コロナ ハイパー インフレ。 韓国はハイバーインフレになる!スタグフレーションだ!尋常ではないコロナによる韓国の物価高騰 韓国の反応

コロナショックの中、1年以内に自宅を買っておかないとマズイ理由

コロナ ハイパー インフレ

沖有人 [スタイルアクト(株)代表取締役/不動産コンサルタント] 1988年、慶應義塾大学経済学部卒業後、2社を経て、1998年、現を設立。 マンション購入・売却者向けのは17万人以上の会員を擁する。 「タワーマンション節税」などの不動産を使った節税の実践コンサルティングに定評があり、不動産分野でのベストセラー作家として講演・寄稿・取材・テレビ出演多数。 主な著書に『マンションは10年で買い替えなさい』(朝日新書、2012年)、『マンションを今すぐ買いなさい』(ダイヤモンド社、2013年)、『タワーマンション節税! 相続対策は東京の不動産でやりなさい』(朝日新書、2014年)など。 ビッグデータで解明!「物件選び」の新常識 不動産は個人資産の半分を占めるにもかかわらず、プロとの情報格差が大きい。 この情報格差を少しでも解消できれば、個人はもっと多角的な視点から「よい物件」を選ぶことができ、将来を見据えた資産形成が可能となる。 「自宅投資」「資産インフレ予測」「タワーマンション節税」などをメディアで提唱し、新たなムーブメントを起こしてきたスタイルアクト株式会社の沖有人代表取締役が、これまで蓄積した「不動産ビッグデータ」を基に、住宅の選び方に関する「新しい常識」を徹底指南する。 スタイルアクトが自宅を投資になぞらえて情報提供している「住まいサーフィン」では、17万人の会員のうち、自宅査定ツールで7割が含み益を出していることから、資産形成した人数は12万人相当と想定される。 株や投資信託のように学習することで、プロ顔負けの資産形成ができる手法はある。 沖社長が次に提示する不動産の秘策は、これまで同様「早い者勝ち」となるかもしれない。 日本には、デフレを脱却しなければならない切実な理由がある。 デフレは借金の負担が重くなるので、国の借金が世界一多い日本は返済できなくなる可能性が高くなるからだ。 日本は東京五輪に備えて多額の借金をしたが、コロナショックで1年延期となった。 そして悪くすると、1年後もコロナ感染が終息しておらず、五輪は中止に追い込まれるかもしれない。 また、今回のコロナショックで大規模な経済対策を再び借金で行うことになる。 国の借金である国債を返せない確率が上がると、その国の通貨の価値が下がる。 そこでさらに通貨を発行すると、一層価値の下落に拍車が掛かる。 このようにして通貨の価値が急激に下がると、モノの価値が急激に上がり、極度のインフレになる可能性も否定はできない。 これを「ハイパーインフレ」という。 ハイパーインフレで明暗分かれる 「持ち家」と「賃貸」 戦後の日本でも、このハイパーインフレが起こっている。 1945年の終戦から1949年末までに物価が約70倍になったのだ。 国際会計基準の定めでは「3年間で累積100%以上の物価上昇」とされているので、明らかにこれに当たる。 インフレになると、借金がインフレになった分だけ棒引きにされる。 過去に借りたお金の価値が下がるからだ。 こうして、破綻している国の財政問題は解消する。 コロナショックは全世界の経済を止めるほどの猛威で、すべての国が自国防衛に走っている。 自国以外がどうなろうとお構いなしの情勢にある。 こんな中では何が起きてもおかしくない。 自国通貨の価値が大きく下落するハイパーインフレの可能性があることも、視野に入れておいた方がいい。 そうした事態に備えて個人ができることは、限られている。 実例を挙げてみよう。 Aさんは賃貸に住んで、貯金が1000万円ある。 Bさんは500万円を頭金にして、4500万円のローンを組み、5000万円のマンションを購入して住んでいる。 ハイパーインフレが起こると2人の明暗ははっきりする。 モノの価格や家賃が大幅に上がるので、Aさんの貯金は価値が大幅に下がるのだ。 間違いなく貧乏人だ。

