自由 研究 まとめ 方 低 学年。 もう悩まない!小学生低学年向け夏休みの自由研究テーマ

もう悩まない!小学生低学年向け夏休みの自由研究テーマ

自由 研究 まとめ 方 低 学年

Contents• 自由研究の決め方とは? 自由研究とは、自分の興味があるテーマを決め、調べたり作ったりしながら、まとめていく宿題のことです。 低学年は主に工作が多いですが、学年が上がるにつれ、工作のみでなく、自分で課題を決め、まとめていく学習要素が強くなっていきます。 では、どうやって自由研究を決めたら良いのでしょう? 答えは、教科書の中に隠されています。 教科書をヒントにしよう! 自由研究に取り組む際にヒントにして欲しいものは、教科書です。 教科書は、各学年で身につけてほしい学力がまとまっています。 学期ごとに学習した内容をアレンジして、夏休みや冬休みの工作・自由研究に取り組むと、学習した内容がより深まり、身に付きます。 例えば、3年生の社会科で学習する地図記号を使って、自分の家の周りの地図を書くなどです。 教科書によっては、「自分で調べてみよう!」という発展内容が載っている場合があります。 工作や自由研究のテーマに悩んだ時は、ぜひ教科書を開いてみましょう! 次に、教科書と絡めた学年別の工作や自由研究を紹介します。 参考にしてみてください。 教科書から考えた学年別の工作・自由研究 1年生【生活】お手伝い記録 1年生の生活科では、家族の一員としてお手伝いする学習をします。 そこで、お手伝いしたことを日記やスケッチブックに書いてまとめる自由研究はいかがでしょう? お手伝いで頑張ったことや大変だったことを絵と文、または写真付きでまとめます。 おうちの方のコメントもあると、子どもの頑張りが伝わります。 2年生【生活】野菜の種アート 2年生の生活科では、野菜を育てる学習をします。 野菜の種を使って絵を描くと面白い工作になりそうです。 野菜の種はおうちで料理をした時に使った野菜から取ることができます。 種はキレイに洗い、干してから使いましょう。 自分の家の周りの地図を書き、地図記号を書き込んでいく自由研究は社会科が好きなお子さんにオススメです。 地図記号だけでなく、ハザードマップのように危険箇所を書き込むのもよいですね。 4年生【理科】電池の働き 4年生の理科では、直列つなぎや並列つなぎの学習をします。 物作りが好きなお子さんは、モーターや豆電球を使った工作にチャレンジするのはいかかでしょう? 工作だけでなく、材料や作り方、感想を画用紙やスケッチブックにまとめると、高学年を意識した自由研究になります。 直列と並列つなぎの違いなども載せると、さらに電池の働きの復習になります。 5年生【家庭科】栄養バランスを考えた料理 家庭科で調理実習が始まるのは、5年生からです。 5大栄養素を意識した献立を考え、実際に料理してみる自由研究はどうでしょう? 写真に合わせて、作り方もまとめられるとよいですね。 作った料理を家族に披露すると、お子さんも達成感を得られること間違いなしです! 6年生【英語】自分の周りを英語で知らせる 外国語科の自由研究ができるのも高学年ならではです。 そこで、模造紙に家の見取り図を描き、物の名前を英語で紹介する自由研究はいかがでしょう?家の中だけでなく、家の周りの地図を書き、学校 school 、公園 park 、コンビニ convenience store 、図書館 library 、信号機 traffic lights 、橋 bridge など書き込んでいくのも楽しそうです。 自由研究は季節を活かそう! 夏休みと冬休み、それぞれの季節を活かした自由研究にチャレンジすることもオススメです。 夏休みのオススメ自由研究とは? 貝殻・ガラス石 シーグラス を使った工作や、昆虫・植物をテーマにした自由研究は夏休みによく見られる作品です。 海や山などの自然に関するテーマもオススメです。 冬休みのオススメ自由研究とは? 枯れ木・木の実・毛糸を使った工作は冬らしさを感じられます。 雪や氷について調べたり、書き初めに取り組むのもよいでしょう。 