三日三月三年 意味。 【高論卓説】「三日三月三年」我慢させてはいけない (1/2ページ)

2017年广西的三月三放假通知

三日三月三年 意味

先ず、回答しておきます。 退職理由は其々違うと思います。 「入社して3日目でその社員のある程度の性格(先輩の性格も)が分かり、3ヶ月目である程度自分の能力が分かり、3年経てば将来が漠然と見える。 」と管轄内に新入社員が入る度、偉そうに(笑)言ってます。 「だから最低でも3年は頑張れ」と・・・ 「三日三月三年」という、家の本棚にあった(オヤジの愛読書?)源氏鶏太の本を中学か高校の時に読みました。 その本を読んだ数年後私自身がサラリーマンになります。 大学を卒業する年の正月、家でオヤジと酒を痛飲しました。 サラリーマンの大先輩のオヤジに言いました。 オチのない思い出語りで誠に恐縮です。 なるほど、退職の節目は三日・三ヶ月・三年でやってくるのですか。 私も人事の仕事に携わっていたことがありますので、思い当たる期間です。 新規開店のお店は、三日・三週間・三ヶ月と回転が速いです。 大家は儲かり、内装を受け持つ工務店は仕事が途切れなくてよろこんでいるそうです。 さて、退職の節目はばらばらでも退職理由はおおかた一緒でしょう。 仕事が合わないという理由が大半です。 就業してみて、やはりこれらが仕事に対する目安になるようです。 (お店の方は全く一緒、客が来ないから。 どこまで頑張ったかというだけ)。 少しだけはもっと勉学に励みたいというのがいて(これは方便まるわかりです)、ごく稀に会社への批判を掲げる威勢のいいのがいましたけれど。 人事部としては、報告を上へ上げるためにもきっちりと面談して理由等の詳細を正確に記録しておきます。 新卒採用のときに、「御社では入社してもすぐに辞める方がいらっしゃるようですが」という風な気の利いた質問をする学生もいますし、株主総会で社員の平均年齢を問う株主もたまにいますので、その対応の資料として欠かせません。 もっとも退職者に渡す離職表に書く理由は自己都合のみではあります。

次の

三月三(中国传统女儿节)_百度百科

三日三月三年 意味

「三日三月三年(みっかみつきさんねん)」 という言葉を聞いたことがありますか? また、古来より 「三日坊主」や「石の上にも三年」という言葉もある通り、習慣化等に関することわざや慣用句で三日、三月、三年といったタイミングは、何かしらの意味を持っているといって良いでしょう。 人間を深く知るにも3日 3月 3年だと思います。 一人の人を深く知るには三年はかかるでしう!!数ヶ月などで、一人の人がわかるはずは、ありません!! 3という数字には、数霊的見地からも「最も安定した数字」とされ、そういった概念がなかった時代には、最も大きな数字とされていたそうです。 (今でいう 「無限大」のイメージ。 )それ故に、ことわざ・慣用句・世界観など 「物事を3つで捉える。 」という考え方は、万国共通の様です。 今日は、そんな3という数字にまつわることわざや慣用句からネットビジネスでの成功の鍵を考えてみたいと思います。 つまり、そういった解釈でこの「 三日三月三年(みっかみつきさんねん)」という言葉を捉えると、まず「 入社三日目」は、新入社員としても期待と不安が入り交じった不安定な心理状況であることは間違いありません。 社会や会社の「現実」に直面することで、早々に 「会社の選択を間違えた。 」「今ならまだやり直せる。 」といった短絡的、衝動的な感情で退職を考えてしまう人が多い時期と考えられますね。 この時期も、研修という準備期間が終わりいざ実戦となるわけですから、新入社員にはかなりのプレッシャーになります。 ちょっとした仕事のミスや、人間関係でつまずいてそのまま挫折してしまい退職まで考えてしまう事があります。 当然、先輩達の姿をみていれば、おのずと自分の将来もある程度分かってきますから、そこに不安なり不満を感じて転職を考えても何ら不思議ではありませんね。 「三日三月三年(みっかみつきさんねん)」の意味! 元々は芸事や修行の心構えを表したもので、 三日我慢出来れば、三ヶ月は耐えられる。 三ヶ月耐えられれば、三年は頑張れる。 三年頑張れれば、一生耐えられる。 という意味なんですね。 これは、会社だけではなく、どんな所にも通じると思います。 「三日三月三年」「三日坊主」だった人と「石の上にも三年」耐えた人 しかし、 大抵の人はその逆でそのまま日の目をみないまま、結局、悶々とした生活を送っているのが実態です。 少なくとも、私が知る限りでは目に見える成果を上げられずにいる人の方が圧倒的に多いですね。 三日三月三年は、何処でも、どんな世界でも通じることですね。。 私は人間間にも通じることだと思います。 一人の人にたいしては、やはり三年は付き合ってみないと、その人の事はわからないと思います。

次の

广西壮族三月三的传统习俗 壮族三月三有哪些传统_万年历

三日三月三年 意味

「三日三月三年(みっかみつきさんねん)」 という言葉を聞いたことがありますか? また、古来より 「三日坊主」や「石の上にも三年」という言葉もある通り、習慣化等に関することわざや慣用句で三日、三月、三年といったタイミングは、何かしらの意味を持っているといって良いでしょう。 人間を深く知るにも3日 3月 3年だと思います。 一人の人を深く知るには三年はかかるでしう!!数ヶ月などで、一人の人がわかるはずは、ありません!! 3という数字には、数霊的見地からも「最も安定した数字」とされ、そういった概念がなかった時代には、最も大きな数字とされていたそうです。 (今でいう 「無限大」のイメージ。 )それ故に、ことわざ・慣用句・世界観など 「物事を3つで捉える。 」という考え方は、万国共通の様です。 今日は、そんな3という数字にまつわることわざや慣用句からネットビジネスでの成功の鍵を考えてみたいと思います。 つまり、そういった解釈でこの「 三日三月三年(みっかみつきさんねん)」という言葉を捉えると、まず「 入社三日目」は、新入社員としても期待と不安が入り交じった不安定な心理状況であることは間違いありません。 社会や会社の「現実」に直面することで、早々に 「会社の選択を間違えた。 」「今ならまだやり直せる。 」といった短絡的、衝動的な感情で退職を考えてしまう人が多い時期と考えられますね。 この時期も、研修という準備期間が終わりいざ実戦となるわけですから、新入社員にはかなりのプレッシャーになります。 ちょっとした仕事のミスや、人間関係でつまずいてそのまま挫折してしまい退職まで考えてしまう事があります。 当然、先輩達の姿をみていれば、おのずと自分の将来もある程度分かってきますから、そこに不安なり不満を感じて転職を考えても何ら不思議ではありませんね。 「三日三月三年(みっかみつきさんねん)」の意味! 元々は芸事や修行の心構えを表したもので、 三日我慢出来れば、三ヶ月は耐えられる。 三ヶ月耐えられれば、三年は頑張れる。 三年頑張れれば、一生耐えられる。 という意味なんですね。 これは、会社だけではなく、どんな所にも通じると思います。 「三日三月三年」「三日坊主」だった人と「石の上にも三年」耐えた人 しかし、 大抵の人はその逆でそのまま日の目をみないまま、結局、悶々とした生活を送っているのが実態です。 少なくとも、私が知る限りでは目に見える成果を上げられずにいる人の方が圧倒的に多いですね。 三日三月三年は、何処でも、どんな世界でも通じることですね。。 私は人間間にも通じることだと思います。 一人の人にたいしては、やはり三年は付き合ってみないと、その人の事はわからないと思います。

次の