 しかし、うさまるがキュウリを生食していた際にははちみつをすすめていたことから、キュウリははちみつをつけて食べると思われる。 初登場から今まで一切表情は変わらない。 どんな場面でも口を開けたまま のアホ面を構えている。 水に濡れると物干しざおに吊り下げられて洗濯物のように干される その他の登場人物 ひよこ 集団でよく出てくるうさまるの子分的存在。 時にはうさまるの羽毛になり、時にはうさまると一緒に遊ぶお友達にもなる。 うさまると一緒におやつを食べたりもする。 そしてうさまるも一緒にひよこの格好をして遊ぶこともある。 てんとう虫 旅の途中でうさまると出会ったという。 うさまると一緒に戯れていることが多い アニメ 2016年8月から毎週金曜日、3か月間にわたってにて1話あたり5分間の短編アニメが配信された。 アニメは全12回。 書籍・スタンプをムービー化したものがメインだが、アニメオリジナルストーリーも多い。 逆にアニメ化された内容がスタンプへ逆輸入されているパターンもある 制作会社: 主題歌:うさまるの歌 うさまる音楽隊 歌い手: 制作:LINE株式会社 関連書籍 うさまるスタンプシリーズが人気を博し、2016年1月に初となる単行本が発行された。 うさまるグッズ入手方法 うさまるグッズは普通の雑貨店では販売しておらず、• ロフト• Amazonなどのネット通販• うさまるカフェ等のイベント会場 が主な入手ルートになる。 うさまるとよく似た名前で「」というブロガーがいるが、一切の接点はない。 うさまる登場当初、耳が短いことから猫ではないかとうわさされていたが、耳が丸っこいことからうさぎであると作者から語られている。 ちなみに本来のうさぎは4足歩行であり、2足歩行するうさぎは実在しない。 体重の参考までには全長45-60cmに対して体重1. 4-2. 5kgである。 あくまで目安であるが、うさまるもこの体重に近いと思われることを考えると、物理学的に凧に括られて飛べたり風船5個程度で浮き上がるのは物理的におかしいことになる。 うさまるファンのことを総じて「うさまらー」と呼ぶ。 うさまるアニメにて、うさこ初登場回でいきなりうさこが作った造形物をうさまるとくまさんにぶっ壊されるという悲劇にあっている。 このことからアニメスタッフはうさこを敵対視しているのではないかといううわさがうさまらー界隈で広がっている 嘘。

次の

うさまるのWikipediaページが無いみたいなので勝手にそれっぽく作ってみた

うさ まる うさこ

を使っている方ならきっと一度は見たことがあると思います。 うさまるは、2015年を象徴するスタンプとして「 Creators Stmap AWARD 2015」のグランプリにも選ばれている超人気スタンプシリーズ。 僕は、普段のではうさまるしか使わないほどうさまるが大好きで、以前からその誕生秘話について知りたいと思っていました。 そんな中、今回はなんと・・・ うさまるの生みの親であるsakumaruさんにインタビューする機会をいただけたので、うさまるの誕生秘話を聞いてきましたよ! sakumaruさんにインタビュー! Q:うさまるが誕生したきっかけを教えてください sakumaruさん: 学生の頃、手帳にうさまるのようなウサギのイラストをなんとなく描いていました。 スタンプを作ると決めてから、描いていたイラストが元となりキャラクター性が加わったという順序です。 名前はスタンプを仕上げてから決めました。 いま思えば伝説の始まりですね。 Q:なぜLINEスタンプを作り始めたのですが? sakumaruさん: もともと絵を描くことが好きだったのですが、イラストや美術には関係ない職についたので、何か活かせる仕事や出来事がないかといつも頭の片隅で思っていました。 「 Creators Market」を知り、「これがチャンスだ!」と思い立った勢いですぐに登録と制作を始めました。 Q:普段、いつイラストを描かれているのですか? sakumaruさん: 平日家に帰ってからと、休みの日に描いています。 Q:2015年ベストスタンプ グランプリを獲得された時の感想を教えてください sakumaruさん: 授賞式は発表される前もされた後も心臓バクバクでとにかく緊張していました。 投票で決まった結果なので、うさまるを好きな方が本当にたくさんいるということを感じ嬉しかったです。 普段会うことのないクリエイターの方からも祝福していただきお話することもできて、クリエイターである意識が高まりました。 友人も家族もとても驚いていました。 ぬいぐるみくまさん、たくさんいるひよこがこれまでのスタンプで登場しています。 今年の1月に発売した書籍ではてんとう虫も登場しました。 僕は3冊買いました。 仕事に関するでもたくさん使っています。 お気に入りのスタンプは初期の頃から集めている『あざらしさん』のスタンプです。 まさか本当に実現するとは思っていなかったし発売されてからもなんだか他人事のようでふわふわした気持ちでした。 グッズを作る時は色やちょっとした配置にも悩んでしまいますが、出来上がりを想像してワクワクしながら考えています。 ロフトで大々的に取り上げていただいた「うさまるPOP UP STORE」は始まってすぐ渋谷店に実際に見に行きました。 うさまるグッズがずらっと並んでいて、そこにたくさんのお客さんにお越し頂いている様子を見た時は胸がぎゅっとなるくらい感動しました。 自分の描いたものが形になって、それを見て喜んでいる人が目の前にたくさんいて、とても不思議で幸せな光景でした! Q:今後展開したいうさまるグッズについて教えてください sakumaruさん: ぬいぐるみが好評だったので、うさまるの仲間たちもみんなぬいぐるみ化して勢ぞろいさせたいです。 カップルで使っている方も多くいるので、結婚式のウェルカムドールにうさまる、うさこが並ぶのを想像しています。 マスコット付きのヘアゴムや、パジャマや着ぐるみ風ルームウェアなどリラックスタイムにうさまると共に過ごしてもらえるグッズも増やしていけたらいいなと思っています。 インタビューを終えて 今回伺ったsakumaruさんのお話は、どれもうさまるに対する愛を感じるものでした。 特にうさまるがグッズ化された際、並んでいるグッズとそれを見ているお客さんの両方に感動したという内容からは、自分の作品とそれを支持しているファンの両方への思いやりを感じます。