地域ならではのお雑煮調べやお正月についてネットや図書から調べてまとめる学習も楽しそうです。 自由研究の注意点とは? 自由研究で注意することなんてあるの? と思われそうですが、私が教員時代に感じた注意点を載せておきます。 あまり意識されない部分ですが、以下の2つに気をつけて頂けると、私は助かりました。 掲示サイズを意識しよう! 自由研究を飾るスペースは限られています。 特に、壁に貼って飾る作品は大きい模造紙ばかりだと貼る場所がなくなり、困ることがありました。 まとめ学習をする際に、模造紙がよいか、ノートやスケッチブック、画用紙がよいか、書く内容の量を確認してから掲示サイズを決めることをオススメします。 文字が大きく、余白だらけなのに、大判模造紙1枚にまとめても、見た目が薄くなってしまうので注意です。 また、学校の規模や掲示するスペースにもよるので、毎年どのように作品掲示をしていたか、意識しながら作るとよいと思います。 材料は食物アレルギー対策をしよう! 最近では、食物アレルギーを持つお子さんが多くなっています。 工作には牛乳パックなど使った作品がよくありますが、使う場合はよく洗い、作品表にも牛乳パックを使っているという一文があると、アレルギー対策になります。 学年別自由研究のまとめ方とは? ここから、学年別の自由研究を紹介したいと思います。 あくまでも一例なので、学校で指定された課題がある場合は、それに従って取り組むようにしましょう。 低学年は工作 低学年は、工作だと楽しく取り組むことができます。 余力がある場合は、工作の材料や作り方、感想などをまとめた画用紙があると自由研究らしくなりますね。 中学年は工作+画用紙 中学年は、工作と自由研究の分かれ目です。 工作だけでは、低学年っぽくなってしまうので、工作のまとめとして、作り方や感想を書いた画用紙を付け加えると、自由研究のようになり、オススメです。 高学年は自由研究 高学年になると、工作に取り組む子はほとんどいなくなり、何か研究テーマについて考えたり、調べたりする子が多くなります。 作るのが好きというお子さんの場合は、より自由研究らしくなるように、1日で簡単に作れる物ではなく、日にちをかけて完成させるコツコツ型の工作をオススメします。 学年別オススメ自由研究テーマとは? 私が小学校教諭として、約10年間見てきた工作や自由研究の中で良かったと思う作品や、定番の作品を紹介していきたいと思います。 低学年のオススメテーマ 貯金箱・モビール・写真立て・ビー玉迷路・小物入れなど 中学年のオススメテーマ 地図作り・星の観察・ハーバリウム・キャンドル・スノードームなど 高学年のオススメテーマ 壁新聞・歴史上の人物・年表作りなど 自由研究オススメサイト 最後に、工作や自由研究の実際の作り方を紹介しているサイトを載せておきたいと思います。 Honda Kids 子どもの成長と子育て家族の応援サイト 車のメーカーHONDAが紹介している自由研究サイトです。 学年別や実験・観察・工作のカテゴリー別で検索ができるので、使いやすいサイトです。 小学1年生の長女が市販のバスボム作りが好きなので、ボム作りにチャレンジしてみようかなと思っています。 Gakken キッズネット なぜ?を楽しく 学研キッズネット 学研が紹介しているサイトです。 自由研究の進め方のコツも載っています。 小学生だけでなく、中学生用の情報も載っています。 子どもの性格から自由研究のテーマを探すこともできるので、子どもと一緒に楽しんでテーマ探しができます。 小学生の自由研究!学年別の決め方とまとめ方 まとめ 小学生の自由研究、決め方とまとめ方は以下の通りです。 自由研究のまとめ方は、• 低学年は、工作のみ• 中学年は、工作と手順をまとめた画用紙• 高学年は、工作以外の自由研究 自由研究の決め方は、• 教科書をヒントにする!• 季節を活かす!• 掲示サイズや食物アレルギーに注意! 親子で楽しく工作や自由研究に取り組んでみましょう。 ここまでお読み頂き、ありがとうございました。 応援して頂けると嬉しいです。

