ファモチジン 市販 薬。 ファモチジン

ガスモチンの代わりに使える市販薬は?効果の特徴と市販薬を選ぶポイントを紹介します

ファモチジン 市販 薬

商品紹介 ファモチジン錠「クニヒロ」は、H2ブロッカー薬のファモチジンを含有する胃腸薬 です。 過剰な胃酸の分泌を抑制し、胃粘膜の修復を早め、胃痛、胸やけ、もたれ、 むかつきの症状を緩和します。 次の人は服用しないでください。 1 ファモチジン等のH2ブロッカー薬によりアレルギー症状 例えば、発疹・ 発赤、かゆみ、のど・まぶた・口唇等のはれ を起こしたことがある人。 2 医療機関で次の病気の治療や医薬品の投与を受けている人。 血液の病気、腎臓・肝臓の病気、心臓の病気、胃・十二指腸の病気、 ぜんそく・リウマチ等の免疫系の病気、ステロイド剤、抗生物質、抗がん剤、 アゾール系抗真菌剤 白血球減少、血小板減少等を起こすことがあります 腎臓・肝臓の病気を持っている場合には、薬の排泄が遅れて作用が強くあ らわれることがあります 心筋梗塞・弁膜症・心筋症等の心臓の病気を持っている場合には、心電図 異常を伴う脈のみだれがあらわれることがあります 胃・十二指腸の病気の治療を受けている人は、ファモチジンや類似の薬が 処方されている可能性が高いので、重複服用に気をつける必要があります アゾール系抗真菌剤の吸収が低下して効果が減弱します 3 医師から赤血球数が少ない 貧血 、血小板数が少ない 血が止まりにくい、 血が出やすい 、白血球数が少ない等の血液異常を指摘されたことがある人。 本剤が引き金となって再び血液異常を引き起こす可能性があります 4 小児 15歳未満 および高齢者 80歳以上。 5 妊婦または妊娠していると思われる人。 本剤を服用している間は、次の医薬品を服用しないでください。 他の胃腸薬 3. 授乳中の人は本剤を服用しないか、本剤を服用する場合は授乳を避けてください。 次の人は服用前に医師または薬剤師に相談してください。 1 医師の治療を受けている人または他の医薬品を服用している人。 2 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。 3 高齢者 65歳以上。 一般に高齢者は、生理機能が低下していることがあります 4 次の症状のある人。 のどの痛み、咳および高熱 これらの症状のある人は、重篤な感染症の疑い があり、血球数減少等の血液異常が認められることがあります。 服用前にこ のような症状があると、本剤の服用によって症状が増悪し、また、本剤の副 作用に気づくのが遅れることがあります 、原因不明の体重減少、持続性の 腹痛 他の病気が原因であることがあります 2. 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服 用を中止し、この添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。 〔関係部位〕 〔症 状〕 皮 膚 : 発疹・発赤、かゆみ、はれ 循 環 器 : 脈のみだれ 精神神経系 : 気がとおくなる感じ、ひきつけ けいれん そ の 他 : 気分が悪くなったり、だるくなったり、発熱してのどが痛 いなど体調異常があらわれる。 まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。 その場合は直ちに医師の診療を受けてください。 〔症状の名称〕ショック アナフィラキシー 〔症 状〕服用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、 のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。 〔症状の名称〕皮膚粘膜眼症候群 スティーブンス・ジョンソン症候群 、 中毒性表皮壊死融解症 〔症 状〕高熱、目の充血、目やに、唇のただれ、のどの痛み、皮膚の広範囲 の発疹・発赤等が持続したり、急激に悪化する。 〔症状の名称〕横紋筋融解症 〔症 状〕手足・肩・腰等の筋肉が痛む、手足がしびれる、力が入らない、こ わばる、全身がだるい、赤褐色尿等があらわれる。 〔症状の名称〕肝機能障害 〔症 状〕発熱、かゆみ、発疹、黄疸 皮膚や白目が黄色くなる 、褐色尿、 全身のだるさ、食欲不振等があらわれる。 〔症状の名称〕腎障害 〔症 状〕発熱、発疹、尿量の減少、全身のむくみ、全身のだるさ、関節痛 節々が痛む 、下痢等があらわれる。 〔症状の名称〕血液障害 〔症 状〕のどの痛み、発熱、全身のだるさ、顔やまぶたのうらが白っぽくな る、出血しやすくなる 歯茎の出血、鼻血等 、青あざができる 押しても色が消えない 等があらわれる。 〔症状の名称〕間質性肺炎 〔症 状〕階段を上ったり、少し無理をしたりすると息切れがする・息苦しく なる、空せき、発熱等がみられ、これらが急にあらわれたり、持続 したりする。 誤って定められた用量を超えて服用してしまった場合は、直ちに服用を中止し、 この添付文書を持って医師または薬剤師に相談してください。 服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続また は増強がみられた場合には、服用を中止し、この添付文書を持って医師または薬 剤師に相談してください。 1 用法・用量を厳守してください。 2 本剤を服用の際は、アルコール飲料の摂取は控えてください。 添加物として、乳糖水和物、トウモロコシデンプン、セルロース、 ヒドロキシプロピルセルロース、ヒプロメロース、マクロゴール、酸化チタン、白糖、 タルク、アラビアゴム、ポビドン、カルナウバロウ、ステアリン酸マグネシウム を含有します。 2 小児の手の届かない所に保管してください。 3 誤用をさけ、品質を保持するために他の容器に入れかえないでください。 4 使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。 重篤な消化器疾患を見過ごすおそれがありますので、医師の診療を受けてください 錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して裏面のアルミ箔を破り、 取り出して服用してください。 誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き 刺さる等思わぬ事故につながります この薬は決められた時間ごとに服用する薬ではなく、症状が出た時に服用する薬です。 食事による影響はありませんので、食前・食後・食間いつ服用いただいても結構です。 1回1錠で約8時間胃酸の出過ぎをコントロールしますので、1日2回服用する場合は 8時間以上あけてください。 hTMl.