次の

「うさまるの横のうさこちゃん」LINEスタンプが誕生!かわいいうさこで女の子の気持ちを表そう!ツイッターでも話題に!

うさ まる うさこ

この記事の目次• うさまる うさまるはLINEクリエイターズスタンプから出てきたスタンプ、およびシリーズに出てくるキャラクター。 作者はイラストレーターのであり、2014年に第一作となるLINEスタンプ「うさまる」が販売された。 概要 「ゆるく可愛くときたまシュールなうさぎのうさまる」をコンセプトとしたLINEスタンプ。 うさまるとその ガールフレンドのうさこ、 ぬいぐるみのくまさんで繰り広げるほのぼのスタンプがLINEユーザーに受け、 2015年に「LINE Creators Stmap AWARD 2015」でグランプリを獲得。 2016年には東京、大阪、名古屋で期間限定で「」がオープン。 2017年には再度東京でうさまるカフェがオープンし、また福岡・天神ではうさまる常設ストアである「USAMARU HOUSE」が日本で初めて開設された。 また同年12月、「LINE Creators Stmap AWARD 2017」で2年ぶりにグランプリに返り咲いた。 参照 うさまるスタンプシリーズ 本編となるうさまるスタンプは2014年に販売されてから2018年3月現在、動くスタンプ2種類合わせ、合計17シリーズまである。 現在10までリリースされているが、途中の2017年夏にリリースされたスタンプは「うさまる夏休みスタンプ」、2018年元旦には「うさまるお年玉つきスタンプ」というナンバリングが無いタイトルもある。 うごくスタンプシリーズも2種類出ており、「うさまるが動いている」と「うさまるがまた動いている」がある。 また、うさまるシリーズから派生したスタンプも出ており、 くまさんを主役とした 「ぬいぐるみくまさん うさまるを添えて」、うさこを主役とした 「うさまるの横のうさこちゃん」が出ている。 うさまる1~10• ぬいぐるみくまさん、うさまるを添えて1~2• うさまるの横のうさこちゃん• うさまる夏休みスタンプ• うさまるお年玉つきスタンプ 動くスタンプ• うさまるが動いてる!• うさまるがまた動いてる! うさまるシリーズの世界観 うさまるの世界では現実世界とほぼ一致しており、うさまる達はスマホなどの通信機器、扇風機やコタツなどの家電を使いこなす。 しかし最先端文明にあやかっている反面、スマホではなくて黒電話を使用している場合もある。。 また、住居も人間が住むような普通の一軒家であり、食事もデザートやうどんなど、人間が食べるような食べ物を食べている描写がある。 従来のうさぎとは異なり、雑食。 うさまるシリーズ登場人物 ここからはうさまるの登場人物について紹介する。 うさまる• うさこ• くまさん うさまる うさぎの男の子。 性格は好奇心旺盛でおっちょこちょいだけどちょっぴり怖がり。 体長は50cmくらいであり、体色は白色。 体重については公式での設定はないが、凧に括り付けられて飛んでいたり、風船5個ほど持っただけで浮いてしまう、などといった描写があることから哺乳類とは思えない体重の軽さだと思われる。 好きな食べ物はうどん、ポテチ、うどん• うさこのことが大好きで度々ちょっかいをかける• 身体能力については高い描写は見られず、ハードルを跳ぶことが出来ない。 その反面、くまさんにバスケットゴールに放り込まれても無傷であること、また砂場へ頭から垂直に落下しても即立ち上がれる描写があることから防御力は相当なものがあると思われる。 スマートフォンを使える• 主な交通手段は赤いゴーカートのような乗り物とくまさんの頭の上。 高所恐怖症であり、くまさんの頭によじ登った後に降りれなくなることがたびたびある。 キュウリを食べるときは生食派• ピンチになったら「ピエー」という鳴き声を出す• 大泣きすると地面に水たまりができるくらいの涙を流す。 脱水症状にならないのだろうか。 形態 二頭身、二足歩行 顔が極端に大きくて丸っこい反面、胴体は非常に細い。 そして手足は非常に短いため同じ体型のうさこと抱き合ってもほっぺた同士がぶつかり合ってしまい、お互いの腕が肩まで届かない。 また、手足が短いことから筋肉痛時にはシップを自分で貼れない。 