ブロッコリー 蒸し方。 ブロッコリーのゆで方は?栄養を逃さない最適な方法!

ブロッコリーの蒸し時間は?その時の栄養はどうなる?

ブロッコリー 蒸し方

ホットクックでブロッコリーを蒸して常備菜にしています。 冷蔵庫に、さっと食べられる野菜があると安心します。 ブロッコリーは葉酸が豊富なので、貧血さんにもおすすめの野菜です。 ホットクックでブロッコリーを蒸す方• ブロッコリーの栄養• 常備菜のブロッコリーをあためて食べたい時の方法 上記点3点を紹介します。 蒸したブロッコリーの常備菜は便利そう!と思っていただけるはずです。 ホットクックでブロッコリー 蒸し方 材料 ブロッコリー 1ケ 作り方• ブロッコリーを適当なサイズにカットする• ホットクックの内鍋に200cc程度の水を入れ、ザルに入れたブロッコリーを置く• 手動・4蒸し・3分で加熱出来上がり 量は多くても少なくても時間は3分です。 (ホットクックKN-HT24B使用) ブロッコリーには葉酸が豊富! ビタミンB群の葉酸とビタミンB12は、細胞分裂に必要な栄養素です。 不足すると赤血球が正常な大きさにはならず、大きいままになってしまいます。 血球が大きいままだと末端まで血液が行き届かず、末端冷え性になったりします。 貧血さんの血液検査データは、血色素量 ヘモグロビン 低め、血球の大きさを表すMCV大きめの方が多いです。 薬膳的には・・・ 五臓の働きを良くするブロッコリーは、虚弱体質の人や元気がない人、どうかが気になる人にオススメの食材です。 より 胃腸にも優しいブロッコリーは、貧血さんは積極的に取り入れたいですね。 常備菜のブロッコリーをあためて食べたい時の方法 貧血さんは、寒い冬に冷たいサラダはお箸が進みません。 出来ることなら温かな野菜でほっこりしたい。 そんな時にブロッコリーは便利です。 特に、蒸しは栄養素が水分に流れていることがありません。 丸ごと1つ加熱して、冷蔵庫保管が可能です。 3日程度がおすすめ・日数経過とともに栄養価は若干下がるでしょう 食べる時はで、低めの温度 40度が好み で加熱していただきます。 電子レンジの弱めのワット数でも同じことができるはず こともおすすめです。 まとめ• ホットクックでブロッコリーを蒸す方• ブロッコリーの栄養• 常備菜のブロッコリーをあためて食べたい時の方法 上記3点を紹介しました。 一度にまとめて蒸しておくと便利なブロッコリーは、どんなお料理にも合わせやすいです。 ホットクックでブロッコリーを蒸して、常備菜にすることをおすすめします。 次におすすめのホットクックレシピはこちら.

