いっ くん ギター。 魔のコード「F」・・・語っちゃおうかな【ELTいっくんのギター講座 #2】

【私物ギター】エレキ紹介!多分1番よく使ってる【Killer KG

いっ くん ギター

ギターサウンドに魅せられて早やウン十年。 たくさんのギターサウンドを聞いてきた。 同時にいろんなギターアンプも手にしてきた。 経験と薀蓄もたまり、ある程度音を聞けばその機材やセッティングも目に浮かぶようにもなった。 とはいえやはり全く想像の付かない音にも出くわしたりして、意外な事実に感嘆したり、まさかのサウンドメイクを目の当たりにするとワクワクしたりもする。 美しいサウンドはそれだけで芸術だ。 代々木第一体育館で聴いたピンク・フロイドのデイヴ・ギルモアのストラト&ハイワット、芝郵便貯金でのレイ・ヴォーンのフェンダーサウンド、仙台ロックンロールオリンピックで聴いたボ・ガンボスのキョンが奏でたMESA Boogie、DEAD ENDのYOUのソルダーノ・サウンド…、毛穴から音が染み入る普遍のグッドサウンドは、いつの時代もただただ驚嘆する奇跡のサウンド・サプリメントなのだ。 そして、伊藤一朗サウンドである。 そのほのぼのキャラやEvery Little Thingのキャッチーな作品の前に、彼のギターサウンドがことさらにフューチャーされることはなかなかない。 …のだけれど、あのぶっとさと抜けのよさを両立させているのはちょっと並じゃない。 というか特筆のクオリティなのだ。 なのに、その凄さに誰も注力しようとしないところに、私はストレスを感じていた。 「いっくんサウンド、実は凄いのに、みんな気付いていないんだろか。 あのサウンドの秘密、知りたくないんだろか」。 そんな思いを胸に、もはや我慢できずいっくんを直撃した。 伊藤一朗:ライヴは結構ちっさい音量で演っているんですよ。 ライヴって仕事でありながらライフスタイルでもあり、ストレス発散の場でもあるんで、ほんとはガーンといきたいんですけどね。 でもEvery Little Thingのライブに足を運んで下さる方には、なるべくCDっぽい音を聴かせたいですよね。 でかい音を出してもモニターが作りにくいので、結構小さな音でもパワフルに聞こえるようなチューニング(音作り)をしています。 ステレオで使うのでばらつきのない現行モデルをそのまま2台。 歪みはバッキング用とソロ用と使い分けてますが、ソロは普通にマーシャルです。 現行リイシューの1987。 50Wとはいえ、結構でかい音じゃないですか? 伊藤:そうでもないですよ。 逆にフィードバックさせたくてもしてくれないくらいですから。 ハウらせたいときには、そういうときだけ手前でストンプをいれてます。 現行のモデルより音が散らないので、それを3~4台キープしていて使っています。 伊藤:ただ、シーケンスが細かい曲とかでは、歪みの粒を荒くしたいときはマーシャルを使ったりもしますよ。 僕ってプリ+パワーアンプで音を鳴らしているというイメージがある…と思うんですけど、実はいつも直でガーン!という感じなんですよね(笑)。

次の

コードとは?コード進行とは?/初心者集まれ!指板図くんのギター・コード講座 第1回

いっ くん ギター

こんにちは、いっくん こと伊藤一朗です。 いらっしゃいませ。 もう5回目です。 今回はちょっと中級編かも。 こんなんのでいいのでしょうか?? 今回はリクエストもたくさん頂いていたエレキギターを持ってきました。 そのエレキを使ってパワーコードの解説です。 そもそもパワーコードって何ですかね? でも「パワーコード」って言われると、「あ、はい。 パワーコードね。 」ってなぜだかわかってしまう不思議なネーミング。 それが「パワーコード」 一生懸命解説してみたので詳しくは動画見てみててください。 』が発売されました。 全国の書店やネットで購入可能です。 本のことに関してはKADOKAWAの松原さんをゲストにお呼びした「くんいつのヤーヘー」で話しているのでそちらもよかったらみてみてください。