次の

自由研究のまとめ方小学校低学年編。大きな模造紙の書き方のコツ

自由 研究 まとめ 方 低 学年

自由研究をレポートするときの項目• テーマ(タイトル・題名)• 学年・組・名前• 参考文献 上記の項目を参考にして見やすくわかりやすいレイアウトでまとめてみてください。 3以降の項目については「小タイトル」をつけて書いていくといいですよ。 自由研究のまとめのレイアウト例 各項目の書き方や例についてもご紹介していきます。 1年生、2年生にもぴったりな小タイトルも一緒に考えていきますね! まずはタイトルや題名を書きます。 小1のタイトル例 ストレートに 「きょうりゅうのけんきゅう」 「スライムづくり」 「ミニトマトのかんさつ」 などシンプルなもので大丈夫です。 小2のタイトル例 クラスの友達が興味をもってくれそうなタイトルを考えるのも楽しいですよ。 「ラムネを100こつくってみたよ」 「ダンゴムシのすきなたべものをはっ見」 「キャンプでじょうもん土きづくりにちょうせん!」 シンプルなタイトルでも、 大きな文字にしたり、色をぬったりして目立つように書きましょう。 よくできた自由研究は学年代表として選ばれて発表会に出たり、時には学校外部のコンクールなどに出してもらえることがあるので忘れずしっかり書いておきましょう。 この研究を選んだ理由や、きっかけ、目的、調べたいものなどを書きます。 小タイトルの例 「このけんきゅうの目あて」 「どうしてこのじっけんをしようと思ったのか」 「はじめる前のぎもん」 生活の中の身近な疑問を見つける力がとても大切です。 子どもの「なぜ?」や「ふしぎ」はとっても大事なんですね。 実験や観察を始める前の 予想も書いてもおもしろいです。 動機の例文: 「ダンゴムシはマンションのコンクリートのところでよく見かけます。 まわりにたべものはおちていないのにふしぎに思いました。 おかしや花をあげてたべてくれるかどうかのけんきゅうをしてみようと思いました。 ぼくは、(ダンゴムシはあまいものがすきかな?)とかんがえて、いろいろなおかしやくだものをよういしてみることにしました。 」 もちろんシンプルに「ダンゴムシだいすき」と短くまとめても大丈夫! まずは、 研究のために用意したものや準備したものを書きます。 材料や道具を箇条書きでわかりやすく書きましょう。 小タイトルの例 「かんさつにひつようなもの」 「じっけんでつかうもの」 「じゅんびとちゅういすること」 次に、手順を書きます。 実験の場合は1、2、3と順番に書いていきましょう。 観察の場合は、どこ(場所)でいつ(日にちや時間)観察したのかも書くとわかりやすいです。 写真やイラストがあると見やすくなります。 絵を描くのが好きな子でしたら、写真よりもイラストのほうがおすすめです。 実験などで手早く行わなければならないときはスマホやデジカメで写真をとり、あとで絵を描いてもいいですね。 小タイトルの例 「じっけんのほうほう」 「ちょうちょのつかまえかた」 「りょうりの手じゅん」 「水てっぽうのつくりかた」 実験した結果の 事実を書きます。 観察系の場合は一番手をかけてていねいに仕上げたい項目です。 失敗したときもそのまま書いて大丈夫です。 数や量をイラストで表したり、表をつくって結果を書くととてもわかりやすいですよ。 工作などの場合、できあがりの写真を貼ったり、「つくったものをてんじしているのでみてくださいね」と案内するのもおもしろいです。 実験や観察をしてわかったことやわからなかったことを書きます。 小タイトルの例 「けんきゅうで考えたこと」 「おうちのバターと食べくらべ」 「しゅざいをしてわかったこと」 「きがついたこと」 低学年の場合、次の項目の「感想」と合わせてしまってもOKです。 