次の

ファモチジン錠「クニヒロ」はガスター10と違う!?|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

ファモチジン 市販 薬

ガスモチンは、胃腸の働きを高めて胸やけや吐き気などを鎮める胃腸薬です。 慢性胃炎や逆流性食道炎などの治療で用いられることが多い処方薬で、ジェネリック医薬品(後発医薬品)もたくさんありますが、 まったく同じ作用を持つ市販薬はありません。 忙しくてすぐに病院に行けない場合など、ガスモチンの代用として市販薬を選ぶ場合、どのような点に注目すればよいのでしょうか。 効能効果もあわせて紹介します。 ガスモチンの効能効果 胃や腸など消化管の動きが鈍くなると、食べ物の消化に時間がかかり胃腸の負担が大きくなります。 ガスモチンは胃腸のぜん動運動を高めて胃酸の逆流を防いだり、消化を促進するよう働きかける薬で、慢性胃炎に伴う消化器症状(胸やけや悪心・嘔吐など)や、逆流性食道炎の治療に用いられています。 モサプリドクエン酸塩は、消化管に存在するセロトニン受容体を刺激して、神経伝達物質であるアセチルコリンの分泌を促進。 その結果、副交感神経の働きが高まって、次のような効果をもたらします。 ・ 薄い唾液を大量に分泌させ、消化を助ける ・ 胃の消化運動を促進する ・ 腸のぜん動運動を促進する ・ 胃液や膵液など、消化液の分泌を増加させる等 セロトニン受容体は私たちの体のあらゆる部分に存在しますが、ガスモチンは胃や大腸にあるセロトニン受容体だけを選択的に刺激するよう開発されました。 これにより、他のセロトニン受容体作動薬で心配される脳や脊髄に対する作用やホルモン系に関わる副作用を軽減できたことが、ガスモチンの大きな特徴です。 ミナカラおくすり辞典 : 、、 ガスモチンの代わりに使う市販薬は? 市販の胃腸薬には、有効成分にモサプリドクエン酸塩水和液を使用した薬がないため、残念ながらガスモチンと まったく同じ効能効果をもつ市販薬はありません。 病院に行く時間がない等、ガスモチンを処方してもらうのが難しい場合、次のポイントで市販薬を選んでみましょう。 ・ 胃酸の分泌を調整する作用があること ・ 胃腸の運動機能を改善する作用があること 慢性胃炎には胃食道逆流型と運動不全型があり、胃酸の分泌過多や運動機能の衰えによってさまざまな不快な症状を引き起こしています。 逆流性食道炎も、胃から食道への逆流を防ぐ機能が衰えたり、胃酸の分泌が増え過ぎたりして起こるので、これらを改善する成分が配合された胃腸薬が選択のカギとなります。 胃酸の分泌調整にはH2ブロッカー 食べ過ぎ・飲み過ぎやストレスなどで体内でヒスタミンが作られると、胃粘膜にあるH2受容体を刺激して胃酸の分泌が盛んになって胃酸過多となります。 H2ブロッカー(H2受容体拮抗剤)は、ヒスタミンより先に胃粘膜のH2受容体と結びついて過剰な胃酸の分泌を抑える薬です。 H2ブロッカーの働きをもつ有効成分には ・ファモチジン ・ニザチジン ・ラニチジン ・ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩 などがあります。 これらの成分が配合された市販薬の主なものは、次のとおりです。 胃の運動機能改善には健胃(整胃)剤 健胃剤とは弱った胃の働きを高める薬のことで、食前に服用します。 主に漢方が使われ、生薬の成分の独特の味や香りの中には、唾液や胃液の分泌を促し、胃の働きを活発にする作用があるとされています。 センブリ: 苦味成分が胃粘膜を刺激し、唾液や胃液の分泌を促進。 胃腸の運動も改善します。 ウイキョウ: 甘い香りが唾液の促進を促すとともに、血行を促進して胃腸の働きを高めます。 ケイヒ: クスノキ科の樹皮を乾燥させたもので、胃腸の機能を整え、血液循環を改善する作用もあります。 チョウジ: 胃を温め、停滞しているものを動かす作用があります。 チンピ: ミカン科の果皮を乾燥させたもので、香り成分がストレスを和らげ、血流を改善する作用があります。 総合胃腸薬は複数の成分が配合されているので、自分の症状に合った成分が入っているかを確認して選んでください。 おわりに 慢性胃炎には過度の喫煙や飲酒、加齢による胃の老化、ストレスなども関係しており、薬の服用をやめると再発することが多いとされています。 ピロリ菌感染によって慢性胃炎が起きている場合は、薬による除菌治療を考えなければなりません。 症状がなくなったとしても胃炎が治ったとは限らないので、自覚症状がなくなっても油断せずに、医師の指示のもと薬の服用など治療を続けてください。 また薬だけに頼るのではなく、規則正しい生活を送り、胃に負担をかけない食事を心がけましょう。