次の

”いっくん”ELT伊藤一朗インタビュー《vol.3》「ギタリストとしての日々。J

いっ くん ギター

ELTいっくんがYouTuberデビュー! 2019年6月、Every Little Thingのギタリスト・伊藤一朗さんがYouTuberデビューしました。 ファンの間では いっくんの愛称で親しまれた伊藤一朗さん。 バラエティ番組では 独特すぎる間の使い方や 個性的な言い回しで爆笑をかっさらっていきました。 そのいっくんがYouTubeを始めるって言うんですから、これはもう見ないわけには行きません。 1本目の記念すべき動画では、 51歳にしてYouTuberデビューした心境が語られていました。 いっくんってもう51歳なんですね。 もっちーも41歳なのかぁ… ただ最近は10代20代の若いタレントさんから「 伊藤さん、ギター弾けるんですか?」と聞かれることが多くなったそうで。 たしかにELTは96年にデビュー、00年代にかけて音楽界をリードする存在でした。 私も当時中高生だったので、同じ世代の方にはすごく心に刺さると思います。 ですが最近は音楽活動はライブが中心になっていて、 テレビだとバラエティへの出演が主。 しかもいっくんってめっちゃ面白いですから、面白タレントと思われていてもおかしくはありません。 YouTubeでは高度なギターテクを披露! ですがそこはさすがELTのギタリスト。 YouTubeでは 「 ELTいっくんのギター講座シリーズ」を投稿し、安定して数万の再生数を稼いでいます。 やっぱり持っている技術はすごいですよね~、難しそうなことをいとも簡単にやってしまうんですから。 コードFの動画なんてちょっと感動してしまいました。 それ以外だと、スマホアプリを使ってみたり、スターウォーズのグッズを紹介したり。 そういえばいっくんって スターウォーズの大ファンでしたよね。 うたばんでもっちーの誕生日プレゼントを買いに行った時には、スターウォーズの10万円のフィギュアを見つけて本気で悩んでましたもんね 笑 またゲストを呼んでトークをすることもあります。 その名も「 くんいつのやーべー」 いっくんの部屋を業界用語風にしたのですが、センスが完全に昭和です 笑 うたばんでキャラクターが大人気に さきほどちょっとだけうたばんの話を出しましたが、この番組でのいっくんって本当に面白かったですよね。 デビュー当初はやっぱりもっちーや 五十嵐充さんの方がよく喋っていたのですが、五十嵐充さんの脱退後はもういっくんの独壇場です。 MCの 石橋貴明さん、 中居正広さんの2人にすごく気に入られ、もう好き放題いじられてました。 いっくんの食生活や楽屋での様子が明かされたり、「 ぴったしいっくん」なるクイズコーナーが始まったり、 スタジオトークではなぜか 緑色の液体が出てきたり、、、 ELTの出演回はもう本当に毎回楽しみでした! 個人的には楽屋でいっくんの様子を隠し撮りしていた回がなぜか頭に残っています。 マネージャーさんからもっちーのカレンダーを渡されるたときにのリアクションを探っていたのですが… いっくんはそのカレンダーを 丸めてバットにしてカキーンでしたからね 笑 そういえば当時は 楽屋で一緒のときはいつも2人で隣に座っていたとも言っていましたよね。 2人もいつかくっつくのかな~なんて思っていましたが…後にお互い別の方とご結婚されています。 ガキ使には毎年特番に出演! そしてもう1つ、いっくんを代表する番組が ガキ使じゃないでしょうか。 うたばんの他にも HEY! HEY! HEY! でもいっくんは ダウンタウンの2人に気に入られていまして。 その流れからか、いつの間にかガキ使でもおなじみの出演者になってしまいました。 レギュラー放送に出演する時もありますが、大晦日恒例の「 笑ってはいけない24時」 初登場では当時ブレイク中だったオードリーの 春日俊彰さんに扮して若林正恭さんと漫才をしたり。 翌年からは女性の格好をしてクワガタに鼻を挟まれたり、パンクな格好をして登場したと思ったらまたクワガタに鼻を挟まれたり。 こんなんだからギター弾けるんですかとか聞かれちゃうんですよ 笑 本放送には2009年~2014年まで出演、2017年も未公開シーンとして完全版に出演しています。 バイキング小峠さんの「 コイツの唯一の武器は小さい声なんだよ」は爆笑してしまいました。 2015年はガキ使のテーマ曲をELTが担当していましたし、もっちーが替え歌で出演することもあって、本当に見逃せません。 それにしてもいっくん、 西の大御所芸人、東の大御所芸人、ジャニーズの稼ぎ頭に気に入ってもらえるってすごいですよね。 本人はいたってマイペースなのに、周りがそれを放っておかないんですから。 きっとYouTubeでも独特のいっくんワールドで視聴者を魅了してくれることでしょう。 ELTのいっくんがYouTubeはじめてたww ELT自体ポップのイメージあるからあんま知られていないけどいっくんギター馬鹿うまですからね 動画も観やすくて面白い~— 京 keikyon556 ELTのいっくんYouTubeに動画上げてて笑うww しかも面白いんだけど。 無料で見れちゃ駄目なやつじゃね。 — michi micolor7 いっくんTV面白くてついつい見ちゃう。 ギターが弾きたくなるね— のすーけ 2nsk9 いかがでしたか? 51歳にしてYouTuberデビューとなったいっくんこと伊藤一朗さん。 ためになるギター講座、そしてあの独特の世界観 いままでのファンはもちろん、あらたにいっくんの魅力に気が付いてくれる方が増えると良いですね。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の