次の

【アフターコロナ時代】杞憂であってほしい『日本のハイパーインフレ』

コロナ ハイパー インフレ

「新型コロナウイルスの影響で日本のハイパーインフレの危機はさらに増したと言えるでしょう。 ハイパーインフレになれば円の価値が暴落し、みなさんの貯金は紙クズになってしまいます」 そう語るのは、経済評論家の藤巻健史氏。 モルガン銀行東京支店の元支店長で、参議院議員を務めた経験も持つ(以下、「」内は藤巻氏)。 「私がいま一番恐れていることは日本銀行の崩壊なんです。 崩壊と聞くとみなさんビックリされるでしょうし『日銀が潰れるわけない』と思われるかもしれませんが、実は中央銀行が潰れることはあります。 日本銀行法にも解散の規定があるぐらいで、本質的に解散を想定しているんです。 実際に、第二次世界大戦後のドイツは通貨の価値が下落し、中央銀行を潰して新たな中央銀行を作り、ドイツマルクという新しい通貨を作ったという例があります」 日銀はいま、世界的に見ても異例の金融政策を行っているのだという。 「日銀は異次元の量的緩和をするため、まず株を買い始めました。 金融政策のために株を買っている中央銀行は、世界中どこにもありません。 今回のコロナ禍でアメリカの中央銀行であるFRBもいろいろと大胆なことをやりましたが、いまだに株の購入はやっていません。 株を買ってその値段が下がれば、債務超過になってしまいます。 だから各国の中央銀行は株には手を出さなかったわけです。 ところが日銀は、今年中には日本一の株主になってしまうほど株を買い続けています」 こうした日銀の金融政策は、どのような事態を招く可能性があるのか。 「いまの日銀は金利が少しでもあがると途端に債務超過に陥ってしまうギリギリのところです。 金利があがるのを抑えるために株や国債を買いあさっているわけですが、これはまさに薄氷の上を歩いている状態です」 安倍首相が4月7日に打ち出した総額108兆円の緊急経済対策で、39兆円の財政出動が必要となっていた。 さらに1人あたり10万円の一律給付が決まり、財政支出は48兆円を超えることに。 新型コロナへの莫大な財政出動・経済対策で、日本のハイパーインフレ危機はさらに近づいたのだと藤巻氏は語る。 「コロナウイルスへの影響で世界中の国々が積極的に財政出動しているので、赤字国債を発行することになるでしょう。 そうなれば、やはり金利が上がってしまいます。 赤字国債を中央銀行が買うことによって、いつまで金利の上昇を抑えきれるかが問題となるわけです。 債務超過により円の価値が暴落し、ハイパーインフレがやってくる……というシナリオは十分ありえます。 新型コロナウイルスの影響で日本のハイパーインフレの危機はさらに近づいたと言えます」 藤巻氏は家計の防衛策として「預金をドルに替える」「住宅ローンを固定金利に変える」という2つの方法を提案する。 「ハイパーインフレが起きれば円は大暴落します。 そうすると、ドルが手に入らなくなってしまうので、原油は買えないし、農産物は買えないし、マスクだって買えなくなるわけです。 そんな円の大暴落へのリスク回避として、世界の基軸通貨であるドルを持っておくことは大事です。 また、住宅ローンについては固定金利に変えてしまったほうがいいと思います。 いますぐに変動金利から切り替えると、固定の方が金利は高いので少し損をすることになりますが、いずれやってくるハイパーインフレ時代への保険だとして割り切ってもいいのではないかなと思います」.