次の

ファモチジンの種類や薬価|市販での販売や胃痛などへの効果、作用機序も|薬インフォ

ファモチジン 市販 薬

今回は市販の胃薬で特にガスター10以外のH2ブロッカーについて注目していきたいと思います。 「登録販売者必見です」と言いたいところですが、ガスター含めて市販のH2ブロッカーというカテゴリーの薬は 第一類医薬品なので、薬剤師にしか販売できない薬なのです。 つまり、今回は薬剤師さん向けの記事ってことになりますかね。 このH2ブロッカーで一番有名なのはガスター10であることは揺ぎない事実ですが、ガスターの影に隠れてひっそりと他の種類のH2ブロッカーも市販薬として販売されているのはご存知でしょうか? 例えば、医療用の ザンタック、 アルタット、 アシノンと同じ成分の薬もドラッグストアで購入することができます。 タガメットや プロテカジンと同じものは購入できません。 スポンサーリンク 医療用だとアシノン75と150がありますが、市販薬なので少なめの75mg配合のものだけになります。 「ニザチジン」は、独自の3つの効果を発揮、トリプルアクションにより胃運動を促進、 胃酸の逆流阻止や唾液分泌促進に働いて、なかなか症状が改善しない「胃もたれ」、「胸やけ」や「むかつき」に効力があります。 H2ブロッカーの特徴といえば胃酸分泌を抑制して胃粘膜への負担を軽減してくれます。 このアシノン(ニザチジン)には他にも特徴があって、胃の運動を促進する働きもあるので、胃の動きを活発にすると食べ過ぎなんかの胃もたれにも効果を発揮します。 また、唾液の出をよくするなんて効果もあって医療用では口腔内の乾燥に使われることもあるそうです。 どちらもファモチジン(ガスター)にはない効果ですね。 ラニチジン(商品名:ザンタック錠)と同じ成分の市販薬 医療用のザンタックだと75mgと150mgの錠剤があり、これを1日2回で使うことが多い。 このラニチジンが配合されている商品に「アバロンZ」と「大正胃腸薬Z」があるんだけど、どちらも販売が大正製薬だからもしかすると同じものでパッケージが違うだけなのかもしれない。 成分比較しても同じものですね。 しらべた限りでは2017年4月19日現在でラニチジン配合のOTCはありません。 医療用のものと比べると量がだいぶ少ないですね。 その代わりに、制酸剤としてマグネシウム製剤が3種類も配合されている。 それぞれちょっとずつ名前が違うので違う成分なんだけど、効果の違いはというと残念ながら分からない。 なんで3種類入ってるの? ラニチジンがH2ブロッカーなので第一類医薬品に分類されます。 これも出すぎた胃酸の分泌を抑制してくれます。 一番有名なのが、ガスター10で他のはだいたいガスターよりも大容量なのに値段が安いみたいなコンセプトで販売されているPB商品です。 成分は同じで価格だけが安いというとジェネリック医薬品を想像されますが、市販薬の場合はジェネリックではなくプライベートブランド商品(PB)です。 ノーブランドで広告費がかからないから安く販売できるのです。 余談ですがガスター10にピンクのパッケージのものがあったのはご存知でしょうか?ピンクと青のパッケージの違いはなんとパッケージの違いでしかないんです。 ピンクの方は女性が手に取りやすいだろうという戦略です。 でも、最近ピンクのガスター見ないので販売中止になったのかもしれません。 ガスターは人気商品ということもあってシリーズが多く存在します。 どれも有効成分はファモチジン10㎎なので同じなので、すきなの選べばいいと思います。 おすすめは口腔内崩壊錠ですかね。 ラムネみたいに口の中で溶かして服用することができるメリットがあるにもかかわらず普通錠と値段が同じです。 他にも粉やシロップもあります。 これも余談ですがガスターのジェネリックってすごく安いんですよね。 ちょっと価格を比べてみましょう。 ガスターのジェネリックであるファモチジン錠10mgは安いものだと1錠9. 6円の薬価が定められています。 処方箋でお渡しするときはこの薬価でお渡しします。 だから、100錠でも960円。 更に3割の負担なら100錠の薬剤料自己負担額はたったの288円です。 うちの両親みたいに恒常的にガスター買って飲んでるような人は一度受診して胃の症状診てもらった方がいいし、処方箋で出してもらった方が安くすみますね。 ピレンゼピン(商品名:ガストロゼピン)と同じ成分の市販薬 代表商品 パンシロンキュア イノパンMI錠 エスナールMI錠 ガストール錠 ガストロゼピンはH2ブロッカーではないがですぎた胃酸を抑えてくれるということで共通しています。 カテゴリーはムスカリン受容体拮抗薬です。 こちらは、H2ブロッカーではないということもあって第2類医薬品に分類されるので登録販売者であっても販売できる薬です。 