自分の予想とどこがちがったか• 失敗したときはその原因は何だったのか• どう思ったか を書いていきましょう。 自分の言葉で感じたことを書くのが大切です。 自分の気持ちを言葉で表すのが苦手な子もいると思います。 「おもしろかった」という一言だったら、どこがおもしろかった?と聞いてあげて「それも書くといいね。 」とアドバイスしてあげましょう。 できれば、この研究をして次にどうしたいという未来につなげる言葉が書ければ完璧です。 小タイトルの例 「かんそう」 「はんせいてん」 「じっけんでこまったこと」 書き方の例: (牛乳はペットボトル入りのものがないことを不思議に思い調べた自由研究) 「むかしはぎゅうにゅうはビン入りで、いえにとどけてくれるものだったとはじめてしりました。 まい日、朝になるとしんせんでおいしいぎゅうにゅうがのめるのはいいなあと思いました。 ミルクからつくったプラスチックでペットボトルにして、ぎゅうにゅうをうるとおもしろいかなとおもいます。 」 参考にしたものを箇条書きにします。 小タイトル例 「さんこうになった本」 「さんこうにしたしりょう」 小1の場合は書ける子であれば書いて、むずかしいときは省略してもいいでしょう。 小2のお子さんなら次のことを書くと良いですよ。 本や資料:題名と出版社名、著者• インターネット:サイト名とURL• 取材先:インタビューをおこなった人や工場、お店の名前など お話しを聞いた人あてや協力してくれた人にお礼の言葉をそえるのもいいですね。 書き方の例 「〇〇こうじょうの田中さんにおはなしをききました。 ありがとうございました。 」 スポンサーリンク 自由研究をどんな様式で提出するかについては、小学校のお便りや、夏休みの宿題一覧表に学校からの指示があるかないかをまず確認しましょう。 使っていい素材や紙の種類、テーマの分野などは自由研究を始める前に把握しておかないといけないところですね。 特に条件がなければ、どちらが使いやすいかを子どもと相談しながら決めるのですが、小学校1年生には画用紙がおすすめです。 模造紙は大きすぎてバランスよく仕上げるには初心者には難しいからです。 紙が薄いというのも途中で破れてしまったり、シワになったり、書いた文字が裏うつりしてしまったりときれいに仕上げるには相当の集中力が必要です。 下書きしてからマジックで清書するだけでも大変なのに、下にインクが付いてしまうとかの失敗もしがちです。 下書きの前に鉛筆で線を引いたりすることも低学年には難しい作業です。 出来上がってからも、学校への持ち運びにも気をつかいます。 ただ、画用紙は模造紙に比べるとペン先が引っかかりやすくて字が書きにくいんです。 息子が小1の時は、カラー用紙に書いたものを八つ切りの画用紙にペタペタ貼っていきました。 カラー用紙は模造紙をA4版にしたようなものでコピー用紙みたいな紙です。 何枚もはいっているので、失敗を恐れずに書いていけます。 低学年におすすめなのは、扱いやすい画用紙ですが、模造紙に書く場合も 項目ごとに書いたものを貼り付けていく方法ですとレイアウトしやすく失敗のリカバリーも簡単です。 カラーもいろいろありますが飾り以外で使うのならば白がおすすめです。 (見やすい!) 夏休み終盤には売り切れることもあるので、早めに購入しておくといいですよ。 ノートやアルバムは? ノートは身近で書きやすいのですが、中身が充実していないと1冊になりません。 アルバムも同様ですが、かなりの分量が必要です。 高学年になって、複雑な研究ができるようになってからがおすすめです。