次の

コロナ禍で近くハイパーインフレの危機…経済評論家が警鐘

コロナ ハイパー インフレ

コロナウィルスの流行による、前代未聞の緊急事態宣言の発令。 それにより医療崩壊を瀬戸際で防げたものの、 国内(海外もですが)の経済は大打撃を受けていますよね。 アメリカの失業保険の申請数推移 (出典:米労働統計局) 「戦後最大の危機」とか、「失業率がリーマンショックを大きく超える」などともいわれています。 今は、コロナにより生活が困窮した国民への臨時の現金給付や貸付といった 救済措置をとってくれる日本ですが、 これをきっかけに 日本の経済はダイナミックに変化しそうな予感がしています。 一番の鍵は、 今後ハイパーインフレが起きる可能性があるということです。 今回のコロナの件は世界中で同時に起きている事態ですので、日本だけがインフレになるわけではなく、世界中がお金じゃぶじゃぶ状態です。 それは、 大量の国債発行(国の借金)があるということです。 数年前に大前研一さんの本で、• 日本の国債はいつ暴落してもおかしくない。 暴落後は徳政令で、国民の財産が一律没収される。 というシナリオもありえる、と書かれていました。 この記事を書いた頃は、まだまだそんな気配はなく、 「やっぱり日本の国債は国内で回るので、大丈夫なんじゃないの?」とリフレ派を気取っていられましたが、 今後、お金がじゃぶじゃぶ刷られ、供給されると、 日本の国債が暴落するリスクが増大すると思います。 いずれにせよ、お金(円)の価値が低くなり、物や外国紙幣の価値が高くなる可能性は高いと思います。 ちなみに、じっくり考察した上での案ではないので、責任はとりかねます。 しかし「今後、どう行動すればいいのか全くわかなない」という場合の参考材料にはなると思います。 ハイパーインフレで勝つ、ミニマリスト省エネ派 まず今後のインフレ経済の中で、もっとも被害が少なく、生活レベルの変動が起きにくいのがミニマリストをはじめとする省エネ生活をされている方々です。 まず人のライフデザインには、大きくわけて次の3種類の傾向があります。 あくまでイメージということで。 現代社会を生きる上で、 多数派は2ですが、賢者は1か3を選ぶ傾向があります。 2のライフスタイルは自由もなく、権利もなく、中途半端な位置にいるため、人や社会から搾取される(いいように使われる)傾向があるからです。 そのため非常にストレスフルな日常を送ることになります。 (周囲も同じ価値観の人達なので、 ストレスフルなシステムに置かれていることが当たり前という感覚になります)。 話が少し逸れましたが、今後、ハイパーインフレが起きた時、 所有と所得の少ない人のほうが打撃が少ないのは明らかです。 各種税金の増税は基本措置ですし、お給料だけはなく、不動産などの固定資産税も重くなる可能性があります。 車を所有している場合は、家と車への課税で一気にひっ迫してしまう可能性もあります。 持ち家は有利? 住宅ローンで変動金利を組んでいる方は金利が上昇し、 ローンを払えなくなる可能性もあります。 さらに雇用の低迷が続き 、物価上昇に見合うお給料の上昇がなければ、 住宅ローンを支払うこと自体が困難になる人も増えます。 そうなると、みんな不動産を手放したりするので、不動産価格も暴落。 インフレだから実物資産が絶対有利・・とも言えない状況になります。 公務員の解雇、お給料カットは当たり前? また2の位置に属する 公務員の方々も、政府の財政が厳しくなると一気にリスクが高まります。 これが以前の記事で書いていたことですが、これらのことがハイパーインフレ下で現実的に起きてもおかしくない、というわけです。 ただし、政府もさすがに鬼ではないので 財産没収は主に富裕層をターゲットに実行される可能性が高いと思います。 取れない人からも取ると、生活保護などで余計に財政を圧迫しますからね。 では、どうすれば資産を守れるのか? という点ですが、そこはかなり単純で簡単です。 (個人でできることが限られているから) ハイパーインフレから資産と生活を守る!4つの防衛策 次の4つの対策をするだけでも、何もしない人よりは大幅に資産防衛力がアップすると思います。 1、外貨を持っておく 円の価値が下がるため、今の日本円が紙屑になる前にある程度外貨に替えておくとよさそうです。 外貨預金は凍結リスクがあるため、タンス外貨預金のほうが安全。 