手先足先は丸っこいが、ピースサインやグッドサインをしていることから指はちゃんとあると思われる。 また、体全体は非常にぷにぷにしており、この触感のおかげで先述の通り高所から落下しても無傷でいられると思われる。 コスプレ 度々コスプレをする描写が見られ、非常に幅広い。 ひよこ• チョウ• カッパ• ライオン• パンダ などを現在確認している。 うさこ うさぎの女の子。 性格はしっかり者でマイペース。 うさまるシリーズのスタンプにはほとんど出ているが、 「うさまる2」のみ出てきていない。 人気の高さから2016年に「うさまるの横のうさこちゃん」でスタンプ主役デビューを果たした。 体長・体型はうさまると同じくらいで、体色はピンク色。 うさまると一軒家みたいなところで一緒に暮らしている描写がある。 好きな食べ物はいちご、ケーキなど、かわいい食べ物• 身体能力についてはうさまると同じくらいと思われるが、うさこと同じくらいの大きさの雪玉を軽々と転がしている描写があることから非常に力持ちである可能性がある。 余談だが、直径50センチの雪玉の体積は0. 4kgであることから、体長50㎝のうさこが転がすというのは相当な馬鹿力である。 そのため実際にうさまるがうさこにちょっかいかけるのは命を懸ける必要がある。 キュウリはマヨネーズをつけて食べる派• 編み物や裁縫を最近始めており、マフラーやぬいぐるみを自分で作る。 うさまるの所有しているぬいぐるみに命が宿ったという設定。 全長は130cmくらい。 身体能力はうさまるをバスケットゴールへほうり込めるくらいの力がある。 また、うさまるとうさこを同時に抱えて走れる力もある。 その割には腕は大きく振るだけでちぎれてしまうくらいもろい。 体の中は綿がぎっしり詰まってるらしい。 うさまるとうさこがけんかしたときの仲裁役に回ることが多い。 元がぬいぐるみだからか、飲食をしている描写は一切ない。 しかし、うさまるがキュウリを生食していた際にははちみつをすすめていたことから、キュウリははちみつをつけて食べると思われる。 初登場から今まで一切表情は変わらない。 どんな場面でも口を開けたまま のアホ面を構えている。 水に濡れると物干しざおに吊り下げられて洗濯物のように干される その他の登場人物 ひよこ 集団でよく出てくるうさまるの子分的存在。 時にはうさまるの羽毛になり、時にはうさまると一緒に遊ぶお友達にもなる。 うさまると一緒におやつを食べたりもする。 そしてうさまるも一緒にひよこの格好をして遊ぶこともある。 てんとう虫 旅の途中でうさまると出会ったという。 うさまると一緒に戯れていることが多い アニメ 2016年8月から毎週金曜日、3か月間にわたってにて1話あたり5分間の短編アニメが配信された。 アニメは全12回。 書籍・スタンプをムービー化したものがメインだが、アニメオリジナルストーリーも多い。 逆にアニメ化された内容がスタンプへ逆輸入されているパターンもある 制作会社: 主題歌:うさまるの歌 うさまる音楽隊 歌い手: 制作:LINE株式会社 関連書籍 うさまるスタンプシリーズが人気を博し、2016年1月に初となる単行本が発行された。 うさまるグッズ入手方法 うさまるグッズは普通の雑貨店では販売しておらず、• ロフト• Amazonなどのネット通販• うさまるカフェ等のイベント会場 が主な入手ルートになる。 うさまるとよく似た名前で「」というブロガーがいるが、一切の接点はない。 うさまる登場当初、耳が短いことから猫ではないかとうわさされていたが、耳が丸っこいことからうさぎであると作者から語られている。 ちなみに本来のうさぎは4足歩行であり、2足歩行するうさぎは実在しない。 体重の参考までには全長45-60cmに対して体重1. 4-2. 5kgである。 あくまで目安であるが、うさまるもこの体重に近いと思われることを考えると、物理学的に凧に括られて飛べたり風船5個程度で浮き上がるのは物理的におかしいことになる。 うさまるファンのことを総じて「うさまらー」と呼ぶ。 うさまるアニメにて、うさこ初登場回でいきなりうさこが作った造形物をうさまるとくまさんにぶっ壊されるという悲劇にあっている。 このことからアニメスタッフはうさこを敵対視しているのではないかといううわさがうさまらー界隈で広がっている 嘘。

次の