次の

自由研究のまとめ方小学校低学年編。大きな模造紙の書き方のコツ

自由 研究 まとめ 方 低 学年

スポンサードリンク 自由研究の選び方 小学校低学年では、身の回りのことで、お子さんが興味を持ちやすいものを選ぶと 研究がすすめやすいです。 まず、お子さんの教科をみてください。 こくご、さんすう、せいかつ、たいいく、おんがく、ずこう 左から多い順に書いています。 この中で、子供に人気があって、研究しやすいのは せいかつ です。 せいかつは、理科と社会の統合教科です。 (1)学校と生活 (2)家庭と生活 (3)地域と生活 (4)公共物や公共施設の利用 (5)季節の変化と生活 (6)自然や物を使った遊び (7)動植物の飼育・栽培 (8)自分の成長 この中から選ぶ事ができきます。 しかし幅広いですよね 夏休み、簡単に自由研究するなら、7番の動植物がオススメです。 身の回りにあるもので研究できます。 例えば あさがお、アリ、せみ、カブトムシ、、犬、さかなの観察 とか オススメ アリの巣の観察は、 ペットボトルがあればできるので、オススメです。 キャップをすれば、そのまま学校へ持って行けます。 【関連記事】 時間がない!ならコレ! せいかつ1番から ・ぼくのつうがくろ いつも学校まで通っている通学路。 ゆっくり見渡せば疑問や発見があります。 安全の為に大人が一緒に付き添い 写真を撮ったりメモをとったりします。 ・犬と猫の違い観察 愛犬や愛猫の体の特徴を観察して、違いをまとめます。 図鑑にも載っているので、調べ学習にもなります。 がんばれば2日でまとまりますよ。 オススメサイト ・自由研究2015(学研) 自由研究のヒントがたくさん載っています。 gakken. gakken. htmlに載っています 自由研究のまとめ方 書くべき項目 自由研究のまとめ方は、学年に関わらず書くべき項目は以下の通りです 1、研究のタイトル 2、研究の目的 3、研究の方法 4、実験の結果 5、まとめ・感想 順番にお話ししていきます。 1、研究のタイトル そのままズバリですね。 一体どんなことを調べたのか、一目で分かるようなタイトルを付けます。 (例えば) ・アリのおうちのしくみ ・あさがおのかんさつ日記 ・カビがはえるまで といった感じでパッと見て内容がわかるようにつければ良いでしょう。 図鑑のサブタイトルをみるとヒントが載っていますよ。 2、研究の目的 目的というと難しいですが、簡単にいうと ・どうしてその研究をしようと思ったのか? ・何を明らかにするために研究したのか? を書きましょう。 例えば上記のアリの研究なら ・アリさんが入って行く小さな穴の中はどうなっているのかな?と思ったので調べる事にしました。 と、分かりやすい疑問で大丈夫です。 お子さんが興味があること疑問に思っていることを 手がかりに考えて記入すれば良いでしょう。 3、研究の方法 その研究をどうやって調査したのか、研究の条件や計測方法を記載します。 例えば、上記のカビの生え方だと 常温と冷蔵庫でのパンに生えるカビの増えかたを比べる。 何日間その条件において、どのようにカビの増え方を計測したかを書きます。 写真で様子を比較しても良いです。 難しく書くのは低学年では不自然ですので、お子さんが自分で分かるような文章で書きましょう。 4、実験の結果 長さを測ったなら長さを、重さを測ったなら重さを書きましょう。 低学年で結果をグラフにするまではしなくて大丈夫です。 学校でならっていないので。 ここは、お子さんとご相談して決めて下さい。 写真は実験結果を視覚でも伝えることが出来るので有効です。 5,まとめ・感想 ここで書くべきことは、実験の結果が実験前にお子さんが予測したものと同じだったのか?違うものになったのか?です。 更に違う場合にはなぜ違ったのか?を考えて書きましょう。 研究である以上はこの点は外せません。 感想についてはお子さんに好きなことを書かせてあげて下さい。 楽しかった、難しかった、変な臭いがした。 素直な心で感じたことを書けば大丈夫です。 まとめ いかがでしたか? 疑問は解決しましたか? 自由研究のまとめ方は項目ごとにいくと簡単です。 小学生低学年ですから、 難しいことは書かなくても大丈夫です。 素直な気持ちをまとめましょう。 最後までお読みいただき ありがとうございました。

次の