また 日本円をタンス預金したままにすると、新札切り替えで大損するリスクがあります。 「じゃぁリニューアルされた新札と交換してもらおう!」 と思い銀行へ行きます。 窓口の人:「新作1万円につき、旧札2万円になります」。 こうなると、事実上1000万円が500万円(半分の価値)になりますね。 ハイパーインフレを解決する強硬手段は、通貨切り下げですが、日本政府は2024年以降、いつでも実行できる状態です。 2、コロナで十分底をついた頃合いに株を買う これはみんな狙っているので、リスキーな臭いもしますが、長期的な投資ができるならアフターコロナで株価が大幅に下がった(底をついた)時に買っておくのは手堅いですね。 上手くいけば、大きく利益が出る可能性があります。 ただし、投資はリスクもあるので、余裕資金、自己責任で慎重に、が鉄則です。 特に今回の コロナ 事情で株価が大幅に下がっている場合 、その企業が復活できるのか?という見極めは慎重にされた方がいいと思います。 航空会社など、株価が底を打った後に国有化される可能性もあります。 最近ウォーレン・バフェットが 航空会社5兆円の損切りをしたように、世界的に有名な投資家の判断も注視しておくと、参考になると思います。 3、金や銀などの普遍的な実物資産を買う 古臭いですが、いざという時は金!と思う人達はまだまだ多いので、価値のわからない絵画や暴落リスクのある不動産を購入するよりかはマシかと感じます。 価格も庶民でも手が届きやすいですしね。 4、死ぬ程働かない これが一番重要です。 特に健康を害するほど働いて資産を残そうとするのはナンセンスです。 今後は、 社会保障の削減、特に医療保障の削減が実行される可能性があるため、病気になるのは身体的にも経済的にもハイリスクです。 さらに増税や徳政令で財産一部没収・・などになると、稼いでも意味がありません。 省エネ生活で苦を減らして、ささやかな日常を楽しむか、 沢山稼ぐなら海外への移住、資産防衛など、工夫が必要になります。 個人的には地方都市で、家賃を4万円位まで落として、物価の安いところで家充や地元の自然を楽しむ生活も魅力的だと思いますね。 2のライフスタイルの中間層が重視しがちな 見栄と 体裁はきっぱり捨てていかないと、 この先の日本ではシャレにならないリスクを背負うことになります。 まとめ 以上、アフターコロナでハイパーインフレが起きた時の私の防衛案でした。 富裕層からの財産没収• 眠っているタンス預金の没収 この二つだけで日本の財政立て直しが完了すれば、これまで書いた怖~いことは庶民には起きません。 ただし、狡猾な外国人投資家たちがいつ日本を獲物にしてくるかわからないので、ハイパーインフレが起きないとも断言できません。 ハイパーインフレに突入するとIMF が介入してくる可能性が高いので、もっと手厳しい処置がとられます。 海外ファンドに国債空売りの隙を与えないように、日銀総裁や政府要人の方々の自爆発言 (国債もう買わん。 ムリポなど)がないことを祈るしかないですね。 富裕層への理不尽な仕打ちによる富の再配で乗り切るか、 今回のコロナの各種助成金の痛み分けを、徳政令として国民全員でするか・・ 結果が出るのは2024年頃かと、個人的には予測しています。 今後、どんなことがあっても、知恵があれば必ず乗り越えることができます! コロナ危機を乗り越えたみなさんは、それだけで強運です。 (たとえ今、カネなし、仕事なしでどん底でも) ずっと同じ状況、環境下が固定されることは非現実的ですし、 時代は必ず「誰でも乗れる波」を作ります。 今後の経済危機をチャンスと捉えて、逞しく乗り越えていきましょう!! くれぐれも、 無理する、見栄はる、欲張る、 3大危険思想に気を付けましょう ちなみに、今後国民が社会主義や愛国主義に回帰するとは私は思いません。 なぜなら、両方ともこれまでの歴史(戦争と敗戦)で国民は幻滅しているからです。 人は一度失望した夢は、二度と見ません。 弱者が頼る先は、国よりもコミュニティの方が可能性がありますね。 ただし、コミュニティ内の流動性や権力の偏りが生じると、一気にカルト集団化するのでその点は注意が必要かと思います。 私は今後、 日本の経済を再生させるには、公共事業(建設)しかない、と考えています。 ハイパーインフレになる前でもなった後でもいいので、ぜひこの案を検討して頂きたい、と無力な一人の国民として願っております 。-人-。 nomado67.

次の