薬剤師のいない時間帯にガスターのような薬をお求めの方に代替薬として提案してもいいかもしれないですね。 代表例としてパンシロンキュアみてみようとおもう。 パンシロンキュアの添付文書より ストレスやアルコールなどにより胃に負担がかかると,胃酸の出過ぎ,胃粘液の分泌抑制などがおこり,胃の痛みや不快感といった症状があらわれやすくなります。 「パンシロンキュア」は,「出過ぎた胃酸の中和作用」「胃粘膜の保護作用」「胃酸分泌抑制作用」のトリプルアクション処方で痛みを引き起こす胃酸から胃を守るとともに,痛みを和らげていきます。 ストレスなどで胃の調子が悪いなと感じたら「パンシロンキュア」をどうぞ だそうですね。 パンシロンキュア 3包中 水酸化マグネシウム 450mg 合成ヒドロタルサイト 780mg 沈降炭酸カルシウム 900mg ホップ乾燥エキス-S 33mg (ホップ471. 5mg) アルジオキサ 150mg ピレンゼピン塩酸塩水和物 46. 9mg 胃酸の分泌だけでなく、胃の粘膜を保護したり、胃酸を中和する効果もあります。 胃酸を中和させるような成分が入ってると即効性がありますね。 その他のH2ブロッカーや似たような薬たち 市販のH2ブロッカーがガスターだけじゃないことがお分かりいただけたかと思う。 医療用には、この他にもプロテカジン(ラフチジン)やタガメット(シメチジン)なんてのもあるけど、これらは市販で代替できるものはないようです。 また、H2ブロッカーよりも一般的に強いとされているプロトンポンプ阻害薬(PPI)なんて薬も市販薬ではないですね。 やはり、効きの良い薬を求めるのであれば病院を受診した方がいいです。 ついでだから、プロトンポンプ阻害薬もちょっと紹介する。 パリエット、タケプロン、ネキシウムカプセル、オメプラールなんてのがプロトンポンプ阻害薬ってカテゴリーなんだけど、これらは大衆薬にはありません。 以前に、これらをOTC化しようという動きがあったのですが残念ながら叶いませんでした。 実現する日はまだ先になるだろうと思ってます。 でですよ、実は強いと言われていたPPI製剤よりも最近はもっと強力って言われている製品まで発売されました。 その名も タケキャブです。 なんか、名前だけだとあんまり効きそうなイメージは沸かないですけどね。 現状これが効き目も早いし、強いで、すごく注目されてる薬ですね。 当然、OTC薬にはありません。 薬局知識を1日5分でアップデート! 薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません! 医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。 でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。 忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。 なんで勉強しないといけないのか? それは、 次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。 医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。 制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。 これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。 たとえば、いま注目されているのは「 リフィル処方箋」です。 このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか? つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。 要件に加えられてから焦っても遅いんです。 常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。 そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。 もし効率よく薬局情報を収集したいなら「 」を利用するのが1番。 「 」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。 たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。 通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。 利用するには登録が必要ですが、登録と利用は 無料で 1分もあればできます。

次の