次の

ブロッコリーを茹でずに蒸したら簡単、時短でおいしい!【蒸し時間4分】

ブロッコリー 蒸し方

ブロッコリーを使う時は 茹でることから始めます。 とっても単純な作業ですが、茹で加減って結構難しくないですか?油断すると柔らかくなってしまって食感が悪くなってしまうんですよね。 ブロッコリーの塩茹で方法と最適な時間は? まずは基本的な茹で方を見てみましょう。 まず、たっぷりのお湯を沸かして塩を加えます。 塩の量は水1~1. 5Lに対してティースプーン山盛り1~2杯が目安です。 塩はしっかりと利かせた方が美味しいですよ。 ブロッコリーを入れて2分が目安です。 大きい場合は2~3分になります。 ブロッコリーが浮いてくる場合は落し蓋または箸で混ぜながら茹でてください。 2分経った頃に一度、 茎の根元部分を触るか食べてみるといいですよ。 茹でたら水にさらさずにザルにあげて粗熱を取ります。 ゆでる際のおすすめの切り方について ブロッコリーを茹でるときはそのままではなく 小房に分けて茹でる方がムラがなく湯がけます。 下の方から順番に切っていくと切りやすいですね。 茎の部分は、皮をむいてから切り込みを入れると火が通りやすくなります。 十字に切り込みを入れるのがおすすめです。 ためしてガッテンで紹介されている方法 人気番組「ためしてガッテン」では、少量の水で茹でる方法が紹介されていました。 ブロッコリーは栄養がたっぷりなのですが、 水に溶け出してしまうため、あまりたっぷりのお湯で茹でるのはおすすめではありません。 ブロッコリーは小房に分けておく。 茎も食べやすい大きさに切る。 深めのフライパンに水200ccと塩をひとつまみ入れたら先にブロッコリーの茎を入れて蓋をして3分(強火)。 3分後、水100ccを足して小房にしたブロッコリーを入れて蓋をし、さらに3分。 ザルにあげて粗熱を取ればOK! 少量の水で蒸す方法です。 茎の部分と時間差で投入することでシャキシャキ感が失われずに済むのもポイントです。 すぐに出来て簡単に出来ますので、朝の忙しい時にもおすすめの方法です。 レンジを使った茹で方やコツについて 実はガッテンでは電子レンジを使って丸ごと蒸す方法も紹介されていました。 耐熱皿にブロッコリーを乗せて大さじ3杯の水を振り掛ける。 ラップをふんわりかけたら500wで4~5分、電子レンジで加熱する。 豪快に蒸すことでより栄養が逃げないんですよ。 食べるときは粗熱が取れてからキッチンバサミでカットしていけばOK!ラップを外した時に、ふわっとブロッコリーの香りが立ち、食欲を刺激すること間違いありません。 またレンジ調理なので手間もかからないのが嬉しいですね。 フライパンを使った茹で方やコツ フライパンで茹でる方法は他にもありますので参考にしてみてください。 ブロッコリーは小房に分ける。 茎の部分は皮をむて薄切りにしておく。 フライパンに切ったブロッコリーと大さじ3杯の水を加えて【強火で2分】。 火を消したら1分そのまま蒸らして完成!ザルにあげて粗熱を取ってくださいね。 コツは、 たくさん水を加えないことでしょうか。 水が多すぎると栄養が逃げてしまいます。 加熱時間はお好みで調整してみてくださいね。 圧力鍋を使った茹で方やコツ 実は圧力鍋と使うという方法もあります。 味が凝縮されて美味しいということなので試してみる価値あり!• 茎は皮をむいてから5~6mm幅に切る。 房は小房に分け、金属製のザルに入れる。 圧力鍋に水を入れたらザルを入れて蓋をし加熱する。 圧がかかって吹き始めたら50秒~1分加圧します。 火を止めたら弁を開いて圧を抜く。 そのまま1分半くらいおいてから蓋を開ける。 youtube. 栄養もそのまま残るので味も良く、お弁当にもぴったりですよね。 耐熱皿に小房に切ったブロッコリーを並べてからラップをして、500wで2~3分ほど加熱するだけです。 お好みで塩を軽く振ってもOK! 加熱後はラップを外して粗熱を取りましょう。 そのままにしておくと余熱で火が入って柔らかくなってしまうのでご注意を。 ゆでてからの日持ち期間について ブロッコリーは生の状態でも、茹でた状態でも 基本的に3日を目安に食べ切るようにしてください。 あまり日持ちする野菜ではありません。 夏場などは特に傷みやすいので、食べきれない時は 冷凍することをおすすめします。 こうすることで栄養が逃げないだけでなく、 甘みが引き出されて美味しくなりますよ。 最初慣れるまでは短めに設定して 途中で固さを確かめながら茹でるのが一番です。 目安は2~3分ですが、その後に調理してさらに火を通す場合はもう少し短めでもいいかもしれません。 ブロッコリーには体と美容に嬉しい栄養がたっぷり詰まっています。 せっかくの栄養を逃さないためにも、茹で方にも少し気を配ってみてください。 そうすることでより美味しく食べられますよ。 とはいえ、 日持ちしない野菜でもありますので、購入してから食べるまでに時間が空く場合は冷凍するなどしておくといいでしょう。

次の

栄養いっぱい!旬のブロッコリーをフライパンで蒸す方法

ブロッコリー 蒸し方

ためしてガッテンの「野菜のすごいコツ」という本を図書館で借りて来て、影響を受けたことが、「にんじんの皮は剥かない」ということと、「ブロッコリーの茹で方」。 で、今回は、ブロッコリーの茹で方について。 (研究途中だけれど) 今までの茹で方 1.切り方は、(枝みたいな部分をつけた)小房に分け、芯は真ん中から縦に割っておく 2.お湯を沸かして、その中に芯を入れ、アクが浮いてきたら、小房を入れ、またアクが出てきたら、ざるにあげておく。 3.芯の皮を剥く という平凡で、いい加減なものだけれど、ガッテンの本によると、ブロッコリーはたっぷりのお湯で茹でると、栄養が半減してしまうとのこと。 (水溶性のビタミン類が多く含まれているようだ) だから、少ないお水で、蒸し茹でするのが、コツだと書いてあった。 で、ガッテンの本には、フライパンを遣う方法と電子レンジを使う方法の二つが載っていて、フライパンを使うやり方は、小房だけを茹でる方法だったので、芯まで茹でるやり方を考えてみた。 <ガッテン流フライパンで蒸し茹でする方法(自分なりに変更)> 1.切り方は、今までと同じ 2.深めのフライパンに、お水を200cc、塩ひとつまみを入れ、ブロッコリーの芯を入れて、蓋をし、強火で3分茹でる。 3.3分経ったら、お水100ccと小房を入れて、蓋をし、更に3分茹でたら、出来上がり。 4.ざるに取って、少し熱さが収まったら、芯の皮を剥く。 感想 このやり方で蒸したら、すごく甘くて美味しく茹で上がった。 (きっと栄養分がお水の方に溶け出なかったからだと思う) 何だか、農薬野菜が無農薬野菜に変わったくらいに、味が濃かった。 しかし、冷蔵庫に保管してしまったり、茹で上がった後、つい、一晩冷蔵庫の外に出しておいたら、味は落ちた。 (ま、どんな茹で方をしてもこれは同じだと思うけれど) <ガッテン流電子レンジで蒸すやり方> ガッテンの本には、もう一つ、電子レンジで丸ごとのブロッコリーを蒸すやり方が乗っていたので、これも試してみた。 1.お皿にまるごとブロッコリーを乗せ、お水を大さじ3杯入れて、ラップをし、500~600wで4,5分チンすると書いてあったので、4分チンしてみた。 感想 電子レンジから出してラップを取った途端のブロッコリーの香りが凄かったし、ブロッコリーの緑色がとても鮮やかに茹で上がった。 茹で上がったばかりに、小房を食べたら、ペーストにすると良いような柔らかさで、柔らか過ぎると思ったけれど、房を小分けに、芯の皮を剥いて、ビニール袋に入れて、常温で冷ました後に食べたら、水分が抜けたみたいで、ちょうど良い柔らかさになっていた。 (その後、ひと晩冷蔵庫に入れておいたものを次の日、食べたら、「固め」であった。 ) ガッテンの本に、「電子レンジでチンすると、小房がバサつかない」と書いてあったが、そんな気もするし、そうでもないような気もする。 これはこれで味がある蒸し上がりであった。 私としては、今後は、使い慣れているフライパンで茹でる方法になりそう。 ただ、色をきれいに出したい時は、絶対、「電子レンジ茹で」だと思う。 その他、ためしてガッテンのサイトで、「ブロッコリー」で検索したら、更にが出ていたし、ネットで、「ブロッコリー 茹で方」で検索すると、まだまだ色々なやり方があるようだ。 結構、ブロッコリーの茹で方は奥が深いのかも。

次の